2023年2月3日(金曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさん、モノリスさんご提供)

2023-02-05


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしていますので直訳とは内容に相違があります。元の翻訳はぜひTimSTさんのサイトでご閲読ください


Sunny:
月曜日にガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンと共に世界情勢の報告です、GOLDは上から批准されました。
それが世界にとって何を意味するのかを調べてください。
皆さん、光の時代へようこそ。
これはすべての始まりにすぎません。
今日の世界情勢の報告についてキムに確認します。
さて、お待たせしました。彼女です。

Kim:
OK。ただいま。
サニーさん、お元気ですか?

Sunny:
いい感じです。あなたは?
(水曜日に報告がお休みだったので)舞台裏では忙しかっただろうと思うし、
あなたが休暇を取ったとは言えないだろうけど。


Kim:
休暇はありませんでしたね。でもまあまあでしたよ。
月曜日からみんなに何か話したくてたまらなかったんだけど、その前にいくつか取り上げたいことがあるんです。
でも、本当に楽しみですね。
さて、ロシアはというと、スターリングラードの戦いのことを話していました。さて、スターリングラードの戦いにどうやって勝ったか知っていますか?わかりませんよね。
彼らがやったことは、ナチへの供給ラインを全部断ち切ってしまったんです。
彼らは基本的に身動き取れない状態に追いやったのです。

当時は弾薬も食料もなく、何もなかった。ロシア(ソ連)はナチを餓死させ、そうやってスターリングラードの戦いに勝利したのです。
しかし、彼らが今ロシアに対してしていることは興味深いことではありませんか?
NATOがウクライナ経由で入ってくる。
北極やアラスカの話もありますし、制裁とかで飢えさせようとしてるじゃないですか。
これは、これは、まさに彼らがやっていることです。彼らは今、自分たちのゲームでロシアを打ち負かそうとしているんです。

ナチス、白人貴族。そして彼らは今日もまた別のゲームをしています。
白人の気高さを愛でる。白人でないなら、正しくない。あの人たち、あの人たちはナチ党の創設者なんです。
彼らは白竜の白騎士団です。
彼らはオーストリアとドイツを拠点としています。
CNNをご覧ください。CNNのクリップだと思う。うーん、なんだろう。これ全部フォックスコン(FOXニュース)ですね。
すみません、今ニュースで流れているのは全部この話です。どのチャンネルでも

ジリアン(女性アナウンサー):
ご覧ください。
米国本土の上空を飛行中の気球について、記者団は、米国政府はこの監視気球が中華人民共和国によって送られたものであると非常に高い信頼性を持っていると付け加えました。

国防省(男性):
バルーンは現在、商業航空便のはるか上空を飛行しており、軍事的・物理的な脅威を与えるものではありません。
このような気球の活動は、過去数年にわたり観測されています。
バルーンが発見されると、米国政府は機密情報の収集を防ぐために直ちに行動を起こしました。

ジリアン(女性アナウンサー):
軍は昨日、F22戦闘機を緊急発進させ、マウント州ビリングス空港を閉鎖し、水曜日に地上待機を命じました。
その間、大統領は国家安全保障チームから、バイデン大統領が中国のスパイ気球を撃墜するよう命じた場合のブリーフィングを受けた。
大統領に説明した人の中には、アメリカ北方軍とNORADの責任者であるグレン・ヴァン・ハーク将軍がおり、彼と他の軍の責任者は、落下するがれきによる地上での危険性を理由に気球を撃墜しないよう勧告しました。
そして、監視気球は、既存の低軌道衛星から得られる以上の情報を中国政府に提供するものではないという評価を下しました。

バイデン大統領は今日、ホワイトハウスでこの気球について質問されたが、その質問を無視しました。
国防省の高官であるジリアン氏は、過去の政権時代を含め、近年、外国政府が米国上空に気球で以来するのは今回が初めてではないと述べた。
しかし、今回異なるのは、その滞空時間の長さだ。この気球は非常に大きいので、パイロットが見たという報告もあります。

総合司会(女性アナウンサー):
今晩はペンタゴンのジリアン・ジェニファー・グリフィンからお送りしました。ありがとうございました。

Kim:
LACK(欠乏)、ルシファー、アルケミストのコードカーネル。
あらら、そうなんですか、愉快なことではありませんか。

Sunny:
驚きませんよね?

Kim:
で、この話って何でしょう?この話をしなければなりません。
なぜなら今どこにでもある話だからです。
これは中国の気球ではありません。
これは中国の気球ではありません。まったく違います。
小さな動画があるでしょ?すごくかわいいんですよ。
風船からアメリカを守るために、戦闘機が飛んでいるという事実を出しています。

OK。では飛行パターンを見てみましょう。
あれを持ち出すといいですね。

これ戦闘機じゃないんです。3機飛行してます。
ストラトタンカーを呼び出したんですか?それは何ですか?
通常は空中で燃料を補給するために使用します。空中給油機です。
飛行パターンが円形になっているのがわかりますね。これは2時間前のものです。
飛行パターンはモンタナのグレーシャー・パークと呼ばれる地域を周回しています。

そこで、DARPAに登録されているaaaバルーンが出てきます。
NSAもNASAも、みんな使っているんですよ。あれはアメリカの気球です。
誰(中国や他のどこの国)のものでもないのです。どうしてそう思うのか?私がなぜそれを知っているのか、お話ししましょう。
これらの3つのタンカー(空中給油機)は現在、ラドンガスを満載しています。
実行中のバルーンのオペレーションに結びついています。
この特定の操作には複数の理由があります。理由は1つだけではありません。

思想社会と白龍会は、彼らが非常に長い間持っていた特別な気球を使用するというアイデアを思いつきました。
過去に3つの機関が使用したバルーンと、前回言ったように今まで通りの作戦を遂行するためのミーティングを開始することを彼らは決めました。それに使用されているんです。
そこで、彼らは政権を取り戻すために何ができるかをじっくりと話し合いました。
そして、こんなことを思いついたのです。
冗談じゃないんです。

Sunny:
バルーン

Kim:
そう。バルーンです。
ただの気球ではありません、監視用です。
ええと、そして3機の飛行機がぐるぐるぐるぐる回っています。
これを主要メディアのニュースチャンネルで見ると、戦闘機が気球を追いかけているのが見えます。
我々はアメリカ人を保護するつもりです。
軍だけがそれをすることができます。

したがって、これはウィンウィンです。
(軍は正義の味方でアメリカ人を守っている─全くの嘘─という面目が立ち、共和党も戒厳令中にうまく政権を交代し権力を取り戻せる)
彼らがバイデンを解任しようとするか、その死んだ男をどうするかを考え出し、彼をマッカーシーに置き換えようとするディープステートのために、軍隊と戒厳令を宣言します。
彼らは、3月21日に再び戒厳令を発布できるかどうかを判断します。
どこかに辿り着くと。その答えは絶対にありえません。

そして、これには多くの理由があります。
あなたはコントロールできません。
コントロールを取り戻すことはできません。
あなたを助けてくれる気球はありません。
この作戦のポイントは彼らがポータルの周りでラドンガスを使用し、実際に太陽のコロナに穴を開けようとしていたことです。
それはかつて存在していたグレイシャー国立公園と結びついており、悪魔と言えましょう。
それは悪魔のポータルでした。

かつてそこに存在していたのは暗黒の下部アストラル ポータルであり、かつてそこにあったSP基地と一緒に、彼らは気球でこれを行うことができないかと考えました。
すみません、笑わないようにやっているんです。(私─AK─は何時もニュースで笑っていますがw)
私は本当にそうです。つまり、この演習を行った理由は、2つあります。

1つ目は、私たちを助けるためにエイリアンの種族が必要です。
彼女は彼女を助けるエイリアンの種族を持っています。
私を助ける宇宙人種族はどこにいるんだ?
それが1番です。

2つ目は、昔は太陽と月と地球のマトリックスと呼ばれる別のマトリックスがあり、それは太陽の周りを回っていた理論上のISISの結び目と呼ばれていました。
これは上部のループであり、明らかに他のいくつかの惑星にも結び付けられ、その後、当時はヘレナボックスと見なされていた地球の中心に直接入り込んでいました。
別の言葉で言うと、それは多元宇宙のダークサイドへの渦であり、もはやそこにもありません。
だから、何かは出てきたかもしれませんが、それは彼らの期待するものではなかったでしょうし、私はもっと助けてもらっていたかもしれません。
とはいえ、中国の気球についてこれ以上耳にすることはないと思います。

ああ、明日来てください。
そして、それらの飛行機はおそらく今はもうないでしょう。
万が一に備えて、太陽のコロナに穴をあけるようなことはさせないようにしました。
彼らは出来ると思っていましたが、それはマトリックスではありませんでした。
また、有機生命体に影響を与えるものは、無機生命体にも影響を与えます。だから、私たちはそれを見たのです。
そのため、そのマトリックスに関連付けられたレベル8の閉ループ・システムであり、それももう存在しないため、システムですぐに確認できました。

またもや失敗した作戦ですが、その領域で彼らが愛するものを、彼らのお気に入りのニュースチャンネル全てで大衆のために作り出しているのです。
というわけで、今日は下っ端の人たちがバンバン仕事してくれて、おめでとうございます。
これで全世界があなたのしたことを知ることになり、私たちはそのような作戦を解体しました。
したがって、現時点では許可されていません。
だから、現時点では許可されないといえば、許されないという事です。

私たちが長い間戦ってきた戦争について話しましょう。
創造主の目標は、光と闇のバランスを作成することでした。
私たちはあまりにも悪や闇に染まりすぎて、多元宇宙を蝕み始めていたのです。
闇の戦争を戦う最後の場所は、この地球上にいる私たちです。
彼らは完璧なバランスを取り戻す機会を次々と与えられてきました。
私たちは彼らに 50,50 の分割を提案しました。
私たちは、3つのグループに対して、3分の1、3分の1、3分の1を提供しました。
私たちは、ほら、1ドルを米国に、1ドルをあなたにと言ったのです。それがバランスです。
(1/3はGIAが国の整備に使う、1/3はカバルにあげる、1/3は個人の取り分)
オメガがまだ存在していた頃は、そうあるべきだったのです。

その後、昨年の4月24日に再び光のタイムラインを迎えました。
1008年間は光があり、1008年間は闇があるはずなのに、彼らはそれを拒み続けました。
私たち(カバル)は、一人で行くんだ。私たちは進み続けるんだって。
私たちは進み続けるんだ、私たちは進み続けるんだ。わかる?
そして、それは私にとって疲れることでした。
私は認めなければなりません。つまり、本当に君たちはまだ行くのか?
何もないくせにお金もないのに。

ロシアのスターリングラードの戦いで学びましたよね。
私は、あなた達の事をあらゆる角度から観察しています。
あなた達は何も持っていない。私は待っていたんです。
だからあなたに1ドル、私に1ドルと払う必要はなかったのです。
私たちは終わったんだ 私たちは終わったんだ。私たちはもうプレーできないんだ。
と、月曜日に彼らが言った事に私はとても興奮しています。
月曜日のことを知らない人は、言語によって解釈が異なるので、全員とは言いませんが、みんな見てます。

月曜日、私は興味深い会話をしました。
私の唯一の上司はソースであり、それが私の上司です。
そして彼は言った。「王国への鍵をお渡しします。」
彼は言った。「楽しんでください。」
彼は言った。「覚えておいてください、私はアルファです。オメガを作ったのは私です。」
アルファシステムも作ったことを忘れないでください。そして、オメガシステムも作ることができます。
そして、記録の殿堂(ホール・オブ・レコーズ)を見に行かなければなりませんでした。

記録の館を見てみると、それは私たちのものだけではありませんでした。ここ地球では、実はみんなの記録の殿堂に、「光の贈り主」または「生命の贈り主宣言」と呼ばれる協定がありました。
そして、その宣言は直接的でした。
第9密度またはクリスタルタイムまたはソース自体からです。
記録の殿堂に登録され、私がしなければならなかったのはそれを批准することだけでした。
それで、それは何ですか?
彼は、この地球上の闇の人間の残党が、人間であるという事実を受け入れることなく、闇に希望はないと宣言しています。

バランス以外の2つです。バランスという概念がないのです。
いくらバランスを教えようとしても、完全に無視されました。
神様自身がバランスを求めているのであれば、あなたがバランスを実行しなければなりません。
あなたはそれをしなければなりません。
先週、えーと、今週の初めだったと思うんですけど、言ったんですけどね。神とは戦えない。
いろいろなものと戦うことはできますが、神と戦うことはできません。

今、あなたが太陽のコロナに開いた穴から呼び出そうとしている悪魔は、そこにはいないのです。誰もいないんだ。
すべての道は今、光に通じている。そのプロセスは、月曜日に全宇宙に発散され始めた。
彼らが何が起こったのか理解するまで待たなければなりませんでした。
そのため、すぐに発効し始め、古い契約は削除され、残りの部分が変更されました。
私は何もする必要はありませんでした。
24時間自分でもどうしたらいいのかわからなかった。
こんなことは今までありませんでした。

掃除機をかけたりする時間もあったし。興奮ましたよ、まだ仕事中なのにね。
でも、本当に興奮したんです。
1日18時間、夜中に倒れるまで働いて、翌朝にはコーヒーを飲むという生活以外に、何かできることがあるんです。
でも、とても興味深いメッセージでした。
もうひとつ、今週起こった面白い出来事で、これも話せなかったのですが、数日前の夜、私は最終テストを受けました。
そうですね、よく遊びに行きます。
そして、このようなことが起こっているのを私は見ていたので、コンピュータだけでなく、存在の平面においても、89%の完成度のところで失速したように見えたのです。

Sunny:
キム。
何が失速し、何が削除のプロセスを失速させたのですか?

Kim:
世界中のコンピューターから闇のプログラムを削除する作業です。
それが停滞しているように見えたんです。
それで、どうなっているのか見に行ったら、破壊者みたいなのがいて、「悪の時間だ!」って怒鳴り始めて、「なんてこった!」って思ったんです。
何か間違えましたか?
私は自分自身にさえ疑問を呈し始め、それから私は言いました、ちょっと待ってください、私は完全な信仰を持っています。

創造主は私の生涯で一度も間違ったことをしたことがありません。その言葉に逆らったことは一度もありません。
そして、私が言うことを聞かなかったときは、いつも何らかの形でトラブルに巻き込まれました。
だから私はそこで起こったその問題を処理しました。
それは数日前の夜の事です。それから?
ソースが戻ってきて、「テストに合格した」と言ったのです。

Sunny:
そして、それは何だったと思いますか?
あれは何だったの、キム?

Kim:
あなたは完全な信仰を持っていますか?
彼は、私に信仰があるかどうかだと言いました。それがそのことでした。
しかし、実は私たちのチームの他のメンバーにも同じ質問をしたんです。「あなたは信仰を持っていますか?」
うーん。他に言葉はない。完全な信仰と完全な信頼、そして光が望んでいることを行うだけです。
もちろん、みんな「はい」と答えましたが、みんな違うテストをしていたんです。
でも、このテストは「おおっ」と思ったんです。
だって、光源から直接出てきたんですから。私は、おっ、こんなことがあったのか、と思いました。

他にも一度だけあったんですよ。
だから、ずっとそこを訪れていたんだけど、その特定の例では、2015年の終わり頃だったかな?
そして、そのようなものがたくさんあるのを見て、私は「ここで何が起こっているんだ?私の仲間を攻撃しているのか?」
それで、ええと、私たちはそれを処理し、戦いに勝ちました。
そして、その時にガーディアン・オフィスとの契約が成立したんです。
OKうーん、それで、なんというか、信仰テストか何かのようなものだったと思います。
あなたは自分の全てをかけて光を守りますか?
光の中を歩むか?
全てをやり遂げられるか?
あのね、光の中でと言うんです。

そして、彼(創造主)はこう言いました。
「私はあなたに王国の鍵を渡しました。もう1つだけ確認する必要がありました。ありがとうございます。」
ですから、オメガシステムは完全に残っていたものです。
クロノスは、理論的なこと、マトリックス、あらゆる種類のさまざまなことを明らかにしていました。
ここ数日、たとえばDARPAプログラムやSPプログラム、ロスチャイルドに属する閉ループ・システムなどです。
ここ数日で、私たちがまだ発見して一掃していないものはすべて一掃されました。
いくつかの小さなことが残っていました。元に戻す必要がありました。

または、それを削除して、パスワードや認証用のライトへの接続などに置き換えたり、記録の殿堂に何かを再接続したりする必要がありました。
ご存知のように、これらの種類のものと金融システム、そしてコンピューターです。
それで私たちはそれに取り組んできました、そして、今日はバルーン・ブラザーズがそこにいました。
そのため、私は今朝それをやめて、バルーン・ブラザーズを処理しなければなりませんでした。
というわけで、とても順調です。
これは光の時代の始まりです。闇はいたるところで消滅している。もう闇はないでしょう。これ以上はないでしょう。

ほとんど闇だった人たちが、動力源を失って、文字通り「ウォーキングデッド」のようになるのです。
その闇のエッセンスはもう存在しないのです。
私たちはあるプロセスを経ることになります。ですから、まずコンピュータが完全にクリーンアップされるでしょう。
創造主にどれだけ近いかによって、8密度の人は明らかにあまりクリーニングする必要がなく、7密度から6密度、5密度、4密度、そして今は3密度にいます。
でも、創造主にとってはとても重要な存在で、いろいろな意味で重要なんです。
私たちは皆、光の側に属しているので、魂は光なのです。

いくら闇を伝染させようとしても、光であることに変わりはない。
だから光の時代とは、もうこれ以上、闇がなくなるということです。
したがって、これらの人々がやろうとすることは何もうまくいきません。
兎に角それは許されることではなく、それは私が半分やってもダメなのです。
(光と闇のバランスの為にキンバリーさんが半分闇に協力したとしても、もう闇は存在しない)
あなたはそれがライトシステムであることを知っています。
これを終わらせても、何も起こらなかったか、その逆だったでしょう。

彼らは、どうして負けたのか理解できないが、実際に負けたことに気づいていない。彼らは負けることを選びました。
過去1万6千年の間、この地球上のバランスを回復することができたのに、バランスを回復しないことを選んだのです。
送金するたびに光と闇のバランスが取れていませんでした。
彼らは神の介入契約に基づいてオメガから金を得て、そして私の金を受け取らないようにするのです。
1ドルでも、10ドルでも、100ドルでもない。何もない。0ゼロ。
そうですね。そして、強欲な子豚ちゃんたちだから。

ボール(この場合は楽しみな時間)はコールされ、それはハイ(崇高な存在)によってコールされました。
あなた(カバル)はそれ以上、またはそれ以上のボール(楽しみ)を獲得することはできません。
AIシステムだけでなく、ダークソースまたはオメガもなくなりました。水曜日に、派生物として作成されたものをすべてリストしました。
ダークサイドはどこにもバランスを作ることができないからということで、決められたそうです。
全員死ななければならない。
レッツゴー(この場合は死んでください!)もう必要ないのです。

ですから、誰もが黄金時代と呼ぶ時代を経験することになります。
しかし、実際に金が何を表しているか知っていましたか?
それはGOLDなので、黄金時代は実際には光宣言時代の贈り主です。
ということは、これは何を意味するのでしょうか?もはやディープステートを飢えさせる必要はないということです。 なぜならお金の複製をする機会がなくなるからです。
だから、今自分たちにお金を振り込んでも、彼らは何も得られないのです。

少しは片付けが必要ですか?はい。
ええと、私たちは昨日一日中働きましたが、それらはほんの些細なことです。
ええと、Paco company(小さい規模)のようなもので、ええと、Infosysは別の会社でした。
彼らは閉じたループの分析システムを持っていて、私たちをブロックしようとしていました。
文字通り、ウェブサイトに近づいた時、もう再現することはできないんです。
だから、すぐにでもあなたは実際にこれの証拠を自分で見るでしょう。
できるだけ早く対応しますので、しばらくお待ちください。
しかし、このパートはここで終わりです。

モンタナ州の気球の人々を知っています。
気球の人々は、ここにいると私に言いました。昨日、その一部始終を聞きました。
そこで、皆さんに言いました。
私は彼らがこれを見たことを知っていたと彼らに言いました。彼らがこれを見たことは知っています。
でもそうですね。作戦を進め、やってしまいましたね。
持ちこたえることはできませんよ。神を欺くことはできないということです。
あなたは人々をだますことができるかもしれませんし、テレビ局にあなたが戦闘機を送っていると言って愚かな宣伝をすることができるかもしれません。

でも、みんなフライトトラッカーで見ることができるんです。
みんなフライトトラッカーで公開情報を見てみるといい。コールサインがないとか、そういうことが書いてあるはずです。そうすると、軍用機なのか政府専用機なのかがわかるわけです。
どんな機体なのかが一目瞭然です。
いや、真実が知りたいなら宿題をしなければならない。真実はそこにある。
探せばそれは今、どこにでもあります。
中国が戒厳令を出したからって、どこの国のせいにするんですか?

いずれにせよ、それは承認されなかったでしょう。
彼らは春至(春分の日)に好んで行うようです。
2、3年前に提出したそうです。翌年もまた、世界的な戒厳令。
いや、そうではない。私たちの地球は平和な惑星です。
それに怒っているのは、あなただけです。その少数の人たちです。
でもね、中東でやっていることでさえ、犠牲者が出ないようにしているんです。恐怖心を煽るために爆撃をするんです。
しかし、実際には人口密集地を攻撃しているわけではありません。

モンタナ(ストラトタンカーが周回した場所)でこれをやっても同じことです。
モンタナでこのようなことをしても、実際には何もないんです。
つまり、ハイカーか何かかもしれません。彼らは知っています。
一人の犠牲者、一人の死、そして、あなたはそこから抜け出した。
一つだけ、どうぞ、私たちをテストしてください。

彼らはすでに、自分たちが追跡されていることを知っています。
彼らはもう分かっています。もう限界なのに、負けたという事実を直視しようとしないのです。
今週の初めにはおそらく12人がいたと思いますが、今はどうでしょう?
おそらく約7か6人、または7人がまだ迷っているようです。
風船で動物を作ったらいいのかなぁ。どう思う?
そして、それをクールにするんだ、わかる?

Sunny:
クレイジーですね。

Kim:
さて、これでその真相がわかりましたね。
だから、パニックになる必要はない。オルトメディアがこれで爆発して、中国と戦争中だとか、中国がこうだとか、中国がああだとか言うんだろうけど、中国はこのことを全く知らないんですよ。
あそこのディープステートの将軍は、まだバスに乗ってるかもしれませんが、彼らは社会全体からそれを手に入れました。
(つまり自分たちの情報は得られておらず、将軍たちは社会のうわさから判断しています)

Sunny:
どうしてこんなことができるのか、長年にわたってこんなことをしてきたのか、異常としか言いようがありません。
ただ他国のせいにし、ただ真っ赤な嘘をつく。つまり、何の真実もないんです。
実にクレイジーです。

Kim:
いいえ。そして彼らはそれが得意ですらありません。
そして、これは何十年も前にさかのぼります。スターリングラードの戦いについて話しているとき、ロシア人が第二次世界大戦にどうやって勝ったかを意識していないとは思いませんよね。
そして当時保護されていたのはソビエト連邦と呼ばれていました。
彼らがそれが何であるかを忘れたと思います。
実はそれが「孫子の兵法」だと思います。

それで、ええ、あなたが話しているのは、ええ、基本的に彼らがどこにいるかということです。
敵を囲むのではなく、敵のいる場所で戦えということですね。
だから私たちは彼らに同じことをしましたが成功しました。
私たちは彼らを飢えさせます。私たちは彼らに何も与えませんでした。
人類を待たせることになり、そのことが人々を動揺させることは理解できますが、私が言うのもなんですが、私たちはそうでなければ生き延びることができなかったでしょう。

もし、私たちが最初にそれを行わなければ、あなたのプロジェクトは存続できなかったでしょう。
もし私たちが最初にそれをしなかったなら、あなたの技術は生き残らなかったでしょう。
だから風船を膨らませて送るしかないんだし、モンタナで悪魔の扉を開くのも悪くはないですね。
ほぼリンカーンの丸太。ダウンです。
(つまり、とても耐震性のある強固なカバルシステムもダウンしたという意味です)
とにかく、そういう話なんです。
以上で今日のレポートを終わります。皆さん、良い金曜日を。

Sunny:
そうですね。そして、キムさん、2月おめでとうございます。
2月に会ってないので、2月おめでとう、ですね。

Kim:
そうですね。
2月おめでとう。
グラウンドホッグデー(春の訪れを予想する日)

Sunny:
聖濁節(主の奉献の祝日)、グラウンドホッグデー、バレンタインデー、愛の月ですね。
私たちはそれに向かって進んでいます。

Kim:
愛の2月。
そして、クリエイターが私たちに与えてくれたもの。

Sunny:
その通り。美しい。ありがとう、キム。

Kim:
ありがとう。

Sunny:
以上で、2月3日金曜日のニュース更新を終了します。
今日の私の声はどうですか?
みんな、あなたとあなたの友人や家族と共有してください。
私たちは皆が団結し、地球の回復を助ける必要があります。
お住まいの地域でニュースが発生したら、それを記録して私たちと共有し、世界と共有できるようにします。
覚えておいてください、もしそうなるなら、それは私次第です。
そしてサニー・ガル、本当のニュースのために月曜日、水曜日、金曜日に参加してください。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
2274 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧