ドイツとEUは宣戦布告を手渡された

2022-10-01

thelibertybeaconより

ペペ・エスコーバール
バルト海のパイプライン、ノルド・ストリーム(NS)とノルド・ストリーム2(NS2)の妨害工作は、「災害資本主義」をまったく新しい、有害なレベルへと不吉に推し進めている。

国際水域でのエネルギー・インフラに対するテロ攻撃という形で起こったこのハイブリッド産業・商業戦争のエピソードは、「我こそは」という「ルールベース」の秩序に溺れた国際法の絶対的崩壊を示唆している。

両パイプラインへの攻撃は、デンマークのボーンホルム島の近く、しかし国際水域で、複数の爆発物を別々の枝で爆発させるというものだった。

それは、デンマーク海峡の浅い水深でステルス的に行われた高度な作戦であった。そのため、潜水艦は原則排除される(バルト海に入る船舶の喫水は15メートルに制限されている)。ボルホルム海域はロシアの潜水艦が侵入する恐れがあり、センサーがたくさん設置されている。

スウェーデンの地震学者は月曜日に2つの水中爆発を記録した。そのうちの1つは推定100kgのTNTであった。しかし、3つのパイプラインを爆破するために700kgもの量が使用された可能性があります。(このような量を近隣諸国の水中ドローンで1回で運ぶことは不可能である。)

パイプラインの圧力は指数関数的に低下した。パイプは海水で満たされている。

NSとNS2のパイプはもちろん修理可能だが、冬将軍の到来までには到底無理だろう。問題は、すでにユーラシア大陸の大口顧客に集中しているガスプロムが、特にガスプロムの船舶がバルト海でNATOの海軍の攻撃にさらされる可能性があることを考慮して、悩むかどうかということです。

ドイツ当局はすでに、NSとNS2が「永遠に」機能しなくなる可能性があると喧伝している。EU経済とEU市民は、そのガス供給を強く望んでいた。しかし、国民国家を支配するブリュッセルのEUrocracyは、カオスと嘘と略奪の帝国によって自分たちが命令されているため、従わないだろう。このユーロ・オリガーキーは、いつか反逆罪で裁かれるべきだということになる。

このままでは、戦略的不可逆性はすでに自明である。EUのいくつかの国の国民は、この攻撃から派生する短期、中期、長期の重大な結果を受け、多大な代価を支払うことになるだろう。

誰の利益か?

スウェーデンのマグダレナ・アンダーソン首相は、それが「妨害工作の問題」であったことを認めました。デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は「事故ではない」と認めた。ベルリンは北欧勢に同意している。

では、ポーランドの元国防大臣(2005-2007年)ラデク・シコルスキーと比較してみよう。彼は、狂信的なアメリカの「アナリスト」アン・アップルバウムと結婚したロシア嫌いだが、「ありがとう、アメリカ」と陽気にツイートしているのだ。

妨害工作と同時に、ノルウェーからポーランドへのバルト海パイプが部分的に開通し、「デンマークとポーランドの市場」にサービスを提供する「新しいガス供給通路」となったことを知ると、ますます不思議になる。数ヶ月前にスポンサーがガス探しに困っていたのに、今はさらに難しく、はるかに高いコストがかかることを考えると、実際には小さな事件である。

NS2は建設中、すでに公然と攻撃を受けていた。2月、ポーランドの船が、パイプ敷設船「フォルトゥナ」によるNS2の完成を阻もうとしたのだ。パイプはボーンホルムの南側に敷設されていた。

NATOは、水中ドローンの分野で非常に積極的な役割を担っています。アメリカはノルウェーの長距離用水中ドローンを入手しており、他の設計に変更することも可能である。あるいは、ボーンホルム周辺の潮流は深刻な問題なので、海軍のプロの潜水士が妨害工作に使用された可能性もある。

大局的に見れば、西洋の集団は絶対的なパニック状態にあり、大西洋主義の「エリート」たちは、地政学的・地理経済的な奈落の底に落ちるのを防ぐために、とんでもない嘘、暗殺、テロ、破壊工作、全面的な金融戦争、ネオナチへの支援など、あらゆる手段に出ようと考えていることがわかる。

NSとNS2を停止させることは、ドイツとロシアのガス供給取引の可能性を完全に断ち切ることであり、ドイツをアメリカの絶対的な属国という低い地位に追いやるという利点もあるのだ。

そこで、西側のどの情報機関がこの妨害工作を行ったかという重要な問題が出てくる。もちろん、第一候補はCIAとMI6である。ポーランドは落ちこぼれに仕立てられ、デンマークは非常に怪しい役割を演じていた。少なくともコペンハーゲンには、この情報についての「ブリーフィング」がなかったことはありえない。

2021年4月の時点で、ロシアはノルドストリームの軍事的安全性について疑問を呈していたのだ。

重要なベクトルは、EU/NATO加盟国がEU/NATO経済ナンバーワンに対する破壊行為に関与するケースに直面する可能性があるということだ。これは詭弁だ。ベルリンの現政権の驚くべき凡庸さと臆病さを除けば、BND(ドイツの情報機関)だけでなく、ドイツ海軍や情報通の実業家たちが遅かれ早かれ計算することは明らかである。

これは決して単独犯ではない。9月22日には、キエフの妨害工作員によるターキッシュストリームに対する試みがあった。その前日には、クリミアで英語のIDを持つ海軍の無人機が発見され、この計画の一部であることが疑われました。さらに、数週間前に将来の破壊工作のために上空を飛行する米国のヘリコプター、9月中旬からデンマーク海域をうろつく英国の「調査」船、そして破壊工作の同じ日に「海上での新しい無人システム」のテストについてつぶやくNATOが加わっています。

ガソリン代は?

デンマークの国防大臣は、今週水曜日、NATOの事務総長と緊急会談を行った。何しろ、爆発はデンマークの排他的経済水域(EEZ)のすぐ近くで起きたのだから。NATOの事実上の政治機関である欧州委員会(EC)は同日、原油価格の上限設定など、ロシアに対する制裁の強化というトレードマークの強硬策を打ち出した。

一方、EUのエネルギー大手は、妨害行為で大きな損失を被るに違いない。

その中には、ドイツのウィンターシャル・デアAGとPEG/E.ON、オランダのN.V. ネダーランズ・ガスニー、フランスのエンジーが含まれている。NS2に出資したのは、ウィンターシャル・デアとユニパー、オーストリアのOMV、エンジー、英蘭のShellである。ウィンターシャル・デアとエンジーは、共同所有者であり債権者でもある。両社の株主は、真摯な調査から真摯な回答を得ることを望んでいるはずだ。

さらに悪いことに、「パイプライン・テロ」に関しては、もう手詰まりである。ロシアはトルク・ストリームだけでなく、パワーオブ・シベリアにも警戒を怠らないだろう。中国や新疆ウイグル自治区に至る迷路のようなパイプラインも同様だ。

どのような方法論で、どのような関係者が関与していたにせよ、これはウクライナで避けられない西側の集団的敗北に対する、事前の仕返しである。そして、「南半球」の国々に対して、「彼らはまたやるぞ」という下品な警告を発している。しかし、行動は常に反作用を生む。今後は、国際水域にあるアメリカやイギリスのパイプラインにも「おかしなこと」が起こるかもしれないのだ。

EUの寡頭政治は、電光石火のスピードで崩壊の進行過程に到達している。少なくとも戦略的に自律した地政学的なアクターとしての役割を果たそうとする機会の窓は、今や閉ざされている。

欧州議会の議員たちは今、深刻な苦境に立たされている。バルト海での破壊工作の犯人が誰であるかが明らかになり、全EU市民にとって人生を変えるような社会経済的影響があることを理解すれば、歌舞伎は止めなければならないだろう。ガスプロムがバルブを閉めれば済む話なのに、ロシアが自国のパイプラインを爆破したという、すでに進行中のばかげた小ネタも含めてだ。

ガスプロムは、ウクライナのエネルギー企業ナフトフガスを未払い請求で訴えると脅しているのだ。そうなれば、ウクライナからEUへのロシアのガスの供給はストップしてしまう。

さらに、ドイツは2030年まで年間400億立方メートルのロシア産ガスを購入する義務を負っている。

断ればいいのか?それは無理だ。ガスプロムには、ガスを送らなくてもお金をもらう権利が法的にある。それが長期契約の精神である。制裁措置のために、ベルリンは必要なガスをすべて手に入れることはできないが、それでも支払う必要があるのだ。

すべての悪魔はここにいる

今や、皇帝のビロードの手袋は、属国に関しては外されていることが痛感される。
EUの独立は禁じ手。
中国との協力:禁止。
アジアとの独立した貿易接続性:禁じ手。
EUの唯一の居場所は、米国に経済的に従属することである:1945-1955の無様なリミックス。
新自由主義的なひねりを加えたもので、私たちはあなた方の産業能力を所有し、あなた方は何も持たなくなる。

NSとNS2の妨害は、ユーラシア大陸を1000に分割し、ドイツ(EUを代表する)、ロシア、中国によるユーラシア大陸横断統合を阻止するという帝国の夢として組み込まれている。

※AK注:自称白帽子のカバルによる、アメリカとその属国のブロック支配、中国によるアジア圏全体の支配、ロシアによるヨーロッパの支配と言う世界3ブロック計画に対し、白帽子カバルにより黒帽子と呼ばれているカバルグループは、従来通りアメリカ(バックは英国及びヨローッパ秘密結社とバチカン)を中心とした世界支配を続けようとしている。
その為ヨーロッパの破壊とアメリカへの族国化を進めようとした作戦。


マッキンダーの話に戻ろう。ユーラシア大陸の支配は、世界の支配を意味する。アメリカのエリートとヨーロッパ中のトロイの木馬は、その支配権を手放さないために必要なことは何でもする。

この文脈での「アメリカのエリート」は、狂ったシュトラウス派のネオコンに染まった「情報機関」と、彼らに金を払い、ディープステートの永遠の戦争アプローチから利益を得るだけでなく、ダボス会議が企てた「グレートリセット」で大儲けしようとするビッグエネルギー、ビッグファーマ、ビッグファイナンスを包含しています。

荒れ狂う20年代は、ソレイマニ元大統領の殺害から始まった。パイプラインの爆破は、その続編の一部である。2030年までずっと、地獄への高速道路が続くことになる。シェイクスピアの言葉を借りれば、地獄は間違いなく空っぽで、すべての(大西洋主義の)悪魔がここにいるのだ。

https://www.thelibertybeacon.com/germany-and-eu-have-been-handed-over-a-declaration-of-war/
538 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧