WEATHER WARS(天候戦争)。中国は深刻な水不足に直面しており、食料、工業材料、消費財の世界的な不足を引き起こすだろう

2022-08-29

naturalnews.comより

中国の多くの地域で数年にわたる干ばつ状態が続き、国が崩壊寸前まで追い込まれていると報じられている。

このような水による大災害が起きれば、中国の穀物生産と電力生産は破綻する。これは、食糧、工業材料、消費財などの世界的な不足につながり、現在の大洪水後のサプライチェーンの問題よりもはるかに大きな規模になるであろう。

中国での水による混乱は、中国が食料、エネルギー、その他の必要な商品や材料の主要生産国であることから、全世界に影響を及ぼすだろう。現在の世界経済は、安物のスーツのように崩壊してしまうだろう。

「他の商品と違って、水には代用品がない」とフォーリン・アフェアーズ誌は報じている。「食料を育て、エネルギーを生み出し、人類を維持するために不可欠なものである。(関連記事 中国の主要航路である長江が枯渇し、国家経済に問題を起こしている)。

「中国にとって、水は国の急速な発展にも欠かせないものです。現在、中国は1日に100億バレルの水を消費していますが、これは1日の石油消費量の約700倍に相当します。40年にわたる爆発的な経済成長と、自給自足を目指す食糧安全保障政策が相まって、中国北部の水系は持続可能なレベルを超えており、中国南部の一部でも同じことが起こる恐れがある」と述べている。

北京、上海、天津、華北平原の水供給量が国連の定義する急性水不足を50%以上下回る。

アジア各地では、以前から淡水が問題になっています。例えば香港では、数十年前からトイレの水洗に海水が使われています。

中国では2020年の時点で、華北平原の水の利用可能量が、国連が「深刻な水不足の状況」と見なす水準を少なくとも50%下回っている。北京、上海、天津の各都市でも、状況は同じかそれ以上です。

華北平原の一人当たりの利用可能水量253立方メートルは、北アフリカの国にとって深刻な水不足の年である2019年のエジプトの一人当たり570立方メートルの半分以下である。エジプトは、中国のように大規模な製造拠点を維持する必要がないことを念頭に置いている。

中国の水事情のもう一つの問題は、持っているものの多くが飲めないものであることです。中国生態環境部の2018年の分析によると、わずかな改善にもかかわらず、中国の地表水の20%近くが人間が飲むには汚染されすぎていることがわかった。

中国の利用可能な水のおよそ7パーセントは、いかなる用途にも適さない、と科学者は言う。

「干ばつ時の水の確保に重要な地下水の質はさらに悪く、約30パーセントが人間の消費に適さず、16パーセントがあらゆる用途に適さないと判断されました」と、報告書はさらに説明しています。

中国には水資源の過剰使用問題がある

中国の重工業は、危険な化学物質を地中や既存の水源に直接流し込んで汚染しているのです。

また、工業的農業からの化学物質の流出もあり、これは米国と同様、地下水源に浸透するため、地面と環境を何年も汚染したままにしています。

「国連食糧農業機関のデータによると、中国は耕地面積が25%少ないにもかかわらず、米国の2.5倍近い肥料と4倍近い農薬を使用している」とフォーリン・アフェアーズは説明している。

中国共産党(CCP)は、自国を悪く見せるとして、こうした不都合な事実を隠蔽しようとすることで有名だ。しかし、真実はそこにあり、中国と、中国を製造業や貿易のパートナーとして頼りにしている他の国々にとって、将来どうなるかを物語っているのだ。

また、華北平原は長年にわたって酷使され、完全に干上がってしまう危険性がある。中国北部で最も人口の多い四川省東部から吉林省南部にかけての長江沿いの地域など、10億人以上が住む地域でも、水の供給が枯渇し、苦境に立たされている。

過去15年間、この地域の多くでは、地下水だけでなく、湖や川の水も減少の一途をたどってきた。

「中国北部の一部では、地下水位が年間1メートルも低下し、自然に存在する地下貯水帯の崩壊を引き起こし、地盤沈下を引き起こし、帯水層の将来の涵養の可能性を損なっています」と外務省は警告しています。

この問題の緊急性を認識した中国政府は、2003年に600億ドルの「南北水運プロジェクト」を開始した。このプロジェクトでは、長江の支流から水を引き、乾燥した北部に水を補給する。また、降雨量を増やすために(時にはオリンピックの式典や党の記念行事のために)、中国は航空機やロケットを配備し、雲にヨウ化銀や液体窒素を混入する「クラウドシーディング」と呼ばれる作業も行っている。"

世界経済にダメージを与える世界の気象現象に関する最新ニュースは、WaterWars.newsで見ることができます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。中国の重工業は、危険な化学物質を地中や既存の水源に直接流し込んで汚染しているのです。

また、工業的農業からの化学物質の流出もあり、これは米国と同様、地下水源に浸透するため、地面と環境を何年も汚染したままにしています。

「国連食糧農業機関のデータによると、中国は耕地面積が25%少ないにもかかわらず、米国の2.5倍近い肥料と4倍近い農薬を使用している」とフォーリン・アフェアーズは説明している。

中国共産党(CCP)は、自国を悪く見せるとして、こうした不都合な事実を隠蔽しようとすることで有名だ。しかし、真実はそこにあり、中国と、中国を製造業や貿易のパートナーとして頼りにしている他の国々にとって、将来どうなるかを物語っているのだ。

また、華北平原は長年にわたって酷使され、完全に干上がってしまう危険性がある。中国北部で最も人口の多い四川省東部から吉林省南部にかけての長江沿いの地域など、10億人以上が住む地域でも、水の供給が枯渇し、苦境に立たされている。

過去15年間、この地域の多くでは、地下水だけでなく、湖や川の水も減少の一途をたどってきた。

「中国北部の一部では、地下水位が年間1メートルも低下し、自然に存在する地下貯水帯の崩壊を引き起こし、地盤沈下を引き起こし、帯水層の将来の涵養の可能性を損なっています」と外務省は警告しています。

この問題の緊急性を認識した中国政府は、2003年に600億ドルの「南北水運プロジェクト」を開始した。このプロジェクトでは、長江の支流から水を引き、乾燥した北部に水を補給する。また、降雨量を増やすために(時にはオリンピックの式典や党の記念行事のために)、中国は航空機やロケットを配備し、雲にヨウ化銀や液体窒素を混入する「クラウドシーディング」と呼ばれる作業も行っている。"

世界経済にダメージを与える世界の気象現象に関する最新ニュースは、WaterWars.newsで見ることができます。

https://www.naturalnews.com/2022-08-28-china-faces-serious-water-catastrophe-global-implications.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1215 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧