コーリー・グッド最新情報【2021年11月5日更新】



ascensionworks.tvより

世界銀河連盟によるICCおよび関連する地球政府からの独立宣言


オリオン・グループの最後の偵察任務に就いてから数日後、私はマヤの船に乗せられて、SSPアライアンス(運営上のセキュリティのために本当の名前ではない)の連絡係と、グローバル・ギャラクティック・リーグ・オブ・ネイションズ(運営上のセキュリティのために本当のプログラム名ではない)と呼ばれる秘密プログラムの中でかつてリーダーだった2人の代表者との間の「電話会議」に出席した。

全世界銀河連盟(GGLN)は、世界のほとんどの国がある程度参加している非常に大きなプログラムである。アポロによる月探査の後、アメリカ政府は科学者と政治家からなるチームを各国に派遣し、人類の文明を破壊する周期的な太陽現象が存在することを月からの地質学的に証明させました。彼らは、次の太陽活動の時期が過ぎており、その日に太陽活動が起これば、人類は絶滅するだろうと伝えました。そして、解決策を提示した。それは「種の保存計画」と呼ばれるもので、各国が国内総生産の1%を拠出して、他の星系にコロニーを作り、人類の保存を図る世界的な銀河連盟を設立するというものだった。このプログラムは、各国が太陽系の出来事や先進的な宇宙開発のコロニーに関する知識を秘密にするためのインセンティブとしても提供されていた。

ゴンザレスと私は、銀河系の端にある最も遠いコロニー前哨基地でグローバル銀河連盟に仕えるレイモンド(科学技術開発部長)とアーニャ(コロニー警備部長)に紹介された。2人とも50代後半から60代前半の白人で、軍服のワッペンを外したダークブルーのジャンプスーツを着ていた。

アーニャは、GGLNの歴史や、「種の保存」を目的としてコロニーを作るために様々な星系に派遣された参加者の苦労話を簡単に説明した。彼らは未開発の惑星に送られ、地球上の都市やインフラの開発を始めました。数十年の開発期間を経て、都市と人口は着実に増加し、地球上で見られるような都市を再現した。

さらに、GGLNは非常に成功したプログラムであり、ICCから与えられた技術をさらに発展させたと報告されている。彼らは、人類を銀河系で最も進んだETと同等のレベルにまで発展させる技術的なブレイクスルーを目前にしていたのだ。GGLNの科学技術グループは、ICCの通信ネットワークを通じて、自分たちの躍進を自国に報告していましたが、ICCのリーダーの一人が、このエキサイティングな新技術の最終的な開発を支援してくれるという新しいETのグループを紹介してくれました。

この新しいETのグループは、ICCと銀河間貿易を行っていた銀河連邦の一つから来ており、技術開発や、ICCと貿易取引を行う何百もの文明への外交的な紹介を行っていました。

アーニャは、この銀河連邦の最初の代表団が到着したとき、彼らのコロニーの住人たちはとても興奮したと述べている。28人の連邦メンバーが到着すると、祭りで歓迎され、入居して仕事をするための建物が与えられた。連邦の代表団には18人の女性と10人の男性がいたが、全員が35〜40歳以下のようで、非常に魅力的だった。

GGLNは、彼らがICCに連絡してきた有望な技術を開発するために、この連邦のメンバーと協力し始めた。アーニャによると、この連邦のグループはすぐに、自分たちの文明ですでに開発された技術を提供して、GGLNがこれらの技術を開発するのを阻止し始めたという。連邦の科学者たちは、人工知能、亜空間通信システム、体に埋め込まれた技術を使って、病気や老化を克服し、人々がこれまでにない方法でつながることができるようになったという話をし始めた。その結果、彼らの文明のすべての人が仮想現実の世界でつながり、仕事をすることができるようになりました。彼らの人々は心を一つにして技術を開発し、その技術は信じられないほどの速さで発展し、彼らの文明は非常に短い期間で1000年分の技術の飛躍を遂げました。

GGLNは、連邦が提案した技術の研究を始め、その技術を理解したと思ったら、開発に着手した。これらの技術が開発・テストされている間に、GGLNのメンバーは連邦のメンバーと親しくなり、やがて連邦のメンバーはGGLNのコロニーの男女と肉体関係を持つようになった。アーニャ自身は、連邦軍の司令官に誘惑され、関係が続くうちにどんどん影響を受けるようになったという。彼女は、連邦のメンバーが来る前には考えられなかったような決断をしていることに気づき、問題だとわかっていても、自分ではどうすることもできなかったという。

このような状況が1年近く続いた後、GGLNは、連邦が開発を支援した脳インプラントとナナイトを完全に開発・テストし、すべてのGGLNコロニーのメンバーに、除去不可能と言われたインプラントの装着を義務付けるようになった。これはGGLNにとって大きな一歩であった。というのも、GGLNはオリオン・グループとそのAI神の脅威を認識していたが、連邦はテクノロジーが安全であり、AI神がアクセスできないようにブロックされていると説得したからである。

その頃、アーニャは、肉体関係を持った連邦軍司令官が、コロニー内の他の女性と密かに関係を持っていることを知った。セキュリティの責任者である彼女は、連邦軍司令官をより注意深く監視するようになった。彼女はコロニーの高度なセキュリティシステムを使って、新しい連邦の友人たちと故郷の世界との間の通信を盗聴した。最初はうまくいかなかったが、連邦がGGLNに試作品として渡したチップのひとつを使って、ついに通信システムに侵入することができた。

アーニャは、この事実を知って、背筋が凍る思いがしたという。彼女が目撃したのは、連邦軍司令官とトールグレイのETが、GGLNでのミッションの進捗状況を話し合っている場面だった。トールグレイは、人類がこのプログラムで開発している技術は、オリオングループとそのアジェンダにとって危険なものであり、直ちに帝国に同化しなければならないと述べた。アーニャは、連邦の真の意図を知り、自分が警備員のほとんどに移植を命じて連邦に協力していたことに気付き、愕然とした。自分の部下にインプラントを受け入れさせただけでなく、自分も最近インプラントを装着し、デバイスが神経細胞に結合して思考パターンに組み込まれる期間を過ごしていた。これは90日ほどかかる作業で、彼女はその半分を終えたところだった。

アーニャはパニックになったという。彼女は、連邦のメンバーが到着してからシステムが収集したデータと、他のメンバーに警告するために傍受した通信の記録をすべてバックアップした。彼女はセキュリティスタッフや指導的立場にある人たちに相談しようとしたが、遅すぎた。彼らは彼女に非常に腹を立て、証拠を見ようとしなかった。彼女が20年近く管理してきた信頼できるセキュリティチームは、すでにオリオングループとそのAI神の影響下にあったのだ。彼女の話を聞いてくれるのは、コロニーで連邦の技術をリバースエンジニアリングする活動を行っていた技術者のレイモンドだけだった。彼は、インプラントを埋め込まれていない数少ない残留者の一人であり、チーム内のインプラントを埋め込まれた者の行動の変化を目の当たりにしていた。

早急に対応しなければならないと考えた彼女は、レイモンドと共に、信頼できる家族や友人を十数人集め、彼らの協力を得て長距離船を盗み、危険にさらされた友人や同僚から逃れることに成功した。そして、アーニャたちは、親戚のいる別の太陽系にあるGGLNの軍事基地に向かった。彼女が到着すると、親戚は彼女が持ってきた情報をコピーして、軍の情報メインフレームにアップロードしていた。このメインフレームは、量子相関通信装置に接続されており、装置間の量子もつれを利用して、データの傍受や解読を不可能にしていることを2人は知っていた。

彼女の従兄弟は、小さな難民グループの物資の補充を助け、軍のメインフレームからダウンロードした、シグムンドが開示したダークフリートと秘密宇宙計画同盟(我々の組織)と呼ばれる不正なグループに関する情報を彼らに提供した。アーニャたちは、その情報をもとにSSP同盟の支援を求めて追跡を試みた。彼らはステルスで移動し、通信網を使わず、誰にも見つからないようにしていた。数ヶ月間、なんとか見つからずにいたが、彼らが潜んでいた小さな太陽系にGGLN軍の巡洋艦が到着した。そのクルーザーは、SSP同盟が軌道上にあるガス惑星の月に直接飛来し、すぐに通信を開始した。

乗組員たちは、自分たちが捕まる可能性がないことを知っていたので、クルーはクルーザーが太陽系に入るとすぐにコンピュータシステムのパージと物的証拠の破壊を始めた。アーニャは、少しでも時間を稼ごうとGLN軍の巡洋艦と通信を開始したが、次の出来事に完全に不意を突かれた。何者かが、自由コロニーの新旗艦「ワンダリング・スター」の司令官であることを告げたのだ。彼女は、自分が従兄弟を通じて流した情報が、GGLN軍の全ネットワークを通じていることを知らされた。GGLN軍は、数十のコロニーが連邦の盟主を介してオリオン・グループの支配下に置かれていることを把握していた。

GGLNのコロニーに住む人々は激怒し、これらの連邦グループと協力しているコロニーに彼らを追放し、期待されていた画期的な技術の開発に戻るよう求めた。これらのコロニーは、与えられた同盟関係と技術を手放そうとしなかったため、GGLN軍はICCに支援を求めたのである。ICCは、GGLN軍に対して、インプラント技術の開発継続を認め、その技術が大量に展開できるようになったら、すぐに受け入れる準備をするように、と命じた。GGLN軍は、GGLNの参加者全員にインプラントを施すという命令を実行するように言われた。

GGLN軍がこの命令をコロニーのリーダーたちに伝えると、93人のコロニーが集まって、ICCとすべての地球政府からの独立を宣言した。GGLN軍はこれらのコロニーの新政府に忠誠を誓い、アーニャたちの捜索とSSP同盟との接触のために出動した。SSP同盟は、GGLN計画が完全に崩壊したことを知ると、連絡を取り、マヤ人のチームと共に「ワンダリング・スター」に乗り込んだ。マヤ人たちは、GGLN軍が開発した、命にかかわることなくインプラントを除去する方法に協力していた。

ワンダリング・スター号に乗ってコロニーに戻る途中、彼らはSSP同盟と新しい自由コロニーがオリオン・グループとAIアジェンダを倒すために協力することで合意したことを知らされた。SSP同盟は、将来の超連邦裁判のニュースと、新しいガーディアンとズールーがICCと超連邦に注意を促したことを伝えてきた。GGLNはガーディアンについて聞いたことがなく、我々の地元の星団には遺伝子的に我々に非常に近い存在が多く住んでいることも知らされていなかった。

このブリーフィングの最後に、この自由コロニー連合は、SSP同盟に全資産を提供して、彼らの故郷である監獄惑星「地球」を解放することを提案していることを知らされた。旧GGLN軍のグループは、近辺の他の世界に嫌がらせをしていたレプティリアンやダークフリートの船と何度も銃撃戦を繰り広げてきた。彼らは資産の一部をズールー星経由で太陽系に送り返し、100人以上の長老女性で構成されるズールー族の指導者たちに紹介している。ズールー族の惑星には、この地域の恒星から来た50以上のETグループで構成される地域惑星連合の本部がある。

ワンダリング・スター」は、人類が率いる艦隊の旗艦として、SSPアライアンスや、2020年に崩壊しかけた地球アライアンスの資産がまだ稼働している部分と協力して、太陽系への参入を調整すると聞いている。運用上のセキュリティの関係で、当時はそれしか教えてもらえませんでした。

これらの友好軍が任務を成功させるためには、この地球上のレジスタンスとして、世界中の人々が街頭に出て声を上げることを奨励する必要があります。大衆が街頭に出て初めて、地球連合は行動を起こすことができるのです。私たちが一斉に立ち上がり、オリオン・グループから大金を奪い始めれば、彼らの影響力は数日のうちに消滅するでしょう。この時点で、人類は自らを解放し、二度と同じ過ちを繰り返さないために、奴隷としてのカルマを学ぶことになるのです。

私たちは、ミッカと彼の惑星オルメカ人がオリオングループとAIアーコンのアジェンダから解放されたSSPアライアンスレポートに目を通すことを皆さんに強くお勧めします。私たちが解放されるのは惑星間の戦争ではなく、そもそも私たちを奴隷にしているシステムへの参加を拒否することによってなのです。

コーリー・グッドのSSPアライアンス最新情報は https://ascensionworks.tv/groups/corey-goode-updates/ でご覧いただけます。
 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧