米国で数十年ぶりにポリオが蔓延している。ブースターが必要なのだろうか?


livescience.comより
2022年8月17日、ニューヨーク州ブルックリンの保健所で、前月にロックランド郡で麻痺性ポリオの患者が検出されたことを受けて、ポリオワクチンの入った箱がばらまかれる。(画像出典:ED JONES/AFP via Getty Images)。

しばらく前に「次のワクチン接種キャンペーンはポリオだ」という情報を扱ったのですが、やはり始めましたね
以下の記事は情報として掲載している物であり、当サイトはワクチンを一切推奨しません。
身体によいワクチンなどこの世界のどこにも存在しません


ニューヨーク州ロックランド郡やその周辺地域で、特定の型のポリオウイルスが流行していることから、世界保健機関(WHO)は、同様のポリオウイルスが検出された国のリストに米国を追加することを決定しました。このリストには、英国、イスラエル、イエメン、アルジェリア、ニジェールなど、ヨーロッパ、アジア、アフリカの約30カ国が含まれています。

このリストに米国が正式に加わったことは、先週、米国疾病対策予防センター(CDC)により発表され、このニュースにより、今後どうなるかという疑問が生じました。子どもの頃にポリオワクチンの接種をすべて受けた人は、今、ブースターが必要なのでしょうか?また、自分の接種状況が不明な場合、あるいはポリオワクチンを接種していないことが確実な場合は、どうすればよいのでしょうか?

重要なことは、ワクチンを完全に接種した人に、ポリオ・ブースターを接種するよう全面的に勧めることはないということです。

「確かに、現時点では、追加のブースターを必要とする彼らの子供の頃のワクチン接種シリーズについて安全な人々 のための任意の国またはローカル推奨されていない」とテネシー州バンダービルト大学医学部感染症部門の医学教授、ウィリアム シャフナー博士は言った。しかし、彼は選択的な状況 - 私たちは詳細を以下に示します - は、個人のためのブースターを求めることが合理的である可能性がありますと指摘しました。

今のところ、保健当局の最大の関心事は、まだポリオワクチン接種シリーズを終えていない人たちへのワクチン接種だとシャフナー氏はLive Scienceに語っています。

CDCの国立予防接種・呼吸器疾患センターのホセ・R・ロメロ博士は、CDCの声明の中で、「ポリオの予防接種は、この衰弱した病気と戦うための最も安全で最善の方法であり、これらのコミュニティでワクチン未接種の人々がすぐに最新のポリオワクチンを接種することが不可欠である」と述べています。
「ポリオは治療法のない危険な病気であることを、私たちはいくら強調してもしきれません。」

ベースラインポリオワクチンの推奨

CDCによると、2000年以降、米国では不活化ポリオワクチン(IPV)のみが使用されています。これは通常、腕や脚に注射する注射で、病気を引き起こすことのない「死んだ」ポリオウイルスが含まれています。もう一つのポリオワクチンである経口ポリオワクチン(OPV)も同様の効果があるが、生きてはいるが弱毒化したポリオウイルスが含まれているため、米国では使用が中止されたと、Live Scienceは以前報じた。この弱毒化したウイルスは、ワクチン接種を受けた人の便から排出されることがあり、まれに、ワクチン未接種の人に病気や麻痺を引き起こす可能性のある、自然に発生する野生のポリオウイルスと同様の挙動に進化することがあります。

このため、米国では現在IPVのみが投与されていますが、OPVを使用している地域から「ワクチン由来」のポリオウイルスが輸入される可能性があり、今回の流行はまさにこのケースに当てはまります。

「ポリオウイルスだけでなく、他のウイルスや細菌も海外から輸入される可能性があることが明らかになりました」とシャフナー氏は述べました。

CDCは、ポリオを予防するために、米国の子供たちにIPVを4回接種することを推奨しています。生後2カ月、生後4カ月、生後6カ月から18カ月、4歳から6歳の間に1回ずつです。CDCは、接種開始時期が遅れたり、接種間隔が空いたりした場合のために、いくつかの「キャッチアップスケジュール」も用意しています。

ポリオワクチンの接種を受けたことがない成人は、IPVを3回接種する必要があります。CDCは、1回目の接種はいつでも可能で、2回目は1~2カ月後に、3回目はその6~12カ月後に受けることを勧めています。過去に1回または2回しか接種していない成人は、推奨される3回に達するように追加接種を受ける必要があります。

ほとんどの米国人は、小児期にポリオワクチンの接種を完了しており、それ以降にブースターを接種することは一般に推奨されていません。「これは、ポリオ・ワクチンによる生涯予防が非常に有効であることを証明するものです」とシャフナー氏は述べました。
ポリオウィルスは、感染者の排泄物との接触によって広がるのが最も一般的です。(画像出典:KATERYNA KON/SCIENCE PHOTO LIBRARY via Getty Images)

ポリオワクチンは1955年に初めて発売され、それ以来、定期接種として推奨されています。IPVまたは「3価」OPV(tOPV)のいずれかを3回以上接種していれば、完全接種とみなされます。CDCによると、IPVとtOPVの組み合わせで4回接種すれば、完全接種となります。

これは、ウイルスが中枢神経系に侵入し、腕、脚、またはその両方に衰弱や麻痺を引き起こし、後遺症や死に至る可能性があるものです。CDCによると、3回の接種で99%以上の予防効果があるとされています。

ポリオの予防接種が必要な人は?

完全に予防接種を受けた成人でも、1回限りのポリオ・ブースターを検討できる場合があります。

例えば、ポリオウイルスの検体を扱う研究室や医療機関で働いている場合、ポリオ患者を治療する医療従事者、ポリオウイルスに感染した人の身近な人と接する可能性がある場合、ブースターの接種が推奨されます。また、ポリオに感染するリスクが「より高い」国に渡航する場合にも、ブースターを受けることができます。例えば、アフガニスタンとパキスタンでは、野生ポリオウィルスがまだ循環しており、世界ポリオ撲滅推進計画によれば、長期滞在者は、渡航の4週間前から1年前までにIPVブースターを受ける必要があります。(米国ではまだ同様の勧告は行われていません)。

これまでのところ、米国で発生した麻痺性ポリオの症例は1件のみで、これはロックランド郡でワクチン未接種の成人が発症したものです。その後、ロックランド郡、オレンジ郡、サリバン郡、ニューヨーク市、ナッソー郡の排水サンプルからポリオウイルスが検出されたと、ニューヨーク州保健局が報告しています。

保健省は現在、以下のニューヨーカーにポリオブースターを推奨しています。
  • ポリオウィルスに感染していることが分かっている、または疑われている人、あるいはその人の家族またはその他の密接な接触者と密接に接触する予定の人、またはその可能性がある人。
  • ポリオウィルスが検出された地域で働き、ポリオウィルスを含む可能性のある検体を扱ったり、ポリオの可能性のある患者を治療する可能性のある医療関係者。
  • 職業上、排水にさらされる個人

コロンビア大学医学部のポリオウイルス専門家であるヴィンセント・ラカニエロは、声明の中で次のように述べています。また、自分が受けたポリオワクチンの接種回数が不明な場合は、ブーストを受けることを検討してもよいとのこと。

CDCが発表した2017年のMorbidity and Mortality Weekly Report(疾病率および死亡率週報)によると、ポリオの抗体検査はいくつかありますが、3種類すべてのポリオウイルスに対する抗体をスクリーニングする検査へのアクセスが限られているため、ワクチン接種状況の評価には推奨されないそうです。「3つの血清型すべてに対する抗体の検査が利用できない場合、血清学的検査は免疫を評価するために推奨されなくなった」と報告書には書かれています。

シャフナー氏によると、ニューヨーク以外の米国在住者については、ポリオに感染するリスクは発生前と同様であり、つまりは無視できるレベルであるとのことです。しかし、ニューヨークでウイルスにさらされた人が、飛行機に乗って他の場所にポリオを持ち込む可能性はあります。そのため、どこに住んでいてもワクチン接種が重要であることに変わりはない、と彼は言います。

ジョージ・ワシントン大学ミルケン研究所公衆衛生学部保健政策・管理学科教授で救急医のリーナ・ウェン博士は、「IPVは最も深刻な影響を防ぐのに非常に優れていますが、ワクチンを接種した人がポリオのキャリアとなり、他の人に感染させる可能性があります」とCNNに語っています。

汎米保健機関によると、IPVを接種した人は、麻痺から保護されていても、病原体にさらされた場合、便の中にポリオウイルスを移す可能性があります。これは、IPVは血液中で非常に強い抗体反応を起こしますが、腸内で免疫を生成する効果はそれほど高くないためです。

ポリオについて

CDCによると、ポリオウィルスは、感染者の排泄物との接触によって広がることがほとんどですが、感染者がくしゃみや咳をしたときに飛び散る飛沫によって感染することもあります。しかし、アルコール系の手指消毒剤ではポリオウイルスは死滅しません。

ポリオに感染しても、ほとんどの人は目に見える症状を発症しません。約25%の人が、喉の痛み、発熱、疲労、腹痛、吐き気など、インフルエンザのような症状を発症します。しかし、感染者のうち、髄膜炎(脊髄や脳を取り巻く組織の感染症)や麻痺(後遺症や死に至る場合もある)といった重い症状を起こす人は、はるかに少数です。

ポリオから回復したように見える人でも、数十年後に新たな筋肉痛や脱力感、麻痺を起こすことがあり、これはポスト・ポリオ症候群と呼ばれています。


https://www.livescience.com/boosters-for-polio-ny-outbreak
150 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧