COVID-19の救援金2,000億ドルがいかに盗まれたかを明らかにする新報告書

2023-07-02

naturalnews.comより

ある連邦監視機関の調査によると、武漢コロナウイルス(COVID-19)救済のための2つの大きな構想から2000億ドル以上の税金が盗まれた可能性が強く示唆されている。
これは中小企業庁(SBA)の監察官によるもので、同庁のこれまでの予測をはるかに上回る不正による損失であり、特にパンデミックの初期段階における2つの救済プログラム-給与所得者保護プログラム(PPP)とCOVID-19経済的傷害災害融資プログラム(COVID-EIDL)-の脆弱性を浮き彫りにしている。(関連記事 "大いなる詐欺" AP通信の新たな調査により、COVID不正の驚くべき範囲が明らかになった)。

監察総監の報告書によると、PPPとCOVID-EIDLの資金の少なくとも17%が「詐欺の可能性のある行為者に支出された」という。

COVID-EIDLプログラムの不正推定額は1360億ドル以上で、これは同プログラムに費やされた総額の約33パーセントに相当する。PPPの不正推定額は640億ドルである。

同監査官による以前の推定では、COVID-EIDLプログラムの不正額は860億ドル、PPPの不正額は200億ドルであった。

SBAのハンニバル・"マイク"・ウェア監察総監は声明の中で、この報告書は「調査ケースワーク、過去の(監察総監の)報告書、最先端のデータ分析を活用し、潜在的に2000億ドル以上をアメリカの納税者から盗み、困っている人々を助けるためのプログラムを悪用するために使われた複数の詐欺スキームを特定した」と述べた。

「我々は、これらの調査が終わるまで、不正行為を評価し続ける」と彼は付け加え、彼のオフィスには、パンデミック救済の不正行為に関する90,000以上の対処可能な手がかりが残されていることを指摘した。このことは、この2つのプログラムにおける不正の量がかなり大きい可能性を強く示唆している。

政府、不正と浪費でより多くの税金を失った可能性

この衝撃的な報告書は、政府が不正や浪費によってどれだけの税金を失ったかを低く見積もったものだろう。他の報告書によれば、COVIDの救援資金4200億ドルが不正や無駄遣いによって失われたという。

この試算は、AP通信(AP)による過去の調査に基づくもので、COVID救済資金のうち2800億ドルが不正行為によって失われ、さらに1230億ドルが浪費または誤支出されたとしている。

この2つの金額は、アメリカ政府がCOVID-19援助にこれまでに支出した4兆2000億ドル以上の税金の約10%に相当する。

AP通信によると、失業手当を受け取る資格を得るために、死者や連邦囚の社会保障番号を自分のものとして詐取する窃盗犯がいる。こうした窃盗団の中には、複数の州から給付金を受け取っている者さえいる。

ワシントン州東部地区連邦検事詐欺・ホワイトカラー犯罪課のダン・フルクター主任は、COVID-19救済基金が「無限の資金源」であるという政府の奨励する認識が、実質的に犯罪の波を後押ししたと述べた。

誰でもアクセスできる "無限の金塊 "がここにあった。「庶民は、合法的でないにもかかわらず、それが社会的に容認されることであるかのように自分を騙していたのです」。

ウェア氏の分析同様、AP通信は、不正と浪費の多くはSBAが管理するプログラムから生じたものであり、その理由のひとつは、本当に必要な人への迅速な救済を保証するために不正防止措置が免除されたからだと考えている。

COVID-19パンデミックの経済効果については、Pandemic.newsで詳細をご覧ください。


https://www.naturalnews.com/2023-06-30-report-200-billion-covid-relief-aid-stolen.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1325 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧