エリザベス女王の葬儀で14列目の席に座ったバイデンをトランプが嘲笑


thegatewaypundit.comより

トランプは、月曜日(2022/19/19)の女王の葬儀でウェストミンスター寺院の14列目の席に座っていたジョー・バイデンを嘲笑しました。

ジョーと看護婦のジルは月曜日、ロンドンで行われたエリザベス2世の葬儀に遅刻した。

ジョーとジルは、英国軍の英雄たちの行列の後ろに座らされるのを待つことを余儀なくされました。

ジル・バイデンの黒いヘッドバンドは滑稽に見えた。


トランプは、女王の葬儀で14列目の席に座っていたジョーとジルを嘲笑した。

「これがたった2年の間にアメリカに起きたことだ。尊敬の念はない! しかし、大統領にとっては、ある第三国の指導者と知り合う良い機会だ。もし私が大統領だったら、彼らは私をあそこに座らせなかっただろうし、私たちの国は今よりずっと変わっていただろう!」トランプは月曜日のTruth Socialでこう語っている。

トランプは、ジョー・バイデンを非難する別の投稿を続けた。
「不動産では、政治や人生と同じように、場所がすべてだ!!!」

バイデン氏は、日本の天皇・皇后両陛下とポーランドのアンドレイ・ドゥダ大統領の後ろに座った。

バイデン夫妻はまた、ヨルダンのアブドラ2世とラニア・アル=アブドラ王妃の後ろに座っていたと、Daily Mailは報じている。

デイリー・メール紙が報じた。

ドナルド・トランプは、女王の葬儀で14列後ろに座らされたジョー・バイデンを嘲り、もし自分が大統領なら2000人の弔問客の前方に移動していただろうと述べた。

バイデン氏は、ウェストミンスター寺院で世界中から集まった2000人の弔問客に混じって通路側の席を与えられた後、式典の直後(女王の納棺と埋葬の前)にエアフォースワンで米国に帰国した。

日本の天皇・皇后両陛下は、ヨーロッパの王室やヨルダンの国王に次いで6列目に座られた。

ビデン夫妻は大統領専用車「ザ・ビースト」で国葬に参列し、他の各国首脳はバスで同乗した。アメリカの大統領のセキュリティプロトコルは厳しく、警備車両に囲まれた装甲車で移動することが義務付けられている。

約1時間の追悼式で、大統領はポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領の真後ろ、チェコのペトル・フィアラ首相の真正面に座った。

ジル・バイデン氏は、スイスのイグナチオ・カシス大統領の隣に座った。


https://www.thegatewaypundit.com/2022/09/trump-trolls-biden-seated-14-rows-back-queen-elizabeths-funeral/
275 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧