空からの医療:WEFがドローンを使って農村部の住民にワクチンを打つ


テランガナ州政府、Apollo Hospitals Health Net Global、NITI Aayogの協力のもとに
インドは空からの医療を行う。

ドローンがすべての人に一次医療を提供できるようにする方法
INSIGHT REPORT 2022年5月
WJIRLD経済フォーラム

tapnewswire.comより

現在、世界経済フォーラムでは、インドの農村部の人々にワクチンを届けるために、ドローンを使った試験運用を行っています。

ディストピア映画のような話ですが、WEFは、インドの農村部における医療の公平性を高めるために、ドローンを使ってワクチンの配送を行うと発表しました。

また、データ収集も重要で、ドローンのカメラを使って地形をマッピングし、さらなる調査を行う予定です。WEFによると、すでに300回以上のワクチン配送実験を行い、さらに範囲を広げたいと考えているそうです。

このドローンが、例えばアルバータ州の田舎町の上空でワクチンを配達しているのを見るのは、いつになるのだろうか?WEFの意向を汲めば、そう遠くはないでしょう。
- Keean Bexte



By TCS Wire 2022年8月16日

「インドでは、農村部におけるヘルスケアの公平性を向上させるために、官民が協力してドローン活用に取り組むことが急務となっています。」というWEFの記事が掲載されています。「世界経済フォーラムのMedicine from the Skyイニシアチブは、非効率な医療サプライチェーンから、無駄を減らし健康成果を向上させるデジタルで弾力性のあるインフラへの転換を加速しています。」

同フォーラムによると、同団体は、300以上のワクチン配送試験を行い、現在は、プロジェクトの範囲を拡大する予定です。より多くのワクチンをインド人の腕に届けるだけでなく、フォーラムはドローンを使って、農村部でよく必要とされる血液や蛇の駆除薬など、より効率的な物資の配送を始めたいと考えています。

データ収集もこの構想の主要な部分であり、特にインドの農村部の地形に関する地理空間データが重要です。

WEFはまた、米国の臓器輸送試験を引用し、ドローンによる臓器移送のロジスティクスを研究しています。交通渋滞や臓器移植の一刻を争う性質から、ドローン配送システムは検討すべき価値のある潜在的ソリューションであると主張しています。

これまでのところ、Medicine from the Skyの取り組みはテランガナ州でのみ実施されており、2019年からWEFの取り組みを促進するための規制改正が行われています。

「ドローンの利用は、特に国内のサービスが行き届いていない地域や遠隔地における医療提供への従来のアプローチをサポートする機会を提供します。」とApollo Hospitals GroupのJoint Managing DirectorであるSangita Reddyは述べています。「私たちのヘルスケア部門は、ドローンの活躍により、ロングテールの医薬品、ワクチン、血液、重要な臓器が、地形を越えて国中に大規模に届けられる可能性があります"。

WEFの2030年アジェンダの一環として、フォーラムは、すべての遠隔地の医療施設がドローンを使用できるようにしたいと言い、世界中の発展途上国でドローンプログラムを複製することを望んでいます。

https://tapnewswire.com/2022/08/medicine-from-the-sky-wef-uses-drones-to-vaccinate-rural-populations/
329 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧