ストレスに悩む学生のために、大学が気候変動カウンセリングを実施

2022-09-15

thepostmillennial.comより

地球が末期であることを警告され続けることによる精神的な影響に対処するため、大学内部から、学生に気候変動に関するカウンセリングサービスを提供しようという動きが出てきているのです。

近年、気候変動に関する悲惨な警告をいたるところで目にするようになり、不安や憂鬱を感じる若者が増えていると報告されています。おそらく、高等教育機関ほどこの傾向が強いところはないでしょう。

地球がもうだめだという警告を受け続けることによる精神的な影響に対処するため、大学内では、学生に対して気候変動に関するカウンセリングサービスを提供しようという動きが出てきている。

2020年、ブリティッシュ・コロンビア大学のサステナビリティ・イニシアチブのメンバーは、気候変動とメンタルヘルスとの関係を詳述した報告書を発表し、"中等後教育における行動への体系的アプローチ "を提示しました。

"気候変動による直接的、間接的なストレス要因 "と "危機の大きさを認識することに関連する包括的な心理的、心理社会的課題 "は、精神的苦痛につながり、心の健康とウェルビーイングを混乱させる」と彼らは書いています。気候の危機が精神衛生にもたらす課題に取り組み、危機の包括的な心理的・心理社会的な重みと共存し適応する方法を見つけることが、健康で回復力のある個人とコミュニティを築くために必要である。"と述べています。

報告書は、既存のカウンセラーに気候変動について話し合うための訓練を受けさせ、カウンセラーと学内の気候変動活動家グループとの間に、より直接的なコミュニケーションのラインを開くよう提言している。

ワシントンポスト紙によると、南半球では、多くの教育者や精神衛生の専門家の提言がUBCの報告書に示されたものと類似しています。

ミシガン大学では、精神的なサポートを受けることで学生が不安を克服できるかどうかを確認するため、3カ月余り毎週1時間のセラピーグループを作る試験的なプログラムが設定された。

オレゴン大学のOffice of SustainabilityのアシスタントディレクターであるSarah Stoeckl氏は、学生がこのようなサービスを受けられなければ、"不快な感情の中で麻痺してしまう "と主張する。

気候変動に関する知識を自分のスキルに組み込むことを選択したカウンセラーの中には、「環境不安」は他の精神衛生上の問題とは異なり、この場合、「心理的な部分は本当に気候変動対策と密接に関係している」と主張する者もいます。

Lancet誌の調査によると、世界中の子供や若者の84%が気候変動に対して "少なくとも中程度の不安 "を持っており、半数以上が "非常に不安 "または "非常に不安 "を持っていると答えています。

しかし、おそらく最も顕著なのは、調査対象者の45%が、気候変動に関する考えや感情が "日常生活や機能に悪影響を及ぼす "と回答し、多くの人が "気候変動に関するネガティブな考えを多く持っている "と報告している点です。

https://thepostmillennial.com/universities-to-offer-climate-change-counseling-for-stressed-out-students
295 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧