ロシアの研究者が、タングステンを含む奇妙な円盤状の物体を数十個発見



ancient-code.comより

ロシアのボルゴグラード市の研究者が、直径4メートル以上のものを含む12個以上の円盤状の物体を発見したというニュースです。

専門家によると、これらの円盤状の物体には、軍事技術に使われる高密度の金属であるタングステンが含まれているという。ウォルフラム」と呼ばれるタングステンは、その頑丈さが特徴で、特に元素の中で最も高い融点を持っていることが注目されています。タングステンの硬さと密度の高さから、軍事的には貫通弾に使用される。

ロシアのウェブサイトによると、今回の発見を担当したのは、ボルゴグラード市ジルノフスキー地区で発掘調査を行っていたロシアのUFO・暗号生物学研究グループ「コスモポイスク」である。これまでにも円盤状の岩を発見したことはあったが、これほどの大きさの円盤状の岩が出土したのは初めてのことだという。

発掘を担当したヴァディム・チェルノブロフは、「すでに十数個の円盤状の岩が発見されており、そのほとんどが直径1メートル前後のもので、クズバスでは直径2メートル近い円盤状のものが出土したが、今回の『巨大な』円盤状の岩はユニークで印象的だ」と語っている。

4メートルの円盤の形は、現代のUFOの解釈と極めて似ていることから、UFOハンターやUFO学者に多くの話題を提供している。ufosightingsdaily.comの編集者Scott Waring氏は、この謎の円盤状の岩の発見は、過去に地球外生命体が来訪したことを示す究極の証拠であり、その組成が、今日の軍事技術に使われているタングステンでできていることが特徴であると考えている。

出土した謎の物体の性質についての憶測を超えて、新たに発見された円盤状の「UFO」はジルノフスキー博物館に運ばれ、科学者たちがその年代や素材の正確な組成を解明しようと研究している。しかし、多くの人々は、これらの物体は自然浸食の結果であり、遠い過去に地球を訪れた「異星人」の仕業ではないと懐疑的である。



今年に入ってから、ロシアのクズネツク盆地にあるベロヴォという街の近くで、鉱山会社によって円盤状の謎の物体が発見されました。この1.2メートルの謎の円盤は、深さ40メートルの場所にあり、非常に古いものである可能性が示唆された。考古学者がいくつかのテストを行った結果、この完全な円形の1.2メートルの円盤は、遠い過去に人間が作ったものであると結論づけた。

謎の物体は、古代人が作った「モニュメント」なのだろうか?過去に見たものを表現したものなのだろうか?それとも、懐疑論者が言うように、この円盤状の物体は自然浸食の産物である可能性もあるのだろうか。



もし、自然浸食の結果だとしたら...大量のタングステンはどう説明するのか?

この円盤状の物体は、UFOハンターやUFO研究者、懐疑論者の間で、今後も議論の的になることは間違いない。ロシアのジルノフスキー博物館で専門家が分析した後、この物体の詳細が判明するのを楽しみにしている。引き続き、この物体についての情報をお届けする。

https://www.ancient-code.com/researchers-in-russia-discover-over-a-dozen-of-mysterious-disc-shaped-objects-containing-tungsten/
1409 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧