PSYOP-19よりも「さらに致命的」な次の「パンデミック」DISEASE-Xがやってくる、WHOが警告

2023-05-25

2ndsmartestguyintheworld.comより

PSYOP-19における唯一の真の「パンデミック」は、「一つの世界政府」そのものであり、アメリカのような捕虜国家、国連、WHO、WEF、CFR、CIA、DoD、ペンタゴン、ロックフェラーやゲイツの「非営利団体」などの様々な犯罪機関でした。

本当の「緊急事態」は「パンデミック」対応だけであった。

唯一の「致命的な」「アウトブレイク」は、MKウルトラのマスキング、ロックダウン、早期治療防止、殺人的な病院プロトコル、そしてスローキル生物兵器デスバックス™である。

本当の疫病神は、WHOとその共産主義者の戦犯でビル・ゲイツの使いっ走りのテドロスであり、彼はまたしても手下たちの最新の「さらに致命的な」「パンデミック」である次のようなことをやっている。

月曜日、スイスのジュネーブで開催された世界保健総会で、事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)博士は、COVID-19のパンデミックはまだ終わっていない、と警鐘を鳴らしました。

「新たな疾病や死亡の急増を引き起こす別の亜種が出現する脅威が残っている」とテドロス事務局長は述べました。「そして、さらに致命的な可能性を秘めた別の病原体が出現する脅威も残っています。

しかし、WHOは最近、COVID-19のパンデミックはもはや健康上の緊急事態ではないと宣言しました。

「次のパンデミックが襲ってきたとき、そしてそれは必ずやってきますが、私たちは断固として、集団的かつ公平に対応できるように準備しなければなりません。 


NY Postの記事は続きます:

WHOは「優先順位」の高い伝染病を特定した。これらの伝染病は、地域全体に広がる可能性があり、その広がりに対する対策がほとんどないため、次のパンデミックを引き起こす可能性がある。

エボラ出血熱、マールブルグ、中東呼吸器症候群、重症急性呼吸器症候群、COVID-19、ジカ熱、そしておそらく最も恐ろしいのは「ディジーズX(Disease X)」と呼ばれる病気である。


最も恐ろしいのは、まだ洗脳されたままの大勢の人々が、「病気X」や、テクノコミュニストのサイコティックスが行おうとするその他の詐欺に引っかかることである。

エボラ出血熱とマーバーグに関しては、このサブスタックでは、PSYOP-19が衰退するにつれて、ウイルスによるデマの可能性があることを警告している:

PSYOP-23 次の世界的な「パンデミック」としてマールブルグウイルスの種を撒く


モッキンバードのMSMは、「パンデミック」発生の恐怖を煽るために、そのことわざ通りの肩を叩かれたところである。このサブスタックでは、サル痘からエボラ出血熱、マールブルグまで、潜在的なウイルス発生のシナリオを以前取り上げている:デスバックスへの反発が高まり、「#DiedSuddenly(突然死)」という呼びかけが急増する中、WHO、WEF、国連などの世界政府関連機関は、「パンデミック」についての話を後回しにしていました。

マールブルグが赤道ギニアで検出されたのは、2月7日に赤道ギニアの保健当局が出血症状を呈した患者を報告したことがきっかけだった。

その後、赤道ギニアではマールブルグが確認され、9人が死亡、27人が出血熱の症状でICUに入院、274人が隔離され検査を受けている。


https://www.2ndsmartestguyintheworld.com/p/the-next-pandemic-disease-x-even

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1062 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧