2020年に発掘されたメールが、コビドPCR検査がSCAMであることを証明している

2023-03-19

naturalnews.comより

武漢コロナウイルス(Covid-19)の「パンデミック」の際に政府が大衆に押し付けたPCR検査は、詐欺以外の何物でもないことが、発掘された電子メールで明らかになりました。

2020年9月、マーティン・ニール教授は、ウイルスを検出するために設計されていないPCRテストの詐欺的性質を明白に証明する一握りの匿名の電子メールを受け取りました。

"いくつかの(テストの)配列は、ヒトゲノム自体に見られるものです。"と、メールの1つに書かれています。

さらに、PCR検査キットのサイクリング閾値はほぼ一様に高く設定されており、その結果、多くの偽陽性が発生しました。そもそも、これらのキットは、このような検査に対して承認や認定を受けたことがあるのでしょうか?そんなことはありません。

最大の証拠となるのは、クリスチャン・ドロステン博士が世界中に広めたコビド検査システム「ブループリント」で使用した遺伝子配列の解析です。ドロステンは、コビトのスクリーニングシステムを発明した人物であるが、ウイルスを分離したことはなく、入手することさえできなかった。

「その代わり、彼は中国のデータベースからウイルスのRNA配列をダウンロードした」と報告書は説明している。「その後、Drostenはこのゲノムに基づき、初めて市販のRT-PCRスクリーニングキットを作成しました。

"中国の研究者は、後に、分離されたウイルスサンプルは、配列をアップロードした直後に使用できなくなったので、すべての残骸を破棄したと主張しています。"

(関連記事 コビトが分離され、存在することさえ証明されていないのに、どうしてPCR検査でコビトを検査できるのか?)

PCR検査はコビトと同じで偽物です

分離されたウイルスにアクセスすることなく、Drostenがプライマー配列を選択する際に、ウイルスゲノムを完全に入手することがなぜ可能だったのか?そして、なぜ誰もこの疑問を抱かず、答えようともしないのだろうか?

匿名の電子メールでは、プライマー配列の一部がヒトゲノムそのものに由来することに加え、他の部分は海水中の未知のソースに由来すると説明されています。

このことが意味するのは、コビドテストは偽物であり、ウイルス自体も偽物であったように見えるということです。すべては、恐怖とパラノイアを植え付け、政府への服従を促すために作られたサイコオペレーションだったのだ。

ニールが初めてこのメールを受け取った約2年半前は、このことを世界に伝える良い機会だったはずだが、悲しいことに誰も伝えなかった。この決定的な証拠によれば、新型で致命的なコロナウイルスは存在しないし、存在しなかったというのが真実である。

しかし、権力者たちは真実を明らかにする代わりに、この事実を隠蔽し、詐欺的なウイルス検査を推進し続けたのです。政府は、ウイルスの新たな「波」と、この検査で検出された新たな「亜種」に対して恐怖心を抱きましたが、その亜種はいずれも分離されたことはありませんでした。

さらに、コビド検査結果を評価する検査機関が、検査結果が陽性であることを確認するための標準的な世界保健機関(WHO)のガイドラインを完全に無視していたことも、この茶番劇があらゆる意味で詐欺的なものであることを明白にしました。

この証拠から、PCR検査の交差反応性と非特異性が改めて指摘されました」と、ローダ・ウィルソン氏は『Exposé』誌に電子メールで明らかになったことを書いている。"PCR検査は、検出させたいものなら何でも検出するように設計されているようだ"。

「SARS-CoV2ウイルスの残骸を見つけるというより、コロナウイルスを見つけるのに非常に優れているように見えたのです。つまり、この検査は完璧に機能したのだが、その目的、あるいはその方法ではなかったということだ。

風邪はコロナウイルスであることを心に留めておいてください。つまり、テストは季節性の鼻水を拾っていただけである可能性が高く、その後、人々を怖がらせて強引に「ワクチン接種」を受けさせるために使われましたが、これは明らかに最初から計画されていたことです。

Covidは、間違いなく、グローバリストが世界に仕掛けた最大の詐欺である。もっと詳しく知りたい方は、Plague.infoをご覧ください。


https://www.naturalnews.com/2023-03-17-unearthed-emails-prove-covid-pcr-test-scam.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1293 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧