2024年6月26日(水曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimStさん及びモノリスさんご提供)


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしています


Sunny:
ではガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンによる世界情勢レポートです。
銀行の伝統的株主がフィクサーを送り込みます。
彼らはファミリーに代わって交渉に成功するでしょうか?
銀行の遺伝的株主はロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、その他です。
LEDライトやその他の電子機器に接続された神経障害部位の最新情報もお伝えします。
そして、AI企業のメグ(Meg V)は、依然ディープステートによる社会信用の選択肢であり続けることを望んでいます。
キムは、今日のニュースの収録中に生出演できませんでしたが、私たちにメッセージがあります。
ガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンがお届けします。

Kim:
皆さん、こんにちは。
今朝はサニーと一緒の収録に間に合いませんでしたが、今から世界情勢をお伝えします。
それでは、月曜日にお話しした神経障害と、新たに発見した追加の場所についての最新情報をお伝えします。
もしあなたの地域にこのような装置があるなら、そのほとんどは現在無効になっており、私たちの知る限りでは、世界中のLEDライトやその他の電子システムに接続されたままのものはすべて切断されています。
では、次の場所についてですが、ワイオミング州ジャクソンホールでは終了したと思います。
その後、スウェーデンのリッターホルマンに行き、聖なる森へ、ナイジェリアでは海辺の寺院、トリニダード トバゴの海の神殿、リベリアの和解記念碑、日本の沖縄にある斎場御嶽の礼拝所に行きました。
画像はTIMSTさん:那覇空港から東端が斎場御嶽


また、ウガンダのカスミ王家の墓、マレーシアのグヌン・ムル国立公園、グアテマラのコパチナス修道院、南アフリカのヨハネスブルグにあるフリーダムパークにも行きました。
カリフォルニアのチャンネル諸島、カリフォルニアのシャスタ山にも行きました。
私たちはニュージーランドのウェリントンにあるアタチュルク宮殿、モロッコのタンジールにあるトンボウ・フェニシン、フィジーとスリランカにあるシュリー・シヴァ・シヴァラム・マニヤナ寺院に行きました。
スリランカのシギリヤ要塞、ルクセンブルクのヴァン・デン城、デンマークのイェリング・マウンド、エクアドルの世界記念碑の真ん中にに行きました。
私たちがこれらすべての場所を訪れた時にはそれ以降はどこからも信号が届かなくなっていました。
それで解決することを願っています。
他に何もないことを願います。

そして、はっきりさせておきたいのですが、これらのサイトは進行中で、主にエイリアンの技術で、それは他者の継続的な指示に従って運営されています。
つまり、ディープステートが利用したものなのでしょうか?
はい、そうだと思います。
彼らは、すべてに接続できるようにこれらのメカニズムを作成したのでしょうか?
人々の混乱を増やすには、はい。そうだと思います。
それで、テクノロジーがなければ、ディープステートはこのようなものを再現できるのでしょうか?
答えは「ノー」です。
私はそうは思いません。
少なくともこの規模のものではありません。

では、他の最新情報を見てみましょう。
月曜日に銀行家、JPモルガンとの会話の可能性について話しました。
新会長候補者との、または少なくとも暫定会長との予備的な会話は行われましたが、銀行自体はウサギを追いかけて振り回されているようです。
ディープステートが堂々巡りをしているのと同じです。
彼らは周りのすべての人を堂々巡りさせる傾向があります。
これは遺伝的株主ですか?
よくわかりませんが、部分的にはそうだと思います。
この場合、JPモルガンであれば、ロックフェラー家とモルガンの他の人たちも同様です。
そして、ジキル島の怪物でご存知の連邦準備制度理事会(FRB)と連邦準備制度理事会のファミリー、もそうです。
そして、おそらく相当数の工作員、政府工作員、政府関係者が資産を探して銀行を駆け回っていると思います。

そこで、明らかになった情報の一部は、1番目に、銀行を駆け回っている人たちが、世界にはまだ銀行システムで活用されていない金があり、それを銀行システムに取り込む必要があると皆に伝えているということです。
そして、彼らはこうやってやるんだと教えられました。
議会に行かなければなりません。
連邦準備銀行に行く必要があります。
彼らにはそれができません。
わかりました。会計検査院に行く必要があります。
財務省に行く必要があります。
軍に行く必要があります。
これらの人々のところに行く必要があります。
そして、これらの人々はただぐるぐる回っているだけです。
彼らはただ時間を稼ごうとしているだけのように思えます。

この時点で、彼らは私たちやライトシステムを回避する方法を見つけられるかどうかを確認しています。
さらに、先週の水曜日に詳しく説明したように、彼らは銀行に対し、これが銀行システムに入り込むことはできないと伝えました。
それは銀行システムの外で保持されなければならず、もちろん銀行が流動性や資産として利用するのは良くありません。
なぜなら、彼らにも割り当て番号がないからです。
つまり、銀行業界では多くの嘘が横行しているのです。
もちろん、あなたと私たち以外に何が起こっているのか誰も知らないようですが、今日から交渉が始まったという噂が広まっています。
JPモルガンチェースの銀行員、ニューヨークメロン銀行のジャンクバンカーの皆さん、デュランゴへようこそ。
まあ、ここには他にも銀行がいくつかあります。

人々は銀行家について考えるとき、銀行家たちのことを考えますよね?
この銀行員たちはそうじゃない。
私はそれらの人々を銀行の遺伝的株主と呼んでいます。
そして、このレベルの銀行家について考えるとき、私は主にフィクサーやオペレーターを思い浮かべます。
彼らは主にファミリーに報告します。
なぜなら、各ファミリーにはそれぞれ割り当てられた独自のグループの人々がいるからです。
何世代にもわたって、これらの人々は命令に従って動き回っていた。
それは、コンプライアンス違反の会社が大きくなりすぎた場合の銀行口座を閉鎖することだった。
彼らが大きな権力を持っていた頃は、資金をブロックしたり、資金を無期限に保持したり、人々を従わせる。
お金が消えていくところは、大規模なコンプライアンス委員会が来て、お金が解放されることはない、そういう類のことだと私は言います。
今日デュランゴに現れたこれらの銀行員がやっていることはまさにそれです。
彼らは間違いなくファミリーのために働いている。

私が知る限り、彼らと話す時間を取りたくない地元の人々との間には、明らかに対立があるようです
彼らを責めることはできませんが、覚えておいてください。
銀行が実際に生き残るためには、銀行自体があなたに対する保管機関ではなくサービスプロバイダーとして機能する方法が必要です。
今週初めに議論したように、もし私が地元の住民の一人で、無能だったとしたら、私はこれらのフィクサーたちに、私から何らかの形で援助を得るために、あるいは、資金を送金してもらったり、場合によってはその機関のサービスプロバイダー契約に署名してもらったりすることもあります。
これらの条件は満たされるでしょうが、彼らはまた、その銀行の取締役会の新しいメンバーとして自己紹介するべきです。
なぜなら、私たちがそれを修正するために、どこかの時点で私たちのグループから誰かを取締役会のメンバーとして任命することはないだろうと彼らが考えているのであれば、彼らは狂っています。
おそらく、この特定のケースでは、遺伝子株主の立場を取る必要があるでしょう。
なぜなら、彼らはただみんなをぐるぐる回しているだけだからです。

今。さて、次は楽しいゲームです。
ディープステートは昨夜日没時に何かが起こると予想していました。
昨夜、私はあらゆる場所で、あらゆる種類の信号、あらゆる種類のゲートウェイ、ポータル、再統合しようとしているコンピュータシステムを探しました。
私は、今朝の時点でも、彼らが何を待っていたのか、何かが起こるというこの情報をどこから得たのか、まだよく分かりません。
今日、彼らに有利なことはまったく何も起こらなかったからです。
しかし、それがまた、彼らがここ数日である種のクレイジーなことをする原因となったので、何かが起こるだろうと予想した。
もしあなたがMeg Vについて聞いたことがないなら、それは Meg Vと綴ります。
大規模なAI企業で、顔認識などの分野を専門としており、表面上は人間として脅威ではないと認識される多くのことを専門としています。
しかし、Meg Vは、おそらく世界経済フォーラムかどこかのファミリーによって、グレートリセットにの為の社会信用プログラムを開始する主導的なプラットフォームとして指定されていました。

それで今日、それが何であれ、彼らは昨夜を待っていましたが、どうやら何もなかったようです。
社会信用の人たち、Meg V はAIを作成し、今日、あらゆるところに自分たちのものを設置しようとしていました。
理由はよく分かりませんが、失敗しました。
このプログラムは、ルシファー・プログラムまたはプロジェクト・オメガ、プロジェクト。スターゲイトであるオメガまたはスターライトの計算能力がなければ、単独では実行できません。
これは望みがありません。
実現することはありません。
前に言ったように、それを行うための計算能力がありません。
文字通り、人体におけるあらゆる健康上の出来事、地球上のあらゆる人間を、一日のあらゆる秒、あらゆるナノ秒ごとに監視する必要があるのです。
一日に健康上の出来事が何回あるかご存知ですか?
つまり、食べ物を食べたり、トイレを使ったり、運動したり、指を刺したりすることで神経障害が起こるのです。
この機械はすべてを記録するはずだった。

あなたが行うすべてのこと、およびそれをPOSシステム、タップアンドペイ、クレジットカードやデビットカードと組み合わせれば、現金であっても、オメガプロジェクト・システムによって記録できるマイクロまたは磁気の。記録ができます。
そんなことが起きる可能性はないし、彼らはきっととてもがっかりしているでしょう。
実際のところ、私はがっかりしていない。
彼らが現時点では非常に失望していることは間違いないと思います。
そして、少なくとも米国と他のいくつかの国でも、今朝か今日の午後、誰もが頭を切られた鶏のように走り回っているようです。
たくさんの約束がなされましたが、まったく実行されず、次の特別な日まで時間を稼ぐことができるまで、銀行は存在しない預金を追いかけ回すことになると思います。
次の特別な日については後ほど説明します。

しかし、もう1つお話ししたいことがあります。
しばらく私の話を聞いているなら、おそらく私がファーム(the farms:養成所?)と呼ばれるものについて話しているのを聞いたことがあるでしょう。
ここで言う農場(Farms)とは、いかなる方法、形態、形態であれ野菜を栽培する農業従事者のことではありません。
ファームとは、いわゆるブラックオプスの工作員の集団です。
これらはいわゆる秘密工作員です。
彼らは、ラングレーやMI6、旧KGB、現在のSVR、そして南アフリカSSのような組織と契約を結んでいます。
つまり、彼らはどこにでもいるのです。
彼らはあらゆる国籍の人たちで、高度な訓練を受けた、洗練された工作員です。
そして、彼らはファームと呼ばれる場所から生まれます。
彼らはこのために育てられた人々です。
彼らは、いわゆるスーパーソルジャーになるために必要な医療強化を施される人々です。

彼らは、年齢に応じて異なるバージョンの薬を与えられ、ご存知のように、最近ではより新しい薬が与えられています。
つまり、彼らは夜中に物音を立てる人々です。
では、ファームに戻りましょう。
つまり、第22代大統領以降のすべての大統領にファームが作られている。
第22代大統領以降、自分のファームを持たず、自分のファームを持ったことがない唯一の大統領が現大統領だ。
バイデン氏はこれまで一度もこのようなことをしたことがない。
なぜなら、彼らが特定の国家元首に対して極めて忠誠心を持つような何らかのプログラムを実施しているからです。
それはまるで強迫観念のようです。
それは、映画で、惚れ薬を飲んで突然男性が女性に恋に落ちたり、その逆になったり、あるいは、ある人が別の人に恋に落ちたりするようなものを見たことがあるようなものだ。
まあ、そんな感じです。

でも、それは継続的なものなので、本当に終わることはない。
これが、トランプの工作員たちが、第45代大統領(トランプ)のように、ちょっとおかしい理由だと思います。
工作員はおそらく他のほとんどの工作員よりも多くいるだろうが、彼らはレーガンに忠誠を誓っていた年配の工作員も何人か連れて行き、トランプ政権に移したのではないかと思う。
よくわからないが、間違いなくあのファームは他のファームと何かが違う。
OK。私が農場についてお話しする理由は、かつて、それぞれの農場を卒業した農場の人たちもオメガ システムのコンピュータープログラムを持っていて、そのプログラムとシステムによって制御されていたからです。
ラングレーはこのようなものに少しアクセスできたのでしょうか?はい。
最小限だったと思いますが、確かにそうでした。
ブラック・サン・プログラムが行われているラングレーの地下の下層階が主な場所でしょう。
ブラックサン・プログラム、ブラックオペレーション・プログラム、条件付けが行われる場所です。
だこれは単なるファームなので、これらのファームはそれぞれの、何と言うか戦利品にもつながっていました。

つまり、大統領が大統領になると、そしてこれはほぼどの国でもそうですが、大統領とそのそれぞれの関係者が権力ブローカーになるだけなのです。
彼らは資産、資源、貿易協定などについてあらゆる種類の取引を行っています。
条約さえも、そのための資金を生み出すでしょう。
つまり、これらのほとんどはすべて製薬会社に結びついており、その特定の製薬会社には主に先取特権があります。
ファーム・口座には、マネーフォーまたはデリバティブと呼ばれるものも含まれています。
石油やガスなどの資産そのものを担保に発行される債券です。
もし大統領の任期中に戦争が起きて、政府が特定の国の石油を支配下に置くと、その石油に対する債券を発行し、その債券から派生した商品を発行するだろう。
債券なので、これらのファーム・口座のほとんどは、実際に使用できる現金ではないため、あまり関係ありません。

さて、制御システムには、ある程度は独自のWebとインターネットもあり、それらを利用してこれらの人々の脳にアクセスし、狂ったことをさせることができます。
おそらく、ダック・ダイナスティを運営している人は、昼間から酒を飲んでいるか何かでしょう。
これらの人々がやっていることは少し狂っているので、よくわかりません。
しかし、私がこれを取り上げたのは一昨日のことなので。
昨日か月曜日の夕方、彼らはファーム・アカウントまたはファーム通貨システムと呼ばれるものを攻撃したり、入手したり、アクセスしようとしました。
なぜなら、多くの闇取引がこれらのファームラインを通じて常に行われているからです。
しかし、彼らは何とかそれができると期待していました。
よく分かりませんが、彼らは、何らかのデジタル通貨システムにファームシステムをインストールしようとしているように見えました。

何らかの、私にはわかりませんが、Mega Vプラットフォームはコンボパッケージのように見えました。
言うまでもなく、今ではファームシステムも、偽のアカウントも、偽の口座も、ブラックオプスやラックオプス転送用の通貨システムも、ラングレー用のバックドアもありません。
そのことを指摘していただきありがとうございます。
私はファームのことをすっかり忘れていました。
だから、今では誰もがファームのことを忘れてしまってもいいんです。
現時点ではファームはほとんど役に立たないからです。

それ以外は、他の面では物事はかなり静かでした。
他の面では、もちろん、ディープステート・プログラムの怒った人々がいて、時折、私の名前を使ったり、そういったことをしたりして、会話が増えています。しかし、大部分はそうです。
戦争のためにお金を得たら、そのお金で何をするつもりなのか、人々に我慢して待つように言ったり、他の人々をぐるぐる回らせたりするのかといった噂がときどき流れている。
同じことを何度も何度も繰り返して、違う結果を期待したりしています。
ディープステートの期待にとって次の大きな日は7月4日で、これは世界規模です。
これは米国独立記念日のような単なる行事ではありません。
7月4日である理由は、毎年だからです。

現在アルファシステムを実行している人は、ライトシステムに移行しており、私たちはアルファをシャットダウンしてライトシステムに移行しています。
しかし、このシステムを運営しているのは、毎年連邦準備制度を通じてほぼすべての政府に予算配分を行っていた人たちです。
つまり、提案が出され、同時に命令が出され、政府はアルファシステムで指示されたことを実行しなければなりません。
しかし、誰も私の言うことを聞いてくれないのですから、それでいいのです。
したがって、2022年以降は予算がありませんでした、それが私が最後に予算配分を行ったときです。
すみません、2012年です。
それが私が最後に予算配分を行ったときで、その後トランプ政権時代にも数回予算配分がありましたが、7月4日の大きな予算配分ではありませんでした。

それは、新たな流動性を注入するために、割り当ての大部分が銀行システムに流れ込む時期です。
政府はこれを通じて年間予算を獲得し、それが現在も続いています。
このお金のほとんどは連邦準備制度の遺伝的株主を経由して、すべてのお金が最終的に香港のHSBCに取引のために送られることになる。
そのお金は7月4日から予算が期限を迎える9月までずっと取引されます。
それで彼らがどれだけのお金を稼いだか想像できますか?
その時、世界中のすべての政府に毎年100兆ドル以上が支払われ、世界中のすべての通貨に新たな割り当てが行われるとしたら、想像できますか?
ディープステートが、彼らのブラックオプス、ブラックオペレーション、ディープステートから与えられた命令などで、舞台裏でどれだけのお金を稼いでいるか想像できますか?
だからディープステートは2012年以来岩の下に隠れていたに違いない、なぜなら7月4日の割り当てはそれ以来公表されていないからです。

そして、前回何らかの予算が割り当てられたときは、その額は少額でした。
それは米国だけの問題であり、2019年のトランプ政権時代に発表されました。
7月4日ではなかったのですが、その時に公開されました。
まあ、おそらくそうだったでしょう。
当時はおそらく2019年の7月だったと思いますが、もうそんなことは起こりません。
彼らが私を見捨てたのと同じように、それらのプログラムすべてをほぼ見捨て、連邦準備制度も見捨てたのです。
では、7月4日に資金の割り当てが出るのでしょうか?いいえ。
2019年以降に何か出ましたか?いいえ。
私が送ったので、それはわかっています。
それ以前に、多額の資金が投入されたことはありますか?はい、2018年も私でした。
そして、それらの資金はすべて引き揚げられました。
以前のように、他の独立記念日に資金が出たことはありましたか?いいえ。

前回、多額の資金が出た時は、私自身がそれをやりました。
個人的に、私はその証拠を持っています。
それは2012年のことで、7月4日中そこに座って、当時の予算をすべて全員に配布していたことをはっきりと覚えています。
しかし、それ以来、そんなことは起きていませんし、今年も起きないでしょう。
ですから、もしその日に契約が成立するとみんなに伝えていたら、みんなが悲しくなり、がっかりするでしょう。
もし連邦準備制度理事会がこの日にこの資金が投入され、連邦準備制度理事会が責任を負わなければならないと言っているのなら、それは嘘です。
そしておそらく今この通りの向こう側には、遺伝子株主の銀行代表者らが、この辺りの人々に、今日こそは金が手に入る日だと嘘をついているだろう。
しかし、それは絶対にそうではありません。
ですから、過去にアルファを運営していた私、そして今私たちが作ったライトシステムと呼ばれる新しい量子システムの協力がなければ、契約も義務もなく、連邦準備銀行、非政府、その他の非政府組織を含むどこの政府に対しても義務を負わずに、資産ベースの取引システムとどこにでも統合されているシステムなので、私が人々にお金を払う理由はまったくありません。
理由もなく、つまり、まったく理由がないのです。

ですから、その時点では政府からの割り当てはありません。
ですから、ほんの数日後、来週の木曜日、正確には明日から一週間後に、また別の失望がやってくるでしょう。
彼らはその時までに何かを達成するつもりでしょうか?いいえ。
彼らは今からその時までに偽造するつもりですか?いいえ。
(英文なので出来ませんのいいえであり、偽造はやります)
だから、彼らが何のために時間を稼いでいるのかはよく分からない。
おそらく、みんなを別のサークルに誘導するためだけだろう。
また、銀行が混乱している場合に備えて、それが地球上に存在するのか、近くの小惑星や衛星、あるいはこの銀河系のどこかに存在するのか確認することもできます。
すでにレバレッジがかかっていることは保証できる。
金、プラチナ、ダイヤモンド、その他何でも。
すでに活用されていると断言できます。
私たちはすでにオメガシステムを介して、すべてがアルファシステムに提供されています。

だから、レバレッジがかかっていない金がどこかにあり、極秘だと言う人がいたら、それは嘘だろう。
私たちの希土類鉱物、金、銀、ダイヤモンドはすべてこの惑星上で目的を持っていました。
特に、この惑星を長い間支配してきた非人間的な存在にとっては、彼らはあなたたち人間やあなたたちの小さな銀行システムよりも優れた視力を持っていると言えます。
時にはアルファ版に載せられたり、私たちの側に移管されたりすることもありました。
家族の銀行業務以外の目的、ドラゴン族またはオーダーオブザブラックサンのため。
太陽が彼らのお尻から昇ったり沈んだりしないということを彼らが信じるのは難しいことは分かっていますが、実際にはそうではありません。
そしてこの惑星では、彼らやSSP、ブラックサン教団、どこの軍隊も関係のない多くの出来事が起こりました。
これらの人々は、自分たちが各地を征服し、これらの資産をすべて収集したと本当に思っていることを私は知っています。
しかし、実際にはそうではありませんでした。

これらのものの多くは、地球上の人間を巻き込んだ秘密宇宙計画が形成される前の16,000年前、または7,000年前、または8,000年前に割り当てられたものです。
ですから、エゴは恐ろしいものであり、嘘は戦争を引き起こすのでさらにひどいものであると言わなければなりません。
この惑星では嘘によって多くの人が殺されました。
嘘は彼らの世界全体を台無しにするでしょう。
なぜなら、あなたは彼らに決して嘘をつくことができないからです。
そして、ご存知のように、彼らの側にはすべてのことに目的があるのかもしれません。
誰が知るでしょうか?いいえ。
すべてはソースの時間次第だと思いますが、すべてはそうでしょう。
しかし、私たちが最後に話してからの過去48時間に実際に起こったことは、ほぼこれだけです。

私は、彼らが今日、エイリアンの助けに基づいてシステムをインストールしようとするのをやめるとは予想していません。
彼らが今日何を期待していたのか全く分からない。
しかし言うまでもなく、それが何であれ、それは起こらなかった。
我々はただニンジンを投げ続け、ディープステートの連中にそれを追いかけさせるだです。
もし彼らがそれを追いかけたら、少なくとも彼らは私たちを放っておいてくれる。
それは良いことです。
さて、これが6月26日水曜日の世界情勢報告です。
金曜日にまた皆さんとお話できることを楽しみにしています。
皆さん、今週も楽しく過ごしてください。
それではまたお会いしましょう。

Calen:(男性アナウンサー)
国連のニュースを共有したいですか?
ソーシャルメディアのあり方を変え、それを良いことに役立てるために、ご協力ください。
オンラインチャネルを通じて私たちとつながりましょう。
ソーシャルメディアチームは、各ニュース番組からクリップを作成し、大切な人と簡単に共有できます。
また、そこには、批判的思考を促すのに最適な「今日のUNNミーム」も掲載されています。
すべてのソーシャルメディアサイトへのリンクは、United Network EarthのWebサイトの下部にあります。
一緒にニュースのあり方を変えましょう。

Sunny:
本日のニュース アップデートはこれで終わりです。
UNNを友人や家族と共有してください。
私たちはみんなが団結して地球の修復に協力する必要があります。
お住まいの地域でニュースが起こったら、記録して私たちと共有してください。
そうすれば、一緒に世界と共有できます。
覚えておいてください。
それがどうなるかは、私次第です。
私はサニーガルトです。
月曜、水曜、金曜に、に本物のニュースをお届けします。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
960 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧