2023年3月15日(水曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさん、モノリスさんご提供)

2023-03-17


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしていますので直訳とは内容に相違があります。元の翻訳はぜひTimSTさんのサイトでご閲読ください


Sunny:
では、ガーディアン・オフィスからキンバリー・ゴーグェンが世界情勢をお伝えします。
1970年代、世界の銀行システムをつなぐ光ケーブルが世界中に張り巡らされ、やがてCIAの手によってインターネットが誕生しました。
CIAも気づかない、もっと邪悪な計画があったのか?
今日のパン強盗におけるブラックロックの役割は何なのか?
彼らは国民のお金を盗む方法を見つけたのだろうか?
彼らはそのお金を使って世界を我が物にしようと考えているのだろうか?
詐欺の裏側、このほかにも、本日の世界情勢レポートを、彼女にインタビューしています。
では、地上司令部の様子をお伝えします。
ガーディアン・オフィスからキンバリー・ゴーグェンです。
こんにちは、キム。調子はどう?

Kim:
私はここにいるここにいるそれが今日の私の気持ちです。
私は成功した。少なくともこの部分においては。
まだカメラには映ってないかもしれないけど、私は成功しました。

Sunny:
かなり忙しいと思います。わかります。

Kim:
朝からとてもとても忙しかったんです。
そんなわけで、世の中にはいろいろなことが起こっていますが、今回は過去の出来事、あるいは数日前に起こった出来事についてお話しましょう。
さて、私たちは皆、光ファイバーケーブルについて知っています。光ケーブルは、世界中のあらゆる電子機器をつないでいます。
1970年代後半に敷設された当初は、ポート・トゥ・ポートの銀行システムを構築するためのものでした。
つまり、アクセスするためには、光ファイバーシステムのポートに直接接続する必要があったのです。
(俗にいうピア・ツー・ピアのもっと原始的─というか一番安全─な繋ぎ方です。直接自サーバーと相手サーバーを繋ぐので、ハッキングされません)

例えば、他の銀行と通信するのです。しかし、ポート・トゥ・ポート・システムは、ティアワン銀行にはまだ存在しています。
だから時代遅れなんだけど、こういう風に地中海の下を通したのには理由があります。
ヨーロッパでは、世界中の光ファイバーケーブルの主要な接続箱(junction box)として使われていました。
このボックスはここで作られたものではなく、彼らが作ったものでもない。
ただ、これを設置することで、世界中のデータを監視するためのコントロールとパワーが得られると言われたのです。
(つまり、折角1対1で繋いでいたものを「利便性」の為にジャンクションであちこち繋がるようにしたために、その中継点を支配すれば何でも出来てしまうという事です)

また、インターネットを遮断する例として、キル・スイッチを遮断することも可能でした。
10日間の暗闇の中で、インターネットを遮断するのです。(でました白帽子イベントw)
VTN(仮想テナントネットワーク)または主要な統合メディア・システムの出現により、接続にこれらの光ファイバー・ケーブルは必要なくなりました。
しかし、ギリシャのアテネにあるアクロポリスの下にコマンドセンターを見つけたのは私たちにとって始まりだったので、それは本当に、本当に興味深いものでした。
コロッセオのような外観で、メサの上に建てられています。小さな台地の上にあるようです。
そこに巨大なオペレーションセンターがありました。コンピューターと人間に問題を引き起こしていたのです。
2週間ほど前に、私たちが好きなガスストーブを廃止するという話をしたのを覚えていますか?

Sunny:
ええ、それはバイデンのことでしたよね?
彼らはそれを取り除こうとはしませんでした。

Kim:
つまり、彼らが知ってか知らずか、これはすべて壮大な計画の一部なのです。
この箱はアブラクシスから贈られたもので、人間の殺害スイッチが入っているんです。
そして、この箱の意図は、すべての人間をこの箱に接続することでした。
私たちの多くが、日々、光ファイバーケーブルを通じて送られてくるデータを利用していることを想像してみてください。
家電製品、スマート家電をWi-Fiに接続し、ストーブも接続されていることでしょう。
この箱の中にはパラサイト(寄生虫)など面白いものがたくさん入っています。ああ、そうですね。
それは主流になっていたかもしれない。

文字通り全人類の主要なキルスイッチとなったのです。
しかし、だからこそ、彼らはあなたの世界のすべてを統合しようとしたのです。
もし、あなたが料理をしているときに、その材料を食べ物に入れることができたらと想像してください。
電気ストーブを持っている人もいると思うので、怖がらせるつもりはありませんが、そこは地球上のすべての光ファイバーケーブルをつなぐ、全世界の主要なハブ接続箱(hub junction box)だったんですね。
さらに、フランスのパリのルーブル美術館の地下やベルリンにも、いくつかのサブサイトがありました。
そこには国防総省のサイトがあり、黒い太陽の騎士団(オーダー・オブ・ザ・ブラック・サン)もあった。
また、金融システムだけでなく、すべてのコンピュータシステムを監視するために黒い太陽の騎士団に使用されることもあります。

また、ロシアのサラトフにもあったそうです。
そして、これら3つの補助サイトと主要なジャンクション・ボックスはすべて今週終了し、完全にBTN(ブリュッセル関税命名法─Bank Track Networkかもしれません)に戻りました。
そのため、ハッキングがますます難しくなっています。
ああ、それはまた、彼らがその間に行っていたことの1つとして、昨日だったと思いますが、ドメインネームサーバー(DNS)を奪取していました。画面を更新すると、DNSエラーやDNS not foundなどと表示されることがありますよね。
これは、ドメイン名をホストしている世界中の主要なデータセンターが管理しているものです。
GoDaddy(有名なドメイン管理会社)のような会社は聞いたことがあると思います。
これはすべてグローバルなネットワークであり、あらゆる場所のすべてのコンピューターから地球上からあなたのアドレスを完全に削除するようなものです。

そうなると、メールや、アマゾンから送られてくる素敵な小包はどうやって手に入れるのでしょうか。
しかし、同じようなことをウェブサイトに対しても行うことができるのです。
そこで彼らは、銀行のウェブサイトをリダイレクトしようとしたのです。それが今回の主な目的でした。
そこで、DNSサーバーを複製し、彼らが設置したバックドアを新しいハーモニック・ジェネシスシステムにインストールし、(彼等の)クローズド・ループ・システムを乗っ取ったのです。
このような争いはどこから来るのでしょうか?
それが最大のポイントです。ケムトレイルについて語る人はたくさんいます。
銀行システムの問題についても話している。今の世の中で起こっているさまざまなことについて話す。
例えば、なぜワクチン会社はまだワクチンを作ることを許されているのでしょうか?

今、どこがトップなのか、そこから指示があった可能性が高いということを見なければなりませんね。
先週末は、中国の命令(order)で、あちこちでハッキングをさせようと、このような手の込んだ計画を立てたということでした。
青龍家(ブルードラゴンファミリー)は、ロスチャイルドが主体ですが、熊の家、バウアーファミリーもあり、他にも知っているような知らないような名前がたくさんありますが、一応例を挙げます。
世界的な詐欺に参加する中国人が足りなくなったようです。
それで、彼らは、引き継いだのです。彼らは、より賢く、より年上で、より賢明で、自分自身の心の中で推測し、昨日と今日、命令を出し始めたのだと思います。

さて、彼らが出した命令の1つです。
ロスチャイルド家がNSA(アメリカ国家安全保障局)に命じていたのは、地球上を駆け巡りあらゆる方法でコンピュータをハッキングするようにとのことです。
彼らは人生の選択を誤りましたね。彼らはそうでした。彼らはウィンザー城で拘束されていました。
ご存知のようにUK(イギリス)では、おそらくチャッキー(チャールズ国王)とうまく連携していると思います。
そして、彼らは人生の選択を誤りました。
ロスチャイルド家がこの世に存在しないとは言いませんが、そのような人たちは、現在の当主を含めて、もうこの世にいません。
そして、次に引き継いだのがネイサン・ロスチャイルドです。

繰り返しますが、もういません。
次に今日のお楽しみは、クマ一家です。
BAERは名前のスペルで、彼らも1、2時間前に人生の選択を誤ったようで、彼らももう私たちとは一緒にいません。
だから、ブルードラゴンのオーダーに、あるいは他の色のオーダーに、ちょっとだけメッセージを。
黒い太陽の秩序(オーダー・オブ・ザ・ブラック・サン)が特殊な電話機を持っていたように、彼らは独自の通信回線を持っていて、銀行や機関に自分たちのために何かをしてもらおうとしたのです。
特別回線に電話がかかってきたら、重要人物に違いない。その指示を仰ぐ必要がある。
彼らは世界で一番偉い人たちなんだ、そうでないことを除いてはね。

昨日のブルードラゴンのオーダーで、なんと小さなフープティードゥ(冗談のような事)が起こったのです。
彼らは昨夜、イスラエル時間の深夜に何かが起こると思っていました。
悪魔とかを想定していたんでしょうね。
アポカリプスのプログラムの続き、今日は3月のイデ(Ides15日)でもある。
借金の返済ということで、それを期待していたのかもしれません。
でも、ジャンクション・ボックスがなくなったこと、制御設備がすべて終了したことは、全員が認識しています。
その結果、今日のような事態になったのです。
そこで、聞いたことがあるような、ないような、あるソーシャルメディア関係者がいました。
彼の名前はチャーリー・ウォードです。
チャーリー・ウォードって聞いたことある?

Sunny:
知っています、はい。

Kim:
チャーリー・ウォードが実際にメッセージを出したんだ。昨日の夜だったと思います。
アメリカ人が目を覚ますと、銀行口座にお金がなくて、全部自分たちがやったと言うんだ。
私(チャーリー・ウォード)は皆さんに金や銀を買えと言い続けてきました。
さて、私(キンバリーさん)自身は銀行口座にお金がない状態で目覚めたわけではありませんし、そうなった人もほとんどいないでしょう。
ヨーロッパとアメリカのいくつかの機関では、わずかな変動があったかもしれませんが、実際には何も起きていません。
しかし、彼が誰のために働いているのかが気になりますね?
そうですね。どうだったのでしょう?

今朝までに、ブラックロックはジュニパーという会社から入手したAIシステムを起動することになっていて、そのシステムの名前は「ジュニパーミスAIシステム」でした。
彼はどうして知っていたのでしょうか?
翌朝、つまり今日の朝、お金がない状態で目覚めることになることを、1日前にどうやって皆に知らせたのだろう。
テレパシーではない?そんなことはないと思う。彼はそういうタイプには見えません。
でも、私はずっと彼がMI6であることを皆さんにお伝えしてきました。インタビューもしました。
彼は、あのインタビューで私が情報を引き出していることに気づかず、ちょっとバカにしたような顔をしていましたが、彼は絶対にMI6と仕事をしていますし、いつもそうです。

これは、彼が絶対に人脈とコネクションを持っていて、おそらく青龍家の誰かのために働いていることを示すものです。情報を得るなんて楽勝ですよ。
そこでブラックロックは、このちょっとした機械を手に入れたのです。
それは実際にはかなり洗練されたAIであり、数か月前に削除したAladdinシステムを置き換えるものであり、ジュニパーAIシステムがテキサス州ダラスのオフィスに持ち込まれました。
そして、その後に登場したのが、おそらく15カ国の軍隊で作られた、スクウェド(イカ)と呼ばれる超量子伝導マシン(量子コンピュータ)と呼ばれる高度な装置です。
これを旧センターに持ち込み、デフコン1(DEFCON─防衛準備態勢)になったときのアメリカのバックアップシステムとしていました。
そのシステムはもはや存在せず、かなり長い間存在していません。

そうですね、以前からアメリカ市民に迷惑をかけようとしていた問題があって、イカをそこに置いて、その2つをつなげようとしたんです。
そして、スタートしました。銀行システムから突然お金を吸い上げ始めました。
今日のような市場の下落の原因も彼らにあるのでしょうか?
アメリカでもヨーロッパでも、第二の類似型があった。この人たち、言ってませんでしたけど、2つ目のシステムが実際にイラクにあったという話をします。
グリーンゾーン、つまりバグダッドの米軍が占領している区画にあったんです。
そして彼らは、今度はバビロニアの遺跡の下でイカを飼っていました。

ふむふむ。この2つのサイトは、以前はオメガシステムとのつながりがあったのですが、そのつながりはもう存在しないのです。
しかし、今朝、ブラックホールやポータルのような、ハーモニック・ジェネシス・システムに関連する、まだ有効期限が切れていない契約のようなものを発見しました。
つまり、これらのシステムは、その接続部分から自らを挿入しているようなものだったのです。
オメガはもう存在しませんが、空中に浮かんでいて、その小さな穴からハーモニック・ジェネシス・システムに入り込むのです。
そのため、私たちに問題を起こしていました。
しかし、その問題は解決されました。もうそのような穴はありません。
私たちは今、再統合してすべてをきれいにしているところですが、これが実際に彼らが入り込んだ方法なのです。

質問に答えると、ちょっと待ってという感じなので、今、あなたの心の中にある質問だと思います。
ええ、そうです。だからブラックロックス計画なう。
彼らはどこから命令を受けたのだろうか?ロスチャイルドに始まり、今朝のベアに至るまで、その指令は続いています。
そして、彼らは、特別なブルードラゴン(Blue Dragon)から電話が来たという理由だけで来ていました。
だから、もともと持っていた計画だったのでしょう。
それは、世界の経済をクラッシュさせ、1ドルをペニーで買い戻すことでした。
誰かがシリコンバンクを1.5ドルで買ったという話がありますが、もしそうだとしても、それは銀行の流動性とは関係ないでしょう。

あれは脅しだったんでしょうね。
FRB(連邦準備制度理事会)は、銀行を脅かそうとして非常に良い仕事をしてきたようにです。
流動性がないとか、流動性のある現金をFRBに渡す必要があるとか言って、まだそうやって走り回っています。
70の銀行が破綻したという噂は、実際には起こっていません。
もう1つ暗号銀行があったと思うんですけど、潰れましたけど。しかし、それ以外のことは何も起こっていません。
ええと、彼らはおそらく暗号銀行を流出させようとしていると確信していますが、彼らは特別な回線を持っていないため、今朝の時点でも特別な回線で通信を行うことはありません。
そのため、他の誰かがカエル(froggy)になることを決めた場合に備えて、家には誰もいません。

ん?さて、彼らはこれからどこへ行くのだろう?
頭を上げようとしている別の色のドラゴンはいますか?
中国人はできることはすべてやったようなもので、今は老人の集まりです。
イングランド銀行の例では、ウィンザー城の後、今日、もう安全ではないと判断したのでしょう。
ですから、彼らが次にどこへ行くのか見ものです。彼らが何をするのか、見てみましょう。
しかし、今この瞬間の時点では、この48時間で、本当に大きな勝利がありましたので。
また、米国も把握しています。

米国国防総省が所有するサイロがたくさんあります。
そして、第二次世界大戦の頃に建てられたと思うのですが、廃墟のような状態になっています。
そこは、少なくともアメリカではケムトレイルの店がたくさんありました。
みんなまだ見てるんだね。それはわかるんだけどね。
今、どこから命令(order)が来ているのか、あなたも知っているはずです。
そして、このようなことが起こらないように、私たちは最善を尽くしているのです。
もはや、ブラックサンズの部分のオーダーとしては、選択肢もアイデアもなくなったので、ブルードラゴンを舵取りとする跳ね球(めちゃくちゃな方針)に沿うように進めています。
彼らは今、彼らに依存しています。

選ばれた人たちを引き抜いているのです。
選ばれし者、またはカナン人の血統を持つ者。ノーフォークなどに出没しています。
どうやってかわからないけどこの人たちはドアから入ってきてすぐにコンピューターに座って、自分たちの所有物のように、すべてを乗っ取ろうとするんです。
彼らは皆、ミスター・リー・マフワと同じコードを持っています。
みんな、ついさっきまでウェルズ・ファーゴにいたのに、青龍が電話してきて自分は特別だと言ったから、何かを手に入れたと思って座っているんだ。
軍に電話して、「あなたは特別な存在です」と言えば、うまくいくのにな、と思う。
あなたはイエス・キリストの子孫なんですよ。

あなたは選ばれし者であり、これを家に持ち帰ることができる人なんですよ。
あなたは、あなたが得ることができるので、それはうまくいくようです。
普通の普通の人に馬鹿げたことをさせることができるし、世界中のどの軍事基地にも足を踏み入れることができるからです。あなたは杖の血統だからです。
誰が知っていたんだろう、、、?うーん。
何でも記録の殿堂に登録できるんだ。
誰かの血筋になりたい人、アダムやイブの血筋になりたい人、何でもいいんです、記録の殿堂に登録しましょう。
そして、どんな軍事基地にも入っていくことができる。
サニー、行く準備はいい?

Sunny:
ノーサンキューですね。

Kim:
私が知っている人たちばかりです。
そして、申し訳ありませんが、誰もが望んでいるほど速くは進んでいませんが、進んでおり、非常に速く進んでいます。
この接続箱(ジャンクション・ボックス)は巨大なものでした。人類にとって大きな勝利でした。
本当に悪いことをたくさんしていたかもしれない。
そして、先ほども言ったように、これにケーブルを取り付けたCIAや他の人たちは、実はそれが事実であることを知らなかったとさえ思います。
想像通り、大きな網のようでした。
地球上の光ファイバーケーブルの地図を調べると、想像がつくと思いますが、どんなことができるのでしょう。

ご存知のように、あなたが持っているすべての電子機器、だから、電子機器との結びつきを強め、互いの結びつきを弱めるように動かしているのです。
連勝です。まだ水曜日なのに。ないんだけどね。今日も一日、よく頑張ったもんだ。
他にも良い変化が起きています。私たちの現実の構造がまとまりつつあります。
これらは小さな障害です。しかし、これらの地域にいる人々にとっては、周波数の乱れを引き起こすことになります。
今朝、テキサスにいる人やイラクにいる人は、彼らの時間である今日の午後、確かにエネルギーの乱れを感じたかもしれませんね。
他にも、同じような感覚を引き起こす可能性のあることがいくつかありました。

でも、大丈夫だと思うでしょ。
昨夜の私の時間はかなりクレイジーでした。
悪魔が現れなかったことに腹を立てているのか、何なのか。わからなくもない。
彼らは昨夜、「王冠が落ちた、王冠が落ちた」と言って狂ったように走り回っていたものです。
彼らは、ウィンザーの人々がもう私たちと一緒にいないことを発見したと思います。
そして、今朝は大きなパンティーを履いて、もう一回やってみようと思ったのです。
まだオプションがあるんですか?イエーイ。いやいや。それほどでもない。
1.50ドルだったと思うのですが、もっと銀行を買いたいと思いました。

Sunny:
うん、いい値段だね。

Kim:
彼らがやろうとしたことを非難することはできないね。
ああ、実際に規制当局を入れることもできるだろうし、そんなものがあるならFRBの執行部隊を送り込むこともできるでしょう。
書類上は存在しないが、どうやら存在するようだ。
そして、「あなたのものを全部持っていきたいんだけど」と言えばいいんだ。
それはおかしい、ええ、それはすべての上に起こっている。
つまり、これらの事業を運営するために、信じられないようなスイスの資金を投入しているのです。
あなたはボールを転がし続けます。
この時点で許容範囲はゼロに等しいので、これ以上長く存在することは考えられません。

つまり、ブラックロックやヴァンガードのことは、世界を支配していると、誰もが口を揃えて言うことなのです。
さて、ブラックロックとバンガード(Vanguard)は誰が所有しているのでしょうか?
今、彼らを動かしているのは誰なのか?今、彼らのハンドラーは誰なのか?
そして、それは変わる。誰でもいいんです。
このような大企業に配属された一人の人間というわけでもないのですから。
これが2年前、3年前なら、もう息も絶え絶えの黒い太陽の騎士団の将兵たちだと言うでしょう。
今日はね、昨日は中国、今日は青龍なんだよ。
あのね、ハンドラーが誰なのかわからないだけなんだよ。
ハンドラーをやめさせなければならない。

みんなが文句を言っているワクチンメーカーも同じことです。
私たちは、このプログラムに参加するかどうかは、少なくともほとんどの場合、皆さんの権利であり、皆さんの選択であることを理解しているつもりです。
そのワクチンを売るのに苦労していることは確かです。だから、他のワクチンを売ろうとしたり、年齢を下げたりしているのです。
メルク社はHPVワクチンの接種年齢を引き下げ、COVIDワクチンが売れなかった分の損失を取り戻そうとしていますが、実は(売れない事は)人類にとってポジティブなことなのです。
ブーストされた人、ブーストされた人、ブーストされた人がいますよね。
しかし、ほとんどの場合、これまでずっと健康であった人たちが、見たこともないようなことを体験しているのです。

ご存知のように、彼らは癌にかかったことがありません。
彼らは人生で病気になったことは一度もありません。
彼らの免疫システムは完璧でした。
そして、彼らは60代か70代かもしれませんが、突然、ある種の癌にかかったのですよね?
いいえ、私は彼らが2つと2つを組み合わせていないことは知っています。
私はこれらの人々に改めて説明することができます。
mRNAとワクチンは実際にはあなたの免疫システムを攻撃するように設計されています。
また、病気にかかりやすくもなります。
もし、以前から体内に前駆物質があった場合、これはそれをそのまま引き出すことになるのです。

例えば、癌の染色体である1P染色体を持っていた場合、それが始まるのです。
その染色体をはっきりさせれば、まだ存在しなかった体にガンができる。
SARSとかもそうかもしれませんね。全部同じなんです。
何ヶ月か前の放送の様子ですが、私がニュースを伝えたら、今日のことを話しているように聞こえたと思います。
ロシアでの問題や、ロシア人と、ほら、赤いロシア人と白いロシア人の戦い、そしてH1N1を乗り越えたばかりという話でしたね。
戦時中、H1N1ウイルスが大流行しました。

多くの人が死亡し、誰もが「ああ、これは去年の報告だ」と思ったでしょう。
しかし、これは1917年に起こったことなのです。歴史は繰り返されるのです、これらも同じことです。
ワクチン会社をご存知でしょうか。
免疫システムを修正する方法はあるのでしょうか?
質問に対する初期段階での回答は「はい出来ます」です。
松の部分のようなもの、エプソムソルトを大量に摂取すること、お風呂に入ること、マグネシウムを摂取すること、体内から洗い流すこと。
そうすれば、勝手に散っていって、止まってくれるでしょう。

だから、何ヶ月かに一度、ブーストが必要なのです。
でもね、世の中にはたくさんの健康法があるんですよ。
オンライン・ヒーリング・センターには、プロトコルがあります。
もし、あなたがそれを飲んで、今は飲んでいない、後悔している、体調が悪くなってきたとしたら、どうしたらいいのでしょう。
免疫力を高めるものがたくさんあるんです。
自分のために、自分が大丈夫なようにするんですよ。
彼らはこの地球上を歩き回り、好きな国、好きな銀行システム、好きな会社で、あなたのために好きなことをしてきたのです。何千年もね。

私たちは、ほんの数年でそれを成し遂げたのだから、かなり良いことをしていると思う。
悪いことをしているわけではありません。つまり、私たちにはまだ問題があります。
私たちはまだ苦労しているんだ。
あのね、私はワクチンを理解している。すぐにはなくならないということを理解してください。
効果やリスクについて人々を教育し、真実を伝えることが重要なんです。
他では検閲されるかもしれないが、ここでは検閲されることはない。私たちは、このことについて話してきました。
ヘルス&ウェルネス・コンソーシアムでも、そのような話をしました。
選択肢はあるのです。

一度(ワクチンを)やったからといって、冷たくされるようなことはないのです。
だから、友人や家族を教育してあげてください。選択肢について教えてあげてください。
もしもの時にどうすればいいかを教えてあげてください。
私たちなら、きっと乗り越えられると思う。私たちは臨機応変に対応できる。お互いに、そして自分自身にも、少しは信頼が必要なんだ。
私たちがここまで生き延びてきたことを知っているのか。
そして、もっとひどいことになっていたかもしれません。
入っていたかもしれませんね。つまり、私たちはそうなっていたでしょう。
マジで。その時点で奴隷。

Sunny:
他の時間軸にあったものもありますよね。

Kim:
知ってるああ、知ってる。
それでね、実はね、実はね、夢に出てきたんですよ、サニー。

Sunny:
2日前の夜もそうでしたね。

Kim:
それを夢と呼ぶかどうかはわかりませんが。
それはビジョンというより、「ユニバーサルカウンシル」の中にある「それは中にある」でした。
9人のグループがすべての投票を司るようなもので、そのようなことはコミュニケーションのようなものです。
それから、一人の女性、ラリーだと思いますが、彼女はコメンテーターみたいなものです。
彼女は、皆を連れてくる役割を担っています。
女はみんなを連れてきて、それについて話し合うためにここにいるのです。
彼女が私を迎えに来て、彼女は言った、私たちがあなたを尊敬している理由をお見せします。
そして私は「はい。」と言いました。

いろいろなところに連れて行ってくれました。
それから暗くなって、ひどいことになりました。そして、こんなのがあったんです。
知っているんです。私は動けなくなった。そこには、人間とは思えないような生き物がいたんです。
なんだか爬虫類のような見た目でした。鎖につながれた人たちを、無理やり働かせていたんです。
そして、「しあなたが良いリトルバッテリーやこれらのものを持っていなかったら、あなた方は今頃死んでいただろう」と言われました。
ひどい話です。それで、私はいろいろな場所に行ったんです。
人間の奴隷ばかりではありませんでした。様々な種類のものがありました。

そのうちのいくつかは、起きてしまったことであり、今はその後始末ができるようになったのだと感じました。
他の場所(別のタイムライン)では、起こったかもしれないことだと感じ、そしてここで起こったかもしれないことを見せてくれたのです。
そして、それはとてもひどいものでした。
まず、人間はそれほど多く残っていませんでしたし、残っていたのは、その奴隷の人たちでした。
つまり、アメリカの奴隷制の時代を思い出せば、今の世界でも奴隷制は続いているんです。
そのような奴隷(かつてのアメリカ)とは違います。つまり、拷問みたいなものです。
私たち奴隷はほとんど、世界中の快適な家やアパートやフラットに住み、仕事を持ち、食べ物を食べているんですからね。

そして、恐ろしかった。世界はほとんど空っぽでした。
実際に生き残った人たちのグループがいくつかありました。
そして、あなたと私、サニー嬢と二人で行きましたね。
湖のほとりにある分譲地だったんですが、私たちのような家とは違っていましたね。
もっとモダンな感じの家だったんです。
私はあなたと一緒に歩いていたのですが、あなたは「私の故郷を紹介しましょう」と言いました。
そして、私は「OK」と答え、ニュースの最後に素敵な話をしました。
あなたは巨大なホワイトハウスを持っていましたが、ホワイトハウスには見えませんでした。
あなたの背丈はもっと高かったはずです。
そして、あなたのもう一つのそれ(世界)は素敵でした。
※Sunnyさんもエレナダナーンさんのように、別の世界から地球を助けるために生まれ変わってきています。

Sunny:
今生でもそうしてもらえるとありがたい。

Kim:
もっと背が高いとか。大きな人のために作られたような。
私たちはそれを見ていて、あなたは周りを見渡していました。
そうだ、あそこから来たんだ、と。
私はてっきり、あなたの故郷はどこですか、みたいな話をされるのかと思った。でも違った。
たくさんの家があったんだ。全部暗かった。みんな空っぽだった。
そして、それがとても興味深いと思ったんです。
私は「いいえ」、あなたは「はい」、私はそこに住んでいました。

もう戻れないんだ。もう後戻りはできないのです。
しかし、あなたは評議会から聞いた、ここで起こりうることについての話を繰り返したんです。
あなたが言ったように、それは他のタイムラインでも存在したのです。
そうですね、私たちがうまくいかなかったところ(タイムライン)ですね。

Sunny:
夢。それは、そのタイムラインの1つにいて、それが起らない事がわかったので、終了しなければならないという夢ではありませんでした。
そして私は、私の魂は、私の精神は、私はそこ(その分譲地)から出なければならなかった。
そうそう、それは驚かない。今はね。
あの家が気になるんだけどね。うん、まあね。

Kim:
そうでしたね。つまり、巨大だったんです。
天井がこうなっていて50フィートの高さがあります。
サニーの以前のタイムラインでは、本当に背が高かったんだろうなと思います。

Sunny:
どれだけのタイムラインが良かったのかと思わされます。
何回このプロセスを繰り返したんだろう、と思います。

Kim:
私自身、何度もやっていることですが。

Sunny:
でも、私もそうなんでしょうね。

Kim:
ええ、数人の人間を逃がすわけにはいきません。
ご存知のように壮大な計画で、物事を台無しにする。
今、私たち(の社会)は行き過ぎました。ご存知のように、宇宙は行き過ぎています。
他の人たちは、新しいハーモニック・ジェネシス・システムをとても喜んで、興奮して、気に入っている。
みんなそれを手に入れた。私たちは、これを実現するために、みんなで力を合わせているんです。
だから、このビジョンの最後に出てきた評議会は、私にこう言ったんだ、「あなたは必要な助けをすべて得ることができる」とね。
地球上でこれを終わらせること。
ここで起きていることは、あらゆる場所で他のみんなに影響を及ぼしているからです。

それらです。私はそれらを確信していないとさえ言うつもりです。
人々はどこまでも人間です。
彼らは、もしかしたら感染者やハイブリッドのようなものがいるかもしれません。
でも、壁に文字が書いてある(不吉な前兆が明らかという意味です)のに進み続けるなんて、ね?
彼らが銀行システムを崩壊させたいと思っていることは理解しています。
彼らが私にそう言ったのは2013年でした。
我々は、銀行を破壊する、金融システムを破壊する、そう彼らが言ったのです。
我々は金融システムを破壊し、全世界を1ドル1セントで全世界を買い取る。
引用、国連からの引用です。

そして、彼らはそれを試してみると思いますが、私たちの目標はご存知の通りです。
できる限りきっちり封印して、前に進むんです。
ご存知のように、私たちが見つけている小さなものはあちこちにありますが、私たち全員を殺すようなものはたくさん見つかりません。
今回発見した箱は、本当に良い発見だった。1日遅かったかどうかはわからないが、それが情報というものでしょう。
ソースはそういうものなのか、それともいつも問題を起こす直前に解決するのか。
ファイバーを敷設した人たちは、それを知っていたのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。
逃げ場はない、これを食べれば体にいい、この箱を設置すれば、全世界のあらゆるものを監視できる機能と利便性を手に入れることができるのだ。

それは素晴らしいことだと思いませんか?
でも、その一方で、あなたたちを殺している。
うん、恐ろしい。
私は願います。残された人類に伝える方法があればいいのですが多元宇宙には誰もいないのです。
下っ端だろうがなんだろうが、存在した時点で、あなたを尊敬したことはないし、あなたのことを気にかけたこともない。
彼らはあなたのことをよく笑っていた。つまり、ロスチャイルド家についてのマルデュークのコメントを覚えているんだ。
彼らは笑っていた。嘘を言っては笑い、おかしなことをさせ、それを面白いと思っていた。

エンターテイメントなんだ。あなたたちは「奴隷の主人」だったのです。昔はそう呼ばれていた。
彼らはただの奴隷の頭だったんだ。それだけ。
彼らはあなたを尊敬していない。
あなたがこの世界を破壊しても、彼らはあなたを救うことも、別の世界であなたを王にすることも期待できません。
ありえない、ありえない。誰も気にしてない。
彼らは、全宇宙を闇に葬るという自分たちの課題を進めようとしていたのだ。
あなたは彼らと何の関係もないことを知っている。あなたは特別な存在ではありません。
あなたはパンツを履くものでもない。
私たちと同じだ。すべてが血を流し、すべてが死ぬ。
そして私を信じてください、私は人間ではないものをたくさん見てきました。

人間よりも知能が高く、人間よりも邪悪で、ここ数年の間に何百万、何千万、何億と死んでいったのです。
悪魔の文明全体が滅び、あなたは基本的に下位アストラルの7、8番目と呼んでいます。
この人たちが何者でもないことは、この時点でわかっているはずです。
知っているはずです。基本的には許可を得ています。
彼らのことになると、彼らが集団意識に波紋を引き起こしているからです。
痛みを止めるために、いわば水の中の泥を止めるために。
だから、私たちはそれを続けていくのです。
私たちはその許可を得ています。
まあ、家に帰してあげてください。(ソースに帰すつまり死ぬことです)

Sunny:
あのね?
私のチケット。

Kim:
そうだね。あのね、片道切符なんだ。
片道切符かそうだあそこはそんなに悪くはない素晴らしいよ。

Sunny:
選択肢が広がった少なくとも、リサイクルされることはない。
(通常は悪人が死んでもまた悪人として生まれ変わりますが、キンバリーさんが言うソースに帰すは、魂ごと分解されて別の魂の原料となるので、悪人が生まれ変わってきません)

Kim:
マイケルズ(大天使ミカエル)、あなたは私たちの(世界を)を本当に(良いものに)作りに行くことはないんですね、わかります。
(つまりまだ世界は完全なる「善」の世界にはなっていないので、大天使の協力は無く、キンバリーさん達が頑張るという事です。なぜなら大天使は悪人を「殺す」ようなことはしないからです。)
その通り。しかし、彼らにとっては、それはまだ苦しいのでしょう。
以上、水曜日の世界情勢報告でした。

Sunny:
ありがとう、キム。感謝します。

Kim:
ありがとう。

Sunny:
以上で、3月15日水曜日のNEWS UPDATEを終わります。
UNを友達や家族と共有してください。
私たちは皆が団結し、美しい地球を取り戻す手助けをする必要があります。
あなたの地域でニュースが起こったら、それを記録して私たちと共有してください。私たちがあなたを助け、世界と共有できるようにします。
覚えておいてください、もしそうなるなら、それは私次第です。
サニー・ガルトです。
本当のニュースについては、月曜日、水曜日、金曜日にご参加ください。



このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
2545 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧