その虫を救え! 地球上の昆虫の急激な減少を防ぐことが、人類の生命を守る鍵であると科学者は警告しています。

2022-09-17

naturalnews.comより

昆虫は、屋外のジョギングやピクニックの楽しみを少し減らしてくれる。しかし、昆虫が存在しなければ、私たちはここにいないだろうと専門家は言う。実際、ある一流の科学者は、地球上の昆虫の個体数が急速に減少しており、人類に深刻な脅威を与えていると警告している。

ノルウェー生命科学大学のアン・スヴェルドラップ・ティゲソン教授は、最近The Guardian紙に、昆虫を救うのは彼らのためでなくとも、全人類のためにそうするべきだと語った。昆虫を「自然界の接着剤」と呼んだ後、彼女は私たちの生活すべてにおける昆虫の重要性を強調しました。

世界でもトップクラスの昆虫学者であるスベルドロップ・ティゲソン氏は、「今、昆虫であることは楽しいことではないし、このままでは近いうちに人間であることもあまり楽しいことではなくなってしまう」と語った。

"地球上の人類に十分な食料を供給すること、すべての人に良好な健康状態と淡水を提供することが、今よりもさらに困難になるのです。それは、まだ時間があるうちに何かをする大きな動機になるはずです。"

最近行われた世界的な包括的レビューでは、今後数十年の間に地球上の昆虫の40%以上が絶滅する可能性があると指摘されました。すでに昆虫の3分の1が絶滅の危機に瀕しており、その絶滅率は哺乳類、爬虫類、鳥類の8倍にものぼります。ちなみに、私たちは過去30年間、毎年昆虫の2.5パーセントを失っている。

このままでは、10年後には昆虫が25%減少し、100年後には一匹も残らないことになる。このままでは、あらゆる生物に壊滅的な打撃を与えることになりかねない。昆虫はほとんどの植物の受粉を行うだけでなく、多くの生態系において、栄養の再循環、害虫の駆除、土壌の健全性の維持、食料供給源として不可欠な存在です。

殺虫剤で1匹殺すごとに地球を殺しています

昆虫が直面する問題は、生息地の減少や病気もありますが、農薬の使用が大きな要因です。世界中で行われている農法の見直しが、今ほど急がれている時はありません。農薬は、より持続可能で、昆虫が私たちに提供してくれる生態系サービスを保護するのに役立つ、生態学に基づいた農法に置き換える必要があるのです。

例えば、被覆作物は、農家が害虫を管理し、病気や雑草を減らすのに役立ちます。これにより、農薬の必要性をなくすことができるのです。このアプローチは、バランスの取れた生態系の中にいれば、害虫は自然に抑えられるという事実に基づいています。カバークロップでは、作物の収穫量よりも土壌に恩恵を与え、害虫を防ぐという明確な目的のために、特定の植物を栽培しています。害虫の問題に対処するだけでなく、土壌の構造と肥沃度を向上させ、浸食を遅らせる効果もあります。

輪作も農薬に代わる自然農法として有効です。連作すると害虫がすぐに発生して足場を固めてしまうため、多くの農家が大量の農薬を使用することになります。そのため、多くの農家が大量の農薬を使用せざるを得ないのです。特定の地域に植える作物をローテーションすることで、害虫や病気の発生を防ぐことができます。作物を植えた場所から移動させるだけで、意外と大きな違いが出てくるのです。

昆虫の減少は、すでに鳥類の減少の原因になっていると言われていますが、人間にも影響が及ぶのは時間の問題でしょう。農薬は、それを作る会社にとっては良いものかもしれませんが、私たちの地球にとって良いものではないことは確かです。もし、農家が農薬を使わず、自然な方法で農業を行うようになったら、この状況はどのように変わるでしょうか?

https://naturalnews.com/2019-10-24-preventing-decline-of-insects-preserves-human-life.html
284 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧