世界経済フォーラム、「スペースバブル」で太陽を遮断する計画を発表


eraoflight.comより

2019年6月、エリート億万長者の私的集団である世界経済フォーラムは、政府間機関である国連と戦略的パートナーシップを締結した。この極めて疑わしいパートナーシップは、"持続可能な開発のための2030アジェンダの実施を加速させる "という明確な目標を持って結ばれた。

この動きは、世界中の多くの人が国連に対する「企業の買収」とみなし、数百のNGO、NPO、シンクタンク、政府関係者が反対しました。これらの団体が署名した2019年9月の公開書簡では、このような動きの問題点を詳しく説明しています。

"戦略的パートナーシップの規定は、企業のリーダーが国連システムの部局長の「ささやきアドバイザー」となり、その私的なアクセス権を用いて、公益と透明な民主的手続きに組み込まれた真の解決策を損ないながら、グローバルな問題に対する市場ベースの利益追求の「解決策」を提唱することを事実上規定しています。"

2019年6月のその運命の日以来、WEFの影響力は増大し、政府内での関連性と権力は膨大になった。

COVID-19のパンデミックの間、WEFはThe Great Resetと題したミッションを出し、パンデミックを利用して、彼らが言う「COVID-19危機の直接的結果を同時に管理するために協力する世界のステークホルダー」の必要性を押し出し、「世界関係の将来の状態、国家経済の方向、社会の優先事項、ビジネスモデルの性質、グローバルコモンズの管理を決定するすべての人に知らせるのに役立つ」ようにしました。

WEFが公にそれを提唱し、WEFの代表であるクラウス・シュワブ氏が文字通りそのタイトルで本を書き、まさにこれらの取り組みを提唱しているにもかかわらず、事実確認者はグレートリセットを陰謀論として書き捨ててしまったのである。

何年もかけて政府の巨大な影響力を集めた後、自分たちを「エリート」と公言するこのグループは、ビリー・ボーイが何年も前に出した結論と同じものにたどり着いた-気候変動を遅らせるために太陽を遮断する必要があるのだ。

大気中にエアロゾル粒子を散布して太陽を遮断するというゲイツの計画とは異なり、WEFは「スペースバブル」を使ってソーラーシールドを形成するというMITの提案に賛同している。

「例えば、太陽放射の1.8パーセントを地球に到達する前にそらせれば、今日の地球温暖化を完全に逆転させることができるのです」。

このソーラーシールドのもう一つの利点は、泡を膨らませてその位置から取り外すことができるため、可逆的であるということです。

球体は、溶融状態で宇宙に輸送されるシリコンや、グラフェンで補強されたイオン液体などの材料で作られる予定です。

今のところ、この計画は作業仮説であり、その背後にいる科学者たちは研究室で実験を行っているに過ぎない。WEFは、このような地球工学計画が非常に議論を呼ぶことを理由に、それを正当化するために国連との関係に立ち返った。

地球工学には賛否両論あるが、国連の気候変動に関する政府間パネルは、気温上昇を管理可能なレベルに抑えることができない場合、必要なプランBであると述べている。

実際、エリートたちの保証にかかわらず、多くの科学者や政府機関がこのような行動を阻止するための動きを見せている。中には、このような行為を禁止している国さえある。

昨年、スウェーデンでは、ビリー・ボーイが空に粒子を撒いて太陽を遮る実験をする計画を、科学者間の意見の相違を理由に撤回した。

また、このようなプロジェクトによって損害を受けた人に補償をしたいと考える人もいる。

ハーバード大学の応用物理学と公共政策の教授であるデビッド・キースは、『フォーブス』の報道によれば、地球工学の「非常に多くの現実的な懸念」を認識しているとのことである。これらのリスクを相殺するために、彼は母なる自然をもてあそぶことに関連するリスク-住民が食物を育てることができないほど地域を冷やすことなど-に対する資金を集める「リスクプール」の創設を提案している。

フォーブスはこう報じている。

繰り返すが、気温の低下は深刻なリスクを伴う。1815年の氷点下の気温は、飢饉に近い状態で作物の不作を招いた。英国の科学者は、アフリカのサヘル地域の干ばつの原因として、アラスカとメキシコの火山噴火による成層圏のエアロゾルを挙げている。地球の気候が大きく乱れると、意図しない結果を招き、人口の多い地域に悪影響を及ぼし、新たな難民危機を生み出す可能性がある。

デービッド・キースは、このような実験による巻き添え被害を小国に補償するための「リスクプール」の創設を提案しているが、住みにくい環境で避難生活を送る人々にとっては、そのような補償はほとんど慰めにならないかもしれない。

確かに。氷点下の気温のために土地を失い、他国への移住を余儀なくされた家族は、いくらお金を積まれても償うことはできないだろう。しかし、これらは気象改変に伴うリスクの一部である。だからこそ、科学者でもない一部のグローバルエリートが、80億人のためにこれらの決定を下してはならないのである。

https://eraoflight.com/2022/07/28/world-economic-forum-reveals-plan-to-block-out-the-sun-with-space-bubbles/
498 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧