クレジット&デットシステム・イリュージョン

2022-12-01

amg-news.comより

ある小さな田舎の村の静かな一日、通りは閑散としている。厳しい時代で、誰もが借金を抱え、信用で生活している。

その村を訪れた観光客が、ホテルに立ち寄り、50ドル札を机の上に置き、「2階の部屋を見て、泊まる部屋を決めたい」と言います。

観光客が2階に上がると、ホテルのオーナーはその紙幣を手に取り、肉屋に借金を返済するために隣の部屋に走って行ってしまうのです。

さて...よく見てください!
肉屋は50ドルを持って、養豚業者に借金を返すために通りを走っていく。養豚業者は50ドルを受け取ると、飼料供給業者に請求書を支払いに行く。

供給業者の男は50ドルを受け取ると、地元の娼婦に借金を返しに走ります。娼婦もまた困難に直面しており、自分の「サービス」を信用で提供せざるを得ませんでした。

娼婦はホテルへ駆け込み、ホテルのオーナーに部屋代を支払う。

そして、ホテルの主人は旅行者に怪しまれないように、50ドルをカウンターの上に戻しておく。

その時、旅行者は階段を下りてきて、部屋は満足できないと言い、50ドル札を拾って立ち去る。

誰も何も生産していないし、誰も何も獲得していない。しかし、町全体は今、楽観と喜びの偽りの雰囲気の中で、自分たちは借金を返したのだと思い込んでいる。

そして、これが偽の不換紙幣システムの仕組みなのだ。

https://amg-news.com/credit-deb-system-illusion/
563 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧