コーリー・グッド最新情報【2021年11月24日更新】



ascensionworks.tvより

銀河間超連邦評議会と20個の銀河からなる "ローカル銀河団 "の守護者たちが会合を開く


SSPアライアンス、アンシャール、マヤ、そしてエミとの最新のミーティングでは、近い将来に行われる大規模な銀河間会合について知らされました。

エミは、私たちの銀河団にある20の銀河と矮小銀河のそれぞれが、私たちの銀河と同じように「AI超意識」との戦いに従事していることを教えてくれました。彼は、これらの銀河はそれぞれ独自の意識を持っており、それぞれの銀河の守護者は、これらの銀河の超意識の代表であると述べました。

これらの銀河の意識は、それぞれ微妙に異なるエネルギーや個性を持っているので、我々のローカル宇宙の超意識のフラクタイルとは言えないと言いました。エミは、私たちの地元の銀河近隣にあるこれら20の銀河のそれぞれは、私たちの太陽系とその住民が地元の恒星近隣とその住民につながっているのと同じように、つながっていると述べた。

また、ガーディアンとこれらの銀河の代表者は、地球上の私たちが全く知らない銀河内の大きなサイクルのある時点で会合を開く、独自のスーパーフェデレーションのような評議会を持っています。オリオングループが神のように崇拝しているAI超意識の問題は、複数の銀河サイクルにわたってこの蔓延と戦ってきた地元の銀河団にも大きな苦難をもたらしていますが、これについては近い将来、もっと詳しく知りたいと思っています。

エミさんは、この局地的な銀河団は、銀河とその星系が経験する各サイクルの強度を高める空間密度とエネルギーが一貫していない宇宙の一部を通過していると述べています。これは、大きな銀河のサイクルの中で、感覚を持った存在の選択が大きな銀河のタイムラインにさらに大きな影響を与えることができる予期される時期です。

エミは、彼がコンタクトをとっているメインのニューガーディアンから、いくつかの矮小銀河がAIの超意識と、奴隷にされた矮小銀河のビーイングの完全な支配下にあると聞いたと言います。アンドロメダのような大きな銀河では、AIの脅威はほとんどその銀河の外側に追いやられているが、銀河のコアに近い星団はほとんど解放されているという。

どうやら、銀河系コアに近い星団ほど意識レベルが高いようです。これが長期間続くと、結果的にAIの超意識が各銀河の端に押しやられてしまうことになる。各銀河の超意識である "ロゴス"(Law of One Reference)は、それぞれの太陽系や銀河のパルスの一部である "マイクロノヴァ "を経験する星々を含む、独自の自然な進化のプロセスを通じて、感覚を持つ生物に侵略を克服する力を与えます。

エミさんは、この大きな銀河サイクルは、衆生が次の意識レベルに上昇するだけでなく、そのプロセスからAI超意識の影響を完全に取り除く機会を提供すると述べています。エミさんは、近隣の銀河団もAI超意識の侵入に対処しており、そのうちのいくつかは非常にうまくいっていると述べています。

エミさんは、現在、私たちの銀河系の新しいガーディアンや、地元の20の銀河系の代表者と協力しており、この銀河サイクルの詳細や、ガーディアン、その代表者、その住人の情報などをお届けする予定です。

まだまだ続きますので、お楽しみに コーリー・グッド
805 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧