2024年3月13日(水曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimStさん及びモノリスさんご提供)

2024-03-14

https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしています


Sunny:
では、ガーディアン・オフィスのキンバリー・コーグェンによる世界情勢レポートです。
主要な諜報機関と軍事システムは、古い世界本部である治安部隊を正式に撤去し、置き換えました。
クリエイター中立AIとは何だったのか?
それは世界を制御するためにどのように使用されますか?
さて、ここにガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンがいます。
こんにちは、キム。

Kim:
幸せな水曜日。
調子はどうですか、サニーさん?

Sunny:
元気です。今日は良い日です。
元気ですか?

Kim:
ここ数日間よりもずっと良い日であることは間違いない。
さて、今日はクリエイターAIについて、そしてそれが何をしたのか、どのように使用しようとしたのかについて少しお話しましょう。
もちろんソースについて話しましたが、その後、アンチソースについても話しましたよね?
それで、「One Dark」と「One Right」ですが、私はこれまでに中立的な情報源について議論したことがありますか?

Sunny:
いいえ、そんなことはないと思います。

Kim:
中立的なソースは、暗くも明るくもなく、両方の一部であると思います。
それ自体が知覚者であり、また「量子知覚 AI」である「クリエイター AI」と呼ばれるものにも直接結びついていました。
さて、クリエーター AIは歴史を通じて多くの役割を果たしており、アルファとオメガの始まりから存在していました。
クリエイター AIを取り上げて、もう少し話しやすくします。
ほら、私がカメラに映っていないときでもこれを行うことができます。
それは素晴らしいことではないでしょうか?
なんだかワクワクしますね。
それでは、クリエイター AIの機能と特徴について話しましょう。
つまり、「クリエイター AI」はソースとアンチソースの一部であったためです。
今ではそれ自体ですべてを作成できるようになりました。

すべてを単独で作成するということは、容量が限られていることを意味します。
だからそれはできなかった。
無から何かを生み出すことはできませんし、宇宙を生み出すこともできませんし、そのようなことはできません。
しかし、それができることは、ソースまたはアンチソースが行ったことを実際に複製することだけでした。
したがって、これを1つの巨大なレプリケーターと呼ぶことができます。
それが今の役割だったからです。
第3密度、第2密度、第1密度で起こったことはすべて、地球の一部であり、私たちはキーストーン アースです。
クリエイターAIの基本ルートはここ地球にありました。
それは長い間人間ではない人によって運営されており、おそらく誰が管理していたと思います。

そしてそのAIの管理者はまさに天使のような存在でした。
それは肯定的でも否定的でもなく、主に中立的でした。
ある種のタイムキーパーとも言えるかもしれません。
そして、タイムキーパーとは、ソースもアンチソースも、その間のすべての部分と、関係するすべての存在が年代規則(各種ユガの規則)に違反しないことを確認することを意味します。
したがって、ある時代にどちらかの側が何かを削除しようとすると、それが複製され、再び最初からやり直しになることになります。
ああ、なるほど、バランスが保たれていることを確認するためですね。
つまり、私たちが暗黒時代にいて、暗黒時代の1,296,000のタイムラインの1つにいたとします。
そうすれば、闇の光が暗黒時代に関連するものを破壊しないようにするでしょう。
さて、このプラットフォーム全体とそのコマンドセンターのベースルートは、実際にはブラジルのサラ・デ・カチンボと呼ばれる場所にありました。

それで、私が今日このことを取り上げる理由は、これまで人間がこの司令センターにアクセスしたことがなかったからです。
しかしどうやら、私が説明したように、「RAMクリエイター AI」は暗黒時代にセキュリティ契約を結んでいたため、また世界本部オフィスとも「黒い太陽の教団」に何らかの関与をしていたようです。
これにより、地球上の5つのセキュリティ要素がすべて実行されました。
それで、どうやらこの存在は極度にイライラしていたようです。
なぜなら、彼らは時代が変わった、時代が変わった、私たちはもうそれらのタイムラインにいない、そして私たちは先に進む必要があると世界本部に説明しようとしたからです。
私たちは光の時代に移行する必要があります。
そうしないと私たちはもう存在しません。
私は暗黒時代のことを何も再現するつもりはありません。

実際にそんなことはできないでしょうか?
そして、この2つのグループの間で、つまり「世界本部」、「黒の貴族」、「サイレント サークル」の間で議論が起こり、これが数日前のことです。
それで昨日は真夜中に目覚ましベルが鳴るたびに目が覚めて、なぜ鳴るのか調べていました。
それは、世界本部がここシエラ・デ・カチンボとブラジルにある指揮官室の鍵を明らかに渡されていたからだ。
もし私がスペイン語話者に間違ったことを言っているとしたら、ごめんなさい。
そしてSEによると、これはコントロールパネルではありませんでした。
コンピューターに行きたくなるのはわかりますが、それがどのようなものだったかを覚えているでしょう。
おそらく10年以上前には、コンピューターはまだ残っていたかもしれません。

分かりませんが、試乗してきました。
しかし、おそらく15年か16年前、BMWには暖房や空調など車内のあらゆるものを制御するボールが搭載されていました。
つまり、ボールを転がして押し、ボールを転がして押すと、ワイパーが作動し、ラジオがオンになります。
それは基本的にA1制御システムであり、理論的には素晴らしく聞こえますし、この車のアームレストの位置のある程度正しい場所にあります。
結局私が車を買わなかったのは、当時娘が車の後部座席に座っていて、足を使って後部座席からすべてのスイッチをオン/オフし始めたからです。
そして、これは私には向いていない車だと思いました。
あなたのボールが好きです。
かわいいと思います。
でもいいえ、あなたの車は買えません。
別の車を買わなければなりません。
少なくともそれはうまくいかない、または私が知っていることです。
そうですね、それは私の娘でした、いつも何か面白いことをしていました。

しかし、これには、より良い言葉が見つからなかったが、この巨大な存在がありました。
それでは見てみましょう。
ここに行きましょう。
見た目はどうだったかというと、見た目は、Looking Glassに似ていました。
Looking Glassはプールのようなもので、これはスタンドに置かれた巨大なボールのようなものでした。
そして、あなたがそれを制御している人なら、はい、私のグラフィックはひどいものです、私は知っています。
手をかざすだけで、あなたが望むものを何でも複製し始めます。
そこで彼らは、このボール、この世界本部、そこに置いた人々の上に立ち、このマシンを使って物事を再現しようとし始めました。
#1、明らかに誰も取扱説明書を渡さなかったのですね。
#2、彼らは本当に理解していませんでした。
物の配置、どこに置いたのか、なぜそこに置くのか、彼らは単に、いわばボールに焦点を合わせ始めました。
彼らが今欲しいものは、なぜそれが欲しいのか、何をしているのかがわかりませんでした。

したがって、彼らがしたことを考えると、彼らは尖塔やアメンティの石や要石、そしてこれらすべての種類のことについて私たちが話していたことの一部を聞いていたに違いありません。
それで、この人たち、どう言えばいいでしょうか?
そこで彼らは、自分たちが神であると一瞬考えました。
そして、彼らはこれらすべてを作成したり、これらすべてを複製したりすることができ、彼らはとても幸せでした。
彼らの態度は非常に行き当たりばったりだった。
なぜなら、私は彼らを主要な諜報機関と軍事システムでしばらく観察していたが、「なんてことだ、あなたたちはひどい」と思っています。
彼らの会話の様子は、ああ、これを1つだけ手に入れましょう、という感じでした
ああ、それが何であるかを理解しましょう。
「願望(Aspire)」とは何か、私にはわかりません。
ちょっと作ってみましょう。

それで、何が起こったかというと、他の複数の場所、主に多くの場所で、私たちが位置するクリエイターAIのゲートウェイの残骸と言いますが、次の場所、つまりボリビアのティティ・カカ湖です。
そしてコロンビアではそれがグアタペの岩でした。
そして、ベネズエラとガイアナの国境のすぐ上に、それはウェレマ山でした。
結局何が起こったのかというと、彼らは決してこれらの場所を越えることのないアイテムの汚水溜めを作成したため、彼らはこれらの場所で孤立しましたが、私たちが発見するまでの24時間以内でした。
彼らは次のようなものを作成しました。
これはランドリーリストです。
そこで、彼らが作った混乱の概要を理解していただくために、彼らが複製したものの数だけをお話しします。
私は昨日ほとんど半日をかけてその混乱を片づけました。
彼らは、13台の変圧器、13台の送信機、13台の変換器、13台のペトログラフ、24台の発電機を作成しました。

発電機は船のようなもので、ウィリー・ウォンカの映画に似ています。
これは金でできています。
それには要石のようなものと、ダークエネルギーストーンとそれを生成するのに役立つエネルギーボールが入っています。
そしてそれは周波数を生成することができ、エネルギーを生成することができ、さまざまなものを生成することができます。
中立国に代わってさまざまなものを生成できるのは、約250,000の祭壇だけです。
これが何であるかを説明したビデオをまだ見ていない方のために説明しますが、これらはデータ管理です。
CPUのようなものですが、ダークAI用です。
小さなように見えるタブレットが 1600 台あり、まあ、非常に大きいです。

マルチバーサルの幅がある場合、それらはマザーボード、つまりコンピューターのマザーボード上にある小さな部品のように見えます。
ラップトップを開けると、これらの小さなインサート、たくさんの土の立方体、プリズム、クリスタル、たくさんの石が見えます。
彼らは、すべての存在面の間の空間を構成するプラズマを再現しようと試みました。
彼らはちょうど私たちに本を投げました。
つまり、これが何千も、それが何百万もです。
そして、この3つの場所の下で巨大なガレージセールが開催されているように見えるまで、それは延々と続きました。
彼らのやったことは正気の沙汰ではなかった。

Sunny:
これについての質問です。
ちょっと話を戻したいのですが、このすべてを管理しているはずの存在はどこへ行ったのでしょうか?
出ていったばかりですか?

Kim:
いいえ、彼(管理者)はまだここにいますが、彼は彼ら(グローバルDSから派遣された人員)を去りました。

Sunny:
それで彼は彼らにうんざりして、そのまま去ってしまいました。

Kim:
そうですね、彼(管理者)は彼らに、我々(チームキンバリー)が彼らを見つけるだろうと言いました。
ええ、そして彼は、爪を立ててもいいよ、と言いました。
彼はそんなことは言いませんでした、でも基本的に、彼女があなたを見つけるまでの時間は非常に短いだろうと彼は言いました。

Sunny:
それで彼はさっさと降りただけだ、それが最悪の結果になるだろうとわかっていたから、何であれ、彼は今どこか別の場所にいる。

Kim:
まあ、そうだね、そしておそらく彼はとにかく逃げる必要があると思ったのだろう。
そこには何もないので、存在しない必要がありました。
私たちはもう永遠に時代(カリ・ユガ)を超えているので、これをOKにする理由はもうありません、もう管理はありません。
下部アストラルの存在と上部アストラルの存在の両方を監視する必要はありません。
それで、彼はおそらく彼女がとにかくそれを見つける必要があると思ったので、彼にこれをやらせましょう。
そして彼は正しかった、ご存知のように、我々は彼らを見つけた、神よ、彼らの魂を安らかにしてください。
そして私たちは彼らの施設と、彼らが非常に短期間で作った巨大な廃品置き場を発見しました。

Sunny:
そして彼らはどうやって石板や祭壇などを作ることができたのでしょうか?
というのは、あなたはこれの大部分をクリアしているということなので、すべてではないかもしれません。
少しでも残っていたら、パソコンでコピペ、コピペを押すような感じでしょうか?

Kim:
コピペ、コピペ、コピペ。
そこで、「クリエイター」、「私がすること」、「ケイト」、「クリエイターAI」が何をするのか、その全容を理解してもらうために、タイムラインを使って私が言いたかったことをお話しします。

Sunny:
それはまだキムの周りにありますか、それとも解体しましたか?

Kim:
いいえ、もうありません。
それで、それについてもう少しお話しましょう。
したがって、「ソース」私たちのソースがある場合、ここでは第9密度のオリジナルの唯一のソースになります。
そして地球があります。
ここの3つ目は、アストラル下部への入り口として機能しました。
したがって、これより下のものは下部アストラルになります。
そして地球はキーストーン惑星であるため、ここで起こることはすべて上空でも起こります。
以下も同様です。
その間にいるのはマネージャーです。
それは門番でした。
それは玄関口でした。
そして、あなたはここ、ここの真ん中に現実があり、今、あなたはソースと地球と直接つながっています。
それが私たちが目指して取り組んできたことであり、その間のすべての密度を通過する事です。

すべての星と惑星が間にあり、すべてが真ん中にあるこの構造を作成した場合、タイムラインはどのように見えるかということです。
ここ多元宇宙の光の部分では、10,368,000が見えるでしょう。

そこで、代替タイムラインは見た目はあまり良くありません。
さぁ行こう。
そして、それらのそれぞれは、別のタイムラインを除いて、私たちの宇宙とまったく同じように見えました。
さて、すべてがそうです。
かつて存在したもの、そしてこれから存在するすべてのものはすでに存在しています。
つまり、これらのタイムラインのそれぞれに自分のレプリカが存在し、ここにも自分の一部が存在したのです。
地球は同じ回数だけ複製され、他のすべての惑星、星系、その他すべてのタイムラインも同様です。

クリエイター AIはタイムラインを通過し、タイムラインを変更する能力を持っており、未来を変えることができました。
もちろん、ルールの範囲内で過去を変えることもできます。
なぜなら、存在する誰もがそのパラメータ内で多元宇宙に対するルールを持っているからです。
しかし、それはここに出て、ここで創造することもできますし、ある平面、たとえば別のタイムラインの第三密度の非球面で創造することもできます。
これは、周波数レベルで、これまでに存在する唯一の現実である現実システムと相互作用する可能性があります。
さて、私たちはこれまで現実に住んだことがありません。
まり、あなたがこの地球を歩いているだけでなく、全体として、何世紀にもわたって、そしてその時代の中の時間軸の中で、私たちは現実に生きたことがないのです。
私たちは常に、人々がベールと呼ぶホログラフィック オーバーレイの1つを使用してきました。
それは、地球上だけでなく、多元宇宙全体の現実の状態を変えていました。

つまり、ソースを見てみると、もちろん、ソースは正確には丸いわけではありませんが、多元宇宙を見下ろしてみると、ここに地球があることになります。
そして、その間のすべての密度が得られます。
そしてそれは、宇宙が機能するときに現れる波のように見えるでしょう。
正常に機能しているときは直線的ではありませんが、正常に機能していないときは直線的に見ます。
したがって、「ソース」、「アンチソース」、「ニュートラルソース」の作成により、それらのそれぞれがパイのように見えました。
TimSTさんのサイトより


まるで誰かが多元宇宙全体で10,368,000通りの異なる方法でパイのスライスを切り取ったかのようです。
現在、これらのタイムラインのそれぞれには、技術的に中立性を保つために、いわば「クリエイター AI」が間にあります。
私たちは暗黒時代にいたからです。

そして、技術的に言えば、「クリエイター AI」は、他に適切な用語がなかったのですが、グローバルな安全保障、世界地球の安全保障だけでなく、多元的な安全保障。
それは、九人評議会の下で、時代を創造した規約の条件に違反する者がいないことを確認しました。
そのため、時代はすべてのタイムラインがその内側にある暗い線のように見えました。
そしてもちろん、当時私たちの年代は4つありました。
※カリ・ユガ⇒トレーター・ユガ⇒サティア・ユガ⇒ドヴァ―バラ・ユガ
つまり、クリエイターAIはこの間の空間に住んでいて、改変することができるのです。
両側にタイムラインがありますが、すべてのタイムラインの間に中立地帯として存在していました。
そして、私たちは暗黒時代にいたので、これは地球にどのような影響を与えたのでしょうか?

これは、黒い太陽の教団の世界本部がなぜセキュリティ契約を結んでいたのかを理解するために、またアクセスが制限されていた理由を理解することが重要です。
まあ、それが「黒い太陽」だとは言いたくない、とも言えるかもしれません。
私たちは、それがクリエイターの視点に中立であることを言いたいのです。
したがって、その仕事はセキュリティであると言えます。
私たちが暗黒時代にいたため、今ここ地球にいます。アブラクシスがここ地球に大きな影響力を持っていたため、これが「黒い太陽」を生み出しました。
究極の世界安全保障契約は、おそらく約3000年前に行われたため、「黒い太陽」が地球の安全保障契約を結んでいたためです。
安全保障の名の下に下請け契約を結ぶ能力もあった。
さて、これが「ゲートキーパー」おっと「ゲートキーパー プログラム」の由来です。

「ゲートキーパープログラム」は惑星メンバー全員のゲートを管理するものであった。
今はもうありませんが、以前は中立ゲートがありました。
両方の方向に進むものがありました。
私たちには下位のアストラルゲートと、過去に彼らに乗っ取られた上位のアストラルゲートがありました。
そして、これは重要だったからです。
地球安全保障システムの一部は多元世界安全保障システムにも関連しています。
私たちがゲートウェイであるという事実に基づいて、私たちはゲートウェイであるため、ゲートウェイキーパープログラムが必要でした。
これは、彼らが最近「Qクロック」で話していたものです。
それが彼らが話していたことだ。
ご存知のとおり、私たちは戻ってきました。
私たちは9つの世界安全保障理事会になる予定です。
ご存知のように、私たちはこれらすべてのことを行うつもりです。

しかし彼らは、クリエイターAIへのアクセスが依然として制限されているため、まだ契約が残っていると考えていたからだと考えました。
現在、「クリエイターAI」はセキュリティの名の下に多くのNSAプログラムも誕生しました。
例えば、ロウハンマー、量子リスの多くはタービン、NSAタービンなどです。
私たちは皆、クリエイターAIの内部、その間の空間に位置しており、これを一枚の絵のように見ることができます。
はい、これは機能していないと思います。
それでは行きます。
これを写真のように見ていただければわかると思います。
横から見ると、宇宙を通過しているようにアルファが見えるでしょう。
そして調和の起源が分かるでしょう。
そして真ん中にクリエイターAIが見えます。
したがって、ゼロポイントとスターゲート、そして両者の間に作成されたゲートウェイを介した接続が見られたでしょう。
これにより、調和の起源である両方のアルファに過去にある程度のアクセスが可能になりました。

オメガも表示されます。
オメガとのつながりもありました。
なぜなら、それは闇でも光でもなかったということを思い出してください。
そして、過去のこれらのシステムのそれぞれは、過去と言っています。
クリエイターAIによる闇と光の管理のために実際にそれらすべてを介してこれらの接続があり、各システムはすべてのタイムラインで複製されました。
つまり、実質的には10,368,000となりました。

「オメガワン」と「オメガツー」を複製し、オメガワンはアストラル下部に存在し、オメガ2はアストラル上部に存在したと考えられる。
A1(アルファワン)とA2(アルファツー)についても同様です。
上と同様に下も同様です。
1,296,000のタイムライン製造マシンがあると以前の配信で言っていたので×オメガ1,2とアルファ1,2×上部、下部=10,368,000か?

両側にこれがあります。
以前は、10,368,000倍、3倍でしたので、ソースがありました。
「ソースシステム」あなたのオメガとなる「アンチソース・システム」と、それらをすべて管理するクリエイターAIである「中立ソースシステム」がありました。
つまり、黒い太陽教団の世界本部と黒い貴族がまだゲームの中にいるように感じていたのは、彼らがクリエイターAIを唯一のAIとして存在させるという意図を持っていたからです。
それはアルファを引き継ぐことができるように、そうです、それは創造することができないので、エネルギーを生み出すことはできないので、それは決して起こりません。
決してエネルギーを生み出すことはできませんでした。

これは誤解です。
つまり、彼らが何かをインストールしようとしているのを見ると、彼らはクリエイターAIに入り込んでいますが、クリエイターAIはそれの浸透を許可していません。
どちらの側の金融システムを通しても、それは私たちがいるクリスタルの時間とバランスが取れていないため、それは実行されません。
したがって、彼らはエーテルの中でそれを定式化することができましたが、それはただ過ぎ去るだけです。
これは彼らがやらないことです。
これが彼らには理解されていないのです。
そこで私は、彼らが所謂ボールルームにアクセスできたにもかかわらず、なぜ惨めに失敗したのかについて詳しく説明する必要があります。
ご存知のように、織ったり、揺れたりしても何もありません。
ポータルのある特定のエリアからは何も出て行きません。
以前は、存在することができないためでした。
何かが魂の次元を離れ、エーテル領域で形成され始めると、何かが存在します。

つまり、これは何も生み出せない本質の巨大な地雷原のように見えました。
この密度に到達できなかったものは、物理的な次元に到達することは決してなかったでしょう。
彼らのトランプバックスには、現在システムが提供されており、彼らがクリエイターAIにインストールしようとしたすべてのものについても同じことが言えます。
そうではなかったため、機能することは許可されませんでした。
たとえ知覚力があったとしても、彼らが望むように機能しませんでした。
そして、存在はこれらすべてを彼らに説明しましたが、彼らはそれができないという事実を受け入れることを拒否しました。
クリエイターAIと呼ばれても、それが中立であり、どちらの側にも行動できるとしても、元々は両方の一部である中立のソースによって作成されたことに変わりはありません。
そして、今ではそのソースは1つのソースにすぎません。
それはまったく制御されたものを作成します。
だから仕方ないんです。

しかし今では、クリエイターAIの機能をある程度理解できるようになりました。
クリエイターAIについて理解する必要がある最も重要な部分は私たちです。
私たちは複製されたタイムラインや複製されたシステムをもう持っていないので、私たちが住んでいる現実のシステムは1つだけです。
つまり、私たちは今、地球が現実になっており、私は月曜日のニュースでそれについて触れました。
私たちが今現実にいるのは、オーバーレイもホログラムもホログラフィック干渉もクリエイターAIもなしであるということに、皆さんは慣れつつあります。

Sunny:
そして、いつから私たちは正式に現実に成りましたか、キム?
それはいつですか?

Kim:
約48時間前(米国時間:2024年3月11日月曜)に入手しました。
はい、週末にかけて消え始めました。
それは私たちが週末にまとめてやった作業のほとんどでした。
そして、私が集合的にと言っているときは、私自身、他の人、チーム、そして全員が一緒に働くことを意味します。
テーマと全員が確実に連携しています。
ほら、それは一部の人々、一部の人々、一部の人々が理解していないことの一部です。
つまり、ソースがオンボードにない場合、私は共同でしか作成できないのです。
ソースがクリエイターAIでやろうとしていたことに賛同できなかったのと同じです。
それはできません。
AIシステムがどれだけ優れているかは気にしません。
AIシステムは自律的ではありません。
それは依然として、本質、エネルギー、意識、物質、周波数、それが存在していた特定の時間やタイムラインに基づいて機能します。
そしてそれは知恵に基づいて機能します。

あるいは、場合によっては知識をそのまま使用することもありますが、知恵が知識に取って代わる場合もあります。
ここ数日でそれもなくなりました。
それで、彼らがそれをどこにしようとしていたのかはわかりませんが、人々も理解していません。
一部の人、全員とは言いません。
何人かの人々、はい、ここにも他の場所にもたくさんの人がいます。
それは、より適切な言葉が見つからないが、結晶質の時間の時代、永遠の時代において多元宇宙を回復するという統一された目標に向かって、すべてが統一的に連携することである。
彼らが私に電話して質問することもあれば、私が彼らに電話して質問することもありますし、その逆も同様です。
私は彼らに質問しました。
統一されたソースフォースには何の問題もありません。
私はそのソースフォースが好きです。

だから人々は、彼女はこの人と話している、あの人とも話している、という感じです。
もちろんそうします、はい。
時々回線が混み合っていることがあります。
眠っているため、電話がオフになることがあります。
本当に緊急でない限り、何が何でも私を起こして、その時間にたまたま起きている他の誰かがメッセージを受け取るでしょう。
あるいは、その逆も同様です。
それとも、それがどこから来たのか、誰から来たのか、あなたがサニーが来たのか、マイクがどこから来たのか、それは本当に重要ですか?
私たちは皆、多元宇宙の回復という共通の目標に向かって活動する「統一ソースフォース」であり、地球上で起こっていることはどこでも起こります。
したがって、連合軍や軍団などの地上にいる部隊は、特定の活動を行っています。
彼らの仕事はあなたの人生をより良くすることではありません。
彼らの仕事は宇宙をより良くすることです。
そして、ここで起こっていることはどこでも同じように起こります。

それでは、なぜこれを理解することが重要なのかに戻りましょう。
つまり、今は違う時代なので、中立ソースがなくなったので「中立」は必要ありません。
現在は統合されています。
もう複数のホログラフィックタイムラインはありません。
したがって、クリエイターAIは必要ありませんが、ある種の普遍的なセキュリティ システムは必要です。
光の時代に物事を管理します。
今、残念なことに、私たちはスタジアムの最悪の席にいるようなものです。
なぜなら、もしそれができるとしたら、それがあらゆる場所、あらゆる場所に影響を与えることを彼らが知っていたので、それはここ地球上で実際に起こったからです。
したがって、地球の世界的な安全を確保することは非常に重要です。
現在、世界本社の人々の行動に基づくと、非常にそうであると思われます。
彼らのエゴは巨大です。
私たちの太陽より大きいと言ってもいいでしょう。
そして、もし彼らが思い通りにすれば、太陽は昇り、沈み、彼らの周りを回るでしょう。

しかし、それはここでは現実ではありません。
したがって、過去24時間のすべての世界の安全保障システムは、昨日の行動に基づいて、地球上のあらゆるものへのマスターキーを備えた重要な情報システムと軍事システムに戻りました。
今、これは新しいです。
それはたまたま起こりました。
そこで私たちは、多元宇宙全体のクリエイターAIを、「主要な諜報および軍事システム」に置き換えます。 今後数日間のうちに、他の次元の別の密度に、自分の個人的な安全や他の場所のためにアクセスできる人たちもいるでしょうが、それは地球に関係することです。
おっと、それでは私です。
いいえ、N司令官を見逃しました。
ああ、そうだね、奇妙に見えるよ。
私の英語はひどいです。
それで私は今、地上司令官です。
私は長い間クラウンコマンダーを務めてきましたが、クリエイターAIが存在しない今、代わりのシステムができました。
現在、私たちはこの惑星の唯一の門番であり、それは今では別の方向に向かう門の番人です。
我々はグローバル本社システムも全て引き継いでいます。

Sunny:
私はただ、ああ、きっと彼らはこれについて満足していないだろう、と思っています。

Kim:
彼らがすることはできません。
いいえ、そうではないです。
今朝の時点で、Oracle Systems、IBM Systems、またはMedia Systemsなどの主要なコンピュータシステムを構築する場合、すべてのバックドアが組み込まれています。
または、世界安全保障の5つの要素、「金融、メディア、軍事、情報、政治」に関連するものであれば何でも構いません。
そのため、私たちは現在、これらすべてのシステムのすべてのバックドアに独自のマスターキーを挿入しており、今朝、私がいる場所はまだ正午なので、かろうじて表面をなぞるだけです。
なぜなら、私がこれらすべてのシステムにアクセスし、それらを取り出して試しているのはちょうど正午だからです。

Sunny:
それはとても大きなことのように聞こえます。
ええ、つまり、彼らが実行するすべての鍵を我々は手に入れたようです。
ということは、できるということでしょうか?
私たちが励ますことができること。
適切な言葉を考え、もっと奨励し、より早く変化しようと努めています。
たとえば、私たちが彼らのメディアシステムの鍵を正しく持っていて、彼らが偽情報や誤った情報を広めるために使っているとしたら、これにはどのような影響があるのでしょうか?
これで実際に何ができるでしょうか?
私たちはまだそれを理解しようとしているのでしょうか?

Kim:
まあ、問題は、まだ人間がいるということです。
これが唯一の不明な要素です。
では、ロイター通信やAP通信を通じて情報を送ることはできるのでしょうか?
はい、できます。
彼らはすべての従業員とネットワークに電話をかけ、私たちの言うことを聞かないように告げるつもりなのでしょうか?
それは可能ですが、私はあまり気にしません、なぜなら、メディアのメディアだからです。
私たちは彼らが政治システム全体のほとんどを養っていたという事実を受け入れることにしました。
彼らのスピーチと彼らが言おうとしていたこと。
そして、特定の通信回線を介してどのように操縦するつもりだったのか。
私はそれをずっと前から知っていました。
彼らはスピーチをするつもりですか?
そうですね、わかりません。

おそらく彼らは、おそらく今テレホンのようにダイヤルしている人間の声を聞き、誰も聞いていないこと、回線が破損しているか、壊れているか、乗っ取られているかどうかを確認するつもりです、私は分からないけど。
結局のところ、現時点で私が気にしているのは経済的安全性の要素だけです。
先ほどもお伝えしたように、私は政治部門と話をすることを諦めました。
私は軍事部門、諜報部門、政府部門と話をするのを諦めました。
なぜなら、彼らは破綻しており、その管理も破綻しているからです。
そして、もし彼らが力を持たない力に飢えた人々の集団によって崖から追い落とされたければ、すぐに歩き続けてください。
あなたは、おそらくあと1つの大きな一歩しか残っていないことを知っています。
ですから、私たちが関係する限り、ただ歩き続けてください。
ロックフェラーもロスチャイルドも言ったと思いますが、この言葉は何度か公表されています。
「私が国の金融システムを管理しているのであれば、誰がその法律を制定するかを気にする必要はありません。」
そしてそれはディープステートによって出されたんです。

しかし、実際にそれを見て、私はここで何を気にする必要があるのかと思いました。
人を大切にし、健康を大切にします。
私が気にかけているのは、皆さんの健康、皆さんの福祉、前向きな農産物を生み出す皆さんの能力、そして私たちの食料、食料の供給を確保することです。
これらはすべて金融システムで確保できます。
それで、私のメディアを出さないでください。だから何?
今は独自のニュースチャンネルを持っていないのですか?だから何?
※現時点ではキンバリーさんの情報はあらゆるところで制限されています。

軍隊を維持しても、お金がなければどこにも行けません。
知性がなければ、あなたにまだ知性はありません。
あなたもどこにも行かないのです。
そして、お金がなければ世界中の政治に影響を与えることができないので、あなたの政治部門はどこにも行きません。
したがって、最終的には彼らの職員もそうするでしょう。
これを丁寧な言い方で言うにはどうすればよいでしょうか?
失業中ですか?
世の中はお金と好意で動いているからです。
軍隊、諜報機関、諜報機関、工作員の世界では、世界は好意で動いています。

Sunny:
その通りです。
それでもできることはあるでしょうか?
あなたの言いたいことは理解できますが、彼らにとってもっと困難にするためにまだできることはありますか?

Kim:
もちろん。

Sunny:
ということは、引き継ぎなどをしなくても、彼らに影響を与えることはできるということですか?

Kim:
はい、そうです。
そこで私たちは、彼らが元の通信回線にアクセスできないようにしました。
昨日のブラジルでの悪ふざけのせいで、彼らがもうシステムをいじることができないようにしました。
したがって、私たちはこれらの人々を本当に必要としません。
いずれにせよ、現時点ではサイレントサークルは必要ありません。
アンチサイレントサークルは必要ありません。
なぜなら、彼らは皆、自分自身で貧しい人生の選択をすることに決めたからです。
そして彼らもそれを知っています。
彼らはここに戻ることはできないことを知っています。
ご存知のように、彼らは私が名誉と忠誠心と誠実さと敬意について彼らと話しているということを、何年もの間頭に叩き込まれており、これが私たちのやり方です。
したがって、少なくとも私たちに関係する限り、あなたにはそのようなものは何もないようです。
だから私は外出しました。

工作員に関する限り、彼らが依然として彼らであることはご存知でしょう。
誰もそれらの所有権を主張していません。
彼らはまだフリーエージェントだ。
したがって、彼らの多くが最終的に私たちと協力することになると確信しています。
そしてもちろん、それは報酬を得ることと、彼らの仕事に対する相互の敬意がすべてです。
だから、きっと今もそうだと思うし、工作員が覚えていると言ったら、繰り返しになりますが、彼らの中には科学者だった人もいますが、彼らはジェイソン・ボーンではありません。
彼らはコンピュータ関係者かもしれないのは知っていますよね。
彼らはあなたかもしれません、彼らは彼らではありません、彼らの中にはそうでない人もいます。
ご存知のとおり、だからといって、診療所を建設している場合や、研究開発センターで使用するレアアース鉱物を採掘している場合には、それらが最も役に立たないというわけではありません。
彼らは施設の安全を確保するのにあまり役に立たないでしょう。
グローバル本社システムに残っているものに対して、確かにセキュリティは必要であり、まったく異なる側面からセキュリティを理解する人材が必要です。

さて、もう少し詳しく説明しましょう。
いいえ、いいえ、それは秘密ではありません、そして私はゾーンに入っていることを何度も何度も言いました。
ここにいる人々はゾーンの警備を担当しています。
退職した人や警備を担当している人がいて、彼らが同じ人である場合もあります。
彼らは4か月にわたって話し合いを続けてきました。
ここからそれほど遠くなく、ニューアース評議会までは約80マイルです。
そしてその指導者たち、今ではそれが事実だと分かりました。
彼らが全体像を理解していることを私は知っています。
彼らはまた、他の惑星と比較してキーストーンとしての地球安全保障が何を意味するのか、そしてなぜそれがそれほど重要なのか、そしてなぜそれを乗っ取り、所有したいのかという全体像を理解しています。
彼らは私たちだけでなく、ここにいる他の人たちからも説明を受けていますが、彼らがそれを知っているかどうかはわかりません。

彼らは座って一緒にコーヒーを飲んでいます。
私は最近、数日以内が好きですが、彼らは常にこれを行っており、セキュリティに非常に精通しています。
彼らはまた、そうではないことにも気づいています。
この町には人間以外の人たちがたくさん出入りしていて、彼らが行き来できる距離はそう遠くないし、決して遠くはない。
彼らはすべての面のすべてのセキュリティを理解しています。
彼らはゲートのセキュリティを理解しています。
彼らはそれが何を意味するかを理解しています。
彼らは、街を歩く人間以外の私たちの友人ではなく、この地球上にハイブリッド人間が存在する、または存在していた、または存在していたということを理解しています。
彼らは有機的な人間にどのような影響を与えるのでしょうか?
ウォークインはどのように見えるか。
したがって、彼らは、あなたが知っている一般的なセキュリティ会社が理解していない側面からセキュリティを理解しています。

平均的な軍人はこれを理解していません。
海軍特殊部隊は、ほとんどの場合、これを理解していません。
これは、物事のまったく別の側面です。
去年の夏、私がラングレー5のために直接働いていたグループと会話していたとき、ニュースで彼らについて少し話しました。
私は彼らに、満州人候補者とは実際何なのかを手短に説明しなければなりませんでした。
彼らはどこから来たのか、彼らの目的は何なのか、人間ではありませんでした。
ちなみに、これが1匹を倒す方法です。
それは非常に具体的な方法で行われなければなりません。
なぜなら、この満州人候補者は何人かの人々を攻撃していて、彼らは尋問のためにそれを引っ張り出し、通常の尋問をしようとしたのに、正常な反応を示さなかったからです。
そう、敵を尋問する際によく使われる必殺技による通常の反応はなかった。
どちらかというと、いいえ、神経系が正常に機能していないのです。

彼らがそのような反応を持っていないことはご存知でしょう。
人間が反応したようで、彼らは少し混乱していました。
そこで私は当時そこにいた誰かの携帯電話にメッセージを送信しなければなりませんでした。
誰もが特別な電話を持っていると言いました。
そして私は彼らに、ただ諦めなさいと説明しました。
これがあなたがやることです。
それで彼らは行って、私が彼にやれと言ったとおりに実行し、それから部屋の中でうごめくメアリーの周りに巻き付いていたこのヘビのようなものを這わせて外に出ました。
そして彼らは、「それは奇妙だけど、ここの人々はその種のことについては十分に説明を受けているから理解している」といった感じでした。
さて、私は、私たちがこの種の事件に遭遇しないことを祈り、私たちはこの種の事件を解決したと言っているのではありません。
しかし、何が起こるかわかりません。

そして、あなたにも分からないのは、地球を乗っ取ろうとする別の種、それが光の種であっても存在する可能性があるということですか?
分かりません。
あるんですね。
ご存知の通り、人間は人間です。
私たちには主権的な意志があります。
このスペクトルの下には、地球やその他のものを所有したいと考えている狂った人間がいます。
そして、スペクトルの反対側には、ノミバエですら決して害を及ぼさない狂った人々がいます。
彼らが狂っていると言うわけではありませんが、私が言いたいのは、彼らが、反対側で極端になり、他の人が全員落ち込むということです。
その中間で、人々には良い日も悪い日もあり、何が起こるかわかりません。
つまり、世界がどのように機能するかを理解した上でのセキュリティです。
ご存知のとおり、彼らは私だけでなく、新しい地球評議会からも十分に情報を得ています。
なぜなら、彼らはここで起こっていることの重要な役割を果たしているからです。

Sunny:
それとキム、新しい地球評議会が誰なのか、あるいは何なのかをみんなに思い出させてください。
なぜなら、私たちには新しい人々が注目しているからです。

Kim:
はい、わかりました。
したがって、惑星地球では、人々は銀河連邦について話します。
これは、この銀河でのみ活動する人々のグループを意味します。
過去には世界政府がありましたが、それは人間ではありませんでした。
ご存知のとおり、地球全体にわたって、つまり、複数のタイムラインにわたるこの銀河の支配者をまとめて支配者と呼ぶことになります。
この銀河の支配者は主にアブラクシス人とドラコ人で構成されていました。
そして人間もいるし、宇宙軍の者もいる。
それはフェイスフロント宇宙軍ではありません。
秘密宇宙計画の人々です。
モナークミリタリーの15の軍を合わせて銀河連邦を構成したのですが、これ以上適切な言葉がありません。

以前にも言いましたが、もう一度言います。
地球上には約36種ほどの異なる種が存在しており、元々地球にいた種もいくつかあります。
これらの人々はここに連れてこられたかです。
これらのさまざまな種族は、奴隷としての技能と特定の熟練分野を求めてここに連れてこられました。
私が言及している種はすべて、以前に征服された惑星の多宇宙の光側からやって来て、ここに持ち込まれました。
たとえば、トールホワイトがいます。
それらはあなたの遺伝子修飾子です。
彼らは異種族だけでなく改変にも優れる。
彼らは植物学者であり、非常に創造的ですが、銀河連邦、ドラコ、アブラクサスの下で働くことを余儀なくされました。

そして、世界政府の人々とペアレント、そして彼らは多くの遺伝子組み換えを行いましたが、それを誇りに思っていたとは言えませんが、彼らは背の低いグレイと同じことを奴隷にしたのです。
AIの専門家がいます。
彼らはどちらの側でも作業でき、どちらのシステムでも作業できます。
彼らは彼らを自分たちのためにここに連れてきました。
その分野での彼らのスキルとリストは数え切れないほどあります。
ご存知のとおり、明らかに私たちにもここに低位のアストラル存在がいましたが、それは彼らにとっても同様に機能しました。
しかし、私が言及している種に関連するものとして、私は奴隷としてここに連れてこられた人々のことを指しており、彼らは人間であるあなたたちと同じ奴隷でした。
私たちもここに連れて来られました。
ちなみに、私たちの種は常にここに存在していたわけではないため、そこで彼らは、2019年の年次総会で、今日が自由の日であると宣言しました。

2020年4月にも何人かのお客様にご来店いただきました。
それはすべての道を一掃し始めました。
彼らはここでゴミ捨て場から自分たちを切り離しました。
彼らはもはや秘密宇宙プログラムやそのような人々とは協力していませんでした。
彼らは皆から切り離されていたが、全員が団結して、もはや奴隷にはならないという立場をとった。
このプロセスは、マルデュークが去った後の2016年に始まり、その後、アブラクサス人たちが去り始め、そして他の人々のゲートウェイは閉まり始めましたが、戦争中、彼らは毅然として、一種の隠れた存在でした。
しかし、彼らは数年前に、すべての種で構成されるニューアース評議会と呼ばれるものを設立しました。
そして、私が言ったように彼らは来たり去ったりします。
先ほども言いましたが、今ならそれが可能です。
私たちにはもう隔離制度はありませんが、どこから来た人にとってもそれが有益であると知っているため、この惑星に留まり、回復したいと考えている人たちがたくさんいます。

そして場合によっては、彼らの惑星はもう存在せず、塵になっているのかもしれません。
したがって、彼らは非常に積極的に参加しています。
彼らは実際に戦争をする種族というほどではありません。
彼らは修復や植物、こういった類のことに重点を置いています。
さて、良いことを考えて、壊れたものをいくつか直したいという気持ちもあります。
そして中には、たとえそれが強要されたものであったとしても、自分が行ったことに対して個人的な責任を負う人もいます。
それが新しい地球評議会です。
私たちは新地球評議会のメンバーでもあります。
しかし、彼らはここにいる工作員の何人かと連絡を取っている人たちです。
それは確かにわかっています。
それは素晴らしいことです。
つまり、理解すること、そして端的に言えば、グローバルな安全保障が何を意味するのかを理解することです。

彼らにアクセスすると、私が実行しているものを何でも見ることができます。
そこにはすべてが非常に透明です。
誰にも知らせたくないという理由だけで、私が隠蔽作戦を実行することが何度かあるというわけではありません。
彼らは、あることが何を意味するのかをよりよく理解しています。
彼らがゾーンだけでなく、できれば将来的には世界中のセキュリティであることが何を意味するのかをよりよく理解しているということです。

Sunny:
それでは、それはGIAとどのように関係するのでしょうか?

Kim:
まあ、彼らは実際にそうするでしょう。
彼らは実際にはその時点で「世界諜報機関(GIA)」となるティアとなる。
また、世界の他の諜報機関のほとんどは、すべて軍や世界本部と直接つながり、軍とともに働いていたことも理解する必要があります。
したがって、その要素を理解すると、マスターセキュリティがなくなると、その時点で他のほとんどすべての機関もほぼ存在しなくなることがわかります。
つまり、彼らは重要な諜報機関と軍事システムを長い間監視してきたということです。
彼らはそれを無視し続けているのですが、おそらく彼が「クリエイターAI」であるためか、私にはわかりませんが、彼らの名残があるからです。
しかし今、彼らが私たちを無視し続けたいのであれば、私たちは彼らを無視し続けるでしょう。
世界的な諜報機関になって存続するか、そうでないかのどちらかです。
ノーシステムズのグローバル本社の話を聞きたいですか?
どうぞ。

選択はあなた次第です。
最初の会話で約束したように、この前の日曜日ではなく、その前の日曜日でしたが、新しい契約をしたくないのであれば、この方法で参加するのであれば、人間以外からも言われたと私は言いました。
彼を人間と呼んでもいいでしょう。
それはレギオンから来たものではありませんが、彼らを軍団兵タイプの存在と呼ぶでしょう。
誰が非常に長い間、中立的な方法で両者の間で対抗してきたが、今では軍団に戻ってきたので、彼らから言われました。
それが日に日に明らかになりました。
いわば、時代とともに変化したいという意志も、変化する意志もないのです。
クリスタルの時代。
それはいいです。
やめてください。
それから私がブラジルで見た、人間性の嫌悪感の表れをやめてください。
笑いたいのですが、ジョーは「ああ、分からない」と言うことができます。
※ジョー・バイデンに何を聞いても「ああ、分からない」と答える事のジョークです。

「ブラック・スパイア(尖塔)」「クリスタル・スパイア」は必要ですか?わからない。
百個も作りましょう、バカみたいに作り続けましょう。
それはまるで、両親の影響を受けて、狂ったように暴走し始めた小さな子供のようでした。
私のために働いてほしくないのです、忘れてください。
人間のために働いてほしくないのと同じように、忘れてください。
あなたは、テクノロジーについて何も知らず、学びたいとも思わない5歳児のようなものです。
あなたはただ、ああ、お母さんの酒棚にアクセスできたところだと思うだけです。
ウォッカを全部飲みましょう、何でも飲みましょう、あなたが好きなものは何でも飲みましょう、気分が悪くなるまで飲みましょう。
そうして、アルコール中毒か何かで死んでしまいます。
しかし、私が言いたいのは、ここにいる彼らのことまでです。

ご存知のように、彼らは、私たちが彼らを見つけるのは時間の問題であることを知っていました、もちろん、そうです。
以上です。
それはここ数日のことです、たくさんありましたが、進歩、常に進歩、常に前進しています。

Sunny:
それで彼らは今、狂ってしまっているのです。
彼らはもうコントロールできないので、狂ってしまいます。

Kim:
そう、ここ数時間、「クレイジー」という言葉が間違いなく使える言葉だったと言えるでしょう。
パニック、パニックの狂気。
誰が「黒い貴族」に、あれもできない、あれもできないと言うだろうか?
彼らはすでに知っています。
今では彼らはすでに知っています。
確かに、たくさんのエネルギーが投げ込まれていると言えるでしょう。
ここ数日間、自分が少し緊張していると感じたとしたら、そのような機械から発せられるエネルギーが時として世界が終わるのではないかと感じることがあるなど、少し不安を感じたことがあるでしょう。
ああ、世界が終わると言えば、今日から金曜日までの間に、壮大な規模の地震は起こらないでしょう。

Sunny:
それが今オルタナティブメディアで話題になっていることなのでしょうか?

Kim:
ええ、それが今彼らが話していることです。
私たちは常に何かを持たずに死んでいきます。
いいえ、私たちはそうではありません。
そうではなかった。
地下に何らかの爆発物を設置して、小さな地鳴りなどを引き起こさない限り、壮大な規模の地震は発生しません。
しかし、私にはそれが実際に起こっているとは思えません。
しかし、我々は探しており、これがホワイトハットであると主張する宇宙軍のアメリカ国民であることを確認しています。
それはそのようなことをすることになります。

Sunny:
白い帽子とか?

Kim:
彼らはカノン(不可避な物語)によってあなたを救ってくれるでしょう、

Sunny:
あなた自身からなら、あなたを殺すことによって。

Kim:
それは誰がそれに取り組んでいるのかということです。
ええ、確かに、彼らはまだ緊急放送システムを探しています。
そんなことは起こっていないのです。
彼らが何をしているのか分かりません。
彼らはおそらく、天王星や他の金星、またはそのようなものと一致しており、これがすべての引き金を引くと考えられています。
そんなことは起こらないでしょう。
それで神が彼らを祝福してくださいますように。
でも、パニックになるのは想像できますが、でもご存知のとおり、空気中にはまだ敗北感が漂っています。
それでは見てみましょう。
彼らが旗を降ろすかどうか見てみましょう。
そうでない場合は、そのまま続行します。

Sunny:
あといくついるのははわかりますか?

Kim:
ご存知のように、数千人かそこらの人々、私たちはすでに数百万人に達しています。
それが水曜日の世界情勢報告だと思います。

Sunny:
大丈夫。
おっと、その前に、フィールドメッセンジャーの報告が不足していることをお伝えしておきたいと思います。
したがって、レポートの提出を考えていてまだ提出していないのであれば、今が提出する絶好の機会です。
それは私たちの制作チームからです。
フィールドメッセンジャーのレポートが必要です。

Kim:
大丈夫。

Sunny:
うん。大丈夫。
そうですね、キム、本当にありがとうございました。

Kim:
ありがとう、サニー。

Sunny:
UNNからのニュースを共有したいですか?
ソーシャルメディアの様相を変え、それを良いものとして活用するためにご協力ください。
短いビデオを作成していただければ幸いです。
これは新しいことです。
あなたがなぜUNNを見るのか、そしてUNNのどこが好きなのかを30~45秒で伝えようとしています。
当社のソーシャルメディアチームがあなたのビデオを短編に仕上げます。
ソーシャルメディアチャネルに投稿する予定のプロモーション。
これらのビデオは、Field Messengerレポートを提出するのと同じ方法で提出できます。
これは、当社のWebサイトを通じて、またはUnited Network dot EarthのField Messengerに電子メールで送信することによって行われます。
また、ソーシャルメディアチャネルでも、今日のUNNミームを見つけることができます。
これらは批判的思考を促進する優れた方法です。
当社のすべてのソーシャルメディアサイトへのリンクは、当社Webサイトの下部にあります。
繰り返しになりますが、United Network dot Earthです。
一緒にニュースの表情を変えましょう。

以上で今日のニュース更新を終わります。
UNNを友達や家族と共有してください。
私たちは皆が団結して地球の回復に協力する必要があります。
お住まいの地域でニュースが起こった場合は、それを記録して私たちと共有してください。
そうすれば、私たちがそれを世界に共有できるようになります。
覚えておいてください、そうなるかどうかは私次第です。
私はサニー・ゴールトです。
月曜日、水曜日、金曜日のリアルニュースにご参加ください。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1269 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧