ゼロポイントエネルギーと先進推進技術【コズミック・ディスクロージャSeason7,Episode22】

2023-04-26


David Wilcock:
オーライ!「コズミック・ディスクロージャー」におかえりなさい。
私はホストのデビッド・ウィルコックです。
では、コーリー、おかえりなさい。

Corey Goode:
ありがとうございます。

David:
このインタビュー映像を見たとき、これから見る最初の映像で、彼は私がよく知っている人物の名前に言及しているんです。

マーク・コミングスは、私がこれまでに会った人の中で、高度な物理学に関して、文字通り私の周りを走り回ることができた唯一の人です。

そして、あなたとお話しをすれば、あなたは私が会った誰よりも秘密宇宙計画についてよく知っている人です。

マーク・コミングスもその一人で、物理学の分野では彼がそうです。
私は彼のことを2時間でも話せるくらい知っているので、彼がその名前を口にするのを聞いて本当にショックを受けました。

では、さっそくマーク・マッキャンドリッシュの第一声を聞いてみましょう。
私がなぜこんなに驚いたかは、実際に見ていただければわかるかもしれません。では、ご覧ください。

* * * * * *

フリーエネルギー化

Mark McCandlish:
ある科学者に会ったのですが、その科学者はその後、ある意味、自分の存在を消してしまったのです。
消えてしまったのです。
彼の名前はマーク・コミングス。



彼は物理学の教授で、カリフォルニア大学バークレー校の物理学科でティーチング・アシスタントとして働いていました。

彼は、キャンパスの物理学棟の地下に、周波数発生器、オシロスコープ、電力発生器など、さまざまな種類の古い余剰機器がたくさんあることに気づいていました。

そこで、物理学教室の教室長に「地下に降りて、いろいろと実験してみないか」と声をかけたのです。
彼には遊びたいアイディアがあったのです。
すると、彼らはOKを出した。

そこで彼は、ご存知のように、ある種の水晶、たとえば石英が、蓄音機の原型であるスタイラスになることを思いつきました。

小さな水晶(確かダイヤモンドのようなもの)を圧力にかけると、穏やかな電流が発生します。
その電流を増幅させると、その石や宝石から伝わってくるインパルスを聞くことができるのです。
そして、プラスチックのディスクに記録された振動を実際に聞くことができるのです。
蓄音機の仕組みはこうなっています。

そこで彼が考えたのは、水晶に圧力をかけると、つまり物理的な圧力をかけると、電荷が発生するということです。
しかし、水晶に電気コイルを巻いて、水晶に電気的な圧力をかけると、水晶は同じ圧電プロセスで電気を発生させるだけでなく、物理的な圧力をかけたときよりも大きな電気を発生させることができるのではないか、と彼は考えました。

この物体、この石の格子、つまり結晶構造を利用することで、自分が入れたエネルギーよりもさらに大きなエネルギーを取り出すような方法で共鳴させることができるのです。

そこで彼は、チタン酸バリウムの結晶を用意しました。
長さは約8インチで、両端が尖っていて、断面はストップサインのような、八角形のような形をしていました。

そして、彼は2種類のコイルを持っていました。1つは細かい巻線がたくさんあるもので、もう1つはその外側に巻かれたコイルで、完全に絶縁されており、巻線の数は少なくなっています。

そして、さまざまな電荷、電圧、周波数、さまざまな組み合わせで実験した。
ある晩、夜中の1時頃、遅くまでこの装置で作業していると、結晶が青緑色に光り始め、鳴り始めた。

結婚式で、シャンパングラスに濡れた指を当てると、甲高い音が鳴るでしょう?
彼は、そんな感じだと言いました。

そして、彼は機器の入力電圧と出力電圧を示す目盛りを見たんです。

そして、この装置は、125%増しで出力していたのです。
言い換えれば、クリスタルの中に入れていたものよりも、さらに25%増しで出力していたのです。

もちろん、彼はとても興奮し、メモを取り、すべてをシャットダウンして家に帰り、ベッドに入った。
そして翌朝8時、彼の家は黒いSUVとイヤホンと黒メガネをかけた男たちに囲まれていた。

玄関を蹴破られる。
家じゅうをひっくり返されて、彼らは彼を逮捕した。
ノートを全部没収された。彼の機材も押収された。

そして、基本的には、彼が設置した閉回路テレビシステムを発見し、体育館やロッカールーム、隣の建物の女性用ロッカールームにいる女性たちを見ることができたと言ったんだ。(盗撮容疑で別件逮捕)
それで、彼は困ったことになったんです。

何の罪で起訴されたのか、彼らは彼に教えてくれなかった。
彼らは「あなたは何の罪で起訴されたか知っている。ここで何が起こっているのか知っているはずだ」と言われ続けた。

しかし、現実には、彼は不可能とされることを可能にする装置を作り上げたのです。

私は彼にこう尋ねました。
「あなたがこれをやったとき、これを動かすのに必要な材料をすべて見つけたとき、これが環境に何らかの足跡を残し、それを知る誰かが耳を傾け、取り締まる準備ができたと信じていますか」。

彼は、「間違いなく、間違いなく」と言った。
彼は「誰かが私の位置を三角測量し、居場所を突き止め、機材を見つけ、大学の管理部門と連絡を取り、翌朝8時には私の家に来ていた」と言ったのです。

それくらい早かったんです。
それで、彼は身を隠しています。
そして、極東のどこかで仕事をしていると聞いている。

彼は十分な資金を得て研究を続けているが、すべて地下で行っている。

* * * * * *

David:
コリー、これは僕にとってとても感慨深いことなんだ。
まず第一に、僕はマーク・コミングスが隠遁する前から知っていた。
2003年にポートランドで開催された「タイム・アンド・グローバル・シフト」というカンファレンスで、同じステージで話をしたことがあります。

そして、彼は何を発明して彼等が家に来るようになったのか、私には教えてくれませんでした。
だから、マッキャンドリッシュがその発明について詳しく説明するのを見たのは、初めてのことでした。
私は、悪いところばかりを聞いていたのです。

では、まずその話をしましょう。
マークと私が個人的に話したように、この種の装置を作ったときに放出される、ある種のエネルギー的なシグネチャーを検出することはできるのでしょうか?

Corey:
はい。そうです。
この方法で、太陽系内の地球外生命体や人類の宇宙船を追跡しているのです。

このシグネチャーを発する船の位置を特定するために、航空管制の方法として使われているのです。
地球上でも宇宙でも、限られた周波数帯で発信されるシグネチャーを常に聞き取っているのです。

David:
誰かがこの技術を開発するために、世界で安全な場所はあるのでしょうか?
それとも、陰謀団は地球上のどの場所でも、基本的にあなたを攻撃することができるのでしょうか?

Corey:
そうですね、開発するために隠れることのできる深くて暗い穴はたくさんありますよ。
そして、使用するすべての技術、つまりさまざまな種類の技術を、非常に静かに獲得しなければなりません。

ある人がある技術を手に入れ始めたら、赤信号が灯ります。

だから、安全な場所を探して開発することもできますが、成功した瞬間に、このエネルギーのサインを拾うことができるため、バレることになります。

David:
そうですね。

Corey:
だから、彼らはそういう人たちを注意深く観察し、どのようにアプローチするかを決めるために、彼らの性格プロファイルを作成することがとても重要なんだ。

ある人たちは、全知全能のドルを持っています。
10億ドルのオファーを出せば、すぐに特許を譲り受けるでしょう。

また、もっと信念のある人は、自分の家族を脅かさなければなりません。
家族を脅し、家族に頼らねばならない。
そして、最終的には、奇妙ながんや心臓発作、脳卒中、自殺などで亡くなってしまうこともあるのです。

David:
ジョン・パーキンズが名著『経済ヒットマンの告白』の中で書いていることとは違うタイプのことを述べているように聞こえます。
彼はそれを「銃か金かキャンペーン」と呼んでいました...。

Corey:
うーん。

デイビッド:
片手に銃、片手に札束を持って入ってきて、「ここを出る前に、この2つのうちどちらかをあげるよ。どっちがいい?」

Corey:
はい。

David:
同じ基本的な考え方ですね?

Corey:
基本的な考え方は同じです。
そして、もしそのような状況でうまくいくのであれば、人間はとても同じなので、フリーエネルギーの分野でも使えるようになるはずだということです。

David:
マーク・コミングスが話してくれたもうひとつの話は、このようなことが起きていることに気づいていた別のグループで、フリーエネルギー装置を作ろうとしたのですが、それぞれの部品は別々に作られ、図面も別々に保管されていたそうです。

そして、テストするときだけ、各自が別の部品を持ち寄り、その場で組み立ててテストし、分解して持ち帰ったそうです。

でも、そんな状況でも、ポカをやってしまったという。

Corey:
それは簡単なことです。
なぜなら、地球上のほぼすべての面積をカバーする人工衛星があるからです。

だから、もし彼らがすぐに集まって、この装置を組み立て、電源を入れ、「権力者」が彼らの装置でこの信号のピングを受けたら(彼らはこれをピングと呼んでいます)、この人たちが装置を分解して、スクートすれば、巻き戻すことができるようになります(ちょうどビデオテープのように、この衛星はいつ、どこで任務を受けたのか)そして正しい衛星に行き、映像を見つけ、彼らがどこから来たのかを追跡することができるのです。

David:
マーク・コミングスがクリスタルの輝きを表現しているのはとても興味深いですね。
では、あなたが見たものの中で、光る水晶の技術を目撃したことがあるのかどうか、気になります。

Corey:
科学者たちがさまざまな種類のクリスタルや石などを使って作業しているのを見たんですが、明らかに人工的に作られた四角いとても小さなクリスタルが、電界をかけると光るのを見ました。

しかも、物理的には何も触れていない。
だから、ええ、私はそれを見たことがあります。

David:
もし彼らがあなたに、例えば何十億ドルも渡して、あなたがそれを受け取ったとします。
その後、彼らはあなたを殺すのですか?
それとも、あなたは実際に人生を生きられるのですか?

Corey:
とても静かに人生を送るんだ、たぶん離島で。

David:
わかりました。
では、次のインタビュー映像をご覧ください。
マーク・マッキャンドリッシュが、フリーエネルギーの面白さと怖さを語る政治を語っています。
見てみてください。

* * * * * *

自由エネルギー放出

Mark McCandlish:
実際、この技術を導入して利用できるようにするには、馬車から自動車に変わったときに実施し始めた、自動車事故やスピードの出し過ぎ、ガソリンの流出、火災といった予防措置が必要です。

しかし、この技術が適切に導入されれば、石油業界は化学物質をすべて回収し、投資対効果という点で、より価値のある別のことに利用できるようになるのです。

科学界全体が一丸となって、この技術が本物であることを認めなければならない時が来るはずです。

現在、十分な実験や特許が行われており、この技術の意味を理解している人であれば、科学者コンソーシアムや科学者の集団があれば、誰でも理解できるはずです。
その目的は、化石燃料による汚染、特にスリーマイル島、チェルノブイリ、そして今回の福島原発事故による原子力発電の影響から環境を救うことにあります。

20年後には、海に流されたセシウム137のせいで、太平洋が死んでしまうかもしれないと言う人もいるんですよ。

もし私たちがこの技術を使って電力を生産し、原子力発電や放射性降下物の心配をする必要がなく、核廃棄物によるひどい足跡を残さないのであれば、私たちはずっと先に進むことができると思うのです。
環境にも良い影響を与えるでしょう。

* * * * * *

David:
クリーンエネルギーについてですが、さまざまな理由で抑制されていることは、あなたも私も同意見だと思います。

私たちが抱える問題に対して非常に有用であるにもかかわらず、この技術が世に出ることを許されない主な理由は何だと思われますか?

Corey:
これらの特許のほとんどは、ある理由で分類されています。
それは、もしフリーエネルギーが一般に公開されたら、経済が崩壊してしまうということです。
なぜなら、エネルギー分野は経済の非常に大きな部分を占めているからです。

本当の理由は何かというと、エネルギー部門を支配している人たちは、自分たちの権力と収入を失いたくないということです。
だから、誰かがお金をもらいたいがために、私たちはこれらの技術を否定されているのです。

また、フリーエネルギー装置の一つを再現しようとする人がいます。
もしそれが知られてしまうと、遠隔操作によって、実験を行う人たちのフィールドに不均衡が生じ、本来なら再現できるはずのもの、つまり再現可能な実験がうまくいかなくなるのです。

つまり、遠隔操作で人の研究にも影響を与えることができるのです。

David:
わかりました。
では、マーク・マッキャンドリッシュの映像で、リバースエンジニアリングではなく、実際の地球外生命体とそれに付随する状況について説明します。
見てみましょう。

* * * * * *

ゼロ点エネルギーの理解

Mark McCandlish:
エイリアン・リプロダクション・ビークルのことを知ってから、私はエイリアン・アブダクション、エイリアン・コンタクト、そしてこの種のビジネスについて調査し始めました。

船の構成部品を見る機会もあったかもしれない。

というのも、私が徹底的に調査した3人の若い女性のうちの1人が、実際にそのような主張をしたからです。

そして、彼女が入ったエリアの1つは、推進システムの中心部分があるエリアでした。
そして、説明された多くの部品は、エイリアン再現ビークルのものと驚くほど似ていた。

中央の柱があった。
ベルと同じように、逆回転の証拠があった。
エイリアン・リプロダクション・ビークルにあるものと非常によく似た小さな円盤があった。
しかし、エイリアン再現ビークルでは、これは乗り物のの床のように見えます。
直径約9フィート(2.75m)の円盤で、射出座席の下にあるんだ。



しかし、宇宙人バージョンでは、中央の柱が直径が2~3インチほど大きいだけです。
そして、その柱はARVの素材と同じようにガラスのような物質でできている。



円形の部屋の真ん中にあるピットに置かれていて、部屋の周りは手すりのある通路のようなものでした。

しかし、彼女がピットを見下ろし、向こう側を見ると、床の下にはガラスのような物質があり、ARVの乗員室の周りにあるコイルの輪のように、コイルが埋め込まれているのが見えたと言います。



しかし、彼女の説明で最も魅力的だったのは、中央の柱で、底の小さな円盤が一方向に回転し、柱自体が反対方向に回転していたことです。
この柱の中に銀色の金属様の液体があり、彼女はガラスの下で見ることができました。

そして、小さな斑点、光沢のある斑点、暗い斑点のような物質が渦巻いていましたが、液体の中に乱流パターンが見えると彼女は言いました。

その乱流パターンは、この柱の内側で渦を巻いている5つの小さな竜巻のように見えたのです。

彼女が目撃したのは、F5(竜巻の強度最強、これより上はほとんど発生しない)の竜巻と非常によく似ています。
真ん中の大きな竜巻は、時速150マイル(約241km)のスピードを出しています。
視界に入るものすべてを引き裂いていく。

そして、多くの場合、一連の小さな竜巻が、遊星歯車装置(大きな歯車の周囲を小さな歯車が回転する物です)のように逆方向に回転しています。
まるで遊星歯車装置のようです。
そして、それらは真ん中のメイン竜巻の周りを回っています。

この列で彼女が見た乱気流パターンは、F5を周回する小さな姉妹竜巻で見られるものと同じでした。

つまり、この円柱の内部では、2つのものが互いに行き来する「シェアリング効果」が起きているのです。
つまり、内側には一方向に動く別の円柱があり、外側には反対方向に動く円柱があるのです。

この剪断効果によって、内側にミニチュアの竜巻のような構造ができているのです。

そして、流体そのものが上方に移動しているのが見えます。
では、流体はどこに向かっているのでしょうか?

もしこれが閉ループシステムであれば、「Die Glocke」「Bell」の詳細が明らかになるわけですが、流体が上方に移動しているならば、どこかで戻ってくるはずです。





そして答えは、真ん中を通って降りてきている。
つまり、閉ループなのです。
2つのシリンダーの間の端を通って上昇し、真ん中を通って下降するのです。

そして、このとてつもなく強力な放電が液体を通して起こり、それが適切な方法で行われた場合、つまり、システムのさまざまな部分をベンチュリーのように、上部が漏斗のように形作った場合、その漏斗の中心を通して電気を流すと、リング状の電極と真ん中のコーン状の電極があるため、人工球雷が発生するのだそうです。

球状の雷は、実験室ではトーラスやドーナツ型としてモデル化されています。
このようなことが行われているのです。

高電圧でこのような事象を起こすと、ドーナツ型の事象では、イオンがドーナツ型の外周を移動するだけでなく、ドーナツ型の外周を出たり入ったりして、歳差運動をすることになります。



そして、強力な電磁界を作り出します。

この装置では電気的な放電でイオンの煙のようなものを作り出しそれが柱を突き抜けていくのです。
外縁は基本的にこの電極のひげを撫でて、時空の真空から引き出されたすべてのパワーを放出している。

このシステムで、真空からゼロ点エネルギーを引き出しているのです。

* * * * * *

David:
まあ、驚くほど技術的な話ですね。
というのも、あなたは水銀ベースの推進システムについて言及した人の一人だからです。

しかし、彼の言うことは具体的で、実際に彼と話したこともないのに、ここで知っていることに基づいて、彼の言っていることにどれだけの真実があるのでしょうか?

Corey:
彼は、私よりもずっとうまく説明してくれています。
当初は水銀を使おうとしたのですが、彼らは他のガリウム金属を工学的に開発しました。
これについては、過去に詳しくお話ししたことがあります。

David:
つまり、真ん中に結晶のようなチューブや導波管があり、その中央のチューブの中に水銀や回転している液体金属があり、大きなチューブの外側にこの逆回転する小さな渦があるという本質的な考え方は、すべて真実だと思われますか?

Corey:
そうですね、ドーナツの形は、プレートの極性によって下がったり上がったりしています。
液体は上流に移動し、チューブを通って下流に戻り、システム内を循環します。

David:
ドーナツ型というのは、液体の中にドーナツのような渦が見えるということでしょうか?

Corey:
はい、それはまるで、次々と上がっていくのが見えます。
しかも、互いにぴったりと間隔をあけているんです。

David:
「中心部に球状の雷が発生する」というのは、チューブの中心部に目に見える光る球体があるということでしょうか?

Corey:
彼は、ボールライトニング(球状の雷-プラズマ)のようなことを言っていました。
ドーナツ状の渦が浮かび上がってくるのを表現していたんです。

David:
ああ、それなら、輝きや光はあるんですか?

Corey:
いいえ、それは液体のようでした。
ただ、液体金属が、その中にある同じ液体金属の渦に押し流されているように見えたのです。
異なる渦があるのがわかります。

David:
さて、この女性が体験したこの出来事は、地球外からの誘拐と説明されています。
今わかっていることを踏まえて、この出来事は、プログラム可能な生命体やそのようなものを使った宇宙計画によるものだったのかもしれないと思いますか?

Corey:
私には、これは地球外のものに聞こえます。
私たちが持っている9フィートのプレートと、彼らが持っている11インチのプレートで十分、あるいは同じ機能を果たすことができる、と言っていました。

David:
そうですね。

Corey:
それは、材料科学において、彼らが私たちよりもはるかに進んでいることに関係しています。
だから、彼らは私たちと同じ量の電気を出したり扱ったりする超伝導板を作ることができるのですが、それをはるかに小さな表面積で実現することができるのです。

David:
なぜ彼は、この材料に黒い斑点があると言ったのだと思いますか?
それとも、このように粒子を分散させることで、特定の場所にある特定の粒子の電荷を平準化させているのでしょうか?
どう思われますか?

Corey:
そうですね、電荷を分散させるのに役立つというのは良い説明でしょう。

David:
地球外生命体が、このような導波管と液体金属のタイプの推進システムを使うのは、どの程度一般的なことなのでしょうか。

Corey:
それはかなり一般的なことだと思います。
先進的でないグループが使う方法の1つです。
これよりはるかに高度な時間駆動装置や他のタイプの推進システムがあります。

しかし、地球人以外がいる場合、宇宙にいる地球人以外を考えると、彼ら自身の技術開発のレベルは様々です。

また、アブダクティが見学に来たという話も珍しくない。
見学させてもらったり、機材を見せてもらったり、星図を見せてもらったり、他の情報を教えてもらったりという情報を読んだことがあります。
ですから、それも珍しいことではありません。

David:
わかりました。
次はマーク・マッキャンドリッシュが、非常に珍しい事故の話をします。
見てみましょう。

* * * * * *

アドバンスト・クラフト・リトリーブ

Mark McCandlish:
私は小さなウェブカフェやインターネットカフェでコンピュータを使っていました。
私のコンピュータがハッキングされたので、彼らのコンピュータを借りたのです。

メールをチェックするのに夢中になっていると、その脇で、磁性流体(油性流体)について話している2人の会話が聞こえてきました。
鉄分を含んでいるため、磁気に反応する金属粒子をたくさん含んでいるのです。

そして彼らは、それが推進システムと関係があるのかどうかを推測していました。

それで、私の耳は、私の注意力は、少しばかり高まったのです。
その人は車の衝突事故について話していたんですが、私は「君たちは何を話しているんだ?」

「その話はできない」

私は、「じゃあ、私が知っていることを話してあげるから、もしそれがあなたにとって十分おもしろいと思ったら、あなたが知っていることを話して」と言ったんです。

その2人のうちの1人は、陸軍にいたことがあるんだ。
彼は、結成されたばかりのクルー、グループ、ユニットの一員だったようです。
まだ法律で決められていなかったんだ。

後でわかったことですが、このような機密作戦の多くは、部隊を作るのですが、それが記録に載る前、歴史的記録の一部になる前に、すでにその部隊で活動している人がいるのです。
部隊は出動して任務を遂行し、2、3回の任務の後、部隊の存在についてすべてが記録されます。

しかし、それ以前は、情報公開法では全くアクセスできません、公式に存在しなかったからです。
それが、この部隊の存在です。

冷戦終結直後、ソ連が崩壊し、東西ドイツの統一が叫ばれる中、東ドイツ政府内にアメリカの情報機関のために働く二重スパイが存在しました。

この青年が参加した任務は、東ドイツに潜入し、二重スパイとして内部で活動している人たちを集めることでした(文字通り、地球の裏側、レーダーの下)。

そして、その任務の真っ最中に、その一人を捕らえるためにピックアップポイントへ向かっていたところ、この墜落現場へと方向転換されたのです。

乗り物自体は、その乗り物が何という名前かは知らないが、私が説明しよう。

大きな黒い矢じりを想像してください。
鈍い方の端がここ(片手を顔のそばに置いている)、長くとがった方の端がここ(もう片方の手は2フィートほど伸ばしている)です。



ただし、これが空を飛ぶときは、鈍い先端を前にして飛ぶのである。

コックピットはF-117Aステルス戦闘機のコックピットに酷似しており、窓の周囲には小さな鋸歯状のエッジがありました。
キャノピーの縁にも、同じようなノコギリ状の切れ込みがあり、車体の構造を表していました。



真正面から見ると、三角形のような形をしています。
横から見ると、3つの角のうちの1つを伸ばしたピラミッドのように見えるだろう。

そして、正面の各コーナーの下には、直径約2.5フィート、あるいは約24~30インチ(50~76cm)の白い球体が、正面の各コーナーの車体の中に埋め込まれていた。



そして、奥の2/3ほど、長いポイントの端に、3つ目の球体がありました。




球体は、まるで真珠の指輪のような3本爪の留め具で固定されていた。
銀色のそれは、まるで関節を動かしてさまざまな方向に向けることができ、おそらく車のステアリングを制御することができるように見えた。

彼が到着したときには、この引き揚げ作業の一環として、白衣を着た技術者が何人かいて、コックピットから重要な部品を取り出していたんです。
部品が取り出され、それがどこかへ運ばれていったのです。

東ドイツのハレ(H-A-L-L-E)の南西約10キロの谷間に墜落したのである。

そして、尾根を乗り越え、大きな松の木の上を乗り物のの左前方の角を直撃し、その角を剪断し、その角にあった球体を粉砕しました。

そして、推進力が失われたため、車両はすぐに左下へ急降下し始めました。

そこで、衝突を避けようと、できる限り右にバンクさせ、機首を引き上げようとしましたが、とにかく丘の側面に衝突してしまいました。
テールファーストで衝突したんです。

そして尾翼に衝突したとき、胴体の構造体にヒビが入り、3つ目の球体が長い尖った端の部分にあった。



そして、その球体は基本的に浮遊し始め、彼らが到着した時には丘の側を漂っていました。



そして、3本爪のリテーナーは外れていましたが、球体自体はほぼ無傷でした。
彼はそれを、白い陶器のカボチャのようだと言いました。
カボチャに見られるような縦縞があります。

しかし、その筋のひとつひとつが、まるで伝道建築のテラコッタタイルのような、要素を持っていたのです。



この形は、容器内部に乱流パターンを作り出すように設計されているようでした。

一番上には、金属製でつや消しアルミニウムのような色をした電気配線があり、そこから何本ものワイヤーが出ていました。



彼はこの物について、地表からほんの数センチ上空で、ゆらゆらと揺れているようだと説明しました。

そして、地面から少し高くなると、この物から出ている2本のワイヤーの間で放電が起こり、その後、落ち着いて再び落ち着くのです。

そして、この球体を捕獲することが任務となったのです。
そして、この物体は定期的に少しエネルギッシュなダンスをするので、そのタイミングを計って、あまりエネルギッシュでない瞬間に捕らえる必要がありました。

そして、軍が使うことで有名な、実用的な黄色いアルミ製の大きなキャリングケースを用意しました。
片側はピアノヒンジ、もう片側はターンバックルになっていて、それを組み合わせてきっちりロックするんです。

それで、彼らがこのようなもの(マークは両手の甲を合わせ、両手を広げている)を持って近づいて、その周りを囲もうとすると、アルミニウムは明らかにこの物体から発生した磁場を反射していたんだ。

アルミニウムは、この物体が作り出す磁場を反射しているようでした。
そのため、近づこうとすると、ふらふらと逃げていってしまうのです。
アルミニウムにはじかれてしまうのです。

そこで彼らが思いついたのは、ピアノの蝶番を外し、ピンを外すことでこの物体の蓋を外すことでした。
そして、蓋をこの下に滑り込ませたのです。
そして、ケースの下半分をその上に降ろし、ヒンジをはめ込み、ターンバックルを閉じて、ケースから手を離したのです。

すると、ケースは「パーン」(手をまっすぐ上に向けて高速で動くことを示す)と音を立てて、墓石のように立ち上がりました。
彼らの話によると、本当に不気味だったそうです。

しかし、彼らはCH53 Super Stallion(軍用ヘリ)を持ち込んで、非常に長い、少なくとも100フィート(約30メートル)の長さの合成ヒモでこのコンテナを引っ掛けたのです。



どうやら、発生する磁場があまりにも強力だったため、ヘリコプターのアビオニクス(電子機器)を狂わせるのではないかと心配になり、その場から逃げ出したようです。

ピーコートに夜警帽をかぶったネイビーシールズがいた。
M-16にグレネードランチャーを装備していた。

ミサイルで完全武装したコブラ・ヘリコプターが2機、現場を周回していた。



そして、できる限りの瓦礫を回収した。
それほど遠くない車道にあった車両に運びました。

そして、機体の残骸にテルミット手榴弾を打ち込み、無残に燃やし尽くした。

* * * * * *

David:
あなたの言う「ダート(SFスターゲイトに出てくる乗り物ダーツ)」に、これほど近い描写をした人がいるとは思いませんでした。
あなたの家で拾われたと言っていたものと、どの程度似ているのでしょうか?

Corey:
そうですね、最近、Dartの画像を作成しました。




David:
これは驚きのつながりです。
ただ、見た目があまりにも似ているので、何か違いがあるのか、それともイラストレーターがすべてのニュアンスを捉える能力を持ち合わせていなかっただけなのか、気になるところです。

Corey:
彼はすべてのニュアンスを捉えていたわけではありませんが、非常に近いものがあります。
これは、今でいう「ダート」の前身にあたるようなものですが。

David:
そうですね。

Corey:
クルーがいるからです。
クルーキャビンには2人が搭乗します。
2人分の座席があります。



そして、後部には3人掛けのシートがあります。



David:
そうですね。

Corey:
そして、実際には...

David:
あなたが乗っていたDartで?

Corey:
私が乗っていた「ダート」にね。

David:
そうですね。

Corey:
それに、赤や栗色のドームみたいなのが3つあって、下にぶら下がっていました。
私は不思議に思っていたのですが、
「これは何ですか?何がこの船を動かしているのか?」
と聞くと、彼らは「ディスコボールが入っているんだ」と言うんです。

David:
ははは。

Corey:
私は、彼らが私をからかっているだけだと思っていたのですが、浮かんでいたこの球体とその説明を見て、彼らが言っていたことは、とてもよくわかると思いました。

David:
すごい!

Corey:
その映像を見ていて、ピンときたんだ。

David
つまり、あなたにとっても、ここで驚いたり、新しいことを学んだりしているんですね。

Corey:
ええ。
彼は正面と上から見て、三角形のように見えると表現していましたが、私はピラミッドのように見えると表現していました。
横から見るとピラミッドのように積み重なっているんです。
まさにその通りです。



David:
Dartは、情報公開後の世界で、より一般的に使われる工芸品のひとつになると思いますか。

Corey:
そうですね、さまざまなバリエーションがあります。

David:
私たちが見ている間に起こったことのひとつに、ベルリンの壁が崩壊する前のドイツについて説明したとき、あなたは目に見えてショックを受けたというか、少なくとも驚いたようでしたね。

では、ここを踏まえて、どのような反応をされたのでしょうか?

Corey:
あの時代、ソ連と西側諸国が最高レベルで協力していたことをかなり証明していると思います。

David:
ああ!

Corey:
あの時代に生きていた人なら、あの時代に東ドイツに飛行機、特に航空兵器を持ち込むことは不可能だと知っているはずです。
すぐに撃墜されてしまうからです。

彼らはいたるところに防空壕を持っていましたから。
宇宙開発計画が議論されているようなトップレベルの米ソの協力がなければ、航空資産を持ち込むことは不可能だったでしょう。

David:
私のオリジナルのインサイダーの一人が、メイソンの高官である友人のために、26箱もの極秘書類を運ばなければならなかったと語っています。
セキュリティ違反があったため、彼らは一晩で非常に迅速にそれを行わなければなりませんでした。

そして、命がけでやってくれたお礼として、彼は箱の一つを開けることができました。
以前にもお話ししたことがありますが、彼が見たのは、アメリカ発の文書で、どうやら世界中のすべての国に配られたようなのです。

「UFOがあなたの国に墜落したら、生物学的物質や放射能が出るかもしれないので、私たちに任せてください」と言われたそうです。

その文書が、実際、本当だと思いますか?
また、このようなことが起こった場合、米国は一般的にどこにでも対処するものだと思いますか?

Corey:
米国が処理するのですが、ソビエトも素晴らしい対応グループを持っています。
少なくとも陸軍では「パウンス作戦」と呼ばれていました。
地球に落ちてきた異物を回収しに行くのです。

つまり、アメリカ人は外国に行って物質を回収するのです。
通常、外国は私たちに知らせてくれるのですが、ただ怖がって私たちの言葉を鵜呑みにするだけでなく、メキシコのような事件もありました。
ゾーン・オブ・サイレンス(静寂の地帯)でUFOが墜落し、NBCの完全装備でアメリカのパウンス・チームを送り込んで回収させたのです。
そして、そのとき、確かメキシコの軍隊が、その技術に触れて死亡していたのです。

David:
さて、あなたは宇宙計画の5つの派閥の1つに「世界銀河連盟」があると言いました。
自国に墜落した非常に貴重な遺物を放棄するよう銃口を突きつけられた世界の指導者たちが、宇宙基地のようなところに連れて行かれるのは、彼らが何かを知っているように、静かに、幸せに過ごすための謝礼のようなものだと思いますか?

Corey:
そうです。
だからこそ、この特別なプログラムは、宇宙開発について知っている他の国々に席を提供し、それを公表しないように口止めするためのものなのです。

David:
わかりました。このエピソードの時間はこれでおしまいです。
本当に魅力的な内容です。
今、目の前に飛び込んできたDartの画像を見て、私の腕の毛はすべて逆立ったよ。

コリー、あなたもうなずいていましたね。

Corey:
ええ。

David:
だから、長年これに取り組んできて、完全に分離した情報源がほとんど同じものを提供するのを見るのは、本当に驚くべきことなんだ。
そこから本当の情報公開が始まるのです。

そしてそれは、ここ「コズミック・ディスクロージャー」で、フル・ディスクロージャーのための槍の先端をお届けすることでしか起こらないのです。
ご視聴ありがとうございました、また次回お会いしましょう。




このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1445 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧

■芋畑 二郎  2023-05-26  220.150.150.231
コメントID:694

ゼロポイントエネルギー
拝啓、sfスターゲートのテレビよく見てました。ドラマの中でZPFの言葉、何度もでてました。あれで洗脳されましたね?SF物語としては.Coryさんの話も真実臭くて結構楽しめます。2100年以降から地球の地殻大変動が起きるようで、大戦争も起きるって聞きましたが?本当ですかネェ?????アメリカの富豪の方々はオーストラリア、ニュージランドに土地を買っているとか、。2025年7月4-6日に太平洋地震、大津波起こり、東京湾には5m-7mが来るようですが、あってほしくないです。私の家は流される。AKさんの家は大丈夫ですか?。