タコは宇宙から来たかもしれないという科学的な研究結果

2022-09-20

binsider.bondより

SFはしばしば科学的発見の前兆となる。そして今、H・P・ラヴクラフトが宇宙の頭足類、クトゥルフを構想したとき、彼は時代に先駆けていたようだ。クトゥルフは存在しないかもしれないが、新しい科学論文では、低温保存されたイカとタコの卵が恒星間小惑星を介して地球に降り立ち、必然的に地球上により複雑で知的な生命をもたらしたかもしれないと提唱している。

タコ、イカ、コウイカなどの頭足類は、不思議なほど知的で変則的な動物である。自分自身のRNAを編集したり、パズルを解いたり、注意深く流した水で電球をショートさせたりすることができるこの奇妙な無脊椎動物は、科学者を困惑させ、彼らが知覚を持つ生物であると信じる人さえいるほどである。

実際、最近出版されたニューヨークタイムズのベストセラー本は、非常に説得力のある逸話と科学的証拠に基づいて、頭足類は知的で意識のある生物であるという強い主張を行っている。

ケンブリッジ大学の科学者であるフレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲが提唱した「宇宙生物学のH.W.テーゼ」として知られるパンスペルミア説に基づいて新たに出版された論文と合わせると、すべてが納得できるような気がするのだ。この説は、宇宙で生き延びたバクテリア、ウイルス、生物が銀河の中心付近で誕生し、彗星に乗り移った後、地球のような岩石質の惑星に生命の種をまいたとするものである。

奇想天外に聞こえるかもしれないが、クマムシのように真空の宇宙空間でも生存できる超小型生物には、その前例があるのだ。

この論文は、ホイルとウィクラマシンハが、地球上の生命の最初の起源は深海底の熱水噴出孔で自然発生的に起こったとする通説を否定したことに由来するものである。その代わりに、一連の進化段階は、彗星や隕石が地球に降り注ぐ事例と一致していると主張している。

ウィクラマシンゲと32人の共著者は、これらの降雨は「絶滅と多様化の進化的境界」と一致するという。つまり、これらの隕石の衝突によって大量絶滅が起こり、生き残った生物はより多様化し、より新しく複雑な生命体が誕生したのである。

では、どのようにして生物は多様化したのだろうか?それは、感染した生物の遺伝子を変化させることができるレトロウイルスによる。このレトロウイルスは、自然界で見られる「遺伝子の水平伝播」の最も明確な例の一つであるため、この議論では最も強固な役割を担っているのである。

これらのレトロウイルスは、5億4200万年前のカンブリア紀の大爆発の頃から出現し、感染する種とともに進化し始めた。これは、かつてないほど生物学的な多様性と複雑性が地球上で始まった、絶滅と多様化のイベントである。また、レトロウイルスが多くの生物種に遺伝物質を挿入し始めたのもこの頃である。

そして、感覚のあるタコはどこにいるのだろうか?

この論文によれば、過去5億年の頭足類の進化の中で、最も近縁のオウムガイやその他の軟体動物と比べて、タコは何光年も先を進んでいるのだという。タコの高度な形質は進化の過程で突然出現したもので、「地球上の進化という点では遥か遠い『未来』から、より現実的には宇宙全体から借りてきた可能性が高い」ことを示唆している。

基本的に、この論文は、頭足類の進化におけるこの大規模な飛躍について、2つの説明を提供しています。すなわち、冷凍保存されたタコの胚が2億7500万年前に宇宙から大量に到着したか、あるいは、地球外からのウイルスが、イカを超進化させ、より高度なタコへと導いた遺伝子一式を送り込んだかのどちらかだというのです。



つまり、宇宙には遺伝子プールがあり、そこから我々の種を含む知的生命体が、彗星の衝突によって種をまかれた可能性があるというのだ。

この説は、テレンス・マッケンナの「石器猿仮説」と類似しており、約20万年前に人間の脳の容量が突然2倍になり、知能が急上昇し、言語が形成されたのは、サイケデリック植物、特にシロシビンを含むキノコによって触媒されたと仮定するものである。マッケナは、菌類の胞子は、宇宙を何年も漂っていても、着陸に適した環境を見つけるまで生き延びることができると指摘した。

タコは本当に宇宙から来たのだろうか?

この論文の多くは理にかなっているが、タコについて言及しているあたりから、この論文は異常さを増している。この論文によれば、タコやイカのような頭足類は、実は宇宙から地球に落ちてきたのだという。これらの海洋生物は、宇宙で一種の静止状態で凍結されていた。



残念ながら、この論文は、このようなことが起こったかもしれないと仮定しているだけである。この論文は、地球上の生命の起源に関する他の数百の説の中から、正当な説として提案しているに過ぎないのである。他の人たちも同じことを証明しようと試みたが、本当に証拠がない。

https://binsider.bond/scientific-study-says-octopuses-may-have-come-from-outer-space/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1325 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧