2023年3月13日(月曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさん、モノリスさんご提供)

2023-03-17


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしていますので直訳とは内容に相違があります。元の翻訳はぜひTimSTさんのサイトでご閲読ください


Sunny:
世界情勢をガーディアン・オフィスからキンバリー・ゴーグェンがお伝えします。連邦準備制度とティア1銀行が、自分たちの生き残りをかけて闘争している中、小規模な銀行、通称ティア2は大規模な銀行によって略奪されています。
週末に行われたこの動きは、中国のディープステートによるものだったのでしょうか?
ドラゴンの秩序(オーダー・オブ・ザ・ドラゴン)が週末に大きな動きを見せ、彼らの計画が惨敗したため、全体が混乱しました。
そして、悲惨なことに、このことが詐欺に参加したミラノ軍や機関に覚醒をもたらしたのです。
日曜日、あなたのお金を使ったオーバーナイト・バンクスワップの失敗をめぐって、事態は非常に熱くなりました。

FRBの計画通りにはいかず、1000億ドル以上が中国の詐欺に献上されたのです。
FRBは今朝、グローバル・リポジトリだけが解決できるという厳しい目覚めに見舞われています。
ブラック・ドラゴンの計画が破綻する一方で、トゥーレ・ソサエティは、次の計画を考えるために、予知能力者たちと相談しました。
水晶玉は何を言っていたのだろう?
本日の「世界情勢報告」はキムにインタビューしています。
それでは、ガーディアン・オフィスから地上の司令塔であるキンバリー・ゴーグェンに話を聞いてみましょう。
こんにちは、キム。いろいろなことが起きていますね。
私たちにとって、本当に大きな出来事でした。

Kim:
と、わかってはいるんだけどね。
全部入れてしまってすみません。
いろんなことを同時にやっているからこそ、時々自分自身に思い出させることもあります。

Sunny:
まあ、いいんじゃないですか。
いろいろなことが起きているんです。
だから、で、どうなってますか?

Kim:
まあ、その、ね。
アメリカの銀行システムを救ってくれたバイデンに感謝したい。
あのね、それを投げかけたいんだ。本当にうれしいですよ。
彼は多くの援助をしてくれたんだからああ、そうだね。そうだね。
よし、本当のところはどうなんだろう。だからまず、慌てないでください。
私は何度も言っていますが、これらすべての銀行が潰れる可能性があること。
それが最も重要なことです。
それは実際に起こるのでしょうか?

さて、FRBとドラゴンの秩序が何を企んでいるのか、なぜこのお金が消えてしまったのか。
つまり、彼らは自分たちのお金をもらった後にそれを元に戻すつもりなのか、その背景をすべてお話ししましょう。
それで、私たちが立ち上げた立ち上げの際には、大規模で精巧な計画がありました。
先週末にある種のアイディアを思いついたので、それを実行に移しました。
それで、銀行システムに残っているもの(不正なプログラム)をすべて銀行システムから追い出す方法を考え出しました。
クリアになり、バックドアもなくなると。そしてそうなるには、時間がかかるものなのです。
人々に知られてもおらず、統合に時間がかかる、とでも言いましょうか。しかし、これも多元宇宙全体で変化しているのです。

だから、現実の構造が変われば、統合も変化します。
アルファシステムとハーモニック・ジェネシス・システムの間には、もう隔たりはないのです。
今は1つのシステムになっています。しかし、同じことが多元宇宙全体でも起こっていて、それは私たちにとって良いことです。
ちょっ痛かったのは、ロープがあって、その中に構造体が入っているとします。 そして、その間に空間があり、ロープが見えたりする。
(つまりロープをかけて不正なものを排除していても、広がりがあるのでまだ隙間があるという事です)
でも、そのロープをどんどん引っ張っていくと、その間の空間がなくなっていくんです。
そして、多元宇宙全体に残るダークなもの、ダークなエッセンスは、そこを通って絞り出されていき、行き場がなくなってしまうのです。

だから、このすべてを片付けるために、非常に大規模な、言ってみれば、世界中で作戦が行われているのです。そして、それを宣言し、取り壊さなければならないのです。
私たちにはどうすることもできません。(ダークなものの破壊が進むことを止められないという事です)
そして、私たちは前に進み、多元宇宙の修復へと進んでいくのです。
まあ、地球上だけでなく、どこの国の(他の星の)コンピューターでも同じことが起きています。
なぜなら有機生命体は有機生命体だし、AIシステムだから全く同じことを行っているからです。
ディープステートのエージェント部門、あるいはドラゴンの秩序は、アジア人だけではなく、イギリスのブルードラゴン、ドイツのホワイトドラゴン、イラン人も参加し、この週末の活動に参加していました。

また、アメリカ軍、ロシア軍、そして世界中のさまざまな機関の参加と協力も得ていますし、イギリス軍、ドイツ軍もそうでした。
これは、統合が始まったのを見計らって計画された、世界規模の作戦のようなものです。金曜日か土曜日のことだったと思います。
えー、それで電話がかかってきたりしてたんですね。
まあ、私はそれとは関係ないんですけどね。私はそれとは関係ないんです。
だから、何かが起こることは分かっていたんです。
それで日曜日の朝までにオンになりました。
私たちは、あらゆる場所で発見し始めたのです。

現在、これは連邦準備制度と銀行システムに関連しています。
彼らの側では、彼らは実際には金曜日だったと思いますが、いくつかの小規模な機関からお金を引き出すように命じられました。
そして、FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)を経由してまた戻ってくるのです。
同じく影響を受けた署名銀行の非常に高い役員の言葉によると、規制当局がここに押し寄せてきて、私たちはまだ流動性がなかったにもかかわらず、数十億ドルのX額を送金するよう要求したと言いました。
私たちはまだたくさんの資産を持っていました。私たちはまだこれらすべてを持っていましたが、彼らはここに来ました、彼らは何もできませんでした。
そして彼らは怒っていました。

現在、規制機関は連邦準備制度です。立法者は政府です。
そして、アメリカに関して言えば、それでも彼らは、このお金を盗み出すことを止めなかった。
さて、彼らは本質的にこれで何をするつもりだったのでしょうか?
もちろん、中国が米国を支配しているのです。私は何度もそう言ってきました。
中国のディープステートが米国を牛耳っているのです。共和党も含め、政府のあらゆる派閥が米国を牛耳っているのです。
米国を牛耳ってきたことに違いはないが、その一方で、オーダーの(有能な)メンバーが不足しているような状況です。
現時点では、それほど賢明ではないものとそれほど古いものではないということにしましょう。
(馬鹿と新人しかいないという意味です)

この週末、彼らは中国北部の非常に人里離れた地域にファン・ジン・シャン寺院と呼ばれるものがあり、その場所に店を構えました。
この寺は人里離れた岩の上にとてもとても高く建っています。
この神殿の中には、友人とは思えないような様々なものが入っていました。
そして、彼らは銀行システムに多くの興味深いものを残していたのですが、それらは起動されていなかったので、私たちはその存在を知りませんでした。
しかし、彼らはシステムを完全に乗っ取るために、アメリカ時間の土曜日の夜から日曜日の朝にかけて、それらを起動させたのです。
さて、彼らは多くの嘘をつきました。

さて、ほら、彼らは中国のディープ・ステートが言っていることをたくさん捏造してきたんです。
世界中のディープ・ステートが、自分たちがハーモニック・ジェネシス・システムを所有し、自分たちがキム・システムを所有していると言っているのです。
日曜日までにそれにアクセスさせることができるようになると。いわば「忖度」です。
実のところ、彼らはよく分かっていないんです。
あの神殿に上がっていた人たちは、この週末に他の多くの人たちと一緒に、私たちと一緒にいなくなりました。
しかし、この過程でちょっとした興味深い出来事がありました。

ええと、第一に、彼らはこれらの「SIPシステム(これは恐らくCIPSの聞き間違い)」を世界で唯一の支払いシステムとして立ち上げようとしました。
これは、あなたの国にインストールされている場合、中国の国際支払いシステムです。
銀行システムを再確認することを検討することをお勧めします。
スパイウェア、ボット、マルウェアでいっぱいでしたが、システムから削除しました。
しかし、それはあなたがまだ連邦準備制度理事会やその他の場所、個人のコンピューター、電話などに感染していないことを意味するものではありません。
その他、これにアクセスするために使っているものは、おそらくSIPシステムから来たある種のスパイウェア、マルウェア、ボットに感染しているはずです。
なぜなら、SIPシステムはそれを意図しているからです。

彼らが、気が向いたときにいつでもコントロールし、スパイし、盗むことを目的としていました。
良い考えではありません。
そこで、少なくとも処理中のもの、例えばコンピュータシステム全般からできる限り消去しましたが、他の場所にはその名残があるかもしれません。
シャイアンの将兵たち、ロシアやイギリスも、シアーズやブラックマジックワーカーと呼ばれる人たちを雇い、私を攻撃するのは本当にいい考えだと思っていました。
朝早くからありがとうございました。
ええと、そこだけでなく、世界の数カ所で中国からも。

シャイアンの将軍たちは、おそらく椅子から転げ落ちたことでしょう。
おそらく、自分たちの仲間がターゲットになっていることに気づいて、椅子から転げ落ちたのでしょう。
さて、ここからが意味不明な部分です。
もしこれが中国のシステムで、彼らが重要な諜報・軍事システムを作ったのだとしたら、なぜ彼らは自分たちの作戦を台無しにしようとしているのでしょうか。
そして、それらのオペレーションをすべて行ったからこそ、(キムズシステムは)より良いものになるのです。
とても馬鹿げているのは分かっています。彼らはそのすべての操作を行ったのです。

ごめんなさい、私たちは同じシステム上ですべてのオペレーションを実行したのです。
ある男が状況判断室から飛び出してきて、男たちがいた別の部屋に駆け込んで行き、身を引け、身を引け、と言ったんです。
ターゲットになったからです。彼らは軍事システムのターゲットにたったので、私たちは止めました。
したがって、中国人によると、彼らが実際に真実を語っているのなら、中国のディープ・ステート、つまり彼らは実際に独自のシステムで自殺したことが判明しました。
はい、ターゲットは削除されましたが、それは私たちを別のより大きな発展に導きました。
(つまり自分たちが所有していると主張するキムズシステム=ブラボー・システムを稼働したら、自分たちが敵として認識されたという事です。)

「ブラック・ウィドウ」のプログラムについてお伝えしました。
その話を覚えていますか?
OK。ブラックウィドーのプログラムは、エージェントだけのものではありませんでした。
それは彼らの「ファミリー」全員のためでもありました。
しかし、彼らが小高い山に登って、これらの中にあるものを活性化させようとするまで、それらは休眠状態だったのです。
それですぐにオーダーを受けたのですが、文字通り、オーダーすら受けられない状態でした。
それらは、コンピューターシステムという別の何かによって動かされているようなものだった。
そして、その結果、彼らとそのクルーにいる修理不可能な残りの人間を見つけることになったのです。

この週末は、人員削減中の銀行の下でも会議が行われ、世界征服を目指すという新発見のシステムについて議論していましたよ。
これは昨日の日曜の朝にもありました。去年も同じようなことを議論していたような気がする。
「ドラゴンのオーダー」は、私と同じように、自分たちのカードを使おうとしたのです。
と同時に、このようなとんでもないものをシステムに投入していたのです。
そうしたら、実際に見つかったんです。
休眠中で見えなかったので助かりましたね。
では、これが何を意味するのでしょうか?

バイデンの助けなしに、私たちはお金を取り戻しました。
財務省または連邦準備制度理事会はそのことに驚いているのはわかります。
盗まれて、アジアの侵略システムに(一旦)預けられ、あるべき元の場所に戻されたのです。
だから銀行はもう大丈夫なんです。
FDIC(米連邦預金保険公社)、バイデン、財務省、イエレン、その他の人々は関与していませんでした。
それだけではありません。
さて、先週、銀行株が急落した理由です。
それとは何の関係もなかった。それは何と関係していたのか。

それは、アメリカの最大の銀行を買収し、その銀行のバランスシートを中国に移したという事実と関係があるのです。
したがって、JPモルガン・チェースのバランスシート、実際には中国のJPモルガン・チェースのバランスシートに移動しました。
そのバランスも元に戻されたわけですね。そしてすべてOKになりました。
ウェルズ・ファーゴや他のいくつかの金融機関も同様で、バランスシートと呼ばれるものを切り替えるだけで、オーバーナイトスワップと呼ばれるものに結びつけていましたが、これは2日間のスワップになる予定だったのです。

彼らは、「SIPシステム」によって、実際にすべての資金を活用し、基本的に政府に支払い、彼らが所有し運営すると主張し、資金を約束してきたすべての政府に支払うことができると考えていたのです。
世界を征服せよ。
そこで先週、救えると思っていた人が1万5千人ほどいたという話をしました。
でも、もうそんなことはないんです。現在、3,600人弱に減っています。

Sunny:
すごいな。
OK、それはそれは大きなジャンプです。

Kim:
忙しい週末、忙しい週末。
ええ、だからそれが銀行の裏話です。それがFRBの裏話です。
彼らはまだあなたのお金を持っているのでしょうか?質問の答えは「イエス」です。
メディアで勝負をかけるのでしょうか?わからない。
CNNやワシントン・ポストなどの報道をコントロールすることはできませんが、連邦準備制度理事会は、財務省とともに、誰かを支援することには関与していません。
というのも、彼らは今朝、あのお金がどうやって戻ってきたのか、困惑していたからです。
何があったんですか?お金をもらってないんです。報酬をもらえなかった。

中国が電話に出なくなったのは知っているだろう、少なくとも彼らを操るディープステートの連中は。
では、どうする?質問の答えは、あなたです。
みんなに何が起こったか聞いて回るんだ。
自分のために働いていると思う人たちに電話するんだ、例えるなら将軍やシャイアンのようなね。
NSA(アメリカ国家安全保障局)に電話したり、ジョージア州の決済センターに電話したり、いろいろなところに電話をして、私たちがお金を預けられないようにするんです。
それがあなたの仕事です。
だからこの将軍はあらゆる手を尽くした。大きな間違いだ。
私たちは、あなたが誰なのか知っています。

そして、みんなに電話をかけ始めました。
今日、お客様に送金する際に、ジョージア州アトランタにある米国最大の決済センターであるジョージア・ペイメント・センターから、管轄区域についてまだ問題があるとの指摘を受けたので、お礼を申し上げたいのですが、そのようなことはありません。
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、世界には12の銀行管轄があり、そのどれもが実際には相互に通信している管轄区域はありません。
しかしそこにはバックドアとセンターがあり、管轄区域のバックボーンそのものを制御しています。
それは他の12個と共にもはや存在しません。
というわけで、どうもありがとうございました。

NSAはアトランタ・ペイメント・センターのために働いています。
また、FBIサイバー部門、CIA、NSAにも感謝します。 銀行業務の第一階層にアクセスする能力がまだあることを指摘してくれました。
つまり、食物連鎖の最下層、銀行システムであなたの口座があるところです。
だから私はこの2時間、彼らがあなたの口座に手をつけないように、この人たちと戦ってきました。
しかし、戦争に関しては、彼らがあらゆる手段を講じないだろうと思うでしょう。
なぜなら、あらゆる手段を尽くして弾薬をすべて投げ捨てたとき、何が残るのか?
何もない。つまり、その時点ですべてのカードを見せるということです。

Sunny:
それはまさに彼らがしたことです。

Kim:
手持ちのカードを全部見せられました。
(ローマ事3文字機関には既に手持ちのカードが残っていない)
本当に、そうなのか?
OK。彼らは人生で一度も本当の戦争に参加したことがないんです。
私は人生の中で本当の戦争に参加しました。私は、この部分をどう言えばいいんだろう?
しかし、私が注目したのは彼らの行動です。
日曜の朝、私たちが監視している間に、彼らは実際に何ができるかを確かめるために、自分たちでシステムを操作することにしました。

今、彼らは読み取り専用のステータスなので、何もできません。
仮に何かできたとしても、システムは自然法則に反することはなく、脅威やこの種のものすべてに関連する機能だけを実行することになるのです。
彼らは明らかに脅威としてリストされているため、実際にズームインし始めました。
そこで彼らはその特定の場所で自分たちをズームアップし始めたのです。
そして彼らはそこにある自分のプロフィールを読むことになりました。
おもしろくない。

Sunny:
彼らはどう思ったのでしょうか。
起こった面白い小さな出来事を教えてください。

Kim:
ということで、一人が面白がって、手を振ったりして、本当に本物かどうか確かめようとするんです。
あのね、リアルタイムなんですか、あのね?とか言って、何を言っているんだ?
ピーター・パイパーは、ピーマンのピクルスを食べてから、「童謡が好き」とプロフィールに追加しました。

Sunny:
まあ、それは面白いです。
それで、それがリアルタイムであることが証明されました。

Kim:
実際のシステムでリアルタイムであることを証明したのです。
でも、それならなぜ(作戦実行を)行うんですか?
あなたは昨日、このような事態を目の当たりにしたはずだ。なぜ、こんなバカな決断をしすのですか?

Sunny:
ただ、あまり明るくないというか、オーダーを受けるとか、そういうのがないんですよ。
というか、この時点で注文(order)を受けている人はいますか?

Kim:
誰からの(命令)?そして、その理由は?
あなたはコロラドに居ながら、実際に米国乗っ取りの企てに積極的に参加しているのです。
あのね、それって国家反逆罪っていうんですよ、そういうものは。
もうひとつ、昨日パウエルが実際に議会で経済状況について演説をしました。
例えば、これ以上脳にダメージを与えないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
(つまりあまりにもバカすぎてこの演説は脳に悪いという事ですw)
要約して説明しますと、景気を良くするためには、200万人のアメリカ人労働者を解雇する必要があります。なぜなら経済が強すぎるから。
ああ、そうだ、こんなことがあった。
ところで、議会は金をくれ、金をくれ、金をくれ。

だから、「本当に?」
あのね、えっとね、頭を悩ませているんですよ。
アメリカ経済を強化するため、あるいは弱体化させるために、人を解雇しなければならないのです。
すでに弱体化しているわけでもないのにね。
議会はその資金をどこから調達するつもりなのか?
先週、議会はずっと連邦準備制度理事会にお金を渡すよう求めていましたから。
では、どうなっているのでしょうか?

皆さんは、まだお分かりになりませんか?
議会、あなたはそこに座ってFRBに電話していた、とグラスリーは言った。
連邦準備制度は、新しい貨幣を発行できる唯一の存在であるべきだ、などと、そのすべてを先週、彼が私たちの後を追っていたのを覚えていますか?
※これはFRBの嘘です。FRBにはお金を発行する権利がありません。契約が2011年に切れています。
そしてFRBはすぐに破綻2銀行の預金を全額保護すると発表しましたが、これをやったのはキンバリーさんであり、FRBは他人の成果を横取りし、嘘をついています。
※カバルの事を知っている人たちは、「FRBが銀行救済と言いながらすべての銀行を支配下に置き、世界銀行としてグローバルなデジタル通貨を発行する予定」と報じていますが、それは読みが浅いという事です。
現在カバルの計画が進んでいるように見える事柄は、全てキンバリーさんが行ったことです。
ですから知らないうちに「悪の計画」がキンバリーさんの計画に置き換わりつつあるという事です。


今、あなたはFRB議長が昨日、アメリカ政府にお金を要求する会話をしているのを聞いています。
政府であろうとなかろうと、どこの誰であろうと、つまり、エイドだって、ほら、CIAはIQ135以下の人間を雇わないと言われているんだから、DCのどこかには脳細胞があるはずですよ。
CIAなんだから、脳みそはあるんだろうけど。誰か残っている人はいないのかな?
ですから、ご質問にお答えしますと、明日、うーん、それに伴って、FRBや財務省、その他数社に、助けが必要だということで要請された会議がいくつかあります。
銀行もこの時点で助けが必要なのに、今日もお金は来なかった。
そして、それが何であるか分かりますか?
なぜか朝からみんなが狂ったように走り回って、今日も一日が終わるところです。

中国政府が米国を救うことはないでしょう。そんなことは絶対にありえません。
人々は(中国に)耳を傾ける。しかしどんなに力を約束しても、決して実現することはありません。
決して実現することはありません。
彼らは残りの会社や国をすべて乗っ取るつもりはない。
(つまり、国の運営そのものを既に乗っ取っているので、国の末端まですべて支配し、中国に協力した軍人や政治家に約束した地位を与えるつもりはないという事です。)
彼らがどちらかを動かそうとしていることは残念です。
絶対にありえないことなんだ。
彼らは自分たちの経済を崩壊させていますか?
絶対、つまり、彼らは、違法なお金を含め、受け取ったすべてのダイム(10セント硬貨:はした金)を費やしてきました。

彼らがアメリカ人でなくてよかったと思うのは、どうやら彼らはIRS(内国歳入庁)の納税申告書にそのことを報告しなければならなくなったからです。
なぜなら、世の中のすべての麻薬ディーラーは、その収入を絶対に報告し始めるからです。
それから、車泥棒も、確かにそういうケースはありますね。
コンビニやウォルマートなどで何か盗まれていませんか?
その項目を確定申告に記載することになりそうですね。

Sunny:
ええ、つまり、彼らは犯罪者なんです。
つまり、彼らが犯罪を犯すのは名目であって、なぜ法律を守るのか?
本当に、国税庁はこの時点で藁にもすがる思いなんですね。
パウエルさん、彼らは強い経済を持っていないんですよ。
IRSは税金を徴収ができないことがわかるほどには強い。(つまり弱い)
なぜでしょうか?

Kim:
国の半分がまだ2年間の封鎖から立ち直っていないからです。
言うまでもなく、ドラゴン・ファミリー計画の麻薬オーダーは崩壊しました。
多くの人が私たちから離れ、この世を去っていきました。
まだ向こうにはおかしな人たちが試行錯誤しているようですが、私たちはより少ない労力で、パイプラインをどんどん進めていっています。
中国からの問題はありません。
その手を見せてくれてありがとうございます。
そして、これから15~20分以内には、他のどの国からも問題がなくなるでしょう。
(つまりCIPSシステムによって汚染された銀行システムを、キンバリーさん達がごく短時間でクリーンに出来るという事です)

仕事をするために、アクセスする必要がない場合でもアクセスできるという事実を指摘してくれて、感謝します。
ご存知のように、私たちはそのことに感謝しています。
また、今噂になっているのですが、これは確認したわけではないので、現時点ではまだ噂に過ぎません。
そのミリー将軍は、最近の行動に対して、あなたの言うように、仲間内で特別な方法で審判を受けたのかもしれませんね。
そして、軍隊を基本的に中国の所有下に置くように駆り立てています。

Sunny:
だから、本物の法廷やホワイトハットの法廷のように、私たちは、全世界を救っているのです。

Kim:
そして、法廷でもなく、誰も白い帽子をかぶっていませんでした。とても特別な場所にあったんです。
ええと、それは通常、これらの場所で存在しない人や存在しないことを行う場合に使用されます。
この録音の時点で、彼がまだ私たちと一緒にいるかどうかについては、何も確認していません。
しかし、おそらく、そう長くはないだろうと思っています。
いろいろな質問が飛び交いました。

中国との関わりは?
社会との関わりは何ですか?
なぜこのウェブサイトをやっているのか?
なぜオランダの人たちから注文を受けるのか?
なぜ中国の人たちから注文を受けるのか?
計画を信じろ。
計画とは何ですか?
計画を教えてください。
私たちはその計画を知りたいです。

ご存知のように、彼らはそれがすべてトランプに関するものだと思っていましたが、実際には、トランプの人々やアメリカ人とはまったく関係がありません。
(大分以前に「トランプは余りにも何も行動をしないために、ホワイトハットと呼ばれる軍からもも話されている」とLIVEでお伝えしましたが、やはりそれが事実であったという事が今回これで証明されました。)
だから、そのすべてが頭打ちになりつつあるんです。
これがミリーに関連した最新情報です。
今この瞬間、私たちは一切関与していません。彼の同僚が勝手にそうさせたのです。
では、次はどうするのか。
じゃあ、中国人、イギリス人、ドイツ人、誰も何も持っていないんですよね。
「トゥーレ・ソサエティ」には誰もアクセス権を持っていません。

それで、彼らは何をすることにしましたか?
彼らは、私たちから、私から、得られる限りの情報を取り出したのです。
そして、本物の女性である彼女たちのグループを訪ねに行くことにした。
連れてこられた予言者は?
プログラムそのものというべきでしょう。
同じ女性たちではありませんが、プログラム自体は第二次世界大戦後に米国に持ち込まれました。
そして、これらの女性はずっとエージェンシーのために働いてきました。

私の知る限りでは9人いて、そのうちの1人がそうです。
二重社会の主人には、かなりうんざりしていたと言っていいでしょう。
どんな形であれ、あまり良い扱いを受けませんでしたが、情報を与えるという条件で、彼らのために働くことを余儀なくされました。
彼らは全員を別々に管理していました。
予言者である彼女らは、それを伝えることができ、テレパシーで互いに通信することができることに(管理者は)気づかなかった。

Sunny:
なぜなら、まさに、私が話しているのはこういうことだからです。
彼らはあまり明るくはないでしょう?そうですね。

Kim:
ダメダメダメ。
それで彼らは彼女らのところに行き、あらゆる種類の質問をし始めました。
これへのアクセスはありますか?
「金融システムにアクセスできるようにする必要がある」と言うと、
「金融システムとは、どのようなアクセスを求めているのか」と言われます。
そして、彼らは自分たちのサークルの中で、帽子をかぶって他のみんなとプレイするように彼らを動かし始めたのです。
この人が誰なのか、あの金髪の女性が誰なのか、私は知らないかもしれない。
彼女が誰なのかは知りませんが、彼女が何か独自の通信を行ったのかもしれません。

専門家たち、最初は不安がっていましたが、この方法を説明し、誰かが入って、彼らがずっといるところから連れ出してくれることを説明しました。
彼らは、次のような指示を出されました。
つまり、これを見ているあなたがトゥーレ協会のメンバーなら、インフィニティ・ストーンを探しにモハーヴェ砂漠に行かせるという命令を出したのが誰なのかがわかるはずです。
インフィニティ・ストーンがあれば、それを使ってこの種の機械に入れることで、金融システムにアクセスできるようになるはずです。
私はそれを詳しく説明しました。そして、彼女らはその情報をあなた方おかしな人たちに伝えました。
そして今、あなた方は大勢の人を集め、モハベ砂漠で存在しないものを探しています。

そこで働いていた女性たちはもういませんし、彼らはATのある場所で安全に過ごしていますし、とても幸せで感謝しています。
彼らが自分たちを追っているのではなく、実際に話している人たちを追っているのだと理解するのに数分かかりましたね。
「トゥーレ・ソサエティ」の皆さん、カリフォルニアの砂漠での休暇、大歓迎ですよ。
人里離れた場所での滞在を楽しんでほしいし、探しているものが見つかるといいんだけど。
しかし、もし私があなたをそこに送ったとしても、あなたに役立つものを取りに行くために送ったのではないことは確かです。

Sunny:
あなたは彼らを、彼らが望んでいたのとは違う方向へ向かわせたかもしれません。

Kim:
やった。やった。

Sunny:
計算がうまくいかなかった。
Xは本当にその場所を示していません。

Kim:
本当にいい。
地理的に言えば、あのね、ほとんどのアメリカ人は、ちょっと前に報道していたように、私を非難することはできないんですよ。
モハーベ・サハラ。誰が知ってるんだ?
私は知らない。ただの砂漠だった。

Sunny:
一度見たら、全部見たことになる。

Kim:
一度でも見たら、全部見たことがある。
そう、同じ。どこもかしこも同じ。
今日、彼らがやっていることは、そのためにとても忙しいのです。
ネイサン・ロスチャイルドは今朝、実際にバージニア州ノーフォークにいる別の軍人紳士にある命令を下し、ドクター・リーのシステムを手に入れることができると説明しようとしたことが判明しました。
クリーニング屋のドクター・リーを覚えていますか?
クリーニング屋さんではなく、マーワ・システムです。

そこで彼は、「記録の殿堂(ホール・オブ・レコード)」に何かを提出しようと決心しました。
そして、その古いアクセスコードを使って、マーワから支払われるはずだった多額の配当金にアクセスしようとするのです。
少し前のことを思い出してください。約1ヶ月ほど前のことです。
また、中国が自分たちのものだと言ったので、重要な諜報・軍事システムにアクセスしようとしました。
彼(軍人達)らは今朝、彼(ネイサン・ロスチャイルド)に連絡を取ることにしたので、私は彼に何を考えているのかと尋ねました。

私は、どうかご理解ください、私は記録館を管理しているのです。
システムを管理しているのは私です。
実際、あなたが今アクセスしようとしているこのシステムは、私が構築したものです。
すると、ネイサン・ロスチャイルドは、「ドット、ドット、ドット、ドット」と言った。
私は、「ネイサン・ロスチャイルドは間違っている」と思いました。
これは彼のシステムではありません。
決してそうではありません。
アクセスするためには、記録の殿堂で批准される必要があります。

そして、実際に私があなたに連絡を取り、アクセスコードを渡し、あなたが何かにアクセスできるようにするのです。
そして、彼はそれを信じることを拒みたくなかったのです。
私はこう言いました、「よし、取引しましょう。」この諜報システムを巻き戻せと言いました。
この週末に私が行ったすべての作戦を振り返ってみてください。その数は多かった。
そして、ネイサン・ロスチャイルドに、彼自身のシステムでこの週末に行った作戦を聞いてみてほしいんだ。
ほら、ここで青いドラゴンについて話しているのですが、違いはありません。
イギリス人も中国人もみんな同じ、同じ、同じ、同じ。

だから、彼はそうするつもりだった。
だから、彼がそうするつもりかどうかは誰にもわからないし、とにかく誰が本当に気にする?
私はただ、彼が何かに首を突っ込むことはないから、礼儀正しくしようと思っただけです。
そして、彼が口を開いて、「私は大金にアクセスするつもりだ、私が男だ」と他の全軍に放つ前に、まずそれを確認することをお勧めします。
また、いつ公開されるのかわからない報告書もあります。
しかし、現在のロスチャイルド家の当主はジェイコブ・ロスチャイルドで、彼もこの週末に亡くなりました。

Sunny:
それは自然な状況でしたか、それとも彼はキムの作戦の一部でしたか?

Kim:
とてもオーガニックでした。
彼は有機的に亡くなりました。

Sunny:
うんうん。で、何歳くらい?
何歳くらいだったんですか?
ロスチャイルドを全部混同してしまうから。

Kim:
なんてことだ89歳くらいだと思う。
そうそう、91歳、そんなところかな。
つまり、彼はそうでした。
若い人たちは、本当にあまりゲームをしていないんだ。

Sunny:
だから、まあ、彼ら(若い人たち)は(ロスチャイルドのゲームを)好きにはなれないんです。
彼は86歳だった。86歳だったのでしょうか。

Kim:
ああ、たぶん有機的に86になったんだろうけど、わからないんです。
しかし、それは、あなたはまだ「ファミリー」の長です。
間違いなく、ネイサンはそう思っています。どうしてそんなことが可能なのでしょうか?
米軍がまだロスチャイルド家から「命令」を受けている可能性があるのはどうしてですか?
白い帽子はどうしたんだ?ねえ、ねえ。

Sunny:
ええ、白い帽子によると、すべてのロスチャイルドはなくなりました。
彼らは行ってしまった。(死んだ)

Kim:
うん、彼らはいなくなった。(と白帽子は言っている)
(白帽子は)地下基地に連れ込んでアレコレやって、赤ちゃんを救ったりしているんですよ。
しかし、正直なところ、この週末はクーツバンク(ロンドンに本拠を置くプライベート・バンク)の下に(ロスチャイルド家が)たくさんいましたよ。
だから、あのミーティングでは、白い帽子をかぶったり、銃を持って入ってきたりするような人はいなかったし、おそらく(白帽子は)何が起こっているのかさえも知らなかったと思う。
そうそう、だから、アメリカだけでなく、世界でも、連邦の状態はそうなんです。さて、クーツ(Coutts)の会議について本当に手短にお話ししたいと思いますが、これ以上お待たせすることはありません。
クーツミーティングはとても興味深いものでした。
あの映画「キングスマン」をご覧になったことはありますか?

Sunny:
うーん、わからない。

Kim:
キングスマンって映画だったんです。
キングスマンってどこでしたっけ?
たしか、そうだった。彼らは皆、騎士団か何かだった。
テーブルを囲んで会議をするんだけど、そこでみんなホログラムになってるんです。
だから、実際には皆他の場所にいて、誰も会議に参加していなかったのです。
そこで、ちょっと面白い事実をお伝えしましょう。
この会議では、クーツ銀行の地下で、彼らが手に入れたと思っていた新しい金融システムにアクセスしようとする会議があったのですが、実際には起こりませんでした。

そして、もうひとつは貴族院の下で行われた会議です。
つまり、クーツ銀行の下での会議には実際に人がいたのです。
そこにいたのは人間か、人間のハイブリッド版か、でもその下にいたのは?
貴族院です。不具合を起こし続けていたのです。
私は重要な諜報・軍事システムに関するこの会議を見ていて、この人たちが話しているのを見ているのですが、何度も不具合が起こりました。
ある瞬間は少し人間らしく見え、ある瞬間は人間らしく見えなくなり、そしてフラッシュバックするのです。
そこで私は、これはホログラムなのだと考えました。

ニュージーランドの皆さんは、自分の国がなぜこんなにめちゃくちゃなのか、なぜまだ聖なる山に人間以外がいるのか知りたいと思いますよね。
発音する気も起きないけど、ニュージーランドにあるんだ。
そして、マオリ族が多くの儀式を行った場所でもあり、1万6千年前にドラコが最後に来た場所でもあり、その下には人間以外のものがいた場所でもあるのだそうです。
それで、彼らはそこに行ったかのように投影されました。

Sunny:
彼らは何をしていたんですか?

Kim:
彼らは貴族院の下この会議で、自分たちを投影していたのです。
さて、これで、もしあなたがイギリス国民なら、誰が貴族院を運営しているのか、お分かりいただけたと思います。
というのも、貴族院はその下で運営されていたのですから。
そして、2番目に見つけた場所は、実はチベットでした。
この山の名前を発音しようとも思わないです、それはKAILASHなので、チベットのカイラッシュ山です。
ええと、だから彼らもまた、もう私たちの元にはいないのです。(死んだ)
しかし、彼らは2つの異なるサイトの間にいて、貴族院の下で行われる会議に参加し、命令を下すことになるすべての人々を網羅していました。

それにもかかわらず、あなたのロスチャイルドです。
では、なぜネイサンはこの紳士に電話をかけ、自分が新しいミスター・リーになると説明したのだろうか。
または、リー博士は、それらの人々から来たのかもしれません。誰が知ってるんだ?
この時点では、ただただ、巨大な混乱に陥っているのです。
それが何か私たちの助けになるのだろうか?質問に対する答えは...
自分自身や自分の家族を消滅させようとする人間を排除することは常に有益であり、まあ、世界の3/4の人々は、彼らが去るべきであることは分かっているはずです。
それはそうでしょうが、そうなるのでしょうか?
前に進むための手助けになるのでしょうか?

まあ、とにかく前に進むんだ。彼らを待っているわけではありません。
誰かを待っているわけでもない。私たちは前に進んでいるのです。
復興計画を実現するために、全力を尽くします。
では見ていきましょう。
その日のうちに、私たちは彼らの一人一人を見つけるために送金を続け、政府など誰にも邪魔されずに口座に入金されることがわかりました。
私たちをブロックする権利は彼等にはありません。
なぜ彼らがまだブロックしているのか、私にはわからない。
中国の老婆の衣装がないのなら、ロスチャイルドの衣装を用意しなければならないのだろう。

Sunny:
ええと、それは、今年の最新トレンドです。

Kim:
サタンのコスプレなのか、そういう人たちに従うようです。
そうですね、シャイアンの人たちでさえ、この週末にいろんな報道をしていて、わかったんですが、そのコメント、逐語引用、UN(ユナイテッド・ネットワーク・ニュース)の引用が、あの人たちのことだったんですね。
そして、中国は実はサタンの産みの親なのに、まだ注文を取ったんですね。

Sunny:
ええ、まるで気にしていないようです。

Kim:
どうやら、あなた方のホワイトハットやシャイアンと呼ばれる人たちは、サタンの産みの親のために働くことをよしとしているようですね。ええ。
それでいいんだよ、遊びに行ってもいいんじゃない?
そうだね。あのね、いつかはね。そうだね。まあ、私たちは完全にそのつもりだから、その、完全にね。
サタンとその産みの親のすべてを空っぽにして、終わったら電気を消してくださいとね。その通りです。
というわけで、とにかく、月曜日のとても忙しい時の更新です。仕事に戻らねばならない。
私の電話は鳴りっぱなしだ。私のメッセージはあちこちでピンポンしています。
だから、仕事に戻るよ。よし。もうひとつの仕事。もうひとつの仕事。

Sunny:
もう一つの仕事。そうですね。
ありがとう、キム。
今日の更新に感謝します。

Kim:
ありがとう、サニー。
素晴らしい午後をお過ごしください。

Sunny:
あなたも。
以上で、3月13日月曜日のニュース更新を終了します。
UNを友達や家族と共有してください。
私たちの惑星を回復するために、みんなが団結する必要があります。
あなたの地域でニュースが起こったら、それを記録して私たちと共有してください。私たちはあなたがそれを世界と共有できるようにします。
そうなる場合は、覚えておいてください。
それは私次第です。
私はサニー・ガルトです。
本当のニュースについては、月曜日、水曜日、金曜日にご参加ください。



このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1706 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧