2023年5月10日(水曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさん、モノリスさんご提供)

2023-05-11


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしていますので直訳とは内容に相違があります。元の翻訳はぜひTimSTさんのサイトでご閲読ください


Sunny:
ガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーギェン氏と共に世界情勢レポートを作成します。
米国は昨日の午後以来、史上初めて最高の警戒状態であるデフコン・ワン(DEFCON ONE)になっています。
その理由と、そのレベルを正当化するような米国に対する脅威が本当に存在するのかどうかを確認してください。
月曜日にチャールズ国王の約束が反故になり、シャイアン・マウンテンの将軍らが議会に約束した資金を回収できなかった後の世界の現在の経済状況について詳しく見てみましょう。
本日の世界情勢レポートについてキム氏に確認しながら、これらすべてをさらに詳しく説明します。
それでは、ガーディアン紙オフィスの地上司令官、キンバリー・ゴーグェンに連絡してみましょう。

Kim:
こんにちは、サニー。
世の中に退屈な日なんてないね。

Sunny:
そうですね、これらすべてのことをDEFCON ONEで行います。
私はホワイトハウスを知っています。一時はホワイトハットが全員の準備を整えて、待て、待て、待て、我々はDEFCON THREEなのか?
私たちもDefconですが、誰も正しいステータスを知りませんでした。
そのため、現時点では私たちは合法的にDefcon Oneにいます。

Kim:
実は今日やっとDEFCON 5に戻りました。はい、おそらく東部標準時間の午前11時頃です。
他にもいくつかのことを話してから、それについて説明します。今日は話したいことがたくさんあります。
最後に話してからまだ2日しか経っていないのに。それでは、世界情勢レポートを続けましょう。
ロシア戦勝記念日のパレードについて話しましょう。それは第二次世界大戦の終結を意味します。
ウクライナでもプロパガンダ機関が回り始める理由の一つはこれです。
ロシア人は実際には米国の同盟国だった。第二次世界大戦中を思い出していただきたいのですが、この戦争でロシア人は約2,500万人の命を失いました。
そうです、ロシアには博物館などがあり、ナチス・ドイツを実際に打倒したロシア人の参加についての話を聞くことができます。
伝えられるところによると、ご存知のように、彼らは勝者が誰であるかにラベルを貼ると宣言しているのです。

この場合、それはアメリカであり、そして多くの点でアメリカは勝利を収めました。勝ったのは、世界で圧倒的な経済力を持つ、世界の支配者だったのです。
当時の支配的な通貨は米ドルでした。それはイギリスから移りました。
それについては、イングランド銀行の財政に関する最新情報の少し後に取り上げる予定です。
多くの人はこれに気づいていないかもしれませんが、連邦準備制度の出現前から長い間、イングランド銀行は実際に連邦準備制度の役割を果たしていました。
つまり、国際決済銀行が出現するまで、連邦準備制度が創設されるまでのかなり長い間、それはすべての中央銀行の中の中央銀行のようなものでした。
第二次世界大戦後、多くのことが変わりました。
この移行に基づき、イギリス経済は約10年間にわたり深刻な恐慌に陥りました。

そして今、彼らが米国に対して行おうとしていることが、今日に関連しているからです。
世界的な経済大国を米国から中国に移行させるのです。
今回はそんなことは起こらないでしょう。彼らはこの任務を達成するためにこの事務所(GIA)の支援を受けていません。
しかし、あなたが言ったようにプロパガンダマシンの回転を止めることはできません。
アヒルのように見え、アヒルのように行動します。アヒルのように歩きます。
否定、否定、否定、再評価、非難。
彼らは皆、あちこちに黒い太陽のシンボルを身に着けていることをご存知でしょう。
この戦争全体はまさにウクライナにおける戦争に関係している。

しかし、そのロシア人?
ロシアの組織である赤龍騎士団(オーダー・オブ・ザ・レッドドラゴン)の下で、ブラックサンの浸透、ブラックサンの支配、そしてもちろんロスチャイルドの支配も少しは受けているのです。
だから、みんな参加しているんです。世界中のすべての国が参加し、何らかの形で今の秩序(オーダー)に参加しているのです。
ジンバブエについては、英国がパフォーマンスを発揮するかどうか、協議が行われ、電話会議も行われている。
彼らは実際にそれを支える金を持っていたのでしょうか?

ジンバブエ政府の印象では、彼らは実際に地上資産の金に対する先取特権を持っていたのでしょうか?
そのため、英連邦に復帰し、より良い関係を築くための協議に参加しました。
もちろん、古き良きデジタル通貨を導入しようとしているのは米国だけではありません。
しかし、実際のところ彼らは非常に緊張していて、国全体で実施することがはできないので、ある程度は恐れていたのです。
ただ、方法がない、インフラがない、お金がない、ということだったのです。
うーん。ジンバブエ ドルは、デジタルであろうとなかろうと世界通貨ではないため、購入には利用できません。
国内で何らかのデジタル通貨を立ち上げるためのインフラを支えるために必要なアイテム。

ですから、そのようなことをするためには、ランドやドル、ユーロなどの資金が必要だったのです。
そしてもちろん、それは英国王室から提供されることはなく、与えられることもなく、また誰も何も得ることはありませんでした。
しかし、それは世界的に大きな影響を及ぼしているのです。
だから今のところ、彼らは現在の通貨、ジンバブエ・ドルを使い続けようとしています。
イラクでやったように、現在、米ドルと1対1の比率になっています。
ジンバブエでもそうでしたが、国が安定するまでの暫定的な通貨として米ドルを導入しようとしたのです。
どちらの地域でも、現在も使用されています。

外国資産管理局によって実施された、国に対する制裁のせいで、かなり長い間、新しい紙幣を国内に出荷することができなかった。
これは数年前から続いていることです。お札が傷んできたので、一般市民が使えるように1対1の比率で何かをする必要があったのです。
一般市民が行う国内取引の約75~80%は、現金で行われています。
ジンバブエではカードを使うことはあまりなく、控えめに言っても非常に難しい移行になると思いますが、イギリスからこの移行を行うための適切な指導を受けていません。
ですから、彼らは昨日、少なくとも移行がどのような形で、どのように行われるかについて、ある程度のレベルで適切なガイダンスを受けたのです。

最終的に、この国は修復されるかもしれないが、それは実現できない。2人の主人に仕えるのは不可能ということわざがありますよね。
ジンバブエの市民のために尽くすと同時に、イギリスの王室のために尽くそうとしても、両者は両立しないのですから。
クラウンというのは、必ずしもチャッキーのことではなく、この例ではクラウン株式会社を語る代表者ですが。
OK。デフコン 1について話しましょう。
さて、ご存じない方、知らない方のために、DEFCON5とは、「全てOK」です。
世界はすべて順調であるということです。現在、米国に対する脅威は、どのような形であれ存在しない。
DEFCON 1は通常、核攻撃が差し迫っていることを示します。
すでに発射されていることを意味するのです。

私たちはここで深刻な事態に陥っている。アメリカの歴史上、かつてないことです。
何年も前のキューバ危機の時は、確かデフコン2までいったはずです。
そして、その後に来るプロトコル、つまり、終末の飛行機が空を飛ぶんです。
生きている大統領がいれば、バンカーにいるはずです。バンカーに行った人がいるはずだ。
それが誰なのかは知らないけど。(トランプもバイデンも既に死んでいる)
そして、もしかしたら、凍った遺体を車で運んできたのかもしれませんね、わかりませんけど。
しかし、全体のプロトコルがあるのです。世界中のすべての軍事基地、米軍基地は自動防衛モードに入ります。
人員の移動が発生すると、数百万ドルの費用がかかります。

では、その理由は何だったのでしょうか?
まず、シャイアンマウンテンから傍受された電話での会話があり、その内容には他のいくつかの国も含まれていました。
私自身が立ち聞きしたこの会話が、実際にすべての警報を鳴らし始めさせたのですが、なぜ警報が鳴るのかと思ったのですが、それは重要な諜報機関と軍事システムに関するものでした。
ラングレーからの警報はさまざまな軍事基地に至るまで聞こえ、私は何が起こっているのかを把握しようとしていました。
そこで私はついにこれらの将軍たちの電話番号を突き止めました。
そして、世界はおろか、決して国を運営しようとしてはいけない人々です。

私たちはそれらすべてを実現するためにさまざまな国と話し合いを行っています。ということでデフコンワンへ。
そして誰もそれに同意しませんでした。そこで彼らは単独で進め、米国のみで宣言することにした。
次に、数名の工作員と他の参加が義務付けられている人々の間で、二度目の会話が行われました。
アメリカがデフコン1になったとき、ホワイトハウスから誰かがコードを入力しなければなりません。
通常、上院の国防委員会か国防軍委員会と呼ばれるものから、誰かがこれに参加しなければならないのです。
ああ、通常は国防長官です。
そこで彼らは、なんとか全員を説得して先に進めるよう説得したのです。
そのボタンを押したり、コードを入力したり、そのために行うことは何であれ。

米国をDEFCON 1に移行します。
彼らは全員に静かにするように言い、誰も話してはならないと言いました。
誰もそれについて話すことはありませんでした。
そこでもちろん、キムはどうしたのか。キムはあちこちに右往左往しながら電話をかけ始めた。
私が知っている工作員には、私が直接通知した。
もちろん、トムもペンタゴンに電話したり、いろいろなところに電話したりしましたが、シャイアン・マウンテンの将軍の許可がない限り、みんな口をきかないようにと誓わされていました。
メルヴィル氏はある提督から、「デフコン1なんて知らないよ」と言われたことがあるそうです。
キムはどうやって知ったのですか?

どこから聞いたんだろう?あのね、それは私に教えてくれたんだ。
もし将軍が全員に秘密を守ると誓ったとしたら、どうやってそれを知ることができたでしょうか?
そうですね、私には重要な諜報および軍事システムと呼ばれるものがあり、それは非常にうまく機能しています。
そして昨日、彼らは小さな小さなおもちゃを使ってその能力に影響を与えようとしたが、うまくいかなかった。
まだシステムにアクセスできます。ベースプラットフォームにアクセスできます。
へー、システムを構築したんだ。
そして、そのような小さなことに対する何らかの防御メカニズムを、私たちが組み込んでいないと思ったのでしょうか。
組み込んでますよ。それが私が地上指揮官である理由です。

しかし、何という混乱でしょうか?そしてその理由をお話します。
OK、これをする目的は何ですか?と言うつもりでした。
「誰にも言わないでください。デフコンワンに移行するだけです。」
それは何をするのですか?まあ、それは実際にはうまく機能しません。
Defcon Oneに行くと、自動化されたプロトコルが開始されます。
OK、アラートが全部出ました。みんなパニック状態です。
ご存知のように、彼らは気にしていませんし、誰もそのことについて話していません。
そうですね、その理由を調べてみます。
私たちは、否定、否定、否定、責任を再評価しようとします。
しかし、昨日は数時間にわたって国全体を混乱に陥れた。

そして、この背後にある全体の目的は、彼らがどこかの誰かから指示を得たことでした。
米国がDEFCON 1に参加した場合、バックアップシステムが自動的に作動するだろうということ。
バックアップシステムとは、銀行内のすべてのデータと現金が自動的にダラスまたはシャイアンのセンターに戻ることを意味します。
財務省や連邦準備制度に対する管理は、ご存知の通り、軍の管理下に戻ることになります。
それがすべてのアイデアでした。
しかしそれだけではなく、彼らはオメガシステムと呼ばれるシステムを再び取り戻すことができるかもしれないという予感を持っていた。
2年くらい前、3年くらい前かな。うーん。それなら可能だったと言えます。
ああ、私たちがこれまでやってきたことと、期限切れになった契約のすべてを考えると、オメガが再び統合される可能性も、どこからも支援が得られる可能性もありませんでした。

#1と#2、バックアップシステムはグローバル・リポジトリに戻すために停止されており、1年とは言いませんが、数か月間停止されています。
それで、私たちはとにかく昨日は実際には何も起こらないことを確認していました、なぜならこれらの人々は作戦を実行することはできず、ましてや国を運営しようとすることはできないからです。
しかし、彼らが非常に有能なのは、口を動かすことです。
つまり、ボタンを押すには全員を説得しなければならないので、実際に行われる前に議会全員を説得していたのです。
彼らが宣戦布告した場合、あるいは、米国に対するデフコンの一種の脅威が差し迫った場合、その資金が出てくるでしょう。
どこの?分かりません。しかし、それは起こるでしょう。
当然のことながら、米国は金に飢えている。したがって、彼らはゲームに沿ってプレイし、その後何も起こらなかった。

昨夜電話を受けたのは私で、なぜそれが起こらなかったのかを人々に説明しなければなりませんでした。
ご存知のように、彼らは毎年1月1日に20分間宣戦布告をしたのではないかというのが質問の1つでした。質問に対する答えはノーです。
毎年20分間戒厳令が発令されました。
なぜ戒厳令を出すのか?なぜなら、その時はそうだったからです。
以前の契約であれば簡単です。議会の議決を必要とせずに、軍または諜報機関に直接資金を提供することが出来ました。
だからこそそれが行われたのです。
これは合法的な手続きであり、戒厳令または米国戒厳令の下で権力を軍に戻すことで、その資金が軍に送られることになる。
そして議会の手からペンの力を奪いました。

Sunny:
この1月にそんなことがありましたか、それとも違うのかな。

Kim:
ああ、もう何年も起きていないんだ。
OK この1年は試されたのでしょうか?はい。毎年やっていますよ、今は儀式的なものですが。
誰かのお墓参りに行って、そこにお花を飾るようなものでしょうか。批准されることもなく、実行されることもない。
AVIL P4システムを通じて、闇予算が発生したことはないんですよね。
どれも実際に起こったことではありません。でも一番大事なのは、実は、お金の出所はいつもアルファシステム、つまり私が運営するトラストなのです。
年間20分の世界戒厳令計画の場合、ロスチャイルド家やドラゴン騎士団を経由して、軍に渡ります。
彼らは通過点だったのです。ご存知のとおり、彼らは資金源ではありませんでした。
現在、ある時点では、両方のオ-ダーが異なる資金にアクセスできました。

しかし、それでも資金の充填自体は常にアルファ システムから来ていました。
これらは私の前任者(ドラコのエンリル)との合意でした。
※エンキ、エンリル、マルデュークの三人がエレナダナーンさんは「アヌンナキ」と言っているが、キンバリーさんは「ドラコだ」と言っています。
これは途中でドラコが入り込み詐称していたためで、キンバリーさんの前任者はドラコです。
そして協定はすべて期限切れとなり、期限が切れました。
このシナリオでは、宣戦布告であっても軍が資金を得ることができない理由は、このためです。
は、もう契約が切れてしまったからです。全く別の問題です。
宣戦布告。宣戦布告は、昔のベルサイユ条約と関係があります。

もし存在するとすれば、(ベルサイユ条約も期限切れ)それはどの国によっても提出された宣戦布告でした。
それは条約の締約国でした。その資金は双方の戦争に資金を提供するために出されるでしょう。
過去数年、あるいは数十年で最も多かったのは、米国とX国です。
このシナリオでは両国は戦争をするために資金を得るだろう。
(過去の戦争が必ず米国発であった理由です)
なぜ?なぜなら。
映画や劇場にいると、悪役は自分の役を演じるためにお金を受け取りますよね。
そして、善良な人は自分の役割を果たすためにお金を受け取ります。
つまり、これは単なる映画であり、映画には双方から資金提供があったのです。
映画の両側に資金が提供されました。

これは数年前のベルサイユ条約の期限切れ以来行われていません。
その結果、国は何百万ドルもの費用を費やしましたが、それを彼らは持っていないのです。
つまり、この大失敗は、シナリオを修正する見込みのない、権力に飢えた将軍たちが仕組んだものであり、その代償は皆さんの税金に戻るわけです。
さて、皆さんもよく注意してみてください。
そういうアクセス権がないからといって、誰もがあなたたちの中にいるわけではありません。
しかし、政府の誰もが、期限切れになったすべての協定と、新たに行われたすべての宣言に細心の注意を払うべきです。
なぜなら、すでに戦われ、すでに勝利した、古くからの戦争の兆候を知ることができるからです。
だから、もう戻れない、戦争の巻き戻しはできない。ないんですよ。

現時点では譲歩しましたが、我々としては前に進むだけです。
そして、みんなが混乱しているのは理解できます。私もそうです。
これは非常に混乱しましたから、昨日もそうでした。その為、分からなくもないけれど。
第二次世界大戦の終戦記念日など、歴史上さまざまな出来事が5月9日に起きている。
しかし、彼らはそれを艱難辛苦(かんなんしんく)、ハルマゲドンの最終決戦になぞらえたりもした。
これは、あのフィリピンの人たちが戦いに備えている、フィリピン人だけでなく、会議に参加しているすべての人たちに通じることです。
誰に対してですか?明らかに、それは反対でしょう。また私たちです。
壮大な失敗は、多くの混乱を引き起こしたわけです。

軍関係者やその話を聞いたことがある人なら、これがその理由であり、その裏話であることをご存じでしょう。
私たちは決して核の脅威にさらされているわけではありませんし、これが正当化されたわけでもありません。
脅威となったのは、イギリスから来たドラゴン騎士団やブラックサン騎士団がアメリカに対して持っている権力や支配力です。
では、政府はどうなるのでしょうか?
彼らはこれがうまくいかないことに気づくでしょうか?今朝の時点ではまだです。
それで、私たちは地球の財政状況について考えていきます。
これはあなたに影響を与えるので、なぜ人々が特定のことを考えたのかを知る必要があるからです。

大きく分けて3つあります。
おそらく1015年以上前に協定を結んだ当事者です。
お金か何かの問題で、いずれかのアカウントにアクセスできなくなった後。
第二次世界大戦後に作られたのは、これが第二次世界大戦に遡るからです。
彼らは「ラザロ・トリニティ(三位一体)協定」というものを作りました。

Sunny:
知っている。死から蘇った男のように。

Kim:
もちろん。そう、彼らも死から蘇りたいと思っているのです。
うーん、うーん。はい。つまり第二次世界大戦後。レッドドラゴン教団、ブルードラゴン教団、ブラックサン教団の間で制定されました。
その後、彼らはコンピューター内に偽の閉ループシステムを作成し、昨日私たちが最終的に見つけたいくつかの資産を反映させました。
昨日。そう、昨日の朝。一生前のことのように思えます。
そして、それがチャールズが約束をした理由のようなものです。
そして、赤い竜の騎士団は約束をしました、そして黒い太陽の騎士団も約束しました、なぜなら彼らはそこに何かがあるのが見えたからです。
本当はそこにはなかったのです。

これら3つのクローズド・ループ・システムの管理。ある時点で、前任者と合意がありました。
これらのクローズド・ループ・システムを管理するのは、Corvoという会社で、QORVO Technologiesと綴られます。
そのため、彼らは、いつか第二次世界大戦中に当事者の間で分割された金属やさまざまな戦利品のすべてにアクセスできる日が来ると信じていました。
そこで、私たちはあなたのためにグラフィックを用意しており、実際にこの特定のグラフィックについて話します。
私のマイクがこれとこの特定のグラフィックを理解できることを願っています。
実際には、コンピュータに関するような文書上の情報が表示されます。
第二次世界大戦直後、戦利品と戦争中に獲得した資産の分割。

ということで、書類はこんな感じでした。そして、同様のものがたくさんありました。
これらは金庫から発見されました。



ドイツだけでなく、私が何年にもわたって訪れた他のいくつかの場所でも同様でした。
実はこの文書にはブッシュの名前が載っている。
アジア人の名前もいくつかあり、ドイツ人の名前もいくつかあり、そのうちの1人はヒトラーであると認識できるかもしれません。
つまり、ヒトラーの名前がこの文書に記載されているのです。
それで彼らが解散することを決めたとき。したがって、これに添付されている、文書とファイルを指す文書は、実際にはラザロ三位一体協定です。
OK、これがブラックブックまたはブラックイーグルトラストを作成したものです。


さて、タングステン(今まで不明だった秘密15軍の最後の一つか?)の上にオーダー・オブ・ザ・ブラックサンがありますね。これは、実は第二次世界大戦中に行われた協定なんです。
第二次世界大戦、資金は双方に提供されるだろうと話したことを思い出してください。
ここにあります。これがドイツと帝国銀行の資金調達です。
ああ、それが出てきた。彼らは実際にこれからたくさんのドイツマルクを印刷しました。
それは実際には、通貨を発行するために金を使用するという合意でした。
私の前任者がそのようなものを発行していたため、同意しました。
これは、コンピュータで世界がつながるようになる前のことで、実際にそうなったのは1970年代後半からです。
だから、このような協定や歴史的な債券を作ることになったのでしょう。
そして、ドイツ国債の話は、オルタナメディアや再評価の人たちなら聞いたことがあると思いますが、ドイツ国債はこの最初の合意から発行されていたはずです。

第二次世界大戦を始めるためにドイツ国に金を貸すこと。
なぜなら、私の前任者は陰謀団と同じくらい邪悪だったからです。
ええと、それでブラックブック。これはブラックブックの表紙で、資産や世界中のさまざまな場所について書かれており、米国公開市場委員会も含まれています。




FDICも入っていますね。金もたくさん入っています。
だから、それはたくさんの数字やごちゃごちゃしたコードや何やらのように見えますが、当時はすべて相対的なものでした。








黒い太陽の騎士団または黒い太陽の指導者、つまり黒い鷲の地位であれば、これらの種類の資産を管理できたでしょう。
そして、これは彼らが管理する役割でした。

また、「スピリチュアル・ホワイトボーイ」という言葉を聞いたり、見たりしたことがあると思いますが、その根拠となったのもこれです。
スピリチュアル・ホワイトボーイのアカウントは、リストアップされたすべての数字のメインアカウントであり、すべてのページで、それらのアカウントは実際にそこにリストアップされているので、あなたは今それをグーグル検索することができます。
クレディ・スイスのアカウントは、これらすべてのサブアカウントを管理するマスターアカウントでした。
過去に、何年も前に、70年代や80年代、そして2007年の時点でも、15の軍隊やアンブレラ軍団などの多くの工作員によって使用されていたのです。
また、CIAの工作員も使用していました。
工作員や他国でも使用されていました。
当時、黒の太陽教団のトップである教団に報告していた人は、これらを見たはずです。

さて、もしあなたが工作員で、これを見ているとしたら、例えばスイスのUBSに行き、パスワードを伝えて空白のカードを通すと、現金の入ったバッグを渡された時代を覚えているだろうか。
まあ、ここからが本題なんですけどね。
2007年3月までに利用されなくなるまで、過去にこれらの口座からすべて出ていました。
これは1つのセクションでした。
彼らは偽の閉ループシステムを複製したのです。誰もアクセスできませんでしたが、ここ数年はスクリーンに表示されていました。
たとえバックシステムがオフであっても、人々に彼らが望むことをさせるための、継続するために実装されたぶら下げたニンジンです。

彼らがアクセスするのは火曜日、月曜日、水曜日です。
RVが起きている。
NESARA/GESARAは起きている。
これらのことはすべて、人々を無料で働かせるための方法であり、これは彼らと一緒にあるものだったのです。

Sunny:
レバレッジ、そうですね。

Kim:
今、そのようなシステムを作った人たちはほとんど死んでしまったし、それ以降もずっとそうです。
今回の首謀者である特定の政党は、2016年8月にそうしていたのかもしれない。
その直前に、私たちはオーダーに希望を与えなければならなかったので、関与した3つのオーダー(レッドドラゴン教団、ブルードラゴン教団、ブラックサン教団)は、彼らがこれにアクセスできることを望んでいたと言わなければなりません。
さて次に、第二の当事者は青龍騎士団です。したがって、ここにはブルーブックのコピーがあります。
これは歴史の教訓として重要です。
青いのがあります。OK、青い本をもう少し詳しく見てみましょう。



ページを読み進めていくとわかります。



ここに、イングランド銀行における金とプラチナについて実際に説明しているページがあります。


これはチャッキーに関連しているので、今このことを取り上げます。


ほら、チャッキーが見た閉ループシステムは偽の数字でした。
それは本物ではありませんでした。これもまた、人々が望むことをさせるために作成された偽の台帳です。
それで、これはここにあります。それは連邦全体のためだったでしょう。
イングランド銀行からは、金資産などの資産が南アフリカに登録されていることがわかります。
彼らは米国に登録されており、全員がイングランド銀行の頭取から来ているのを見たことがあるでしょう。
彼らはずっと昔に戻ったのです。
この本の資産が作成されたとき、イングランド銀行は実際には連邦準備制度でした。

ここで、1兆ドルのプラチナ・コインに移ります。
そして、昨夜の電話で私に聞かれたもう一つの質問は、これを修正するにはシルバー証明書を使用できますか?
米国が置かれている状況では、プラチナを使用できないことがわかりました。
なぜなら、私が説明しているこれら3つの閉ループ・システムが、実際に昨日オフラインになったからです。
それで今、彼らはそれが本物ではないことを知っています。それは決して現実ではありませんでした。
ここ数年、命令を得て彼らが踊り続けるたのは、ぶら下がったニンジンだった。
つまり、1兆ドルのプラチナコインは、ブルーブックに結び付けられた偽の閉ループシステムにリストされていたプラチナに基づいていたということです。

さて、チャッキーはもちろん、王やソロモン王、あるいは自分がなりたいものになったらそのお金が出てくるという協定をすべて交わしていました。
さて、なぜ人々が実際に彼のことを信じたのか理解できましたか?
そう、なぜ彼らは黒い太陽の教団を信じたのでしょうか?
OK。シルバー証明書は使用できますか?
1800年代後半の銀銀証明書の背景を簡単に説明しましょう。
米国のゴールド・ラッシュの頃、当時の大統領がそうでした。えー、グローバー・クリーブランドに会わせてください。
ひどい。小学校で歌わされるあの小さな歌を知っていますか?知っている。大丈夫です。

そこでクリーブランドはモルガンに説得された。JPモルガン、元祖JPモルガン。
米国の金を枯渇させようとしていたのは銀行ではなく、その人物だった。
OK。そんなことは決して起こらないのですが、銀を借りる必要があったのです。
経済を支援するため、もし米国が金を使い果たした場合、それはドルの金や銀の裏付けのようなものになる可能性があるからです。
(つまっり、金を使い果たしたらドルの裏付けが無くなるので、裏付けの為に銀を貸してあげますよと言った)

Sunny:
つまり、それは基本的に単なる嘘でした。それは嘘でした。

Kim:
あれは嘘だった、うーん。
JPモルガン、ジョン・ピアモント・モーガンだと思います。彼の名前だったと思います。
再確認してください。はい、ジョン・ピアモント・モーガンです。
そこでジョン・ピアポント・モルガン・ベンはいとこのロスチャイルドに電話をかけます。
そして、その本にも載っていたイングランド銀行から銀を借ります。
そして、これに対して銀証書が発行されました。上院だからこれを言わなければなりません。
今朝、上院金融銀行委員会がこの件について質問していたため、私がこれを言わなければなりません。
シルバー証明書は使用できますか?質問に対する答えはまったくノーです。
もし、国を寄付して、元のイギリスに戻したいのであれば、どうぞそうしてください。
でも、どんな形であれ、私はそれに参加するつもりはありません。

そして、銀は米国にたくさんあるから必要ない。
米国ではBLMのもとで数兆円の資産を保有しています。
("BLM"とはBureau of Land Management─アメリカ合衆国土地管理局)
あなたの小さな問題は、レアアース(希土類)鉱物がすべてレバレッジをかけられていることです。
そのすべてが活用されており、先取特権を解除してそれをドルの裏付けとして使用できるのは私だけだということです。
それで、それはあなたの現在の状況を助けることになりますか?
上院の金融委員会では、ワーナーが委員長を務めていますね。
だからご存知のように、彼はアメリカ政府の熱心な龍の勲章の味方なんだ。
当然そんな立場に置かれるわけで、彼は今でもこの国をイギリスに返したいと思っている。

それはわかっていますが、これは素晴らしい歴史の勉強になるので、理解できるように資産の起源を説明したいと思いました。
今日はたくさん勉強しているよ、サニー?

Sunny:
絶対。

Kim:
世界が実際にどのように機能したかについて完全に説明します。
OK、これで別の質問の答えも解決しました。
私の頭の中では、なぜトランプ・バックスやトランプ準備銀行の話をまだしているのかということを考えています。
トランプ政権の時に、私が個人的に大統領緊急流動化基金を大統領に譲渡したのが最後だったんですね。
今回やらなかったのは、アメリカ政府に見切りをつけたからです。
それでは次の話レッドブックに進みます。
時間があれば、それを取り上げてもいいですね。それは大統領の印が押されたものであり、最初のアカウントの1つです。




しかし、この本では、ジョン・F・ケネディで登録されています、それが起源だからです。


では、最初のページは「大統領緊急流動性基金」で、1960年代以降の各アメリカ大統領の就任時に割り当てられます。




ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実はジョン・F・ケネディは、同じブラックサンのパートナーであるサワノ(スハルノ?)と「グリーンヒルトン協定」といって、彼が地位を獲得するために、財務省ではなく、アメリカの財務省に金を渡すという協定を結んでいたんですね。


黒龍の勲章と北米の王。それが彼の計画だった。彼はブッシュを打倒しようとしたのです。
それからもうひとつ、見たことがあるようなないような、3ドル札です。
あのね、ジョークがあるんですよ。
今は3ドル札で支払わないでくれ、ですね。

連邦準備制度理事会は1ドル5ドル10ドルの印刷を請け負っていたんです。
それでケネディは3ドル札を発行することにした。
CIAは今でも3ドル札のパレットを資産として持っている。
いつか自宅のバスルームにも3ドルの壁紙を張りたいと思っていますが。
その結果、連邦準備制度との契約がまだ有効だったため、この本に掲載されている資産はすべて実際に連邦準備制度に譲渡されました。
そしてケネディは撃たれた。
そのため、レッドブックはドラゴン騎士団の代名詞となっています。
その管理下にあります。

そして、彼らはラザロ三位一体協定の第三者であり、そしてその一部には、米国の予備資産を示す偽の閉ループシステムも含まれていました。
ご存知のように、彼らは基金について話しています。
彼らが保有する各州の緊急基金についてであり、そのすべてがこの本にも記載されています。
だから彼らはそれを見ることができましたが、今では誰もそれに触れることができませんでした。
私が任務を割り当てたとき、トランプは実際に私たちの会話の一部を取り上げました。
なぜならそれはすべて外交上の事柄だったからです。
つまり、私がこの会話をしたことはすべて国立公文書館に記録されています。
再割り当てを行いました。

私は彼にそこにどれだけのお金が入っているかを見せました。
これはハリケーンマイケルの最中に行われたもので、米国を支援することを目的としていました。
私は彼に、私が2番目のキーであるが、国家非常事態の際にはここからリクエストを開始できると伝えました。
そしてその時、緊急事態が発生しました。
彼は決してその目的でそれを使用したことはありません。一度もない。
しかし、彼はそのシートを周囲に巻き込み、全員に無料で働いてもらいました。
ブッシュはその道の達人だったため、私たちは彼をブッシュ・ジュニアと呼んでもいいでしょう。
しかし、私の前任者はそうでした。あなたは誰ですか?
みんな何から(資金を)得たと思いますか?
そこで彼は、大統領の緊急流動性資金の切り取りシートを太陽の下ですべての工作員に配り始めました。
何年も。そして、これが行われたのは、5年前か6年前、2018年に遡ります。

Sunny:
そういえば、トランプが大統領に就任した当初、世界一周のツアーをしたことがありましたが、それと何か関係があるのでしょうか。
そして、疑惑のホワイトハウスは、悪者を倒すために、いつもみんなを味方につけているようなものでした。
あの旅は、彼が紙を振って「見て、見て、OK」と言ったことと関係があるのでしょうか。

Kim:
ああ、そう、見て見て。
オーケー、トランプは世界の基軸通貨を予約している。
世界では、そこが本物だと思って登録し続けていたことが判明しました。
いや、それらのクローズドな、偽のクローズドループシステムはすべて、複数の命令をするために作られたものです。
世界中で踊りましょう。
ロシアに対する制裁、これに対する制裁、あれに対する制裁。人々がそのようなことをした理由の多くは、これらのアカウントにアクセスできると考えたからです。
彼らは、他の取引相手はこれらのアカウントにアクセスしていると考えていましたが、誰もアクセスしていませんでした。

そしてそれらは本物のアカウントではありませんでした。それは台帳上の偽の数字でした。
その背後に割り当て番号はなく、何もありません。
ブッシュ大統領が印刷した1970年代以来の現金パレットと同じように、それはすべて見せ掛けの物だった。
27兆ドルの偽マネーがイランのシャーを崩壊させ、砂漠の嵐を引き起こした。
サウジは今でもそれらのパレットをすべて持っている。お金は世界を動かします。
世界全体を一度に変えることはたった2つだけです。
第一に、神の行為です。
第二はお金。
そして、オーダーの全体、複数のオーダーが踊ってきました。

私の前任者が作成した偽の数字に基づいており、私は彼らの超秘密の閉ループシステムを発見し、昨日排除したばかりだった。
わかった。それで、私は上院財務銀行委員会が実際に私に直接電話してくれるといいと願っています。
そして、私にこれらの質問をしてください。なぜなら、私は彼らに歴史全体、それがどのようにして生まれたのか、債券とは何なのか、なぜ発行されたのか、これらのクローズドループシステムとは何なのかを教えることができるからです。
なぜもう彼らに会えないのでしょうか?あなたが知っていることはすべてお話します。
それが私の口から出たなら、それは私がその時に知っている限り、私の能力の限り神の真実に対して正直であるという事です。
ご存知のとおり、私たちが見つける新しいものが常にあちこちに現れていますが、これは別のものでした。

これが、彼らがデフコンのワンボタンを押した理由の一部です。
なぜなら、彼らはこれらすべてが消滅するのを見たからだ。
そして、ボタンを押せば、それらを取り戻して制御できると考えたのです。
いやあ、知識が少ないと危険だということはわかっています。
繰り返します。知識が少ないと危険です。
ほんの少しの知識が大きな混乱を引き起こすのですね。

Sunny:
デフコンについて質問します。
ですから、もし誰かがボタンを押したとしたら、彼らはすべてを内密にしようとしていたことがわかります。
メディアの役割は何だったのだろう、もし何か知っていたのならということです。
軍を通さないといけないと思うのですが、そのようなことは、みんな黙っているのでしょうか。?
それともメディアが好む情報はありますか?
彼らは口止めに加担していたのでしょうか、それとも単に知らなかっただけだと思いますか?

Kim:
通常であれば、バックアップシステムでもある緊急放送システムが作動し、そして、その国の市民に警告を発したはずです。
だから、そのシステムから切り離されていたことで、私たちは、つまり、爆発しなかったのです。
それが第一の理由です。
第二に、メディアは、デフコンワン警報が鳴った直後に覚書を受け取った可能性が最も高いでしょう。
なぜなら、通常なら、アメリカ国民の安全を守るためにリアルタイムで報道を行うようメディアにオープンラインを受け取っていただろうからです。
そのあと、「こ私たちはテストを行っており、軍事訓練を実施しています。これは単なるテストです。」という別のメッセージが流れたと言われています。

Sunny:
そうか。つまり、何かが発生し、その後フォローアップが行われました。冗談だ。

Kim:
はい、冗談です。心配しないで。
私たちがこんな感じだったときのことを覚えていますか?私はいつもそれについて考えます。
いつも私は冷戦時代のことを考えさせられます。私は小学生でしたが、彼らは机の下に潜り込むようなものでした。
いつも、つまり昨日もそんなことが起こっていたように感じたのです。
何が起こっているの?ご存知のように、私は周りを見回しています。
私は皆が完全にパニックに陥っているように感じました、そしてあなたが知っているように、それが来ました、デフコン1についてのメッセージが届きました。

うん。それで、私がこれらすべての資産を指摘した理由は、それが現在米国政府、米国ディープステート、英国王室、ご存知のように、誰もが必要としている行為に直接関係しているからです。
第一に、これらのアカウントがもう存在しないことを全員に知らせる必要があります。
実際のシステムでは、それらは存在しません。
彼らは、現時点では政府ではなく、それに応じてそれぞれ再配分されています。
なぜなら、政府、どこの政府、どこの軍隊とも契約がないからです。
それが、戦争が起こったときにお金が入ってこない理由です。
現在、資産ベースの責任者である私は、長い間、世界のあらゆる通貨の新規割り当ての発行を担当してきました。それは私の仕事の一部です。
それが私の仕事のすべてではありませんが、仕事の一部です。

そのため、彼らは私たちが提供できる最高のものをすべて、コンピュータでブロックしていたのです。
ですから、私の唯一の未解決の合意は、あなた方、世界の80億人の人々とのものであることを彼らは知っています。それは、必ずしも政府を通したものではありません。
そうじゃなくて、もうそうしなきゃいけないという契約はないんです。
契約は直接あなた方との契約となります。
そうはいっても、彼らは戦えるときにはとんでもない戦いを挑んできました。
NSAにしろ、あの、長い長い間、戦い続けてきたのです。
今、私たちはもう彼らと戦っていません。
私たちは、政府間ではなく、アブラキシスやデッドマンスイッチのようなグループ間の、古い、古い、非常に古い協定と戦っているのです。
そのようなグループとの間で、実際のシステムにうまく入り込むことができていないのです。
つまり、システム周りの話です。

偽のクローズドループシステムが存在するために、少しばかりプログラムを変更する必要がありましたし、他にもいくつかありました。
しかし、私たちは、できるだけ早くすべてを片付けようと、1日15時間から18時間、積極的に取り組んでいます。
そして、私たちはそこにいると信じています。昨日のような小さな出来事は、私の時間を数時間無駄にするだけです。
しかし、なぜトランプ・バックスができると思われているのか、その理由を探ることにつながったのです。
なぜなら、トランプは自分が生きているときに人々に(偽の銀行支払いシートを)発行させたからです。
今、トランプ工作員たちは、まだそのお金が自分たちのためにあると信じていて、自分たちはみんなそのお金をもらえるのだと本気で思っていました。
でも、そのお金は緊急の大統領流動性資金だったんです。そして、それは大統領が実際に在職している場合にのみ有効なものなのです。

Sunny:
おっと、そうですね。
そうすると、次の大統領に戻されるのです。

Kim:
だから、次の大統領を再登録しなかったのは、実は私の責任なのです。
だって、本当はそうなるはずだったということです。でも、あきらめたんです。
考えもしませんでした。正直、昨日までは「ああ、そうだったんだ」と思っていたのですが、再割り当てしていませんでした。
つまり、私はするつもりはない、今する必要はない、何の合意もない、契約もない、10年の延長さえもなくなった。
だからさサニー、私はあなたを知らない、大統領緊急流動化基金に参加したいんだろ?
つまり、誰でも入れることができるんです。

Sunny:
いやいや、その通りです。

Kim:
いや、誰でもいい。誰か知ってますか?
ええ、いえ、問題ないです。とにかくアカウント自体がなくなってしまったんですよ、直近ではね。
では、すべてのお金、どこに行ったのでしょうか?
全部の、あの、プラチナはどこに行ったのでしょうか?
希少な鉱物はどこに行ったのか?
もう一度言いますが、そもそも割り当てられたそれぞれの国の国民全員に分配されています。
市民が自己統治するための準備として。
なぜなら、この時点であなたたちは何もしていないし、少しバカにされているように見えるからです。
なぜなら、あなたたちはまだドラゴン騎士団やシャイアンのおかしな人たちの話を聞いているからです。

まったく。工作員をグルグル回している。偽物の涙袋(ティアシート)を振り回しているのか。
ちなみにティアシートとは、ハイファイナンスの世界ではバンクステートメントのことです。
トランプバックスが価値を持つようになると言って偽の銀行明細書を振り回し、工作員を集めてあちこちで宣伝させようとしているわけですね。
そして、もしトランプが大統領に返り咲いたとしても、彼は大統領ではないのだから、アクセスできないのかもしれないですね。

Sunny:
いや、いつも何かあるんです。

Kim:
うん、そのせいかもしれないね。
ですから、もし彼らを復帰させれば、2024年には、この資金がすべて使えるようになると、議会全員に約束するつもりです。
もう一つのウープティ・ドゥー(お祭り騒ぎ)が起ころうとしたのは、マッカーシーです。
選挙前にバイデンとカミラを排除して、マッカーシーを入れようというのです。
そして、マッカーシーは当初、大統領緊急流動性基金へのアクセスが得られると考え、同意したのです。
国を立て直すために。
昨日それが実現しなかったので、彼は突然、二度と出馬しないと宣言したのです。
彼はその仕事を望んでいません。

Sunny:
そう、来週になったら、他の人が約束したからと、気が変わるまでね。

Kim:
いずれは、偽のティアシートや偽のクローズドループシステム、偽のものをちらつかせ、実現しない約束をすることもなくなるでしょう。
いずれはツケが回って来るからです。
そして、これは今、6月1日以前にも起こるかもしれませんね?
政府が破産したらあなたはどうなりますか?何もなし。
彼らは何をしているのだろう?なるほど、陸運局(Department of Motor Vehicle)で運転免許の更新ができないのかもしれませんね。

Sunny:
ああ、それはそれで楽しいプロセスなんだけどね。

Kim:
しかし、警察庁は連邦政府ではなく州政府なので、おそらく警察庁で何か設定されているのでしょう。
連邦政府が破綻したんだ。それがあなたにどんな影響を与えるか?
他のどの国でも、これは米国だけではありません。そうではありません。

Sunny:
そして、そうでなくても、軍隊が自分たちを守る必要があると考えるから、最初はみんな心配するのでしょう?
そうですね。だから、多くの人が思うのは、ああ、いや、ロシアがやってきて、中国が我々にこんなことをしようとしている、あるいは、我々が軍隊を持っていないならということでしょう。

Kim:
はい。しかしそうではなく、おそらく存在することは保証します。
数十万人、いや数百万人の愛国者が、この仕事を引き受けようとするのです。
もし彼らが狂った将軍や腐敗した提督たち、そういった人たちの言うことを聞かなくてもいいのなら、そのような人たちが仕事を受ける人がたくさんいることは保証します。
ほら。軍は本当にアメリカ国民をこれまで守ってこなかったということです。
同じことですが、協調して面白いのは、一番大きなものが最初に倒れるということです。
つまり、米国が倒れ、英国が倒れ、中国はすでに倒れ、ロシアが倒れる。
もし彼らが新しいプランに該当せず、交渉し合意せずに、どうやってこのゲームを一緒にやるつもりなのでしょうか。
その中で、誰が脅威となるのでしょうか?

Sunny:
彼らはそうではないのでは?むしろ彼の方が多いのでは?
マスコミはどうするんだろう?そうでしょう?
マスコミはどこまでも恐怖を撒き散らすだけでしょう?
だから、むしろ認識なんです。
実際に起こっていることとは対照的にね。

Kim:
メディアのお金の25%は、スポンサーやCM、そういったものから得られています。
しかも、視聴率が下がっているので、視聴率が売れないんですよね。
なぜ、報道機関にとって重要かというと、あなたのテレビの視聴率と、視聴している人の数が、当該番組中にCMを放映するコストと視聴率に直結しているからです。
CNN、主要なBBC、そしてこれらすべてのニュースチャンネルはもう誰も信じていないため、崩壊します。
そうすればコマーシャルの費用も下がります。
だって、お金を払って視聴者を確保しているわけではないのですから。
それが今のマーケティングの裏返しの仕組みです。
CIAの収入の75%はこれです。CNNの皆さん、ごめんなさい。

Sunny:
何が違うんだ、本当に?

Kim:
いや、CIAにはないですね。CIAの場合、その出所は同じなので、ぼかすことにします。
その75%は政府と闇予算からきています。
あなたの質問に答えると、というのも、物事には因果関係があり、私のような立場の人間は、あらゆるシナリオについて「もしも」を分析しなければならないからです。
そして今、彼らはドラゴン騎士団やブラックサン騎士団に譲った所有権を維持しようと奔走しているのです。
つまり、上院の財務、銀行委員会のメンバーでさえも、イングランド銀行が米国に対する支配力を維持するようにしようとしているのです。
では、そのようなメンタリティで、どうやって自分たちがやっていることを知るのでしょうか?
あのね、それとも、架空のクローズドループが架空の資産を下ろして、何かをしようとしたときに、架空の資産を与えようと命令が奔走しているのでしょうか。

Sunny:
あなたはたくさんの嘘を知っていますよね?
つまり、架空とは嘘の別名です。そうですね、それは似ています。
ああ、もう1つ嘘をつこう、その、ボールを転がすために。
ただ、とても悔しいんです。

Kim:
そうですね、その通りです。
私がこのニュースチャンネルを始めたのは、あなた方のためだけでなく、世界中の人々が常に嘘をつかされているからなのです。
嘘で作戦を実行し、聞かれただけなら、もし彼らがただ座っているだけなら、私は試してみます。
数時間の時間を費やす価値があると言ったら、座って真実を学ぶために私を信じてください。
私はそれを証明することができます。
トレジャリーターミナル端末(米国債端末/貴重品箱)を持参してください。それをオンにします。
私の言っていることをすべて確認してもらいます。

まあ、私はそこに座って話しているのですが。
ご存知のとおり、以前にもこれをやったことがあります。
そう疑問を抱いていた他の人たちと。
いわば、金融界の現状です。みんなが悲観しているような世の中を知っているはずです。
みんな死んじゃうんだよ。国がクラッシュするんだ。
アメリカでは臨死体験が起こる。

Sunny:
知ってる。マジで

Kim:
死ぬのはあいつらとその信者だけだよ。それでおしまい。
ホワイトハウスは、今まさに崖っぷちに立たされているような状態です。
崖っぷちに立たされたホワイトハウスは、それを引っ込めて変更するつもりなのでしょうか?
私たちと取引してください。それともまた偽の銀行明細書で崖っぷちを突き進むのか。
工作員が政治を動かしている。そいう期間は終わった。
そして、彼らが数日前にここにいました、そして私がこのことについて話したところ、彼らは耳を傾けてくれました。
ご存知のとおり、それらの多くはホワイトハウスでDCを運営する工作員でした。
そしてあなたは本当に怒っています。

これは戴冠式の後何も起こらなかったことに関係しているため、人々は疑問を抱き始めています。
問題は、彼らがその答えが気に入らないと耳を塞いでしまうことです。
つまり、それが世界の金融システムの現状であり、なぜそのようなことが起こっているのか、舞台裏で何が起こっているのかということです。
そして、私たちは将来どこに行くことができるのでしょうか?
彼らは生き残るためにさらに銀行を潰すつもりだろうか?
彼らは自分を生かし続けるために自分の子供を食べるでしょう。
そうするでしょう。私が推測するに、最も安全なのはオーダーの赤ちゃんであり、ティア1銀行です。
私はすべての地方銀行を潰せとか、そういうことを言っているわけではありませんが、連邦準備制度が誰を食い物にし、誰を生かし続けようとしているのかという分析に基づいて評価するとしたら、連邦準備制度はUBSやCredit Swissの場合と同じように統合されるかもしれません。

そうだろうけど。でも、私はそうは思いません。彼らが最後だと私は見ています。
彼らはそうしない。彼らは騎士団の金の子たちをそこで食べることはないでしょう。
しかし、これにより、私もまだ分析していない別の問題が発生します。
先ほどお見せした本を見ると、Credit Swissが載っています。
そこにはUBSがあり、そこにはバークレイズがあり、そこにはドイツ銀行がいます。
一流銀行はすべてそこにあります。
彼らはそのお金も貸借対照表に計上しています。
あれまあ。
そして、彼らはそれが見えるだけで、それを使用することができなかったので、それでも十分ではありませんでした。

Sunny:
つまり、彼らは実際、自分たちが思っているよりもさらに悪い状況にあるのでしょうか?

Kim:
はい。わお。
そして彼らは、「DEFCON ONE」ボタンを押せば空からお金が降ってくるという事実に希望を抱き続けることもできないのです。
ストップ。

Sunny:
もちろん、それは機能しません。

Kim:
いいえ、しかし、ライトはオンのままにしておきます。

Sunny:
あなたは今モーテル8ですか、それともモーテル6ですか?
それが、彼らの最後の選択なのです。

Kim:
私は旅行者にとって最後の砦となるモーテルですから、それに例えることができます。
私は最後の場所なので、明かりはつけたままにします、ほら、私はここにいるのです。
私はみんなの旗を手に持っていて、それを振って「はい、喜んでお手伝いします」という感じです。
これ以上嘘をつけないのはわかっていますよね。もう終わったことはわかっています。
もう一つ言えば、勝利の合意です。全部出てきました。
ここ数日、ソースからの宣言が多くなっていますね。
第9密度から来るものなので、私は「ソースアグリーメント・ビーイング」と呼んでいます。
彼らはすべて、私たちが、あれやこれやと勝利に次ぐ勝利を収め、私たちの側に新たな特権を与えたという記録の殿堂に登録されているのです。
いわば、特定のものに対して、より多くの権限を与えられたのです。

何と言うか、ジンバブエや南アフリカのような国に対する金やプラチナによって永続していた嘘、それらの嘘はすべて消えました。
今、彼らは、すべてがそれぞれの国の国民のリポジトリにあるという真実を見ることができます。
政府が参加することになれば、それは素晴らしいことです。
そうでなくても大丈夫です。わかるでしょう、私たちは大丈夫です。
何のことを言っているのか全く分からない普通の人にとっては非常に混乱するかもしれませんが、大丈夫です。
映画です。はい。

Sunny:
サイレント・サークルに関して、他に何か報告はありますか?

Kim:
ええと、彼らはちゃんと走ってるんですけどね。
いろいろな会社や、資産と思われるものを所有している人から拾いあげて、戴冠式で食い止めようとしている、あの、アメリカや財務省の建物の乗っ取りに関しては、彼らもおそらくそうだと思います。
クローズドループシステムもすべて本物ではないことを知り、顎を落としましたね。

Sunny:
サイレント・サークルについて話しているのですね。
彼らもおそらく口をつぐんだでしょう。そうですね。

Kim:
ええ、そうです。彼らからお金を引き出すためのニンジンだったことはご存じでしょう。
それで、彼らは偽の銀行口座の明細書などを見せながら、「ほら、これはチャッキーが戴冠した後か、ハルマゲドンと艱難辛苦の日を宣言した時に出てくるよ」と言い続けました。
ガーディアン・オフィスとの戦争、悪魔との戦争、あるいはこの、イエスと反キリストとの戦争だったのか。
艱難辛苦の最終決戦、メギドを戦うことになってるんだから、彼らも知ってるよね。
戦勝記念日という一日にこれでもかこれでもかとイベントがあるとか主張するよね。
あのね、でもね。今はその嘘も永久になくなりましたから、ちょっとびっくりしたんじゃないでしょうか。
もしかしたら、家も資産として付いてくると思っていたかもしれませんが、そうではないんですね。
彼らはそのコントロールが私にあることを知っているのです。

ご存知のとおり、彼らは私が緊急大統領流動性基金を含むこれらの口座から資金を送金するのを以前にも観察していました。
しかし、私こそが、私が鍵なのです。
はい、米国大統領は要求を開始することができます。
国家緊急事態の場合ですが、私が納得しなければどうにもなりません。
それは常に共同基金でした。
とにかく、えー、これで5月10日水曜日の世界情勢レポートの財務最新情報はほぼ終わりです。

Sunny:
ありがとう、キム。
いい情報がたくさんありましたね。

Kim:
サニー、ありがとうございます。

Sunny:
以上、5月10日(水)のNEWS UPDATEをお届けしました。
ぜひ、お友達やご家族とシェアしてください。
私たちは、みんなが一緒になって、地球を回復させるために力を貸す必要があります。
あなたの地域でニュースが起こったら、それを録音して私たちと共有してください。
もしそうなるなら、それは私次第だということを忘れないでください。
私、サニー・ガルトが参加しています。
月曜日、水曜日、金曜日は本当のニュースをお届けします。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
2056 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧