有害物質の伝染 - 資金、食品、製薬

2023-05-25

off-guardian.orgより

2014年、組織GRAINは、報告書「土地に飢えている: 小規模農家は全農地の 4 分の 1 以下で世界を養っている─Hungry for land: small farmers feed the world with less than the quarter of all farmland」で、小規模農家が世界の食料の大半を生産していることを明らかにしました。

報告書「小規模農家と農民はそれでも世界を養う」(ETCグループ、2022年)でこれを確認しました。

小規模農家は、非工業化国の食料の80%までを生産しています。しかし、彼らは現在、世界の農地の4分の1未満に押し込められている。1974年から2014年の間に、中国の全農地よりも多い1億4000万ヘクタールが、大豆、アブラヤシ、菜種、サトウキビのプランテーションに利用されました。

GRAINは、肥沃な農地がますます少数の手に集中していることが、毎日飢えに苦しむ人々の増加に直接関係していると指摘しました。工業農場が巨大な権力、影響力、資源を持つ一方で、GRAINのデータでは、ほとんどすべての場所で小規模農場が生産性の面で大規模農場を凌駕していることが示されました。

同じ年、政策シンクタンクのオークランド・インスティテュートは、21世紀の最初の数年間は、ほぼ前例のない規模の世界的なランドラッシュで記憶されるだろうとする報告書を発表しました。2000年から2011年の間に、開発途上国において、イギリスの8倍にあたる5億エーカーの土地が購入またはリースされたと報告されており、多くの場合、地域の食料安全保障や土地の権利が犠牲にされています。

ヘッジファンド、プライベートエクイティ、年金基金、大学基金などの機関投資家は、世界の農地が新しく、非常に望ましい資産クラスであるとして、それを利用しようと躍起になった。

この傾向は、低所得国の農地の購入に限ったことではありません。オークランド・インスティテュートのアヌラダ・ミタルは、米国の農地に対する新たな需要があると主張した。ある業界のリーダーは、100億ドルの機関投資家が米国内の農地へのアクセスを求めていると推定しています。

投資家は、米国全土におよそ1兆8000億ドル相当の農地があると信じていたが、このうち3000億ドルから5000億ドル(2014年の数字)は、「機関投資家の質」、つまり、物件の投資魅力を決定する広さや水のアクセス、土質、立地に関する要素の組み合わせであると考えられている。

2014年、ミタルは、もし対策を講じなければ、世界と国のトレンドのパーフェクトストームが収束し、農場の所有権が家族経営から機関投資家やその他の統合された企業経営に恒久的に移行する可能性があると述べた。

なぜこれが重要なのか

一方、企業は肥沃な土地を占拠し、コモディティを優先させたり、作物を輸出して利益を得たり、遠く離れた市場で世界人口のより豊かな層のニーズを満たす傾向があります。

2013年、国連の報告書は、豊かな国でも貧しい国でも、農業は単一栽培から、作物の種類を増やし、肥料などの投入量を減らし、小規模農家への支援を増やし、より地域に密着した食料の生産と消費に移行すべきであると述べています。報告書では、モノカルチャーや工業的な農法では、必要な場所に十分な価格の食料が供給されないと述べています。

しかし、2020年9月、GRAINは、6年前に警告した、プライベートエクイティファンドを介した機関投資により、農場を安価でリースまたは買い取り、産業規模の関係者に集約するという傾向が加速していることを示しました。その先頭に立っているのが、投資資産管理会社のブラックロックである。ブラックロックは、資金を顧客のために使うことを目的としている。

ブラックロックは、ネスレ、コカ・コーラ、ペプシコ、ウォルマート、ダノン、クラフト・ハインツといった世界最大の食品会社の株式を多数保有しているほか、食品・農業関連の上場企業の上位のほとんど、すなわち、インプット(種子、化学薬品、肥料)や農機具の提供に注力する企業や、ディア、バンジ、ADM、タイソンといった農業商社にもかなりの株式を保有しています(2018年のブラックロック独自のデータより)。

ブラックロック、バンガード、ステート・ストリート、フィデリティ、キャピタル・グループの世界トップ5の資産運用会社を合わせると、農業食品セクターの上位企業の株式の10~30%程度を保有していることになるという。

記事「破壊的な産業農業モデルを動かしているのは誰なのか?(2022年)によると、オークランド研究所のフレデリック・ムソー氏は、ブラックロックとバンガードが、農薬・肥料の大手企業8社の大株主であることを明らかにしました:ヤラ、CFインダストリーズ・ホールディングスK+Sアクティエンゼルシャフト、ニュートリエン、ザ・モザイク・カンパニー、コルテバ、バイエルです。

これらの企業の利益は、2021年の190億米ドルから2022年には380億米ドルと倍増すると予測され、彼らが依存する産業農業の生産モデルが拡大を続ける限り、成長を続けるでしょう。その他の大株主には、欧州や北米の投資会社、銀行、年金基金が含まれています。

ブラックロック社らは、資本注入を通じて、先住民の生産システムを根絶し、種子、土地、知識を収奪し、農民を貧困化、離散化、プロレタリア化し、農村コミュニティと文化を破壊する責任を負ってきたグローバル化した食糧システムを煽り、巨額の利益を得ています。その結果、質の悪い食べ物や病気、人権侵害、生態系の破壊が起こっています。

全身的な強制

1945年以降、ロックフェラー・チェース・マンハッタン銀行と世界銀行は、「奇跡的」とされる企業主導の化学物質集約型の「緑の革命」を装って、現代の主流となっている農業食糧システムの構築を支援した(食糧増産という「奇跡」は大いに宣伝されたがめったに検証されていない。)

それ以来、IMF、世界銀行、WTOは、緑の革命の考え方と実践に基づく輸出志向の工業的農業の強化を支援してきた。このモデルは、融資の条件付きで、各国に経済の「構造的な調整」を強制し、食料自給率を犠牲にさせるものである。

世界市場で石油や食料を購入するための外貨(米ドル)を稼ぐために、各国は商品作物生産の踏み台にされ(WTO貿易体制(農業に関する協定)の作成に貢献したカーギルのような世界的商品取引業者に利益をもたらす)、輸出用の換金作物栽培を増やす必要性を根付かせることになります。

今日、投資金融は、このような企業依存のシステムを世界中で推進し、さらに定着させるのに役立っています。ブラックロックは、このシステムを維持し、農業食品セクターへの投資からのリターンを増大させるための政治的・立法的枠組みを構築する上で理想的な立場にあります。

同社は約10兆ドルの運用資産を持ち、ウィリアム・エングダール氏によれば、米国連邦準備制度理事会、多くのウォール街のメガバンク、バイデン政権を効果的にコントロールする立場にある。ブラックロックの元トップが政府の要職に就き、経済政策を形成している。

つまり、グローバル・プライベート・エクイティと大手アグリビジネスの利益のために、地域市場、地域コミュニティ、先住民の生産システムに対して行われている、偏った戦いが激化しているのは驚くことではありません。

例えば、現在、一般のウクライナ人が自分たちの土地を守っている一方で、金融機関は富裕層や欧米の金融関係者による農地の集約化を支援しています。これはインドでも同様で(記事「キサンは正しい:彼らの土地が危機に瀕している─The Kisans Are Right: Their Land Is Stake」参照)、土地市場が準備され、世界的な投資家が急襲する構えを見せているのは間違いない。

どちらの国でも、経済危機を背景とした債務や融資の条件が、こうした政策の推進を後押ししている。例えば、インドでは30年以上にわたって経済と農業の再構築を図る計画が立てられてきた。これは1991年の外貨危機に端を発し、IMF・世界銀行の債務に関連した「構造調整」条件を課すために利用された。ムンバイを拠点とする政治経済研究所は、農業「改革」を、西洋帝国主義がインド経済をますます取り込んでいくという、より広いプロセスの中に位置づけている。

しかし、「帝国主義」という言葉は、「礼儀正しい」界隈では決して使われない汚い言葉である。このような概念は、帝国主義から利益を得ている企業によって、イデオロギーとして一蹴されるのである。その代わり、これらのコングロマリットから常に聞こえてくるのは、各国が彼らの参入や国内市場への独自投入、そして「新自由主義的改革」を受け入れることを選択している、ということだ。現実には、これらの企業とその投資家は、インドのような場所で零細農家や地元企業に打撃を与えようとしている。

しかし、これらの企業やその投入物、農業のモデルが、世界の食料安全保障を確保するために不可欠であるという主張は、証明された虚偽である。しかし、検閲と二枚舌の時代には、真実は嘘となり、嘘は真実となる。土地を奪うことが成長であり、依存することが市場統合であり、人口移動が土地移動であり、農業食品企業のニーズに応えることが近代農業であり、モノカルチャー食の一部として不純物や毒性のある食品を入手することが世界を養うことになる。

そして、「パンデミック」が発表され、より多くの人が死亡すると思われたのは、高齢者や肥満、糖尿病、心血管病の人々であった。これらの症状の有病率の上昇に責任を負う食品システムとその強力な企業、慣習、製品を指弾しようとする人はほとんどいなかった(Academia.eduでキャンペーン活動家のRosemary Masonのこれを記録する多くの論文を参照)。なぜなら、これこそが何十年も前から積み重ねられてきた本当の公衆衛生上の危機だからです。

しかし、誰が気にするのだろうか?ブラックロック、バンガード、その他の機関投資家?非常に議論の余地があるのは、製薬業界に目を向けると、同じプレーヤーが関与する同様の所有パターンが見られるからです。

研究者のアルバート・バナル=エスタノール氏、メリッサ・ニューハム氏、ジョー・セルデスラハツ氏による、主要な製薬会社の所有権に関する2020年12月の論文では、以下のことが判明しています(トルコのニュースメディアであるTRT Worldのウェブサイトで報告されています):

上場企業は一握りの大口機関投資家によって所有されることが多くなっているので、企業間の所有権のつながりが多く見られると予想していましたが、それ以上に驚いたのは、共通所有権の大きさでした。


ファイザー、J&J、メルクの3大株主は、バンガード、SSGA、ブラックロックです。

2019年、多国籍企業研究センターは、株主への配当がほぼ400%増加したことを報告した--2000年の300億ドルから2018年の1460億ドルへ。株主はその18年間で1兆5400億ドルの利益を得た。

つまり、機関投資家にとって、不味い食べ物と不健康の関連性は利益につながるのです。フードシステムへの投資は莫大なリターンをもたらすが、製薬にも投資すれば、おそらく利益は倍増するはずだ。

この発見は、2021年のドキュメンタリー映画『モノポリー:グレート・リセットの概要』に先行しており、世界最大の企業の株式が同じ機関投資家によって所有されていることも示しています。コーラとペプシのような「競合」ブランドは、その株式が同じ投資会社、投資ファンド、保険会社、銀行によって所有されているため、本当の競合ではありません。

小さな投資家は大きな投資家に所有されています。小さな投資家は大きな投資家に所有され、その投資家はさらに大きな投資家に所有されています。このピラミッドの目に見える頂点には、バンガードとブラックロックしか表示されていません。

2017年のブルームバーグのレポートでは、2028年のこの両社を合わせると、20兆ドルにも及ぶ投資額を持つことになるとされている。

例えばファイザーやモンサント/バイエルのような個々の企業は、その多くの不正行為の一部について責任を問われるべき(そして時には問われてきた)ですが、彼らの行動は、ブラックロックやバンガードのような企業の役員室にますますつながるシステムの徴候です。

カーディフ大学のファビオ・ヴィギ教授は次のように述べています:

今日、資本主義の力は、世界三大投資ファンドの名前に集約される: ブラックロック、バンガード、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーの3社である。ブラックロック、バンガード、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーの3大ファンドは、金融機関の巨大な銀河の中心に位置し、世界のGDPの半分に近い価値を管理し、上場企業の約90%の大株主である。


これらの企業は、世界銀行、IMF、WTO、その他の超国家機関の支援を受けながら、経済システムとグローバル化された食糧体制の力学を形成し、燃料を供給するのに役立っています。負債を活用し、強制力を行使し、軍国主義を採用して、継続的な拡大を確保するシステムです。

https://off-guardian.org/2023/05/22/toxic-contagion-funds-food-and-pharma/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1029 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧