2024年7月1日(月曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimStさん及びモノリスさんご提供)


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしています


Sunny:
ではガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンによる世界情勢レポートです。
政府の超能力プログラムとプロジェクトについて、そしてなぜこれが今重要なのか、もっと詳しくお話ししましょう。
7月4日が急速に近づいており、ディープステートは至る所で取引を行っています。
では、ガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンです。
こんにちは、キム。
ハッピーマンデー。

Kim:
ハッピーマンデー。
そして、ここ米国では今週が祝日です。

Sunny:
祝日です。ええ。
私たちは7月4日に向けて準備を進めています。
ディープステートにとっても大事な日です。
少なくとも彼らはそう思っているでしょう?

Kim:
そうそう。すべてが変わるんだよ、分かるでしょ?
そうだね。でもあなたはどうですか?
ディープステートがあなたの脳をいじくり回すのを待ってなければいいんだけど。
※前回マスクとSSPが人間の能をコントロールする衛星を使いたがっている情報があったので。

Sunny:
いいえ、私と家族に影響がない限り、ディープステートが何をしようと気にしません。
いいえ、私たちは両親と一緒に楽しいことをやっています。
そしてここがパーティーハウスであり、誰もが行きたがる場所です。
庭にプールなどがあるので、みんなが遊びに来て、友達や家族と大きなバーベキューをします。
彼らは毎年これをやっています。
今年はたまたまこのお祭りに参加するためにここにいるだけです。
そうです、子供たちもここにいます。

Kim:
ええ、それは楽しいことだと思います。
ええ。あなたと同じようにお祝いすることはないと思いますが。
私はたぶん岩の下に隠れるつもりです。
いいえ、私はそんなことはしません。
しかし、彼らにとっては、彼らの祝祭や予想される計画は、もちろん、お金が入ってくることを前提としていて、空からお金が降ってくることに期待しています。
彼らによると、7月4日は週末に始まる中国との戦争の準備をしているそうです。
ああ、確かに大きな計画があります。
そうです、ワシントンDCへの偽旗作戦、システムクラッシュの可能性、今月末までに金融システムの停止、スイッチで変化を起こすためなど、彼らは大きな計画が何でもあります。

しかし、どちらの意味でも、週末には興味深い出来事がいくつか起こりました。
先ほどお話ししたように、グループから離脱して何か違うことをしたいと思っている人たちがいます。
おそらくいくつかのテストを実行し、グループと一緒にそのようなことを経験して、物事が起こるのを見るために、移籍について調べるでしょう。
そして土曜日には、私が話した人たちにたくさんの電話がかかってきて、「私の仕事はどうやってやるの?」と尋ねられました。
これはどういう仕組みですか?
私に関する質問は、私のファイルに載っていないか、私がどのように仕事をしているかがまだ不明なことだと思います。
※「キンバリーってどんな人?」と質問してきても身分が違いすぎて認識できない。

それで土曜日に私自身が電話を受け、日曜日に行われる予定の会議を依頼されました。
そうですね、私は普段はこういったイベントにはあまり行きません。
ご存知のとおり、背景を調べて、登場人物が誰なのかを把握するなど、そういったことをしました。
そして、私はこの人に電話をかけ直して、「わかりました、会いましょう」と言ったらどうなるか見守っていました。
そして、待ち合わせ場所はあらかじめ決められていました。
そして、その1時間ほど前に、私はそこで何が起こっているのかをちょっと調べようとしましたが、彼らはすでにこのすべてを準備していました。
この町の下には大きな施設がたくさんあるのをご存知ですか?
つまり、このレストラン内にはこのすべてが設置されているのです。
私たちはレストランの下、レストランの周りで会うことになっていたんです。
ええ、ええ、そして、私が何をしているのかまだ理解できないという理由で、夜通しそこにいる人がたくさんいました。

彼らはさまざまな理由で本当に理解していないのですが、それについて少しお話ししたいと思います。
私はちょっとしたゲームをしました。何が起こるか見てみようと思ったのです。
それで、私が会うはずだった人のもとへ歩いて行き、申し訳ありませんが、滞在できませんと言いました。何かが起こったことを知りました。
そして私は行かなければならず、その人にメモを手渡しました。
そこには私がどこに行くのかが書かれていました。
ここで会いましょう。そして、私が知っている場所で会いました。
まあ、本当に人里離れた場所というわけではないのですが、人が集まると周りに間違いなく人だかりができるようなエリアです。
ハイキングなどをしている人以外は、このエリアにはあまり人がいません。
水辺に近いので、地面の下には何もないことはわかっていますので、それは問題外です。
それで、おそらく5分ほど後に私はそこでこれらの人々に会い、会話を始めましたが、すべて順調でした。
人々が集まり始めるまでに約20分、20分から25分ほどかかりました。

彼らは再編成し、情報を入手する必要がありました。
それで、私はあまり外出しないので、全体的に再編成する必要がありました。
私はほぼ常に働いていますし、たまに食料品店に行ったりもしますが、もう長時間どこかに出かけたりはしません。
私にとっては興味深いことでした。
1つまず、場所を変えると彼らが再集結して状況を把握するまでには20分から25分かかります。
それから私はその方向に向かいます。
2つ目は、彼らは私がここに何かを持っているかどうか調べようとしていました。
それは分析のもう一つの部分でした。
だから私はたくさんの雑談を聞きました。
結局、これらの人々は解散したり、そういうことがありました。

それで彼らは、彼らの世界で何か他のことをする並外れた能力を持つ人々、つまり彼らが並外れていると考える人のほとんどは、特別な超能力訓練プログラムのいずれかを経ていないのかを理解しようとしていたのです。
彼らはそこに何かを入れています。
魂の交換か何かの変化のようなもので、それは実際にはエイリアンです。
エイリアンではないのですが、彼らはその結論に達しました。
彼らはまだ自分たちが見ているものが何なのかわかっておらず、さまざまなグループの人々がさまざまな意見を述べていました。
ええ。そして、彼らの中には、写真を撮ったり、ビデオを撮ったりしていたときに、その時に見えたものが本当に興味深いという人もいます。

Sunny:
つまり、私は余興とかが好きなんです。

Kim:
まるで実験台のラットか、公園の真ん中にある、みんなが見に行って観光客の写真を撮りたがるような彫像のように感じました。
ええ、まさにそうです。
その通り、そこには軍人が歩き回っていて、あらゆる階層のあらゆる人々がいました。
とても興味深いのは分かっていますが、しかし、この切り替えは私にとっては重要でした。
なぜなら、もし私がこのようなことをして誰かに会うなら、それから最後の瞬間に場所を変えます。
そして15分から20分ごとに移動します。
なぜなら、22~25分経つと、フォークで刺せるようになるからです。
もう終わりですよね?ええ、わかりました。
それが、正直に言って、私がどこにも行かない理由です。
だって、何の意味があるの?
つまり、いつもサーカスの余興か何かのような気分になるんです。いつもそうです。

私が人と会わないとか、いつも周りに人がいると知ったら、必要以上に大騒ぎになることもあります。
特に、街に普通の人がいない場合、ただここに住んでいる普通の人だったら、普通ってのがよくわからないけど、しかし、ここに住んでいる人たちの中には、ここをそのままにしておく、通常よりも少し近くにとどまる、といったことを知っている人たちもいます。
ここには友好的ではない人がいるかもしれないとか、そういうことを彼らが知っていれば、でもそれ以外は、ほとんどの場合、このような事前に計画されたものがない限り、私は放っておかれています。
なぜなら、私は確かにそれについて少し調べたからです。
それで、電話の合間に彼らはトムや他の人たちに電話をかけ、それから私に直接連絡して、私が何をしているのかを知ろうとしていました。
実際ここに住んでいる人とコーヒーを飲むだけの単純な行為にしては、騒ぎが大きすぎました。
奇妙だったのは分かっています。

Sunny:
それで彼らは望んだものを手に入れたのでしょうか?
何か分かりますか?
あなたと会った人たちも共謀していたということですよね?
彼らはこれらすべてが起こっていることを知っていた。

Kim:
彼らは確かに何かが起こっていることに気づいていた。
彼らには独自のスキルがあると言えるでしょう。
彼らは闇の人間ではなく、ただそこにいるだけで、能力がある、とだけ言っておきましょう。

Sunny:
でも、彼らはいわゆるディープステートの一員ではなかった。
そうじゃなかった。彼らはただの地元の人だった。

Kim:
ええ、確かにそうですね。
とにかく、他の人の話に戻りますが、あなたが言ったように、彼らは探していたものを手に入れたのでしょうか?
問題は、彼らが何を探しているのかわかっていないことです。ええ、それは本当です。
そして彼らにとって、私は異端者なのです。
人間がどうしてこの仕事をしているのでしょうか?
彼女はどうやってそんなことをするのでしょうか?
そして、なぜ私は彼らの世界で私がしていることをするためにいかなる種類の訓練も受けなかったのでしょうか?

Sunny:
ええ、キム、そこには嫉妬もあるような気がします。
つまり、彼らは特定のことをしなければならなかった、つまり、私の言っている意味がわかりますか?
彼らは、今いる場所にたどり着くために、XYZをしなければならなかったのです。
どうやってわかるのですか?
どうやって彼らの心に入り込み、ただ「本当に」と言うのですか?

Kim:
私はここにいます。さあ、パーティーを始めましょう。
そして、皆さんが理解しておくべき重要なことについてお話しします。
もちろん、皆さんは何らかのプログラムに参加していなかったとしても、プログラムされた情報もたくさんあります。
それで、私が政府を混乱させている理由について話しましょう。
政府は複数形の政府は広範囲にわたる研究と協力を行ってきました。
これはアメリカだけの問題ではなく、ロシア、中国、すべての国に当てはまります。
私たちは皆、地下深くの軍事基地や、人間とさまざまなエイリアン種族の間で起こった多くの交流について知っています。
それらのプログラムの中には、人間を訓練する方法を教えるプログラムもありました。
つまり、すでにある程度の超能力を示している可能性のある人間に、どのように教えるかということです。

そして、彼らはジェダイプログラムなどのプログラムに彼らを参加させます。
または、しばらくこの世界にいれば、映画「ヤギを見つめる男たち」をご覧になったことがあるでしょう。
ああ、それからLSDプログラム、プロジェクトムーン、ムーンライトだと思います。
ご存知のとおり、世の中にはたくさんのプログラムがあります。
薬物を使って超能力を強化するもの、インターネットですべて見てきました。
しかし、これをどうやって行うのか、これらの薬をどうやって作るのか、そして人間を操作して自分のために何かをさせるために何ができるのか、という情報はありますか?
人間に友好的な種族からではなく、エイリアン種族から来ました。
そしてほとんどの場合、その情報は人間を支配しようとする人々から来ました。
さて、プログラムは広範囲にわたり、すべて第三者機関または何らかの第三者の医薬品を何らかの形で関与させるような方法で物事を実行することに重点を置いています。

そして、これらのプログラムに参加できる人々はすでに何らかのスキルを持っており、そのスキルを強化しているだけです。
ですから、多くの人が自然にそのようなスキルを持っています。
なので、多くの人がそういったスキルを自然に身につけているのです。
全員が政府のプログラムに参加するという意味ではありませんが。
彼らに与えられた情報は、軍隊が他国の軍隊に情報を提供するのとよく似ています。
つまり、米国は頻繁に、国連の引用で、ある国に赴き、悪者、つまりタリバンや最新の最大の悪者と戦うのを手伝います。
最新かつ最大の怪物がここにいて、彼らはすぐにやって来て軍隊を訓練するだろう。
シリアやアフリカの他の場所のように、彼らは武器やそのようなものを与えて、ブギーマンの名前を挿入して反乱が起こった場合に、いわゆる自衛できるようにします。

アメリカは、自国が保有する他の装備で対処できない装備を決して配布しません。
また、彼らは、彼らが克服できない、またはすでに何をするかわかっている、この種の作戦、あの作戦の戦術や実行方法に関する情報も決して与えません。
そして、それは戦争の基本です。
いつ誰が敵になるかはわかりません。
とにかく、彼らはそう教えられています。
現実の世界では、それはすべて映画に過ぎません。
もしあなたが台本から外れたら、基本的に私たちはあなたを助けることはできません。
しかし、簡単に言えば、軍隊にいた人なら誰でも知っているプログラムです。
人生で一度でもニュースを見たことがあるなら、私たちがこれをやっていることはご存知でしょう。
ご存知のとおり、私たちは各国に軍事面で援助し、販売も行っています。
そしてもちろん装備の中にはロシアの場合、米国に対してのみ差し出されている。
ロシアは冷戦中に同じことをする可能性があり、多くのことをやった。
ニカラグアでは、多くの場所で、彼らが行くところすべてに共産主義の陽光を広めています。
しかし。これは今ではよく知られていることです。

もう1段階レベルを上げて、地下深くの軍事基地、地下深くの軍事基地と捕らえられた難民、場合によっては戦争捕虜やエイリアンとの協力について話しましょう。
彼らのほとんどはそれらの基地で働いていたため、人間ではなく、彼らが本当に恐れていた別のエイリアン種族によって、人間と協力してそこで働くことを強制されました。
これはドラコやアブラクサス、そしてそれらの種類の人々、非人間的な人々です。
これらの人々のグループから彼らに与えられた情報は限られていました。
これらのグループの人々から提供された情報は限られており、その理由の一部は次の通りです。
彼らの上司、奴隷所有者、あるいはこの惑星で彼らを捕虜として拘束していた人々は、人間はいつでも我々の敵になる可能性があるので、人間を訓練しないようにと彼らに伝えました。
機能するのに十分な情報だけを与え、彼らがこの惑星を去ったり、私たちが制御できない何かをしたりするほど多くの情報を与えてはいけません。
宇宙計画に参加した人類は、地球を離れ、時間を前進させたり後退させたり、時間空間の連続性を破壊したりして、火星やその他の場所の基地への旅行は、彼らが提供した技術と運転技術を使って行いました。
※コズミックディスクロージャに出てくる情報はほぼ事実だと、キンバリーさんのお話で分かります。

誤解しないでください、この惑星を去り、奴隷としてここに残された人間は、あるいは、別の場所でバッテリーとして利用する目的でここに残されたりもします。
そして、それらのプログラムに関わっていた人々に話を聞くと、これが問題の一部であることがわかります。
なぜなら、これらの人々はおそらく実際に直接参加していたかもしれません。
おそらくそのうちのいくつかは実際に直接体験したレベルでしょう。
地下基地などにいた内部告発者についてオンラインで読むのは私たちにとって興味深いことですが、情報が限られているため、思ったほど興味深いものではありません。
そして、彼らを捕虜にしていた人々、つまり世界戒厳令下のこの惑星の最高司令官、マルドゥクらによって制限されていました。
したがって、彼らは基本的に銃撃戦にフォークを与えたことになります。
※銃ではなくフォークしかない軍という意味です。

この情報はリモートビューイングにも有効ですか?
それはあなたの心を開くのに効果がありますか?
その方法を学ぶことはできますか?
エネルギーを周囲に放出する特別な超能力を持っているとか、そういう類のものです。
はい、そうです。
しかし、それはコンピュータプログラム、量子コンピュータプログラム、またはモニターで対抗できないものではありませんでした。
量子コンピュータプログラムでは、明るくなりすぎたり、暗くなりすぎたりすると、彼らはあなたを叩き潰すでしょう。
そしてそれは私たち人間にも当てはまります。
つまり、私たち残りの人間も同じ問題を抱えていたのです。
私たちが明るくなりすぎたり、遠くまで移動したり、熟練しすぎたりすれば、叩き落とされるでしょう。

そのため、彼らのシステムは主にダークマター、ダークエッセンス、そして彼らの側で機能し続けるさまざまなものを扱うように設計されました。
さて、これらの人々は悪い人々ではありません。
彼らが悪いとか、そうだとか、知っているとか、そういうことを言っているわけではありません。
彼らの中にはそうでない人もいるかもしれないが、彼らは悪い人ではない。
彼らは、自分たちの国のために正しいことをしていると思いながら、ただプログラムに参加しているだけです。
これはロシア人、中国人、イギリス人にも当てはまり、他の人たちも皆そうしています。
誰もが自分専用の遠隔透視者や霊能者を持っています。
そして、それは一般の人々のレベルでは何十年も続いています。
レベルは異なる方法で行われています。
つまり、同じコンピュータ プログラムを使用できます。
彼らは私たち全員に対して同じものを多く使うことができます。

そして、皆さんを落ち着かせるために、それが拠点としていた場所についてお話します。
お金や社会システムについても同じことが言えます。
彼らはまた、教祖や情報を通じてそれを行います。
私は今週末、ある人と話していたのですが、その人は自分が経験したことを話していました。
彼らはある意味で目覚めていて、10代のかなり若い頃で、もっと情報を求めていました。
そして、この人がその年齢だった当時は、恐竜が地球を歩き回っていて、図書館に行くのは大変でした。
いいえ。ほんの冗談です。
図書館に行って本を借りなければなりませんでした。
ご存知のとおり、当時はインターネットもありませんでしたし、YouTubeでサイキックとのつながり方を教える動画もありませんでした。
それで、私たちは本を手に取りました。そして、本能的に、そして賢明に、彼はそこに書かれている情報が間違っていることを自動的に理解しました。

そして、同じことが私にも当てはまります。
私はこう言うと嫌われるので言いたくないのですが、とにかく言います。
同じことが組織化された宗教にも当てはまります。
今、彼らはあなた方にたくさんの有益な情報を教えてくれます。
だから誤解しないでください。
私たちはお互いを殺し合うべきではないのです。
ご存知のとおり、これらの10項目は非常に有効です。
ご存知のとおり、私たちがしてはいけないことです。
他人の妻を奪ったり、そういう重要なことをしてはいけません。
私たちはそういうことはしませんが、そのためにはこの特定の建物に行かなければならないというのは、ちょっと変ですよね?
特定の人々の周りにいて、特定の人々と活動をしなければなりません。
なぜなら、活動の中には悪くないものもありますから。

数年前のハリケーンで政府とFEMAが機能しなくなったとき、すべての教会グループが介入し、実際に人々に食料、水、避難所など必要なものを提供したのは教会グループでした。
ですから、宗教を持つことには多くの利点があります。
利点がないと言っているわけではありません。
そして、主に、この世界で何か良いことをしたいという同じ考えを持つ人々の周りにいるという観点から、それは本当に良いことだと思います。
しかし、それは私たちがよく考えるカトリック教会やそこで起こる悪いことなどにも当てはまります。
そして私たちはよく、教会で牧師がみんなと寝たり、そういったことをすることがあるのを思い浮かべます。
しかし、人はただの人です。
誰もが間違った意図を持って教会に行くわけではなく、ゴシップ仲間を作るわけでもない。
しかし、イスラム教のように、あまり話題にならない宗教もあります。
私たちはそれについて話しません。
私たちはヒンズー教について話しません。これらについて話しません。
これらは厳密には宗教ではありませんが、ある意味では彼らの教えは宗教そのものなのです。
宗教とは、教えのようなものです。

あなたは、本に書かれている情報を、自分の人生とどう関連付けるかを教えているのです。
あなたが話している本がコーランであろうと聖書であろうと、それは問題ではありません。
ご存知のとおり、カバラや仏教ではすべてがほぼ説明されています。
あなたが挙げたものは何でも、あなたの心に響くものを選んでください。
それはオンラインの達人についても同じです。
信じられないかもしれませんが、何年も前に起こったニューエイジ運動は、政府のプログラムによって公開された大量の情報から始まりました。
そして、政府のプログラムトレーニングに基づいた情報を提供している専門家もまだ存在します。
そして、これらの人々の中には、そうしている人々の例をいくつか挙げることができます。

私はネット上で人の悪口を言うのは好きではないのですが、ライトシステムについて語っている人がいて、それについてはこのままにしておきます。
彼はそういったプログラムで訓練を受けた人の一人であり、スキルを持っています。
誤解しないでください。
おそらく、彼は善人だと思っている人々とコミュニケーションを取っているのでしょう。
人々のために正しいことをしようとしているのに、彼はそれについて何かをする代わりに、次のパンデミックで私たち全員が死ぬことを知っていて、それが今始まると言っているようなことをたくさん発信しています。
そして、彼らは侵略するだろう、などなど、たくさんのことを発信しています。
しかし、私が見ているのと同じことが、私たち全員を殺したい、あるいは私たちを囲い込みたい、あるいは彼らがやろうとしていることは何であれ、実際に彼から来ているのです。
そして、彼らは彼にこの情報を与えているのと同じ人々なのです。
つまり、誰が陽性で、誰がそうでないのかということです。
しかし、繰り返しますが、私は彼が悪い人だとは思いません。

他にも、これらのプログラムに参加していたさまざまな情報を持っている人たちがいて、YouTubeやRumbleなどに登場して、これをリモートで見た、あれをリモートで見たという内部情報を提供しています。
そして、最近でも、ここ6か月の間に、新しいUNNへの全面的な移行を行っていたときに、オンラインにいた何人かの人々が、リモートビューで丘の上にいて、素晴らしい景色が見えると言っていました。
そして私が、大きなクローゼットの中にいる、などと言っている人がいました。
※要するにキンバリーさんがパニックルームに隠れていると言っているわけです、

そして、はっきりさせておきたいのは、私はそうしないということです。
同時に、同じ人々が検証されましたが、他の人々は真実からかけ離れた住所をオンラインに掲載しています。
小さな場所です。大きくはありません。
私の言っていることはわかりますか?
そうですね、情報が矛盾しているような気がします。
この人たちは私をロックスターのように見せました。
他の人たちは、この小さな場所を見て、などと言っています。
しかし、重要なのは、彼らが訓練されている考え方や、並外れたスキルを持つ人や並外れたスキルを持つように訓練されている人に求めるものが、必ずしも実際のスキルを持つ人を実際に見ることができるというわけではないということです。
そういう人や超能力者からの知覚は、実際に能力を持っている人にはほとんど効きません。

ええ、第一に、実際に能力を持っている人は、信じられないほどに自分自身を保護したりブロックしたりしていました。
どれだけ多くの人が私に電話してきて、私たちは霊能者と会話をしていて、私はあなたのエネルギーを調べたが、ああ、とんでもない、あなたはそうしなかった、なぜなら私は超極度に防御しなければならないから、と言ったか、あなたには想像もつかないでしょう。
※つまり自称霊能者程度が相手では、相手は最高の防御をしているがキンバリーさんは防御すらしていないという事で、キンバリーさんの比ではないという事です。

ねえコルタナ、何時?(これはただのジョーク)
そうでなければ、これらの人々が忍び込んできて、おそらくこの方法で私を殺すことができるでしょう。
ええ、ご存知のとおり、実際にこれを行うプログラムは1つしかないため、予測可能です。
そして、これらのプログラムは、政府レベルで定義されています。
これらは、採用された、またはSSPレベルの平均的な日常の人々です。
コピーがあれば、もちろんシステム内に保存されているので、非常に簡単です。
どこかから資金を調達する必要があったからです。
そして、それらのプログラムを理解すれば、それらから身を守るのは簡単です。
しかし、私の場合、私がやっていることをするために、そして時にはそれが忍び込んでくることもあります。
そして、私はそれがこれらのタイプの人々からのものだと言っているのではありません。
魔女の集会やサンヘドリンが存在し、彼らが召喚した悪魔から多くのことを学んでいた時代には、これは本当にひどいことでした。
彼らが召喚するということは、つまり、いわば、彼らと彼らの悪魔の群れとの絶え間ないコミュニケーションがあるのです。

悪魔はどうやってそこに侵入し、あなたを攻撃するかを知っていますが、彼らはプログラムされた人間ではありません。
そこに違いがあります。
私たちの周りには、今でもそういう人たちがいます。
魔女の集会(コベンやコベンマスター)とかそういう人たちではなく、黒魔術を実践している人たちで、おそらく他の人よりも少しは詳しいでしょう。
つまり、防御は常に存在し、常に稼働しているのです。
エネルギーシールドは常に有効です。
皆さんの多くが同じことをしていることは知っています。
皆さんはおそらくかなり敏感で、中には攻撃を防ぐために同じことをする方法を知っている人もいるでしょう。
普通の世界で私が見ている問題は、普通の人々、たとえ高度なスキルを持つ人々であっても、私たちはソースとのつながりを作るために、他の誰かのやり方に自分自身を縛り付けてしまう傾向があるということです。

建物に行ってそこにいる人たちと話をするからでも、仏教徒や悟りを開いた導師などと話をするからでも、それは問題ではありません。
それは誰か他の人のレシピです。
ケーキを焼く場合にはレシピがとても役立ちます。
このレシピでケーキやパイなどをうまく焼いたことがあり、それがうまくいったとします。
そして、その出来を見て、「よし、これは素晴らしいパイだったが、確かにこれを少し加えたり、あれを少し加えたりできるかもしれない。次回は別のパイ生地を使うと思う」などと言って、それを自分なりにアレンジし始めます。
オンラインで何かを教える人にも同じことが当てはまります。
これが悟りへの道です。
これが周波数で、瞑想してこの姿勢で座ったり、行ったりしなければなりません。
それが彼らにとってうまくいく方法だからです。
誰にとっても同じではありませんし、誰もが同じ経験をするわけではありません。

その一部は脳の反対側に基づいています。
ですから、宗教の中で育った皆さんは、今は信仰深いかもしれませんが、以前はそうではなかったかもしれません。
でも、もうそうではないかもしれません。
しかし、映画が私たちに神の姿を教えてくれたので、私たちは神の姿についてビジョンを持っています。
私たちは、イエスや仏陀、あるいは涅槃に似た姿など、さまざまなビジョンを持っています。
そして、時には、ある意味で、ある人たちが言うように、私は自分の高次の自己に話しかけていると考える傾向があります。
私は自分の高次の自己に尋ねましたが、実際にやっていることは自分自身に尋ねているだけです。
なぜなら、それは自分自身だからです。
そうです。つまり、あなたは自分の知恵を活用しているのです。
それがあなたがやっていることなのです。

あなたは自分の源泉、与えられた知恵に触れ、自分にとって何が良いのか悪いのか、あるいはこれをすべきかあれをすべきか、自問自答しているのです。
しかし、それは主権でもあります。
つまり、誰かに電話してタロットカードを読んでもらったり、何でもいいからやってもらうのではなく、大きな難しい決断をしなければならないときに試してみるのです。
時々そうすることが良くないと言っているわけではありませんが。
中には信頼できる人がいて、情報を得ている人もいますが、そこから得られる知恵に勝るものはありません。
そして、時には、私たちは状況に近すぎて客観的に考えられないと言うことができます。
そして、この人を本当に愛しているので、客観的に考えるつもりはありません。
なぜなら、私は本当にこの人を愛しているから、この人にそんなことを言いたくない、または、私はこれらの人々を愛したくないからです。
そこにいると変な気分になるけれど、このグループに行くのをやめたくありません。
だから、この部分で伝えたいメッセージは、自分のやり方でやらなければならないということだと思います。

自分のこと、自分のつながり、遠隔透視、あるいは自分が持っている、あるいは持ちたいスキルを自分のやり方でやらなければならない。
自分を知っているのは自分だけであり、そこにたどり着くためにどの道をたどるかは問題ではありません。
そして、これらの人々は役に立つだろうか。
あなたは自分自身を妨げているだろうか?
なぜなら、これらのプログラムの一部が解除され、あなたをもう叩きのめさない統治者となったことで、広く開かれたフィールドになったからだ。
私にとって今週末はまさにその完璧な例でした。

分析を聞くと、24時間ちょっと経った今でもまだ分析中ですが、彼らは理解していないのです。
私は、「私は」その中の一人ではないと思う。
「私」は、人間が当てはまるはずの機密文書のどのカテゴリーにも当てはまりません。
ええ、ご存知のとおり、それは人間ではなく、私もそのどのカテゴリーにも当てはまりません。
それで良かったと思いましたし、これを説明するのは良いことでした。
彼らの利益のためだけではなく、これらの人々全員が私を憎んだり、私に反対しているわけではありませんが、彼らの中には私に不利な情報を利用しようとする人もいますし、私はそれを知っています。
そのため、私はその面では特に警戒を強めていますが、一般の人の場合はまた、世の中にはどれだけ多くの情報が溢れているのかということも考えさせられました。
ソースをどのように接続するのでしょうか?
どうやって浮遊するのでしょうか?
トリップにはどうすればいいですか?

すべてはアストラル旅行ですか?
あれはみんなが見ている天国ですか?
人々は何を見て、どう感じているのでしょうか?
彼らはどうやってこれを行っているのでしょうか?
そして、昨日の午後から少しYouTubeを見始めたんです。
どれくらいの人が、これをどうやってやるのかを人々に教えようとしているのだろうか?たくさんいる。

Sunny:
そうですね。あなたが言ったように、人によってやり方が少しずつ違います。
そして私たちは、みんなが同じことを言うわけではない、という風に訓練されていると思います。
だとしたら、おそらくどれも正しくないか、誰を信頼していいのかわからないのでしょう。
あなたが言ったように、こういう状況になると誰もが違う対応をしますし、私は教祖とかそういうものに頼るタイプではないので、そのように考えるのとは対照的です。
だから、私はただソースとつながろうとし、私に何ができるのか教えてくれませんか?
と言うようにしています。
つまり、私の目を開いて、ヒントをくれるとか、何でもいいのです。
私はオープンで、喜んで応じます。
この情報を受け取るにはどうすればよいですか?
それが私がいつもやっていることです。
ただ、それは人それぞれ違います。

Kim:
そして時々聞き取りにくくなることもあります。
つまり、その接続を確立し、応答を期待しているということです。
これは何年も前のこと、本当に何年も前のことなのですが、当時付き合っていた人について質問があり、私はこう思いました。
「わかりました、ここで何を知る必要があるでしょうか?」と思いました。
なぜなら、こうです。
うまくいっていると思っていましたが、そうではないかもしれません。わかりません。
そして答えは、1つのドアが閉まると、別のドアが開くということでした。
そして私は、それが答えであってほしくなかったのです。
何か他の答えであってほしかったのです。
でも、あなたが言ったように、私がそのアドバイスに耳を傾けないときは、私は知恵を得ました、それが何であれ、それは決して良い結果にはなりません。

そして、ご存知のように、その後すぐに、それはほとんど終わりました。
そして、別の扉が開きました。それはより良い扉でした。
その時は、自分でやらなければならない、他の人がどうやっているかを見ることができます。
しかし、あなたは本当に自分自身のダンスを踊り、自分自身の歌を歌わなければなりません。
ご存知のとおり、静かな場所にいて、そのつながりに本当に集中する必要がある人もいます。
混雑した部屋の真ん中や危険な状況にいるときにそれを実行できる人もいます。
まるで、すべてが開けていくような感じです。
そして今、彼らは状況から抜け出すために必要なすべての情報を手に入れています。
それがあなたにとって何なのかは分かりません。
つまり、ここで可能なオプションのメニューを見ることができます。
10人の異なる人々や異なる宗教などを見て、自分に合った方法でそのつながりを見つけます。
そして、あなたも質問することができます。
リモートビューをしたいのですが、どうすればよいですか?
空中浮遊をしたいです。

水の上を歩きたいとか、何でもいいからやりたい。
まあ、何かを本当に望めば、どうすればそれを実現できるかの答えが得られるでしょう。
そうです、あなたがしなければならないのは尋ねることだけです。
そうすれば、どんな姿勢であっても、逆立ちして犬のように吠えるかもしれません。わかりません。
しかし、それがあなたにとって何であれ、それをしてください。
あなたはプログラムに参加しておらず、これがどのように行われるかという具体的な方法について訓練を受けていなかったのです。
なぜなら、この世界では、私を含め、これらのプログラムのどれも理解できないことが起こっているからです。
そしてあなたが私の言っていることを理解してくれなくて嬉しく思います。
もしあなたが理解していたら、私はおそらく今頃、研究室で解剖され、あなたにとって役立つミーをもっと作る方法を見つけ出しているでしょう。

それは確かです。
実際。彼らは実際に過去に私にそう言ったことがあります。
彼らは何年もの間、私のような人間を作ろうとしてきたし、私はそれを知っています。
しかし、あなたにとっては、多くの変化がやってくるでしょう。
前向きな変化、あなたへの干渉はもうありません。
そして本当に、これは学ぶべき重要なスキルになるでしょう。
ご存知のように、自分を守り、自分を防御する方法です。
これは主権に関することであり、あなたに関することです。
それらのビデオのいくつかを見たいのであれば、それは素晴らしいことです。
必要なものだけ取って、残りは残しておいてください。
なぜなら、それがあなたにとってうまくいかないかもしれないからです。

あるいは、一部だけがうまくいって、それを他の人がやっていることと組み合わせれば、あなたは目標を達成したことになります。
しかし、どこに行きたいのか、何をしたいのか、何に焦点を当てたいのかを基本的に理解しておけば、適切なタイミングで情報がやってきます。
ところで、そうする前に自分のカップを空にしてください。
カップを空にしないと混乱してしまいます。
ちょっと待ってください。
オクラホマに引っ越したくありません。
アメリカに引っ越したくありません。
オーストラリアに引っ越したくありません。
でも、オーストラリアに引っ越しなさいと言われたり、どこに行くにしても、こうしなさいと言われたりします。
あなたにとって何かがあるはずですから、聞いてください。

私には、ひどい虐待的な結婚生活を送っていた親友がいます。
そして、当時彼女はほとんど国外に旅行したことがありませんでした。
そして突然、彼女は地図にダーツを投げて、「どこに行けばいいの?」と言ったようなものでした。
文字通りという意味ではありませんが、情報源との会話の中で彼女はホンジュラスに行くように言われました。
世界中のどこよりも、彼女はここへ行くように言われました。
そして、彼女は実際にそこへ行きました。
彼女はしばらく滞在し、10年間連れ添った現在の夫と出会いました。
つまり、ここに行って愛について学ぶことになっているのです。
彼女が知っていたのはそれだけでした。
彼女はこう言います、「どうやって愛について学べばいいの?」私はスペイン語も話せません。
ご存知ですか、これはどうしたら可能になるのでしょうか?
結局、そのようにうまくいきました。

その知恵があなたをどこに導くかは決して分からないのです。
そして、その答えが必ずしも気に入るとは限らないかもしれません。
しかし、それがあなたにとって最善の利益であると私が言うことを信じてください。
ここで空のカップが登場します。
あなたも自分自身を信頼することを学ばなければなりません。
時々メッセージを受け取ると、「自分は完全に頭がおかしい」と思うでしょう。
これを配偶者などに言ったら、彼らは私が頭がおかしい人だと思うでしょう。
やあ、ハニー。
私たちは今からジャマイカに引っ越すつもりだよ。
大笑いしてね、そう、そう、そう言うように言われたからだよ。

Sunny:
ええ、それはいつもうまくいかないですね。
家族全員も引っ越しましょう。そうしましょう。

Kim:
そう、うまくいくときもあれば、そうでないときもあります。
でも、そうじゃなきゃ、仕事を辞めて別の場所に行って、私を信じて、お金はそこにある、私を信じて、これはうまくいく、とか、いや、私も嫌な経験があったんです。
彼らは「いや、戻らなければならない」と言っていました。
いいえ、あなたにはあなたが必要なんです。
あなたが得るべきものが得られなかったのです。
私は「ああ、神様、これは本当につらいことになる」って思いました。
戻らなきゃ。
しかし、私は常に何らかの情報を持ち帰りました。
人々は私に、どうやって何年もそこに座ってマルドゥクと話していたのかと尋ねます。
どうやって?
どうやって世界中を旅して、これらの人々と話をしたのですか?

なぜ、これらすべての代理店の人たちと話をしたのですか?
なぜ知っていたのですか?
ああ、あなたはCIAか何かに違いない。
いいえ、ただそこに行ってこの人たちと話をするように言われただけです。
会議に参加するように言われました。
これをやるように言われたので、やりました。
正直に言うと、こうした経験は不快なものもあったし、時々、冗談でしょ、と思うこともある。
私はこれを起こさせるつもりです。
私はこのイベントに参加すべきですか?
あなたは今私をからかっています。
私がそこに着いたら、この人たちは私を殺すかもしれないけど、彼らは「いやいや、大丈夫だよ」と言う。
とにかく、「わかった、やった」って感じ。
私は無事だった。

つまり、いつも楽しい経験だったわけではない。
ご存知の通り、私はいつも無傷でいられたわけではありません。
でも、私は生き延びたので大丈夫です。
そして私はこれらの経験から非常に多くのことを学びました。
つまり、彼らが私を理解できない理由はここにあります。
彼らがあなたを理解できないのも同じ理由です。
これは、コンピューターの強化なしでは彼らがあなたを理解できないのと同じ理由ですか?
量子AIシステム、エイリアンが残したプログラム、これらをこれまでのような反発を受けることなく、たくさん実行できるようになりました。
ですから、次のこと、そしてこれは、被害者を演じている多くの人にとって厳しいものになるでしょう。
時々、これらのことがあなたをひどく打ちのめすことがあると感じることがあります。
特に、あなたがライトワーカーで、たくさんの光を当てようとしている場合は、本当に大きな打撃を受けることがあります。

あなたは被害者ではありません。
必要な手段を講じて自分を守るために必要なツールはすべて揃っています。
そして、もしそれが、あなたがコードを引っ張って、できるだけ強く誰かを自分から遠ざけることを意味するのであれば、そうしてください。
彼らはあなたの主権を侵害し破壊しているのです。
彼らを押しのけ、自分を守りましょう。
他の人に自分を弁護するよう呼びかけるのはやめてください。
これらの人々の中には、あなたにとって最善の利益にならない人もいるかもしれません。
あなたは、誰がどの側でプレーしているのか、あるいは不自然な方法でトレーニングされたのかどうかは分かりません。
自分は何か良いことをしていると本当に思っている普通の人でも、そうではないことは分かっています。
彼らがそのような方法でそれをしたなら、あなたはそこに何があるのか、何とつながっているのかを知りません。

あなたは聖母マリアや何か素晴らしいもの、あるいはあの天使やあの天使とつながっていると思っているかもしれませんが、本当にそうでしょうか?
識別力を働かせないと、他の人が何をしているのか分からない。
あなたは自分が何をしているかだけを知り、ベールを剥がして、別の場所から来た別の存在と話しているかどうかを確認するだけで大丈夫です。
彼らは私と同じようにあなたに話しかけているのです、サニー、しかし、マイクとインターネットがないのです。
適切な相手、適切な相手と話していることを確認してください。
コンピュータプログラムと話しているのではありません。
もしそこに何かが残っているとしたら、あなたはその人の中で持ち出された誰かの何かと話しているのではありません。
いいえ、ただ注意してください。
こうしたことは今や始まっていますが、政府は理解していませんし、宇宙計画の人たちも私のことを理解していません。
なぜなら、彼らは、これほど効果的な彼らのプログラムを経験していない人と働いたことがないからです。

私たちもそうですが、彼らが本当にすべての階層構造を理解していないのでなければ、なぜ彼らは反ソースに多大な信用を与え、ソース自体には信用を与えないのか、とても奇妙に思います。
なぜなら、私たちが協力してやっているのはソースだからです。
なぜ彼らは、そのソースが反ソースと同じくらい、あるいはそれ以上に強力だと思わないのでしょうか。
長年にわたる協定や暗黒時代により、いろいろなことが起こっています。
これらの組織を覚えておいてください、最も古いものでも5000年の歴史があります。
6000年くらい経ってる、覚えていないのです。
つまり、組織が存在するには長い期間ですが、これらの人々がこの知識を持っている限り、私たちは暗黒時代を生きてきました。
あるいは、神に祈って、彼らはフェンスの向こう側にいる人々を見つけ出す、そういう類のことをしています。
彼らは常に、彼らに対してすべての作戦を実行することができました。

彼らは常にそれらに対抗することができました。
彼らは常に彼らを殺すことができた。
彼らは常に、反対側にいる人々を無力化するために特定のことをすることができました。
孤立させ、彼らのすべての人々から遠ざけ、彼らが他の人々と結託しないようにするために、特定のことをすることができました。
なぜなら、彼らが3人から7人を集めたら、彼らは私にこう言ったからです。
もし彼女が自分と同じような子を3人集めたら、いや、7人集めたらもっといいんだけど、そうしたら私たちの終わりです。

Sunny:
ああ、それは挑戦的ですね。

Kim:
ええ、冗談じゃないですよ。
なぜなら、私がこれらの人々を見つけるたびに、そのうちの何人かは気が狂ってしまうからです。
彼らは文字通り正気を失ってしまうのです。
彼らは、自分たちの霊能者ネットワークの人々をそこに投入して、彼女は彼女が言っているような人間ではないと告げたのです。
そして、あなたは騙されたり、こういった類のことをされたりしたのです。
そうです、これは起こったのです。
つまり、私はたくさんの人々を見つけましたが、今ではそれについてはあまり話さなくなりました。
なぜなら、そうすると悪いことが起きるからです。
彼らはその人たちを狙います。
なぜなら、この椅子に座るには強い人が必要だからです。
そして長い間、まさにその理由から、私は誰とも付き合わないようにしていました。
身長6フィート5インチの大人が、小さな女の子のように頭を叩いて走り回っているのを見たことがあります。

すごいですね。そして、私が言ったように、その多くはコンピュータ・プログラムでした。
つまり、人間がアクセスできるプログラムには制限がありましたが、一部の人は、起こり得る規制について認識しており、おそらく、ここで話しているような規制への制限付きアクセスを持っていました。
サイバーライフレベルというのは、通常の政府タイプのプログラムではありません。
そして、これらの施設は、巨大なものでした。
それらの多くは、地球から放出されるエネルギーを最も多く変換できる場所に存在していました。
ですので、これらの施設がもう存在しない場所をお知らせします。
これらは先週お話しした衛星などと関連していましたが、ニューメキシコ州全体のほとんどをカバーしていました。
アメリカ合衆国ルイジアナ州全体の大部分。
フィンランド全土のほとんど。これらは巨大でした。
カスピ海の底、エクアドルのサルセドのもう一つの地域。

オーストラリア、キャンベラ。ベトナムのホーチミン市。
なぜ私たち全員がそのことで争っていたのか不思議です。
コスタリカのこの国の大部分。スペイン、カンタベリー、ユーフラテス川の下流。
私たちはユーフラテス川とイランとイラクの国境についてたくさん話しました。
そこは地球にとって大きな光の発生源であり、たくさんの金、ソースの存在、地球上の生命の源であり、すべてが起こった最初の場所でした。
ですから、彼らがそのすぐ外側に行き、そのエネルギーをできるだけ多く暗黒エネルギーに変換して人々を狂わせることができるようにオーバーレイを構築したのは驚くことではありません。
しかし、私はこれらのプログラムの多くについて話すことをためらっています。
なぜなら、人々にガラスの天井を突き破り、平均的な日常の人間には乗り越えられないものを乗り越えるよう人々に奨励したいからです。
私たちはまさにその地点に到達したように感じました。

それは一種の恐怖のようなものでもあり、その地点に達すると、人々にこう言わせるには非常に多くの強さや酌量すべき事情が必要になります。
私はこれをしなければなりません、あなたの子供が困っているのを知っています、それが何であれ関係ありません。
あなたは地球の果てまで行って車を持ち上げたり、建物を動かしたりします。
その子供を救い出すためにあなたがしなければならないことは何でも、それは起こります。
それが私が言っている酌量すべき事情であり、あなたに課せられたすべての限界を押し広げるということです。
ですから、この週末、私は、そういったプログラムに参加しておらず、基本的に私が話した多くのことを独学で学んだ場合、物事がいかに違っていたかに気づきませんでした。
それは先週の水曜日ではなく、その前の水曜日に話しました。
私の場合、ほとんどは知恵から生まれたもので、それはそのつながりから生まれました。
私の体で何ができるか見てください。
これで何ができるか見てください。
それで何ができるか見てください。

そしてもちろん、これらの人々と直接会って学びました。
私は長年にわたり、さまざまな国で多くの人々と数多くの会議を行ってきましたが、会議に参加するとすぐに、誰かが頭にバイス(工作物が動か似ように止める万力のような物)を突きつけているような気分になります。
ご存知のとおり、こうしたプログラムの訓練を受けた人たちは非常に高圧的です。
彼らがダークエネルギーでそれを貫通してダークエネルギーで読もうとしているのかどうかは分かりません。
彼らがどうやってこれらのことをするのかはよく分かりませんが、一度そう感じ始めると、それを押しのけることができます。
つまり、それをブロックすることができます。
あなたが何かの歌を歌っているというレイヤーをその上に重ねることさえできます、わかりますか?
たとえば、ある時、繰り返し会議をしていたとき、3つの角がありました。
たとえば、ある時、繰り返し会議をしていたとき、3つの角がありました。
スリーコーナーズに私の帽子があります。
「ダメだ、ダメだ」という歌を覚えていますか?それは子供達の童謡です。

でも、私はそういうランダムなものを選ぶだけです。
そして、彼らが読んでいたのはそれだけです。
しかし、私は別のことを話しているのです。
彼らはそれがどのように行われるかを理解していません。
しかし、独学で訓練されている場合、会議に参加してそれを避ける必要があると感じ始めたら、Xを避ける必要があるということしか知りません。
私は、彼らがそこに座って、それをどうやって行うかを考えようとしている間に、8時間半続いた会議を1回経験しました。
ワオ、私は小さなフグを持っていました。
これはニモ(ファインディング・ニモ)の前のことでした。
つまり、さまざまなものを浮かべて、奇妙でランダムな考えのようなもので、彼らは、彼女がこんなことを考えているはずがない、と感じていました。

Sunny:
彼女は私たちを困らせている。
冗談でしょう。

Kim:
私は、この特定の会議がドイツのフランクフルトで行われたときのことを話しています。
それで、みんな、彼女はどうやって8時間もこんなことをやっているんだって思うんです。
彼らは努力しました、神様が彼らを祝福してくださいますように。
だから、私は興味があります。

Sunny:
それで、どうやってそれをやったんですか?
つまり、相手があなたの文章を読んだら、それを理解したり聞いたりしてもらいたいという意図を設定しただけで、その後は他の事柄について話すことができるということですか?

Kim:
ええ、ええ。
あなたは、つまり、シールドを変えるんです。
明らかに、私は実際にそれらを頭の中に入れたくないのです。
そしてそのシールドの外側では、実際に考えていることから脳波を変えて周波数を送信します。
それは何か違うものを生み出すでしょう、私には分かりません。
そして、それをそのまま実行するだけです。
だから、私は、童謡や歌など、繰り返しになるものを選びました。
それはそれほど複雑ではなく、ほんの数行のセリフがあるだけです。
そうすれば、実際の考えや会話をしながら、それを続けることができます。
ええ、わかっています。
まあ、何とかして生き残らなければなりません。
私たちの側にいる人はたくさんいます。
先ほど言ったように、私たちはいわば独自のちょっとしたコツを編み出します。

それは私たち自身を守るのに役立ちます、さもないと誰も来ません。
私たちには軍人の集団はいません。
彼らはここに現れて、あなたを擁護したり、現時点では何でもするでしょうが、とにかく、これまで一度もそうしたことはありませんでした。
だから、何かをしなければなりません。自分で考え出さなければなりません。
リモート ビューイングでも同じです。
リモートビューイングは非常に便利であることが証明されており、脱出しなければならない状況にあるときには、超高精細な3D鮮明映像が映し出されます。
危険な人たちがいるような会議に行くと、どうやって抜け出すか自動的に分かっています。
自分が行ける出口を全て把握しておくようにしています。
私はホテルであろうとなかろうと、バンビル全体を遠隔で観察したことがあります。
世界のどこにいても、街中を歩き回っていても、出口がわかる。
どの道を行けばいいのか、彼らがどこから来るのか、私は知っています。
追ってくる人が見えます。
私はその道には行きません。そういうことです。

人々がこれらのプログラムを通じて行うのは、ある程度は敵の位置を特定するためだと思いますが、先ほどお話ししたようなさまざまなサイトを見つけるには、これら10ヶ所を使用します。
私たちにはそれがありません。
私たちは防御する必要があり、それは知恵から生まれます。
それは、時々ここにいる他の人から来ます。
私たちはこれを実現するために、さまざまなグループと協力しています。
そして彼らは、昨日も、私が一人の人と一緒にそこに現れたように見えたにもかかわらず、それに気づいたと思います。
私はそうではありませんでした。
一人だけでそこに現れたわけではありません。
他にも人がいました。
そこにいたのは誰だったか知っていますか?
もし特別なカメラを持っていたら、政府は彼らのレベルの物事を違った目で見ることができたのでしょうか?絶対に。

私がその場所に現れなかったり、彼らが理解できるほど長く滞在しなかったために、彼らは別の方法を見つけなければならなかったのですか?
はい、そうでした。
でも、それでいいんです。
生きて学ぶのです。
私も生きて学ぶのです。
だからそこに留まらなかったのです。
事前に予約していたコーヒーショップでコーヒーを飲み、そこで皆さんが私にあれこれとやらかしました。
だから、もう二度とこんなことはしない、と思いました。
絶対にだめだ。
でもうまくいきました。
結局、良い会話になり、それが私の週末のの一部でした。

もう一つの部分は、サイトを見て回って、喜びのないプログラムがどこから来ているのかを調べることでした。
なぜなら、私はまだそれを感じることができていたからです。
そして、痛みを感じたり、他の人に押しつぶされたりすることなく、誰もが最高の自分になれる最高の機会を得られるよう努めています。
政府に関して言えば、誰もが7月4日の大金の日を心待ちにしていて、戦争や第3次世界大戦を始めようとしています。
そして、偽旗作戦や、2012年以来実際には起こっていないすべてのエキサイティングなことを準備しています。
彼らが限られた資金を使ったことは知っています。
7月4日のお金というのは、100兆ドル以上出るということです。
つまり、世界中のどの国にとっても、予算としてはかなり大きな金額です。
これは米国予算だけではありません。
2012年のあの時以来、何らかのリリースがあったのはこれが最後であり、私はそれを自分でやったから知っています。

次の発表は、米国の予算が1兆5千億とか、1.81倍だったにもかかわらず、比較すると見劣りしました。
7月4日に以前起こっていたことと比べれば、大した金額ではありません。
そうすれば、多くの人ががっかりすることになるでしょう。
工作員、政府、その他すべては、彼らがただ新しい日付を設定するだけだと知っています。
次の新月、満月、中秋の名月がいつなのかは分かりません。
収穫月がいつになるかはわかりません。
しかし、興味深いことに、神のみぞ知るところです。
私が聞いている雑談は、年次総会に関しては、ディープステートの残党が、通常翌日に始まる会議に出席する予定のようです。

Sunny:
つまり、個人会議か、ああ、そうですね。
彼らを囲い込めるならいつでもいいし。

Kim:
まあ、他の人たちと同じよううまくいきます。
わかりました。
会議の世界では、ご存知のとおり、7年ごとに堕天使会議があり、その後はエイリアン会議、つまり私たちがエイリアンと見なす非人間会議があり、その後、ペアレント会議が始まります。
誰もが去って他にいないので、彼らは喜んでその立場に就くでしょう。
そのため、7月からエイリアンから直接情報を得るためには、世界のどこに行けばよいかを検討しているという噂が広まっています。
いいですね。ええ、新月です。
今は私たちの上には誰もいないので、直接情報を得ることができます。 まあ、そういう人たちもいませんよ、みんな。
ご存知のとおり、その情報を得るには長い時間がかかるでしょう。

Sunny:
長い時間がかかるでしょう。

Kim:
荷物をまとめているとといいのですが。
でも、みんなで一つの場所に行けたら最高ですね。
私はそれで満足です。
どうか、みんなで一つの場所へ行ってください。
ラピッドラピートです。
金曜日までに、1か所に全員集まる正確な時期を教えてください。
その場所がどこになるかはほぼ分かっていますが、実際にそうなるかどうかはわかりません。
今週末に得た情報でわかるでしょう。
投影しておけばよかった、サニー。
そうすべきだった。
大きな天使か何かを作るべきだった。
冗談じゃない。私もそうできたはず。

オーラの色を変えるのは実はとても簡単です。
オーラリーディングとかやってる人とか?
オーラの色を変えることができます。
つまり、あなたが望むなら、オーラを完全に白くすることもできますし、さまざまな色にすることもできます。
好きなように変更できますが、明らかに感情的な状態がそれに影響しますが、やるのはすごく楽しいです。
以前、誰かのマシンでそれをやったことがあります。
彼らは私に一緒にリーディングに行ってほしいと言っていたので、私はあることをしました。
それでやってみたのですが、楽しいです。
でも、投影するとなると、間違いなくできると思います。
なんてこった。

Sunny:
次回はキム。

Kim:
次回、次回。次回もあるよ。
とにかく、月曜日の世界情勢報告は以上です。
今週は面白い週になりそうです。
今週は、おそらく皆さんが知るまでわからないでしょう。
今週は、おそらく木曜日、金曜日まで何が起こるかわかりません。
そして、シフトの時が来るので、様子を見ましょう。
どうなるか見てみましょう。
誰かが正気に戻るかどうか見てみましょう。
この分析が誰かにとって良い方向に役立っているかどうかを見ましょう。
彼らは、実際の白人労働者とホワイトハットの違いを理解するかもしれません。
そして、なぜこれらの人々は私と戦っているのでしょうか?

ほら、自分たちは正しいことをしていると思っているこの人たちが、なぜ私と戦っているのでしょうか?
もし私がその側にいるなら、何も操作していないときでも、私は暗く見えません。
そうではありません。
様子を見ましょう。何が起こるか見てみましょう。
現時点では、何があるか、誰にもわかりません。
我々としては、ただ衛生管理、エンジニアリング、修復を一つずつ、一日ずつ、一つずつやっているだけです。
そして皆さんには宿題がありますので、これで終わりです。

Sunny:
ええ、7月4日が過ぎたら正気に戻る人が出てくるといいのですが。
つまり、彼らも私たちと同じくらいこの歌と踊りにうんざりしているはずです。
どうなるかはわかりません。

Kim:
ええ。
ええ、どうなるかはわかりません。
ええ。それで、童謡を調べてください。

Sunny:
ええ、戻らなきゃ。何だったっけ?

Kim:
それは私の帽子です。コーナーが3つあります。
3つのコーナーに私の帽子があります。
何が出てくるか見てみましょう。
コーナー、それは私の帽子ではありません。
オーケー、オーケー、オーケー。

Sunny:
オーケー。
キム、水曜日にまたここで会いましょう。
完璧ですね。ありがとうございます。

Kim:
ありがとうございます。

Calen:(男性アナウンサー)
国連のニュースを共有したいですか?
ソーシャルメディアのあり方を変え、それを良いことに役立てるために、ご協力ください。
オンラインチャネルを通じて私たちとつながりましょう。
ソーシャルメディアチームは、各ニュース番組からクリップを作成し、大切な人と簡単に共有できます。
また、そこには、批判的思考を促すのに最適な「今日のUNNミーム」も掲載されています。
すべてのソーシャルメディアサイトへのリンクは、United Network EarthのWebサイトの下部にあります。
一緒にニュースのあり方を変えましょう。

Sunny:
本日のニュース アップデートはこれで終わりです。
UNNを友人や家族と共有してください。
私たちはみんなが団結して地球の修復に協力する必要があります。
お住まいの地域でニュースが起こったら、記録して私たちと共有してください。
そうすれば、一緒に世界と共有できます。
覚えておいてください。
それがどうなるかは、私次第です。
私はサニーガルトです。
月曜、水曜、金曜に、に本物のニュースをお届けします。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
972 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧