ジョセフ・スキッパー氏の写真アーカイブを分析する【コズミック・ディスクロージャSeason7,Episode23】

2023-05-10


David Wilcock:
オーライ。コズミック・ディスクロージャー」のアナザーエピソードにおかえりなさい。
私は番組ホスト、デビッド・ウィルコックです。
コーリーと一緒に来ています。これから、いくつかのショー&トークをします。

インターネット探偵のジョセフ・P・スキッパーが選んだ異常な地層の写真を持っています。それが本物かどうかは別として、私たちの想像力をかきたて、そこに何があるのか、あるいはないのか、議論するきっかけになることは間違いないでしょう。



今回は、コーリー・グッドさんにお越しいただき、お話を伺います。
では、コーリー、ようこそ。

Corey Goode:
ありがとうございます。

David:
最初の画像は岩です。
近くで拡大してみると、カピバラやプレーリードッグのように見えますね。




これが本当にネズミなのかどうかは別として、コーリーさんの知識からすると、この中に真実はあるのでしょうか?

Corey:
そうですね、以前にも報告したと思いますが、スマートグラスパッドで、ドイツが月や火星にさまざまな基地を建設する際、大型の船で、たくさんの食料や物資を運んでいたことを読んだことがあります。



その食料と物資の中に、ネズミやクモ、ゴキブリなど、さまざまなげっ歯類が混じっていました。

そして、しばらくすると、もちろん、滞在している基地から追い出そうとして、火星の環境下に追い出し、そこで死んでしまうだろうと考えました。

しかし、ある情報では、しばらく環境に出ていたネズミが変異し始め、大きくなり、少し違った姿になったと書かれていました。

また、昆虫が大きくなったという記述もあり、放射線のせいだと考えているようです。

David:
大気がないために、太陽からの放射線が多くなっている。

Corey:そうですね。

David:
もしNASAが最近、火星の地表に液体の水があり、水が溜まっていると発表したのなら、彼らが生き残ることができるのは当然ではないでしょうか?

Corey:
ええ、そうです。同じ基地から逃げ出した虫を食べている可能性もありますしね。

David:そうですね。

Corey:
だから、私たちがちょっとした環境を作ったのかもしれないし、火星にいた他の土着生物の環境を引き継いだのかもしれないね。

David:
では、これから、欧州宇宙機関(ESA)の誰かがジョセフ・P・スキッパーに送ったと思われる画像で、特に火星のヘールクレーターを扱ったものを紹介します。


この画像で「Evidence site」と書かれているのは、近づくにつれて、非常に奇妙なグリッドワークが見え始めたエリアです。



さて、この時点で、本当に奇妙なものが見えてきました。


コーリー、私たちが見ているものは何だと思う?

Corey:
あのね、よくわからないんだ。火星のさまざまな基地や場所に連れてこられたとき、たいてい、あるものを見ることができないように急な着陸があったんだ。

David:あー。

Corey:
そして、それらを見たときに、どこに何があるのかを正確に把握するのは難しいことでした。
ですから、これは私が見たことのない人工物が写り込んでいる可能性が非常に高いのです。

David:
非常に奇妙なことですが、直線で構成されたパターンがあるように見えるのです。これには、建築的な組織があるように見えます。



もう一つ、コーリー、この画像は非常に奇妙なのですが、ある部分はシャープに見えますが、この画像で見られるように、他の部分はぼやけた効果を持っています。まるで、誰かが意図的にこの画像のある部分を見てほしくなかったかのようです。



そこで、何が起こっていると思いますか?

Corey:
火星の「Google Earth」を長時間見ていると、異なる写真群をつなぎ合わせている部分があり、それが原因となっていることがわかります。
インターネット上でも、誰かが月や火星のグーグルアースで今日何か面白いものを見つけたとしても、たいてい数週間以内に戻ってみると、ピクセル化されていることがあります。

David:そうなんですか?

Corey:ええ。

David:そして、人々はこれを記録しているのですか?

Corey:
ええ、ごく最近です。興味深いことに、解像度の高いカメラを使っても、火星の上空で、かつての建造物や遺跡を見ると、その多くが厚い泥に覆われているのです。

David:確かに。

Corey:
そして、あなたが目にするのは、泥の中から突き出ている構造物の部分や構造物の角、あるいは乾燥した泥の上や下に散らばった構造物の破片です。

David:
長い廊下のようなホールがいくつも作られていて、それらがすべて平行に並んでいるような拠点があるのをご存知ですか?

Corey:
はい、よく見かけますが、これはかつてこの惑星にあった集落の名残りかもしれません。

これらの集落の多くは、アドベ(砂質粘土)レンガや巨大なアドベ構造で造られ、大災害で流れ込んだ水がそれを溶かしてしまったような、ほとんど溶けたアドベのような形をしています。

多少溶けているように見えるものもありますが、一種のアドベでできているように見えました。

David:
では、コーリー、もしこのヘイル・クレーターに何かがあるとしたら、なぜクレーターが集落を作るのに望ましい場所だと思うんだ?

Corey:
いくつかの理由があります。火星では風が大きな問題ですが、クレーターは風の嵐からわずかに守ってくれるからです。また、太陽がどのように空を移動しているかにもよりますが、クレーターは日射を遮ってくれるでしょう。

David:
では、水の不足と関係があり、クレーターが水を採取するのに適した場所である可能性もあるのでしょうか?

Corey:
地下に水があるのかもしれません。しかし、良い場所である2つ目の理由の1つは、これらのクレーターの多くの下で、衝突が起こったときに、その下に亀裂が生じ、それを利用して掘り出し、広げて、環境からより遮断された地下基地を作ることができることです。

David:
なるほど、これは樹枝状の枝分かれパターンのようですが、明らかに地表より上にあるように見えます。



私たちが見ているのは、何だと思いますか?

Corey:
そうですね、過去に話したと思いますが、荊(いばら)のような非常に粘着性のある茂みが生える奇妙なコロニーについて...。

David:なるほど。

Corey:
...そして、紫と赤の入った鋭い尖った葉が、ある種のコロニーを形成していました。根やつるが地中に伸びて出てきて、また別の植物が芽吹いて成長するんです。

そして、中心から放射状に伸びていくのです。これは、この茂みの成長パターンによく似ていますね。これは航空写真で、より低い精細度で撮影したものかもしれませんね。

David:
これは、あなたが目撃した、実際の茂みの姿に近いものですか?
つまり、このような形をしていても、上空を飛ぶと明らかに立体的で丸みを帯びた形をしているものを見たということでしょうか?

Corey:
それらを見たとき、円形のパターンに放射状という意味では丸かったですね。

David:ああ。

Corey:
でも、もっと近くに行くと、植物が地面から伸びて、芽を出すまでのさまざまなパターンが見えるんだ。



David:
コーリー、私たちはこの種のものがもっと密集しているように見えます。とても、ふわふわしているのですが、実際にはもっと森のように見えるのです。

これは、その種の葉がより密集している可能性があると思いますか?
このように密集しているところを見たことがありますか?

Corey:
ある地域では、より濃くなることもありますが、通常はもっとまばらです。これは、砂漠のような植物ですね。

David:なるほど。

Corey:
彼らは水を求めて深くトンネルを掘っています。あるいは、クレーター型の湖のように、クレーターにできたプールのひとつに近づきます。そして、その中の立水には、土砂がたくさん含まれています。



オクラホマ州の湖に行くと、水中に浮遊している赤い土砂のせいで、水がほとんど赤く見えるようなものです。

David:
わかりました。この画像は、ブッシュ現象を再び見ているようで不思議なのですが、明らかに画像に何らかの改ざんがあったようです。



Corey: Photoshopの明るさとコントラストのフィルターを弄ったような感じですね。そうすると、明らかに3次元の物体である影が、影に見えなくなることがあるんだ。





David:
これは明らかに改ざんされた画像と思われます。どうなんでしょう?

Corey:
そうですね。前回の画像と同じようなものを見ているように見えます。生物学的な成長の放射状のパターンを、何らかの方法で画像に細工をして、奇妙な影と丘のように見せているのです。

David:
これは、NASAが私たちに見せたくないものがある場合に、日常的に行っていることなんですね。

Corey:
そうです。内部告発者が出てきて、NASAが月の画像を汚していることを話しています。

David:そうですね。

Corey:
...では、なぜ火星でやらないのでしょう?

David:
そうですね。今、私たちは、ただの岩かもしれないし、何か他のものかもしれない、そんな画像を手に入れました。



この地層には、人型の頭蓋骨のようなものが見られます。

コーリー、あなたの知る限り、火星のような惑星で、これだけの時間と破滅的な活動の後、地表にある実際の骸骨はありましたか?

また、火星のような惑星で大災害が起きた後、地表に残っている骸骨を見つけることはできるのでしょうか?

Corey:
化石化した遺骨も見つかっています。先ほど説明したように、この汚泥は、かつてはすべての人工物を覆っていた泥のようなもので、それが乾燥すると固まるのです。
つまり、多孔質の岩石や乾燥した泥のようなものです。その下からは、骸骨が見つかることもあります。

しかし、発見されたものの多くは...さまざまなキャラクターの巨大な像があり、ここでは肩の部分、そこでは頭の部分の壊れた破片が発見されました。つまり、私たちが見ているものは、死体かそのようなものだと結論を急ぐ可能性があるのです。

古代の建造物や彫像の一部だったのかもしれませんね。

ラッシュ・リンボーは、エイプリルフールでしたが、自分の番組で「ゴア・レポート」というものをやっていました。火星には全体主義的な政府があり、小さな中央のエリートが人々を支配していて、人々は非常に虐げられているのに対し、エリートは非常に裕福である、と言っていました。

Corey:聞き覚えがある。

David: ええ、そうです。面白いですね。彼はまた、遺体は発見されたが、それはポンペイのようなものだとも言っていました。

誰かがこのリンクを送ってくれたので、彼が言った後に私のウェブサイトで公開したのですが、ほとんど瞬時にラッシュ・リンボーのウェブサイトからその番組が完全に削除されました。

ラッシュ・リンボーが実際に何か言われていたのかどうかはわかりませんが、なぜこのような放送が突然ウェブサイトから消えてしまったのか、また、その放送でリンボーが言っていたことに真実があったのか、あなたはどう思いますか?

Corey:
ええ、つまり、真実がある可能性が非常に高いということです。
彼が自分の言っていることが真実だとわかっていたのか、それとも単なる大喜利だったのかは、わかりません。

しかし、多くの場合、真実の多くは冗談で語られるものなのです。

David:
このゴア・レポートについて、もう一つ興味深いことがあります--彼はアル・ゴアについて話していたようですが、当時は気候変動全体が大きな話題でした--彼はこれを機密のブリーフィングから得たと述べています。

その冒頭で、彼は、普通の人ならこのことについて話してもらえないような人たちと接触しているが、この有名なラジオ番組のホストという立場上、普通の人には手に入らないような情報を手に入れることができたと語っています。
だから、彼がこのことについて話したのはとても不思議だった。

ラッシュ・リンボーのような人が、自分の番組で話すリスクがあるかもしれないのに、機密情報を与えられるということはあるのでしょうか?

Corey:
もちろんです。多くの場合、情報は個人やグループに伝えられますが、もっともらしい否認や、本当に問題にならないように情報を伝える方法として、彼らはそれをジョークとして伝えたり、4月1日に発表したりするのです。

David:
そうですね。そうですね。さて、私たちがここで見ているのは、コーリー、ドナ・ヘアーがいるため、とても奇妙です。



NASAの職員は、異常のある場所を消すために雇われていることを明確に証言しています。この写真を見ると、誰かがくだらない仕事をしたように見えます。
フォーンインで塔のようなものをエアブラシで消したのです。



では、この画像でぼやけて見える部分のような傾斜角度と構造を持つタワーは、実際にあるのでしょうか?

Corey:
そうですね、最大で3.5kmになるものもあると聞いています。

David:2マイルの高さ。

Corey:高いですね。

ジョセフ・P・スキッパーが最初に私たちに知らせた、月の表面にぼかしが入ったような奇妙な異常の画像です。では、見てみましょう。



コーリー、下のほうは同じ塔か似たような塔のように見えますね。しかし、左側を注意深く見ると、上に向かって、実は一連の直線があるのです。

この直線は、左から画像の中央に向かって約4分の1のところで切れています。すべて水平に並んでいて、確かに違和感がありますね。

何があるのでしょうか?月面に道路はあるのだろうか?
それとも、反重力型や宇宙船のようなものでしょうか?

Corey:
道路らしき異常はあまり見たことがありませんが、私たちのものではない、大きな掘削機の跡のようなものを見たことがあります。かなり古いものです。



David:
わかりました。この画像では、非常に興味深いものを見ることができます。

Corey:このぼやけた画像は、2つのクレーターの上に入り込んでいるように見えますが、左側が明るい色で、右側が暗い色です。

月の表面には、このような黒に近い色の構造物があるような気がするのですが?というのも、ここでぼかされているものは、非常に暗い色をしているように見えるからです。

Corey: 黒いものを見た記憶はありませんが、何らかの紛争で明らかに損傷した構造物があります。

これは、ある種の兵器から発生した炭素の蓄積かもしれません。燃える酸素が少ないのでしょう、月ではあまり焚き火はしないでしょうから。
しかし、私が見た中で、本当に黒かったものを特定することはできません。

David:
この最後の画像は、非常に興味深いものです。



さて、コーリー、私はここで何を見たかったのかがわかった。私にはとても明白に見える。これを見たとき、あなたはどのように感じますか?

Corey:
私にはドームのように見えますが、すべてのドームが完全に球形であるわけではありません。球形のドームは、その多くが割れて粉々になっています。

これは、私が見た、やや台形の形をしたドームのいくつかに似ています。もしあなたが、ガムドロップや、子供の頃にもらったお菓子が台形のような形をしていたらと思います。

David:ええ。

Corey:
そして、それは3次元的にも同じように見えたんだ。

David:
わかりました。これから、地球上で撮影された写真をいくつか見ていきます。これはジョセフ・P・スキッパーが指摘したグーグルアースの異常で、地球の海底に異常な構造があることを強く示唆しています。

コーリー、はじめに、ロサンゼルスの沖合に地球外生命体または人類とETの共同基地があるという噂がありますが、私のいるマリブのすぐ近くです。

まず、この映像に入る前に、マリブの沖合に異常な基地があるという噂について、あなたはどのようにお考えでしょうか?

Corey:
私が得た情報では、この洞窟や亀裂システムの実際の入り口は、ネバダ州北西部の海底をずっと走っていて、さらに他の、地球の亀裂と呼ぶべきものにつながっていて、南極まで続いている、ということでした。

David:そんなに遠くまで?

Corey:
ええ。でも、この古代ビルダー種族がそこに入り込んで、裂け目の間にトンネルを掘って、大きなアーチを作ったんだ...

David:
一時期、アートを依頼されたこともありましたね。



Corey:
そうです。そして、その大きなアーチを伝って、この地溝帯を上下する大型電磁潜水艦があります。



David:
では、そのアーチは、イラストにあるように、レーザーで彫ったような、かなりシャープな形態になるんですね。そうなんですか?

Corey:
ええ、ただし、破片が崩れて底に溜まっているようなものは除きます。かなり古そうなのがわかりますね。

David:
なぜこんなに大きくなければならなかったのでしょうか?
あなたの画像では、このドームの大きさに比べて、潜水艦はまったく小さく見えます。

Corey:
それに、潜水艦は実際にはかなり大きいんです。輸送用のコンテナを運んでいるのです。
この輸送用コンテナを運ぶ船と同じ大きさなんです。



そして、地下を電磁気的に移動するのです。しかし、なぜこのアーチがこれほど大きくなければならないのか、その理由は全く分かりません。

あるいは、同時に何本ものアーチが通り抜けたのかもしれない。



David:
では、今見ているのは、サンベニート島付近の詳細な様子です。

火星にあるガラス管のような稜線に似ていますね。



人によっては、ワームって言うんでしょうね。



David:
ここで気づいたのですが、急カーブではなく緩やかなカーブを描き、幅は変わらず、そして長い、ほぼ正確に矢のようにまっすぐなパターンを持っていますね。

これはいったい何なのでしょうか?

Corey:
皆さんは、原子力を使って硬い岩盤を掘り進むディープボーリングマシンをご存じでしょう。

そして、岩石を溶かしてガラスにし、縁に沿わせることで、セルフシールのようなものを実現するのです。

David:
そうですね。そして、大きなボーリングマシンの悪名高い画像がありますが、そこには「US Air Force」と書かれていて、白いんです。その前に立っているのは、この人たちです。



そして最近、それよりもはるかに大きなボーリングマシンの画像が公開され、実際に地下の地下鉄のようなものを貫通させることができるようになりました。



そしてこれらは公的に認められている。ノルウェーやこのような様々な場所で行われているのです。

Corey:
そして、岩石をガラス化するんですね。

David:そうです。

Corey:
聞いたことがあるかもしれないし、ないかもしれないけれど、長い岩盤をボーリングしているときに、開けた場所に出て、確認の為に小さなロボットを送り出し、様子を見るという報告を聞いたことがあるかもしれないね。

しかし、その大きさは、私たちが掘っているトンネルよりもずっとずっと大きいのです。

そして時には、私たちが彼らのテリトリーに侵入したその地点に、地球人ではない人たちが現れ、私たちに立ち去るようにと言いました。そして、私たちは後退して、別の方法で掘ることになります。

David:
もっと古いエピソードでは、廃墟となった都市のいくつかは、地表のかなり奥深くにあると言っていましたね。

Corey:そうです。

David:
そして、それらはまだそれほど探検されていません。過去に誰かがボーリングマシンを使って、地下深くの都市まで掘り進み、そこに入れるような明確な道を作ったのかどうか気になります。

Corey:
おそらく、地下に電車を走らせるために新しい場所を掘削している最中に、偶然にこのようなものに遭遇したのでしょう。

今は、地中深くにあるポケットを見ることができる奇妙な遠隔撮影ができるようになりましたが、そこに行ってみないとわからないこともあるのです。

David:ああ。

Corey:
もし人が住んでいたら、突き進むとまずいことになるかもしれない。もし、人が住んでいないのであれば、それはわからないのです。

前にも言ったように、彼らは、岩に切り込まれた正方形の巨大なエリアに入り込みました。それは、かつて文明が激変の際に身を隠すための広いエリアだったと思います。

David:
この話題になると、エンシェント・エイリアンはいつもトルコのカッパドキアについて話してくれます。



カッパドキアとは何だと思いますか?

Corey:
私には、軍事的な観点から、侵略や大変動から人々を隠すために隔離している場所に見えますね。

David:
従来の技術であれを掘り出すのに時間がかかったというのは、本当に奇妙な感じがします。永遠にかかるでしょう。

では、カッパドキアには、従来とは異なる技術が使われていたと思いますか?

Corey:
物理的な技術でなかったとしても、そのすべてを可能にする数学的な技術は、当時彼らが持っていたと思われるものよりも高度なものですからね。



David:
わかりました。同じトンネルシステムの画像を2枚並べますが、今度はもっと近づいて見てみましょう。このトンネルは非常に安定しており、とてもきれいでまっすぐであることがわかります。



前方に口があるので、それを見ているのです。これはかなり大きなチューブですね。

地球上の秘密宇宙計画によって作られたチューブで、これほど広いものがあるのでしょうか?また、なぜこれほど大きなものを作るのでしょうか?

Corey: これほど大きなトンネルを1本でも作ることができるという話は聞いたことがありません。唯一、私たちができることは、小型のボーリングマシンを使って、その円周になるまで何度も針に糸を通すことだと思います。

David:
地球外のグループが、自分たちの技術で、自分たちの理由でこれをやっている可能性はあると思いますか?

Corey:
その可能性が一番高いですね。エイリアンのトンネルは非常に大きいですから。

David:
わかりました。最後に、マリアナ海溝に行きましょう。



ではまず、ここでワイドビューから見て、次はもっとズームアップしてみます。



グアムやサイパンは、私たちが見ているこのエリアの近くにあることがおわかりいただけると思います。海底の地殻には三日月型の地層があります。



この放射状の模様は、画像処理によるアーティファクトだと思われがちですが、実はそうではありません。



しかし、さらに拡大してみると、放射状の直線が連なっており、海底の表面には規則的な筋があるように見える。





海面下にある火山ドームのようなものでないとしたら、このようなものは実際には何なのだろうか。



Corey:
もし他の場所だったら、昆布の養殖場かもしれないという結論に達するだろうね。




そして、見学に行くと、昆布の養殖場だったそうです。



でも、マリアナ海溝ではその深さでは昆布は育たないし、管理する人も周りにいない。そして、これらの方が大きそうです。

水中植物のようなものかもしれませんが、リチャード・ホーグランドが言っていたような直線的な幾何学模様の中で成長しているので、構造物である可能性が非常に高いです。

これ以上コメントするには、もっと解像度の高い画像を入手する必要がありますね。

David:
コーリー、海底にグリッド状のパターンを持つ構造物があり、それが長方形のような巨大なグリッドにまとめられている可能性はあるのでしょうか?

海底にそのようなものを作る理由はあるのでしょうか?

Corey:
海軍の海底基地の多くは、沿岸警備隊も参加する共有のものです。他のドーム状の構造物を長い円筒形のチューブでつないで、研究を行うためのエリアにしています。

私が見たのは...モジュール式です。船から落としたり、海中に運び込んで海底に沈める。そして、この潜水艦を持った人たちがやってきて、溶接したり、他の方法でつなげたりしてモジュール化するのです。

David:
では、このような正方形の興味深いエリアは、大きな集落を作ることができるかもしれないと考えていますか?

Corey:
そうですね、それに、枠にとらわれずに考えることもできます。何百万年も前に、地球の変化の波が押し寄せて、その地域がかつて地上にあったとしたらどうでしょう?

David:そうですね。

Corey:
かつて地上にあった建造物かもしれませんね。

David:
それでは、このエピソードの時間はここまでです。
ジョセフ・P・スキッパーによる月、火星、そして地球の海底の異常についてです。
とても魅力的で、考えさせられるものばかりです。

これらは、さまざまなインターネット研究者が発見した多くの事柄のほんの一部にすぎません。だから、これが決定的なコレクションだと言っているわけでは決してありません。
これは興味深いものの一部に過ぎず、もっともっとたくさんあるのです。

私はデビッド・ウィルコック、
コーリー・グッド、そしてジョセフ・P・スキッパー異常コレクションです。

「コズミック・ディスクロージャー」でした。
ご視聴ありがとうございます。



このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1335 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧