大学、「男」と「母」の存在を消す言語ガイドを作成

2023-07-02

naturalnews.comより

ノースカロライナ大学(UNC)は、学生や職員が言っていいことと悪いことのガイドラインを示した「包括的な」言語ガイドを共有した。
(記事:Steve Watson Summit.newsより転載)

このガイドでは、基本的に『男性』という言葉は存在せず、『母親』や『父親』という言葉の使用も禁止されている。

カロライナは、「すべてのターヒールのために、包括的で公平な学習環境を作ることを約束します。当校の学生、教職員、そして当校のコミュニティにいるすべての人々の多様性を完全に表現するためには、これらの価値観をサポートする言葉を使うことが重要です」と主張している。

この包括的な言語ガイドは、「多様で歓迎されたコミュニティをサポートする方法でコミュニケーションするための出発点として機能します」と続きます。

以下は禁止事項である:


『男』のつく言葉はすべてゴミ箱行きだ。

さらに、「お母さん」と言わず、「保護者」と言いなさい。

そして、『貧困層』とは言わず、『連邦貧困基準以下の所得の人々』と言いなさい。



ここにはたくさんのルールがある...。





このような狂気は国中に蔓延しており、目覚めた教育から実社会へと波及している。








https://www.naturalnews.com/2023-06-30-university-erases-man-and-mother-from-existence.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1020 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧