世界一長い名前を持つ女性の出生届には1,019文字が書かれている


thepremierdaily.comより

一般的に、私たちの名前を付けるのは両親です。出生証明書に記載されるだけでなく、一生を共にすることになる名前です。そして言うまでもなく、親は生まれたばかりの子供に自分の好きなものを名付ける。
「ジョンズ」「ジェシカ」......
さまざまな名前があるが、サンドラ・ウイリアムズのように、別の名前をつける人もいる。1984年9月12日、娘が生まれたその日、サンドラと彼女のパートナーは、娘にこう名付けたのです。

出生証明書に1000字の名前を記載することは可能か?

しかし、誕生から数週間後、彼女の両親はこれでは不十分だと考え、ファーストネームを1,019文字に拡張し、36文字のミドルネームを加えた。
これはギネスブックに載る新記録で、出生証明書の大きさは2フィート(約1.5メートル)になった。彼女はこの時、「姓」と「名」を省略した「名」を名乗った。


1997年、オプラ・ウィンフリー・ショーに出演したジェイミー(左)と母サンドラ・ウイリアムズ(右)。サンドラは娘の長い出生証明書を手にしている。画像引用元:Oprah Winfrey Show オプラ・ウィンフリー・ショー|YouTube


コミュニケーションをとりやすくするために、少女は当然のように「ジェイミー」と名乗る。そのユニークな名前が話題になったのは当然で、1997年、15歳の彼女は母親と一緒にオプラに出演した。
オプラが「何を考えていたのか」と問うと、ジェイミーの母サンドラは「ギネス記録を破るために何かしなければならなかったの。彼女の名前がユニークになるようにしなければならなかった。
他の子と同じような名前にはしたくなかった。彼女の名前はユニークでなければならないし、ギネスブックに載らなければならないのです」。

この名前が出生届に貼り付いて記録になった後、テキサス州はルールを変えなければならなくなった。同州は法律を変更したのです。
現在では、親は特定のサイズに限定して子供に名前を付けることができる。この出来事について、ソーシャルメディアが多くのことを語っているのは、驚くには値しない。


あるユーザーは、「これは現実にはありえない」とコメントした。さらに、「なぜ母親はこの余興の名前に改名しなかったのだろう。名前をつなぎ合わせただけなのに。」

別のユーザーは、「母親に自分の娘の名前を言えるかどうか聞いてみろ」と皮肉った。

少女とその名前、そして物語

サンドラは、この名前を考えるのに半年かかったという。出生届に書かれた名前は、車、映画、親族を組み合わせたもの。
もちろん、ジェイミーが自分の名前を覚えるのが大変だったのは言うまでもない。でも、このユニークな名前のおかげで、学校中で有名になったので、彼女はこの名前をとても気に入っています。
以下は、「オプラ・ウィンフリー・ショー」でのエピソードである。



そんな珍しい名前のジェイミーが、ギネス世界記録を更新した。この記録を保持していたのは、747文字の名前を持つヒューバート・ブレイン(Hubert Blaine)であった。

https://thepremierdaily.com/1019-letters-on-birth-certificate/
302 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧