金の大強盗。米国ロスチャイルド-FED! 歴史は常に繰り返される

2023-02-18

amg-news.comより

ロスチャイルドが所有するFEDが創設されて間もない頃、アメリカの通貨はまだ金本位制だった。FEDが新たに発行できるのは、その40%以上が金である場合だけだった。

しかし、ユダヤ人銀行家がどの国でも常に行ってきたように、彼らは許容限度をはるかに超える紙幣を発行し、それが1929年の世界恐慌の主因となったのである。

1933年まで、FEDの金庫には約6000トンの金しかなく、発行した紙幣に対して約5万トンが不足していた。一般大衆は、何が起こっているのか大体わかっており、米国の紙幣が無価値になることを懸念して、紙幣を使い、金貨や金塊をため込み、小さな銀行や企業は金塊をため込んでいたのである。この罠から抜け出す術はなかった。

FEDは通貨の崩壊を防ぐために金を大量に投入する必要があったが、そのオーナーはアメリカの金融崩壊を防ぐために自分の金を投資するつもりはなかった。彼らの解決策は、ルーズベルトと議会に、本当の問題は、金を保有することによって、経済の自然な繁栄を妨げている市民であると説得することであった。

彼らの助言により、ルーズベルトは、米国内の個人所有の金(あらゆる形態のもの)を没収し、全ての国民は、1万ドルの罰金と10年の実刑判決の下に、金を連邦準備制度に引き渡さなければならないという有名な1602年条項を可決したのである。金塊は米国財務省にではなく、民間のFEDに引き渡されたことに注意。

つまり、FEDのオーナーはアメリカ政府の力を使って、紙を印刷する費用だけで、アメリカ中の個人が持っている金をすべて没収してしまったのである。

記録によると、市民は3,000トン近くの金を、主にコインで放棄した。民間から引き渡された金の延べ棒や地金の量を正確に把握することは非常に困難である。

しかし、当時の商業契約では、金で決済することが標準的な条項であり、企業も銀行も大量の金塊を保有していたため、金塊の方が圧倒的に多かったはずである。

歴史的な研究は、製造されたすべての金貨を追跡し、流通量を推定し、FEDに引き渡された量を推定するために、大変な労力を費やしています。しかし、FEDはこの情報を提供することを拒否し、金塊や地金の問題には沈黙を守っています。

私の予想では、地金は最低でも6,000トンか7,000トン、合計で10,000トン程度でしたが、シーグレーブ氏は、FEDが18,000トンを購入したという信頼できる情報源を引用しているので、この数字を使用することにします。

しかし、これでは5万トンの不足を補うには到底足りない。そこで、当時財務長官だったユダヤ人のモーゲンソーが率いるユダヤ人銀行家は、金が没収された直後に米ドルを約70%切り下げ、金価格を20ドルから35ドルに引き上げ、FEDの不足分を大幅に減らしたのであった。

しかし、その結果、アメリカ人は唯一の現金資産を失っただけでなく、70%も価値を失ってしまうという悲劇に見舞われた。もちろん訴訟も起こされ、裁判所は基本的に政府の行為は違法で違憲であると判断したが、国民には何の救済手段もなかったのである。

要約すると、FEDを救済するために、ロスチャイルド(あるいはその同僚)はルーズベルトを説得し、ロスチャイルドがアメリカの個人所有の金をすべて没収し、その金と引き換えにアメリカ人に渡された紙を70%切り下げることを認める法律を可決させたのである。

18,000トンの金は、当時の価値で約200億ドル*であり、史上最悪の不況のさなかにあった人々から奪われたのである。

連邦準備銀行に対する金の取り付けが迫っており、この行為は、国民をさらに貧困化させ、世界恐慌を何年も延長させる代償として、連邦準備銀行の財政破綻を防ぐためのものであった。


https://amg-news.com/the-great-gold-robbery-the-us-rothschild-fed-history-always-repeats-itself/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1341 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧