2749年の未来で2年間を過ごしたタイムトラベラーが語る。

2022-09-13

ancient-code.comより

これらのビデオでは、2749年の未来に2年間滞在し、現在に戻ったタイムトラベラーとされる人物が、彼が見たすべてを語っています。興味深いことに、彼の話をじっくり聞いた多くの人々が、彼の「予言」が地球上で起こり始めていると述べています。

あなたは、タイムトラベルが可能だと思いますか?従来の理論では、少なくとも人間には不可能です。もし誰かが光速よりも速く移動できるのであれば、理論的には誰かが時間旅行をすることができ、タイムトラベルは決定的な可能性を持つことになる。多くの研究者は、タイムトラベルの証拠が、聖書をはじめとする数多くの古代の書物に見いだせると考えている。紀元前8世紀に書かれたインドの古文書「マハーバーラタ」には、ライバタ王が創造神ブラフマーに会うために天界に行き、数百年後に地上に戻ってきたと書かれている。

しかし今日、タイムトラベルが可能であることを証明するとされる多くの信じられないような証言があるにもかかわらず、タイムトラベルが実在するかどうかを議論することは極めて困難である。

アル・ビーレックは、それとは異なる話をする人物である。ビーレックによると、彼は未来に旅行しただけでなく、帰ってきて、自分が遭遇したすべてのことを話すことができたという。

アル・ビーレックは、2137年に過ごした6週間と1749年に過ごした2年間から覚えていることのすべてを語っています。この人物にまつわる話は魅力的で、ビーレックが語った記録はすでに起こっているか、近い将来に起こるだろうと主張する人が多くいます。新しい世界秩序から、地球を支配する壊滅的な気候変動まで、ビーレックの語る物語は傾聴に値するものである。

モントーク・プロジェクトとは、ロングアイランドのモントークにあるキャンプ・ヒーローやモントーク空軍基地で行われた一連の米国政府の秘密プロジェクトで、研究者が心理戦のテクニックやタイムトラベルなどのエキゾチックな研究を開発していたとされるもので、ビーレックが言及した多くの事柄の中に、このプロジェクトがある。「モントーク計画の起源は、USSエルドリッジでレーダーによる透明化が研究されていた1943年にさかのぼる。エルドリッジ号はフィラデルフィア海軍工廠に配備されていたため、この船に関する出来事は一般に「フィラデルフィア実験」と呼ばれている。(出典)

モントーク計画は、タイムトラベル装置を作ることになった数々の極秘プロジェクトの間に、アメリカの人々の背後で起こった出来事を一生懸命に描写した、多くのドキュメンタリーや無数の本を誕生させた。

報道によると、アル・ビーレックの任務はマインド・コントロール・プログラムの運営を担当することであった。 彼はダンカン・キャメロンやプレストン・ニコルスと定期的に連絡を取り合っていた。 Stewart SwerdlowはAl Bielekの下でMontauk Boysのプログラマーの一人であった。(出典)

興味深いことに、タイムコントロール・プログラムが稼働していた1980年代、アルはいくつかのタイムトラベル実験に参加している。 彼とダンカンの二人は、何度か火星に旅行している。 他にも紀元前10万年の研究ステーションや、ライトエネルギーとダークエネルギーの入ったキャニスターを手に入れるための他の惑星、6037年への旅など、チームと一緒に行ったいくつかの旅を、彼は今、覚えている。
http://www.bielek.com/ab_albielek.htm

アルの発言やモントーク・プロジェクトに隠された秘密について懐疑的な人は多く、いわゆるモントーク・プロジェクトや話題のフィラデルフィア実験の存在を証明する機密文書が一般に公開されるのは時間の問題であると固く信じている。

https://www.youtube.com/watch?v=emgXeZkQ1IA
https://www.youtube.com/watch?v=HyH3yjupayA
https://www.youtube.com/watch?v=elOAQX4EPSc

https://www.ancient-code.com/time-traveler-who-spent-2-years-in-the-future-year-2749-tells-all/?amp=1
460 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧