中国専門家、同国は戦争準備中であり、非常に近いと発言

2022-08-23

naturalnews.comより

ある著名な中国専門家は、このアジアの巨大国が、おそらく台湾をめぐって、しかもすぐにでも戦争を始める準備を進めている兆候が見られるという。

ゴードン・チャンは1945年のブログに書いているが、共産党の幹部は企業や起業家に生産を製造装置に転換するよう命令しており、これは北京が戦争に備えて在庫を確保していることを示す確実なサインであるという。

「先月、消費者向けの医療機器を製造しているある中国人起業家が、地元の役人から、中国国内の生産ラインを軍用に転換するように要求された、と言っていた。共産党の幹部は、他のメーカーにも同じような命令を出しているという。「さらに、中国の学者たちは、中国の大学から外国人の同僚を追放し続けているのは、敵対行為の準備のように見えると内々で言っている」。

"中華人民共和国は戦争の準備をしており、その努力を隠そうとはしていない。昨年1日に施行された国防法の改正で、文官から軍人に権限が移された」と付け加えた。

張氏は、同法の規定が中央政府の国務院から権力を奪い、党の中央軍事委員会である中共委員会にさらなる権限を与えていると指摘した。また、中国専門家は、国務院が人民解放軍やその他の軍隊の動員を監督する役割を担わなくなると指摘した。

スーチョー大学の曾志平氏は香港のサウスチャイナ・モーニングポスト紙に、「中国共産党は正式に国防政策と原則を決定し、国務院は軍を支援する単なる実施機関になる」と述べた。

チャン氏は、ある意味、現行法の改正は "粉飾 "であると指摘する。

バージニア州にある国際評価戦略センターのリチャード・フィッシャー氏は、「国務院の権限を弱める最近の中国の国防法の改正は、政治的ポーズに過ぎない」と、改正後間もなくチャン氏に語った。「中国共産党とその下部組織である中国共産党は、戦争と平和に関する決定について常に最高権力を握ってきた」。

では、なぜ国防法改正が問題なのか。

それは、フィッシャーが説明するように、「戦争遂行のための『全国民』レベルの軍事動員を実現しようとする中国の野望を指し示し、将来の中国のグローバルな軍事介入能力をコントロールする正式な権力を中共が持つようになったからである」。

共産党の環球時報は、「改正国防法はまた、すべての人が国防に関わるべきだという概念を具体化している」と述べ、無名の中共幹部から「引用」して、この問題に対する政府の立場を本質的に打ち出している。"すべての国家組織、軍隊、政党、市民団体、企業、社会組織、その他の組織は、国防の発展を支持し、参加し、国防の義務を果たし、法律に従って国防の任務を遂行すべきである "と。

今月初め、フィッシャー氏はブログでこう語っている。"過去40年間、中国共産党は残虐な戦争の準備をしてきたが、今、支配組織はその計画を加速している"

チャンはさらにこう指摘する。

中国共産党は、戦闘の準備をするとき、何もチャンスを逃さない。3月に中央組織部が内部通達を出し、閣僚級幹部の配偶者や子供が海外の不動産や海外に登記された株式を所有することを禁じた。また、海外資産を売却しているとの情報もあり、この禁止令は当局者自身にも適用されるようだ。さらに、このような高官とその家族は、限られた状況を除いて、海外の金融機関に口座を開設することができない。

この指令は、ウクライナでの「特別軍事作戦」を理由にロシア政府関係者に制裁を加えた直後に出されたもので、中国政府関係者を制裁するためのものと思われる。

アメリカの政府関係者は、このような事態を認識しているようである。先月末、ナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問した後、別の議会代表団が民主主義国家の台湾を訪問している。

両国は台湾をめぐって戦争する準備を進めているように見える。

https://www.naturalnews.com/2022-08-22-china-expert-country-is-preparing-for-war.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1315 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧