ロックフェラーがWHOと提携、「気候変動」による「パンデミック」発生時の世界支配を目指す」

2023-05-28
2ndsmartestguyintheworld.comより

ロックフェラー財団は火曜日、世界保健機関(以下、WHO)と「気候変動の時代における世界のパンデミック対策を拡大するために」提携したことを発表しました。

ロックフェラー財団は、第76回世界保健総会(以下、WHA)の傍らで、WHOのパンデミック・疫病情報ハブとの提携を発表しました。 この総会は、国際保健規則(IHR)の改正案を「交渉」するために開かれていた総会と同じものです。

WHAのサイドイベントについては、
https://apps.who.int/gb/Side-Events/WHA76/pdf_files/List_of_side_events_WHA76.pdf
こちらでご覧いただけます。どのサイドイベントでも、WHOのパートナーシップを決定するようなことは書かれていない。興味深いことに、ロックフェラー財団の発表の翌日には、「One Healthの実践 - 地域が苦しむ前に次のパンデミックを防ぐ(One Health in practice - Preventing the Next Pandemic Before Communities Suffer)」と題されたサイドイベントが予定されていた(ドラマチック)。パンデミック、気候変動、監視のイデオロギーが1つのアジェンダに統合されたことを明確にした財団の発表に沿ったテーマです。

これは、IHRsとパンデミック条約の改正に盛り込まれたワンヘルスの氷山の一角に過ぎない。ワンヘルスが完全に実施されれば、WHOの独裁者テドロス・ザ・テロリスト将軍と彼に資金を提供する人々は、環境、植物、動物の健康、人間の健康などに関連する決定に対して完全な権力と支配力を持つことになります。これは、世界的な全包括的独裁の枠組みである。

ロックフェラー財団は、「WHOパンデミック・疫病インテリジェンスハブ(WHO Hub for Pandemic and Epidemic Intelligence)の優先プロジェクトを加速させ、ゲノム監視、病原体検出のためのデータツールの採用、気候悪化によるアウトブレイクの脅威の評価におけるグローバルな協力を推進する」ために500万米ドルを投資することを発表しました。

「ロックフェラー財団の社長であるラジブ・シャー博士は、「我々は、気候変動によって煽られるパンデミックの予防に焦点を拡大するために、ハブと提携できることを誇りに思います」と述べています。

「気候変動による脅威が高まる中、ロックフェラー財団と提携し、パンデミックインテリジェンスにおける世界的な協力の新時代を切り開くことができることを嬉しく思います」と、WHO事務局長補佐でWHOパンデミック・疫病情報ハブ代表のチクウェ・イヘクウェズ博士は述べています。

ドイツ連邦共和国政府の支援により、WHOパンデミック・ハブ・フォー・パンデミック・アンド・エピデミック・インテリジェンスは、2021年9月に設立されました。ジュネーブに本部を置き、150カ国以上、6つの地域事務所で活動しています。これは、パンデミックおよび疫病のリスクに備え、検出し、対応するためのパートナーのグローバルな協力を促進するデータおよび監視ネットワークである。また、リスク分析のためのツールや予測モデルを開発し、疾病対策やインフォデミックを監視する。

インフォデミックとは、「インフォメーション(情報)」と「エピデミック(流行)」の合成語で、病気の流行など、ある問題についての正確な情報と不正確な情報が、デジタルや物理的な環境で急速に広まることを指します。

WHOは、「パートナーのグローバルな連携」の目的は、各国や関係者が「より良いデータへのアクセス、より良い分析能力、意思決定のためのより良いツールや洞察をもって、将来のパンデミックや伝染病のリスクに対処するため」としています。

WHOパンデミックハブ パンデミックとエピデミックインテリジェンスのためのWHOハブが始動、年次報告書2022年、13頁。

WHOのパンデミックハブのウェブサイトには、パートナーの名前はなく、これらのパートナーのリストを見つけることができる情報も提供されていません。 パートナーは火曜日に正式に承認されたばかりで、今後数日のうちにリストが公開される可能性もある。しかし、WHOは、オープンさと透明性、そして誠実さを得意としないことを証明しています。

つまり、現状では、世界保健総会で少数の人々によって、非公開の「パートナー」グループが「将来のパンデミック」の予測、データ、情報を世界的に完全にコントロールすることが決定されたのである。パンデミックは、健康、環境、気候の名の下に、WHOの独裁者将軍の気まぐれで宣言される可能性があります。WHAとWHOのパートナーには、世界を代表してこれらの決定を下す権限は与えられておらず、80億人を超える世界の人々から発言権を排除している。

では、この謎の「パートナー」とは誰なのか?J WildernessのTwitterスレッドのおかげで、ロックフェラー財団がその一つであることがわかりました。


https://www.2ndsmartestguyintheworld.com/p/rockefeller-partners-with-who-to

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
855 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧