2023年7月17日(月曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさん、モノリスさんご提供)

2023-07-19


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしていますので直訳とは内容に相違があります。元の翻訳はぜひTimSTさんのサイトでご閲読ください


Sunny:
ガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンとともに世界情勢レポートを作成します。
運命の日とは何でしょうか?
それは確かに世界的なディープステートの意図通りにはならなかったのは確かだが、ドラゴン騎士団はついに、新たに期限切れとなったすべてを読み始めました。
誓約書と、昨夜の記録館への新たな提出書類から、滅びゆく秩序(order)に対して世界的な無政府状態を率いたキムと彼女がアナーキストと呼ばれる理由と、世界の金融情勢についての最新情報を明らかにしましょう。

このほか、本日の世界情勢をキムに詳しく聞きます。
それでは、ガーディアン・オフィスの地上司令官、キンバリー・ゴーグェンに連絡してみましょう。
こんにちは、キム。
お元気ですか?

Kim:
わたしは。私はまだここにいるよ。

Sunny:
私はまだ立っています。
I'm still standing.(エルトンジョンの歌をサニーさん歌う)

Kim:
まさにその通りです。私はまだ立っています。
まあ、今もだけど、立とうと思えば立てる。

Sunny:
そうですね、どうやらあなたはアナーキスト(無政府主義者)のようです。
それが彼らが言っていることです。

Kim:
うん。うん。
そう、私は新世界秩序に反逆しているのです。
そう、最近まで誰も私のことを真剣に受け止めてくれませんでした。
そう、でも、いくつかのことを少し振り返ってから、なぜ私がアナキストなのかをお話します。
ロスチャイルドグループらによると、グローバルメディアプラン、メディアオフィスでは多くの興味深い展開が起こっています。
それをメディアオフィスと呼びましょう。他に何と呼んでいるのかわかりません。
それは、Kストリートにある何の変哲もないオフィスです。
ここは、9/11の前夜に翌日何が起こるかについて電話をかけたのと同じオフィスです。

そうですね、とても興味深いですね。
あそこの小さなオフィスですが、何度も侵入されています。
そして、以前にもお伝えしたように、ラングレーですらいくつかの部門に分かれています。
つまり、ドラゴン教団に忠実な人々がいるということです。
あなたには、黒い太陽の騎士団に忠実な人々がいます。
あるいは、ブッシュに忠実な人々もいます。
あなたにはレーガンに忠実な人たちがいます。
ご存知のように、長年にわたってさまざまな大統領に忠実な人たちがいます。
オバマの夜があります。
この人たちを何と呼んでいるのかわかりません。

非常に多くの異なるレイヤー(層)があり、すべてが区画化されています。
すべてが異なるアジェンダに向けて活動しており、互いに対立することがよくあります。
これはMI6、MI5でも同様です。
ご存知のように、それが中国にあるとは言いませんが、ロシアにもあり、ソ連の人々もいます。
それは、ご存知のとおり、そこのゲートウェイとスターリンラインの上に置かれたオーバーレイのプログラムにあり、彼らは本当に神のいない世界を実装したいと考えています。
そして、バザールファミリーに忠実で、車を取り戻したいと考えている人もいます。
それは彼らのある種のやり方です。
そこにはまだレッド・ドラゴンの命令に忠実な者たちがいて、起こるはずだった多くのことは実際には起こりませんでした。
その為今はみんなが混乱しています。

そしてもちろん、先週議論したプログラムでは、国家元首に対する多くの統制が行われていました。
そして今、みんなが目覚め始めていて、みんな本当に混乱しています。
でも、ええと、命令はまだ続いているとあなたは言うでしょう。
あなたが彼らを巻き上げるようなものですが、彼らはただ歩き続けます。
ご存知のとおり、彼らは崖から落ちても気にせず、立ち上がって再び歩き、別の崖から落ちようとします。
そういう日の一つが運命の日と呼ばれるものでした。
そして、運命の日は、ある場合には7年、別の場合には、おそらく12,000年、16,000年、そのようなものになるでしょう。
とても古いですね。そして別の形でそれは毎年起こります。
毎年行われる会議を次々と経て、最終的にファミリーレベルに到達し、ファミリーレベルに到達すると、中秋の名月の頃に工作員などと契約を結ぶことになります。

さて、今日の22時頃起こるこの新月、23時は東部標準時だと思います。
正確な時間については言及しないでください、しかしそれは正しいです。
通常会議が始まるその日、何年も何年も前、その会議は天使と悪魔の会議でした。
これ以上良い言葉が見つからない。
いわば、それぞれが師匠から命令を受ける会議だったのでしょう。
あなたが知っている神の側にいる人もいれば、サタンや闇の支配者ルシファーの側にいる人もいるでしょう。
そして、彼らが来年の計画にどのように取り組んでいるのか、そしてバランスを装ってそれぞれの希望をどのように組み込むつもりなのかについて話します。
なぜなら私たちはバランスを取ることになっていたからです。

そしてご存知のように、ここでは25万年以上もの間、物事のバランスが崩れていました。
そうした会合は、数年が経つにつれ、そこからドラコ同士そしてカマキリとアブラクシスと悪魔の会合へと形を変えていきました。
OK。そして、光側からは何千年もの間誰も含まれていなかったのでしょうか?
しかし、彼らが自分たちの知っていることの一部だけを信じることを止めることはできませんでした。
16,000年前から何年も、何千年も。
そして、ドラコが統治していましたが、その間に戦争があり、その後彼らは打倒され、その後彼らは戻ってきました。
教団が知っていた唯一のことは、アヌ(アヌンナキ)が7年ごとに戻ってくるということでした。
そして彼が最後に戻ってきたのは2016年だった。

毎年行われる最初の会議に備えて、この人々は、彼らのマスター、つまり永遠の闇の支配者とだけで世界の運命を決定することになるでしょう。
それで、注文(order)はマシーンを待っていました。
そしてこのマシンが起動し、悪魔が目覚めます。
そして、彼ら全員が自分たちのために会議を開きます。
そして、集会も、集会のマスターも、ペアレントも、何もない(すでに全員キンバリーさんによって滅ぼされた)ので、いわば、この人々が戻ってくることができるように、そこに明かりを灯す人は誰もいませんでした。
アヌンナキ、ペアレント、マスター、ファミリーなどの支配構造:TimSTさんご提供


つまり、この施設はキリマンジャロ山にあったのです。
タンザニアは非常に興味深いもので、金曜日には全員がそこにいました。
それが、私がニュースに出なかった理由です。
主に、それがいくつかのひどい周波数を放射していて、それらの周波数がさまざまな異なる場所に出ていて、そこに数人の悪魔が停滞している可能性があるためです。
それで、このマシンを説明する最良の方法は、映画の中から出てきたもののように見えるということです。
映画「ローラ・クロフト」これが最初のものだと思います。

Sunny:
「トゥームレイダー」って映画ですか?

Kim:
素晴らしい映画ですね、私、そこにそのちょっとしたビデオがあるのですが、その周りに金属製のリングがあり、奇妙な古代の文字が書かれていて、それが回転し始めるのがわかります。
そして最終的には目覚めるのを待つことになる。

そこでは包括的な軍事企業があったのですね。
そこにいる教団のメンバー全員が、このメカニズムはアヌが戻って来るように設計されていると考えていました。
アヌンナキの死体が実際にそこにあったからです。
彼は他所に連れて行かれたからです。
そして、あなたの魂がどこへ行っても、あなたの魂が取り出された場合、あなたが備えているメカニズムに関係なく、あなたの体は死んでしまいます。
だからみんなこれを楽しみにしてたんです。

これで、彼らは皆、なぜあなたがバカなのかについての情報源と長い会話をすることを楽しみにすることができます。
申し訳ありませんが、私がこの命令(order)をからかっているのが嫌だとは思いますが、知識が少ないと危険です。
地球に大きなダメージを与えていた可能性があります。
なぜなら、これが何をするのか、すべてがどのようにつながっているのか、なぜその周りに惑星が回っているように見えるのか。
あるいは金属、メタマテリアル、作られたマテリアルメタル、それはその周りを回転するこれらの惑星でした。
それが銀河系の他の惑星、あるいは反惑星、反地球、反金星、反火星とどのように関係しているのか。
これらすべてが実際にどのように機能するのかさえわかっていないのです。

これは素晴らしいアイデアだと思っただけで、実際はそうではありませんでした。
ここはオメガが地球に接続するための拠点でもありました。
それで最後に、わかりませんが、16,000年前、そこにあるボールは実際には暗黒物質でいっぱいでした。
明るい物質はありません。
つまり、非常に長い期間にわたって、この会議を開催するために、いわばライトサイドで発言する人は誰もいませんでした。
しかし、その会議は今日(2023/07/17)始まる予定だった。
それで彼らはまだ誰かが来るかどうかを確認しながら走り回っています。

彼らはシステムを取り戻したのでしょうか?
彼らが考えられるのはそれだけだ。
彼らは、運命の日には私たちが力を取り戻すだろうと考えています。
しかし、運命の日は世界の運命を決める時だった。
つまり、私が言いたいのは、今後数年間で何が起こるか、何が起こるかということです。
彼らがプロセスを中断するまで、長い長い間、このように続くでしょう。
今年の運命の日は、基本的に神または源そのものからの光の側への最後の封印でした。
つまり、この日土曜日が私たちが引き継いだ日を正式に記念することになります。
OK?うーん、したがって、彼らが何を試みても、何をしても、これは封印されます。

狂った人々、いいえ。
それに私もそう言わずにはいられませんし、注文(order)をからかうなんて失礼だという人もいたら申し訳ありませんが。
残された人々はこれらすべてがどのように機能するかを実際には理解していないため、わずかな知識が何をもたらすのか理解していません。
ちょっとした知識が実際に地球を爆破する可能性があります。
実際に断層で問題が発生する可能性があります。
多大な損害を与えた可能性があります。
だからこそ、ニュースに来るために自分がやっていたことを止めることができなかったのです。
私たちはそれがどのように機能するかを実際に知っています。

彼らはそうではなく、ここで何が起こるかわからないという事実をさらに確固たるものにする問題がありました。
トランプ工作員チームも冷たい死体をベリーズまで引きずり込んだ。
知っている。ああ、またか。死体はもうないので、これが最後です。
彼らは彼をそこの月桂樹の葉まで引きずり込み、その場所を見ようとしました、そして私はこのピラミッドの名前を発音しようとするつもりさえありません。
ルー・バドゥ・バドゥ・ミンとかラウドンとかのような感じです。
しかし、それはクリスタルスカルの神殿とも呼ばれているのです。

Sunny:
あれはインディ・ジョーンズの映画でしたね。
クリスタルスカル、それと関係あるの?
文字通り、先週末それを見たばかりです。

Kim:
はい、実際そうです。

Sunny:
なんてことだ。

Kim:
そこで彼らは頭蓋骨を配置し、適切な順序で三角形やあれこれを作成し、その中に遺体を入れ、キリマンジャロ山の機械が動くかどうかを待ちました。
そこに停滞している存在をその体に住まわせることができるかどうかはわかりません。
彼らがこの惑星を離れる前に交わしていた会話から私がわかる限り、彼らは究極のアンチソースを目指していたのだと思います。
だから、政府職員がどれだけクレイジーかというと、彼らはいつも自分たちの姿を見せるんだ。
それで、非常に冷静な南軍司令部は実際に衛星でこれらの人々を監視していました。
そして、キリマンジャロ山で何が起こっているかを監視していました。
彼らは、これがうまくいくかどうかについて既得権益を持っていたからです。

まだ続く、まだ続く、まだ続く。信じられない。
それで、彼らは実際に全員がいなくなって、そこには機能するものは何も残っていない、そしてあなたがいる場所も何も残っていないという連絡を受け取りました。
そしてとても怒ってしまいました。
私たちは、あなた方全員が私たちの軍隊の中の誰が誰であるかを知っていることがわかりました。
それは素晴らしいことではないでしょうか?
伝えるのがとても簡単です。
そして彼らが次にかけた電話は、国連と安全保障理事会に平和維持軍を派遣するよう求めるものだった。

私がそれを「平和(peace)を」と呼んでいるのは、彼らは実際には平和について何も考えていないからです。
ただ、違うスペルのピース(pieces)を取っているだけで、彼らもNATOと連絡を取り、これがうまくいかなかったことを伝えた。
それで、このことが起こった後、彼らは完全なパニックに陥りました。
そして、この組織におけるNATOの役割、金曜日に起こったこのクレイジーな出来事について、今何をすべきかを見つけようとしています。
そして国連は基本的に米軍に対し、戒厳令の下では米軍が責任を負っていると伝えている。
それについては、後ほど詳しく説明します。

運命の日をここで終えたいと思います。
つまり彼らは、ロスチャイルドとドラゴン教団が中国だけでなく他の場所で望んでいることに基づいて、ここの政府に命令を下そうとしているのです。
彼らは皆安全保障理事会のメンバーなので、ロシアもそうなることを望んでいますが、彼らは皆、それぞれの国の代表としてそこにいるわけではありません。
彼らはドラゴン騎士団の代表としてそこにいます。
彼らが代表する活動的な国、そしてこれらが私がここで言及している常任理事国です。
それで、他の人は何をしているのですか? OK、イラク首相は本質的に中東の体で歩き回っているロスチャイルドです。
彼は英国派からナジャフの学者たちと話をするよう言われ、指示を受けている。
私たちは数週間前に彼らについて知りました。

次のアヤトラ(イスラム教シーア派の高僧の尊称)の選択を彼らに伝えました。
彼らは今、そうするつもりだと述べています。
カミニ氏が死亡したと公式に発表され、その後ロスチャイルド家は学者を含む全員に彼らがどのような決断を下すのかを知らせたいと考えています。
新しいアヤトラを誰にするかについて、彼らは2、3人の候補を持っていた。
会議はハーブで秘密裏に行われ、そして彼らはその会話をしました。
そのままでは終わらなかったので、それを会話とは呼びません。
学者たちは基本的に、アヤトラは本当に必要ない、と言いました。
しかし、彼(イラク首相)はとてもとても怒って、とても怒っていました。
そして、彼らは実際に何が起ころうとしているのかを伝えませんでした。
彼はちょうど立ち去ったところです。

英国にいる上司の命令を実行できなかったことに彼が非常に腹を立てていたため、学者たちはその場を去っただけだ。
それで彼はシリアに行きます。
10年以上ぶりに現地の人々との出会いが始まります。
さて、なぜ彼はシリアの現場へ行ったのでしょうか?
これはすべて、パイン・パルメラ、スペルはパルミラと呼ばれるこの特定の地域で彼らが感じた運命の日のルーチンの一部です。
シリアには山頂にモスクがあり、そこから悪魔が出てくるのではないかと期待されていました。
ああ、そうそう。そこにはイラクだけでなくサウジアラビアからも来ていました。
そして、ニュースで国王や著名人として見られる人々が、実際には式典に出席していなかったとしましょう。

残念ながら、彼らは実際にはエアコンの効いた快適な場所にいましたが、シリアでは珍しいことです。
おそらく彼らがいわゆるセブン・スリーパーを起こすために儀式の一部を行っているのでしょう。
今、セブンスリーパーは停滞(ステイタス)していた悪魔です。
私は彼らを悪魔と呼んでいます。
他にどんなものがあるか知らないが、低次のアストラル・ビーイング、魂のない存在、そういうものがあります。
そして偶然にも、同じ頃、中東の新たなテロリスト集団、アシハブ・アル・カーフが登場します。
直訳すると「7人のスリーパーズ」。
セブンスリーパーズがメッカの下で停滞していることは知っています。
あるいは、存在していましたが、彼らはもういません。

黒い立方体の下にあります。
これが彼らが教義を発展させた理由です。
あなたが信仰している宗教が何であれ、私はそうではないからといって、何も悪いことは言われません。
私は誰かを何らかの形で判断するためにここにいるわけではありません。
しかし、それが彼らが何らかの教義を作り出した理由です。
さて、どの宗教にも教義があります。
あなたにはあなたのものがあります。
カトリック教徒で経口避妊薬を服用すると、地獄に落ちることになります。
そして、キリスト教では、もしあなたが教会に十分の一を納めていないなら、ご存知のとおり、私たちは告白するなど、教会が私たちにさせるためにこれらの奇妙なことをさせていますが、それはまた別のことです。

なぜそんなことをするのか?
直接電話して、それについて話し合うことができるのに、なぜ私たちは男性にすべての罪を告白する必要があるのでしょう、おっと、神様、申し訳ありませんが、間違いを犯しました。
ご存知のとおり、こうした奇妙なビーズの作業を行う必要はありません。
私たちもそうですが、私たち全員がそうしています。
なぜなら、理由が何であれ、私たちは明らかに神を喜ばせたいと思っているからです。
ご存知のとおり、彼らは黒い立方体の周りを三回歩き回っています。
陰謀団と呼ばれていると思います。
そして、彼らが行うさまざまな事や儀式も行っています。
しかし、彼らはそれがこの7人の眠っている人たちと結びついていたため、それを歪曲しました。
今、彼らは7人の眠っている人が天使であると言われています。

Sunny:
一般的なイスラム・コミュニティーのことですか?

Kim:
OK、彼らは天使であり、それは彼らがいつかよみがえるという予言です。
残念ながらその日は土曜日のはずでしたが、都合がつかなくなりました。
そのため、イスラム社会全体が少し混乱しましたが、今日の給料日を待てないほどの混乱ではありませんでした。
なぜなら、彼らは自分たちが行っているこれらすべてのことは、通貨システムの管理を取り戻すための一環だと考えていたからです。
それは彼らが実際にやろうとしていたこととは何の関係もありませんでした。
彼らは、世界全体のさまざまな場所で行われなければならない儀式があることを知っていました。
ここでそれらの場所を紹介します。

彼らが赤ちゃんやヤギなどを扱う次の場所もアラスカのデナリ山でした。
次はチンボラッソ・バラッソ山です。
エクアドルでは、ああ、いや、いや、残念だという人がいると思います。
そう、アンデス山脈、エクアドルです。
そこで彼らは同じことをしようとしてさまざまな場所に行きました。
金曜日に、本当にたくさんのことが起こりました。
前日金曜日の同時刻、彼らはまた、テヘラン、バグダッド、ジョージア、アルメニアの米国大使館、大使館を攻撃すると脅迫した。
これはすべて、この地域から出ていた奇妙な周波数放射の一部でした。
現在、グリッドの大部分は破壊されていたため、世界の特定の地域のみがこれらを受け取りました。

周波数と振動。これは、彼らがまだ活動を続けている理由と関係しています。
オメガプロジェクトについては先週説明しましたが、しかし、ドラゴン教団の命令のプロジェクトは、これが最後です。
彼らが実際にあそこのアヌ王(アヌンナキ)から受け取った最後の本当の命令とは彼らは分裂するということでした。
これが彼らが取り組んできたことです。
これは長期にわたる計画です。
彼らは世界を7つの異なる国際決済銀行に分割し、世界には7つの通貨だけが存在するようにする、などというものでした。
そして、これが彼らに与えられた計画でした。
彼らがこの計画を作成したわけではありません。

これは、RV、ディナール、GCC、中東、そしてこれらすべての組織、香港のAIIBとも結びついています。
一つの世界秩序を必要とする米国から中国への権力移譲に加え、これらすべてがこの重大な計画に結びついていた。
つまり、キリマンジャロ山の機械から発せられた周波数の一つは、全世界が米国を攻撃するためのものだった。
米国は悪だ、それは彼らがニュースを通じて行うのと同じ様に周波数です。
ご存知のとおり、私たちは真実の周波数を伝えていますが、彼らはそうではありません。
先ほども言ったように、これらのプログラムのほとんどは閉鎖されましたが、ブラック・ウィドウ・プログラムと同じように機能します。
したがって、今こそ彼らが群衆を制御するためにこれらの周波数を放射し始める時期でした。

その後、人々はランダムに、何百人もの人々がランダムに攻撃を開始しました。
それらの特定の地域に大使館があったのは、それが私たちがまだ行ったことのない少数の地域の一部だったからです。
これで、なぜすべてが始まり、金曜日に全員が現れたのに、土曜日の朝までに全員がいなくなったのかが説明されます。
その思考プロセスを打ち消すアルファシステムを使ってカウンター周波数を送ることもできるからです。

Sunny:
彼らが大使館を攻撃したと言うのですが、どこまで攻撃したのですか?

Kim:
主に抗議しているだけです。
誰もそのような性質のものや何かを爆撃しませんでした。
彼らは、自分たちが正しいことをしていると信じている普通の人々です。
それはすべて、このマシンに事前にプログラムされた計画の一部だったからです。
さまざまな場所で火災が発生し始めたので、私たちはジョージア州のいくつかの場所に行きました。
マウント・カズベク・トリニティ教会、ロイヤル・タワーの大天使のグラミー教会。
デヴィット・ガリア大修道院洞窟修道院。
それは首都アルベルティ大聖堂、シャンティリーの周囲のいくつかの異なるエリアでした。
シャンティイは山の中腹に建てられた建物で、それらの異なる場所すべてがその周波数をジョージアの人々に放射していました。

それが彼らの理由です。
アメリカ大使館に姿を現し始めた。私たちは今米国を憎んでいます。
人々は気づいていません、つまり誤解しないでください、彼ら、彼ら、彼らの一部はこれらの特定の分野にいます。
運命の日についての長い話であることは承知しています。
つまり、人々が気づいていないのは、これらの特定の地域で放射される周波数は、実際には世界中で発生したはずです。
大規模な抗議活動と大規模な混乱が起こっていたでしょう。
十分早い段階でそれをキャッチし、カウンター周波数を送信し始めて、それで終わりです。さあ、どうぞ。

しかし、特にあなたが軍隊や政府機関の出身で、懸念を抱き、シリアに独自の軍隊を送り始めると、非常に混乱します。
国連もまた、この小さな儀式が機能するかどうかを確認するために何人かの人々をシリアに派遣し、彼らはロスチャイルドに代わって何らかの援助を得たのだと思いますが、もちろん彼らはそうしたのでしょう。
それで、ええと、うーん。金曜日の長い一日は週末を通して終わらなかった。
これで翌日に進みます。
さて、土曜日になり、すべての場所が待機しており、それがほぼ土曜日に行われました。
彼らは何か得られるかどうかを確認するために他のいくつかの場所を訪れていました。
いわば、土曜日と日曜日にハッキングを試みましたが、何も分かりませんでした。
そして彼らは基本的にそれをみんなに伝えようとしました。

22時、23時か、今日の満月か新月の時刻までは、何もしないでください。
なぜなら、それは今からしばらくの間にいつでも起こる可能性があるからです。いつでも。
そろそろエイリアンか何かに助けてもらえる頃だ。
私はあなたがここで私たちを助けるために出来る事は何も知りません。
そうです、昨夜起こった秘密会議はロスチャイルド家自身の間で行われたのです。
大部分はイギリス人で、おそらくドイツ人やその他数人がそこに放り込まれていたのですが、彼らは何が起こったのか分かりません。
なぜこれがうまくいかなかったのでしょうか?
なぜ彼は戻ってこなかったのでしょうか?
なぜ誰も来なかったのですか?

なぜ悪魔たちは、彼らが従う古代のテキストを知らなかったのか。
なぜ誰も来なかったのか?
なぜ誰も育てられなかったのか。
なぜ悪魔はメッカに生息していないのかご存知ですか、そしてそれはシーア派コミュニティの全員にシリアを攻撃し始めるように言ったイスラム教徒に火をつけるようにはうまくいきませんでした。
私たちは古い予言に基づいて、スリーパーがある日に何十万人もの兵士が死ぬということを設定した。
あなたのために「セブン・スリーパーズ」という名前のテロリストグループも作成しました。
あなたは偽の予言を知っています。
そうですね、偽物の予言をしてみましょう。
私たちはその偽物を予言ゲームと呼んでいます。
ご存知のように、人々はそれが大好きです。

国連の将軍とNATOの将軍が、ここ通りの人々に電話をかけたので、彼らが情報を得始めました。
そして、彼らが主導権を握っているのであって、彼らでも私でもないと伝えようとした。
そして彼らは、おいおい、ちょっと待ってくれ、と言った。
というのも、この脅威のシナリオというのは、我々の言うとおりにしてくれ、そういうことなんだ。
私は通りを進んでいた。
私は彼らに、もう存在しない期限切れの国連協定のコピーを送りました。
それはCAREが、連邦準備制度の協定、破産、その他すべてのものに取って代わられました。
彼らには許可がありません。彼らは合法的な組織の出身でもありません。
そこで彼らは、次のようなことについて会話を始めました。

何が起こっている?どうやら彼らは何も知らなかったらしいからです。
彼らはこれまでこれらの契約書を見たこともなかったし、アーキビストオフィスから入手したとしても、実際に入手したので、私も彼らにコピーを送りました。
ドラゴン教団が保証してくれたので、彼らはそれを完全に無視しました。
そんなものはすべて無視してください。
ただやり続ける。今やっていることを続けてください。
どこにでも一枚持っていきましょう。
私たちが何と言おうと、ピース(一片)を取る、ピース(一片)を取る。
もし我々がトルコに武装しろ、トルコに武装しろと言ったら、ただそれを実行してください。
やるべきことをやるだけです。

私たちはあなたに米軍をシリアに派遣するように言います。早くやれよ。
ご存知のように、あなたは責任者であり、私たちがあなたの責任であると言ったので、私たちが言うことはすべて真実です。
なんともひどいことになったので、日曜日の朝コーヒーを飲んでいるのは、たぶん朝の4時頃だと思います。
ロシアの人たちから電話がかかってきました。
そして、この人たちは私にこう言い続けます。
「私は米国財務省からの23兆ドルをラオスとカンボジアに送金するつもりです。」
さて、それは経済的にまったく意味がありません。

ラオスやカンボジアにお金が必要ないわけではない。
つまり、確かにそうです。
しかし、その金額は彼らのGDPや経済に比べればばかばかしいものです。
そしてそれだけではなく、それは米ドルを高騰させるでしょう。
つまり、クラッシュします。
だから、そんなことは起こるはずがなかった。
しかし、彼らが電話をかけてきたのは、すでに財務省のハッキングを試みてからだった。
私は今日、オークションの晴れ舞台のようなものだと言っているんだ。
彼らが財務省をハッキングし、モスクワの科学アカデミーのニューロモルフィック・コンピューターを使って、赤龍騎士団に代わってアメリカの財務省をハッキングしようとするまでは、起こらなかったことがたくさん起こった。

まだ夢を生きている、あそこで夢を生きている。
まだそのプログラムに参加している人がいます。
先ほども言ったように、誰もが細分化されています。
誰もが自分たちが正しい方向に進んでいると考えているので、電話の終わりに将軍たちの言うことを聞くように言われました。
私は「え?」と思った。
そこで彼らは、国連とNATOの将軍をここの町に派遣して、私を座らせ、私がこれから何をするかを教えてもらおうとしました。
そして彼らは明らかに上陸許可も来航許可も得ていなかったので、そのようなことは決して起こりませんでした。

しかしそれは、彼らが望んでいたような実りある会話ではなかったでしょうし、もしかしたら彼らが失業の状況を理解するために起こるべきだったのかもしれません。
そこで彼らは、これらのさまざまなボゴタ条約や、国連に各国を管理させる他の多くの協定のコピーをすべて入手したのです。
1975年に書き直された国連憲章では、どの国も国連の準主権国とみなされ、ヨーロッパとアフリカではいくつかの協定が結ばれた。
今週末(2023年7月16日)で期限が切れてしまいました。
そこで彼らは座って、一体何が起こっているのかを話し合った。
それで最終的に彼らはロスチャイルドのボスをエタル(失速)と呼びました。
そして、彼らが見たものを話しました。

残念なことに、彼らはまだ、読んだこと、見たこと、すべてを無視するという計画を続けたかったのです。
ご存知のとおり、私たちはありのままの私たちであり、今後も米国の責任者であり続けるつもりです。
私たちは皆がニューヨークを離れ、建物から出るのを待っていました。
日曜や週末、おそらく管理人などが数人いるかもしれませんが、建物の電源を切りました。
基本的にすべてのアクセスキーパッドを変更しました。
まあ、電力がなければ、とにかく機能しません。
そしてその場所にあるすべてのデータベースを破壊しました。
なぜなら、これが私たちがここでやっていることだからです。
たとえば、建物から出ることを拒否する場合は、自分の責任者全員にそう伝えようとしますが、それはうまくいきません。

また、週末には、無政府状態の人々に入る前に、財務省の人々が両側から来ました。
だから財務省には、自分たちが、秩序(order)が支配していると信じている人たちがいるのです。
彼らは財務省にあるお金を外国のお金、つまり秩序(order)の外にあるお金だと考えています。
私たちが米国財務省を管理しているため、注文(order)からお金しか受け取ることができません。
そう彼らは言われ、彼らはすぐにその情報を地元の人々に伝えました。
したがって、これに対応して別のことを行う必要がありました。
そしてそれ(お金)は財務省によって国有化されました。
したがって、ご存知のとおり、財務省は正式には政府の一部ではありませんでした。
上層部の人々、ラングレーの将軍、その他すべての人々のおかげで、しばらく米国政府の一部でなくても運営できるかどうかを確認するために、このままにしておきました。

そしてそれは、ここに関わっているすべての人々にどのような利益をもたらすのでしょうか。
しかし、それが決して起こらないことが明らかになったとき、私たちは財務省を国有化する必要がありました。
したがって、昨日(2023年7月16日)の時点で財務省は国有化されており、私の無秩序な問題は現在も続いています。
そこでイギリス人は、なぜこれが起こったのかを調査し始めました。
それで今、私は彼らのレーダーに捕らわれています。
以前の私はただの何ものでもありませんでした。
もうお腹いっぱいです。
私たちが責任を持っているので、彼らは、運命の日がうまくいかなかったものの、何が間違っていたのか気づくまでは、この話を全世界に伝え続けることができるでしょう。

さらに今、私たちはすべての組織がもはや存在しないという合意を得ています。
他に何があるでしょうか?
そこで彼らはアーキビストに電話をかけ始め、今では何千もの誓約や合意、そしてそもそも彼らに実際に権力を与えたあらゆる種類の構造の膨大なリストを手に入れました。
実際、それがそもそも彼らに力を与えたのです。
全部なくなった。わお。
そう、そして政治的支配はなくなりつつあります。
メディアコントロールはなくなりつつあります。
彼らの大切な宝物はすべてなくなってしまいます。

なぜなら、彼らにとっての宝とは、必ずしもお金や金、そのようなものではないからです。
それはただの権力の道具です。
あなたが決して治すことのできない唯一の依存症、あなたは決して治すことはできません。
一度そのことを頭に入れてしまうと、彼らは権力の制御を取り戻そうと永遠に狂った人間のようにグルグルと走り回るだろう。
次に、今週末(2023年7月16日)、米国造幣局も国有化されました。
ああ、そこにも人がいたから。
また、紙幣の印刷版も造幣局で作られるのが一般的です。
ですから、私たちにはこのようなことを許すわけにはいきませんでした。

私たちはこの状況をすべて彼らから取り除く必要がありました。
しかし、これが彼らがそれをアナーキーと呼び始めたときです。
私はアナーキスト(無政府主義者)です。
私は新世界秩序に反対する無政府運動を主導しています。
政府、世界政府、世界統一政府、それは私のものです。
そして私はすべての国と私たちのすべての物を持っています。
そしてあなたが知っているように、彼らは今私に対して非常に怒っています。
そしてこの会議の中で、彼らは私の娘についてのことについても言及しました。

そうですね、その時は私も少し介入しなければならなかったのです。
それで、彼らは今日はあまり気分が良くなく、英国時間で非常に遅くまで続いたこの会議の後、おそらくこれまでのように私の家族に近づくことについて別の考えを持たなければ、おそらく気分は悪くなり続けるでしょう。
彼らは私の娘たちが、さまざまな面で才能があることを知っています。
それで、彼女は8歳の時から私が彼女を訓練してきたので、彼女もこれができるようになります。
長い、長い。要するに、それがほぼ彼らの計画だということです。
それが彼らの計画だった。
物事は非常に悪い結末を迎えることになるので、それが彼らの計画ではなくなってほしいと願っています。
もし彼らがそんなことをしたら、彼らには何も残らないでしょう。なにもなし。
ご存知のように、無実の人の命で私の命を脅かすのです。

試してみることさえしないでください。
わかります、大丈夫ではありません。
そしていずれにせよ、彼らは消え始めます。
そうですね、もうすぐです。
つながりも、ダークマターも、黒魔術も、何もありません。
まだ話している大勢の人を除いて。
ああ、そうです、それはその部分です。
それが私がアナーキストである理由のようです。
あなたがアナーキストなら、あなたを善良な人間にする唯一の世界秩序は誰ですか?

Sunny:
そう、それは神の側で戦うことと同義語になっているのだ。
そう、「私たちの」ゲストです。

Kim:
そう、サタンのために戦っているわけではない。

Sunny:
ええ、その通りです。

Kim:
世界の金融情勢に関しては、他にも最新情報をお知らせすることがたくさんありますが、世界には基本的にまだ日が残っていることは誰もが知っています。
誰もが完全に破産する前に、時計は刻々と過ぎています。
私が言っているのは平均的な一般人のことではなく、政府と、それに属する多くの組織、企業のことを言っているだけです。
あなたが日本で見たように、そしてあなたはこれをますます目にし始めています、そして彼らは大物たちです。
彼らがパンデミックの間に私たちのビジネス、中小企業、その他のものを明らかに破壊したわけではないことを知っていますが、今では彼らが知っています行くつもりです。
今では、さらに広範なビジネスを目指していると言えます。

私たちが先週話したような状況ですが、彼らは架空の中央銀行デジタル通貨をインストールできるようにそれが起こることを望んでいます。
このようなことは決して起こらないという事実をさらに確認し、確固たるものにします。
我々は、2月に行われた資金管理者による紙幣協定の期限切れに憤慨している。
それが紙幣管理命令の合意ではないことを皆さんに証明してください。
FRB協定も期限切れとなったが、それはいわばすべての紙幣を管理する命令協定のサブ協定だった。
したがって、その合意は、私も憤慨していましたが、通貨協定のキュレーターの実施であり、これも2月に遡り、ガーディアン紙の事務局である私によって行われました。

次に破産中。
覚えておいてください、全世界の誰もが今破産しています。
どの(地理的な)国家も、どの(民族的な)国家も戒厳令下にあります。
また、世界情報局を管理者として任命しました。
明らかに私の指示の下です。
私が世界のあらゆる国に派遣されると、これらの協定について人々が理解し始めました。
連邦準備制度が今はもう連邦準備制度を行う権限を持っていないという夢をある程度まで諦めない狂った人々が、ある程度は常に存在するでしょう。
また、オーダーには紙幣を管理する権利がなくなりました。
そしてその上で、私はこれら2つの合意について、なぜ再度それらを送信するのかということを基本的に述べた小さなメモを送りましたが、中央銀行デジタル通貨である連邦準備制度には法的にその能力がないからです。

法定通貨はもう含まれませんが、あらゆる種類の通貨を発行すること。
中央銀行デジタル通貨に限定されません。
これは地球上で山火事のように起こっています。
なぜなら人々は、なんと、私たちは自由になれるかもしれないと気づき始めているからです。
さて、それでは別の問題が残りますが、それも解決するつもりです。
連邦準備制度は発行しません。
彼ら全員は、連邦準備制度がもはや世界中のあらゆる通貨に対する割り当てを発行していないことを知らされました。
そしてそれは通貨の現在のキュレーター、つまり私によって行われます。

人々は、物理的な現金だけでなくデジタル現金も含めて、通貨を印刷するための新しい割り当て番号を必要としています。
彼らはこのオフィスに来なければなりません。
したがって、これがこれから起こることは誰もが知っています。
しかし、それがBRICS会議の直前に、彼らが南アフリカにデジタル通貨を発行し、イスラエル、モサド、イラク人、イラン人、これらの人々は皆、現在、次のような結論に達しつつあります。
今ではそれは単なる夢だったとの結論に達しています。
中東で育った悪魔は存在しません。
イランはまだ何かをしようとしているのでしょうか?
まだあるようです。

今日一日が終わるまでにお金が来なくなったら、すぐに消えてしまうことが予想されます。
約束されていますが、それはビジネスデイであり、米国東海岸では東部標準時です。
夏時間、今日の東部時間の時間。
したがって、これらのさまざまな手順をすべて実行すると、紙幣が完成します。
したがって、実際に通貨を印刷している場所は、世界で主に3か所だけです。
したがって、私たちは連邦準備制度の印刷通貨について知っています。
私たちはその版が造幣局からのものであることを知っています。
インクはSIPACというスイスの会社から製造されていることがわかっています。
それは会社名の略称です。
調べてみるとSIPCと呼ばれていると思います。
そして、この紙は米国のクレーン・アンド・カンパニー社からのものです。

そして、それはあなたが一緒にあなたの米ドルを稼ぐことになります。
そして私は彼らが他のいくつかの通貨を扱うと思います。
次はデ・ラ・ルーです。
De La Rueは、パスポートや物理的な通貨を印刷する世界最大手の1つです。
そして、彼らはユーロ、ポンド、そして多くの東ヨーロッパ諸国と多くのアフリカ諸国を運営しています。
つまり、ロシアにあるゴズナクを除いて、彼らは世界の大部分で物理的な紙を使用しており、ベネズエラの通貨だけでなくロシアの通貨も印刷しています。
私が最後に見た後、彼らがさらに契約を結んでいるかどうかは知りませんが、これも解決する必要がある問題でもあります。

結局のところ、米国造幣局が国有化され、財務省も国有化された今、私たちから直接得られた割り当てに関して財務省を煩わせることができる人は誰もいません。
そして、それは命令(order)にとって異質なものではないため、外国のお金とは見なされません。
それは秩序にとっては異質ですが、国にとっては異質ではありません。
さて、これらすべての措置は、財務省と国のための資金を確保するために行われています。
物事を正しい方向に進めるには、これらすべての手順を実行する必要がありました。
これはアメリカ大陸、つまり南アメリカと北アメリカにも当てはまります。
これらはこの協定におけるアメリカ大陸であり、政府に対する統治権も与えられました。
少し飲み込むのが難しいことについて話すつもりですが、多くの人を動揺させる可能性があるため、という理由により詳細には話しません。

そして、それは良い考えだとは思いません。
あなたは、この国には米国があり、世界中の多くの国が憲法を持っているという事実を知っています。
はい。何のことか知っていますか?
この書かれた部分はインターネットで見ることができ、また米国議会図書館に行くと、私たち国民についてあれこれ語った別のバージョンがそこにあるのを見るでしょう。
そして、政府がどのように機能するかについても語られています。
大統領府がそれを行うことができます。
国家非常事態では何が起こるか、大統領に何かが起こったら誰が引き継ぐのでしょうか?
ほら。これらすべてのことが議論されています。
議会がどうなったか、ご存知の通り。
あれやこれをする権利、それが基本的にテレビで見るものの基本的なルートです。

米国だけでなく、世界中のほぼすべての国、さらには立憲君主国にも憲法があります。
そして、完全な君主制の場合は、まったく異なるものになり、たとえば私たちの友人ではない人々と結びついています。
それがこの教団(カバル)に世界のあらゆる国を支配する権利を与えたのだ。
サウジアラビアが奇妙に行動しているのはそれが理由です。
ご存知のとおり、中東諸国などに送るための武器を探しているこの週末は、奇妙に行動していました。
そしてそれは約束されているからです。
まあ、彼らが支配者であり、本当の支配者であり、悪魔崇拝者たちがあなたの国の支配者であるということは、基本的に、隠れた憲法が端的に言っていることです。

Sunny:
ルシフェリアン、それでは、これらの契約はどこにあるのでしょうか?
つまり、それらは記録の殿堂に保管されているのでしょうか、それともどこに保管されているのでしょうか?
どうやってそれらの存在を知ることができるでしょうか?

Kim:
それらは暗い記録(ダーク・ホール・オブ・レコーズ)の殿堂に保管されました。 OK、そして、そして、作成されたすべての新しい土地、つまり、長年にわたって作成されたすべての新しい国について。
そしてこれが、この教団が国全体を支配していると信じていた理由の裏付けとなったのです。
スープからナッツまで、あらゆる土地、あらゆる行為、通貨、あらゆるもの。
彼らはそれをコントロールしました。
彼らはBLMの土地をすべて支配していました。
だからこそ、彼らは自分たちにはすべての権利があると信じていたのです。
そしてそれが、一部の国では、私がそれらを列挙するつもりはない理由でもあります。
なぜなら、大統領や国王が行う宣誓は、チャッキーと彼があそこで行っていた奇妙な小さな儀式のように、2つの順序で2つの宣誓を行うからです。
これが彼らがこれを行う直接の理由です。

うーん、いわば、教団に権力を譲るということですね。
あなたは統一世界政府として権力と管理を与えているため、今週末もこれらすべてがキャンセルされました。
したがって、彼らは、その協定に基づいて管理すると主張しているすべてのことをもはや管理できません。
運命の日は過ぎてしまったから。
OK、はい、すべての賭けは無効になり、すべての合意は終了しました。
ある程度そう言わなければなりません。
なぜなら、どこのどの政府にも、このようなことが起こっていることを認識している人たちがいるからです。

ほとんどの国家元首は、このようなことが起こっていることを認識しています。
(岸田が理解できるわけがないwww)
ほとんどの軍隊はこのようなことが起こっていることを認識しています。
あなたのシークレットサービスかその他の、イギリスではそれは衛兵であり、馬と女王の騎手、または今ではキングの騎手かもしれませんが、さまざまな、ご存知のように、さまざまな保護機関ごとにさまざまな警備員がいます。
国家元首たちはこれらの儀式が行われるのを見たことがあり、それが何を意味するかを知っている必要があります。
したがって、政府が目にした二度目の宣誓のせいで、前進することには大きな不安が生じています。

OK。そして、それらの合意はもう存在しないことを彼らに知らせる必要があります。
それらはアーキビストオフィスに提出されます。
私の言うことが信じられないなら、自分でコピーを取りに行ってください。
街頭にいる人々はそれを確認するためにコピーを持っており、そして私たちは前進していますが、協定の公的部分である国連だけでなく、その力、その脅威、その制御はもはや存在しません。
ああ、それは、世界戒厳令に関連するこれらすべての協定の中で、国連が存在するずっと前に存在していた協定の隠された部分です。
つまり、抜け穴がないこと、誰もあなたを引っ張ろうとしているものが何もないことを確認するために、前に進む前にいくつかのことを解きほぐす必要があります。
そして、今週末に手を差し伸べてくれたオーダーに本当に感謝しています。
本当にありがとう、そしてその計画は何だったのか。

それで、彼らはおそらく今日、向こうで別の会議を再開し、おそらくアナーキストについてさらに議論することになるでしょう、そして私はそれでOKです。
彼らが何か考え出すかどうか見てみましょう。
現時点ではまだ始まっていません。
彼らは暗いことをするのが好きで、日没から始めるのが好きです。
ご存知の通り、これはサンヘドリンの人たち、あるいは死んだサンヘドリンの人に代わってそれを引き継ごうとしている人たちです。
その遺産は、暗い砂の面晶体だと思います。
そして、私たちは彼らが何を思いつくか見て、次に何が起こるかを見てみましょう。

私たちが前進している限り、私たちは非常に順調に進んでいます。
明らかに、私は他のことで少し忙しかったです。
それで、今日は掃除と片付けに戻ります。
なぜなら、それまで誰も何もしないからです。
新月の愚かな正確な時刻やビジネストゥデイの終了、あるいはその他の命令は、NATOや国連、あるいはお金を約束してくれる人を待つように彼らに言いました。
おそらく東部標準時間の午後5時までには、しばらくの間、誰もが叫び声を上げながら走り回るでしょう。
それでも、私たちは事態が悪化した場合に備えてバックアップ計画に沿って適切に動くだけです。
訪問し続ける人々と仕事をしたり、ご存知のように、今、人々が狂ったようにここに出入りしています。

ここにいることが許可されている人たちは、着陸することも許可されています。
それで、彼らとうまくいかないかどうか見てみましょう。
私たちはまだバックアップ計画を持っています。
私たちの国の崩壊を防ぐには、彼らが十分に速く動かなければわかります。
私たちは、ただ聾唖や盲目のままでいることを望んでいる人々のことよりも、国民のことを心配しています。
彼らが見たくない、聞きたくないのはわかります。
彼らはそうではないことを知っています。
ほら、彼らはあの3匹の猿に似ている、ほら、悪を見ず、悪を聞かず、悪を言わず。
彼らはそれについてよく話しますが、その一方で、彼らは、私たちがやっていること、本当の脅威がどこにあるのか、本当の問題がどこにあるのかに目をつぶっていれば、世界中のすべての人たちと話し続ければ、すべての人に理解してもらうことができると考えていたのです。

そして、全員にこれらすべてのクレイジーなことをやらせるのです。
しかし、真実は明らかになりつつあります。
ご存知のように、彼らは皆、真実があなたを自由にしてくれると言っています。ええ、絶対に。
世界中で多くの教育が行われています。
人々は混乱しています。
ご存知のように、彼らが制御下に置くためにダイヤルするのに十分な電話がありません。
そして、彼らは間違いなくコントロールを失いつつある、ということです。
そうですね、見てみましょう。
国連からの支払いがなかったので、電源を切りました。

Sunny:
オーイエー。
彼らはいくら借りがあるのでしょう、ああ神様、彼らがそれを返済するつもりはないと思います。

Kim:
私はそうは思わない。
したがって、ここでは中央銀行のデジタル非法定通貨は取り上げません。
それは正しい。うん。偽札は受け取りません、うーん、いいえ。
はい、それが組合の現状です。
わかりました、それはたくさんの情報です。

Sunny:
情報量は多いですが、良い情報ですし、正しい方向に進んでいるように思えます。
この人たちが何を決めようと、私たちには計画があるのです。
今、彼らはパーティーに参加したいと考えています。

Kim:
はい、はい、わかります。
ええ、その通りです。
以上、月曜日の世界情勢レポートでした。

Sunny:
わかった。
ありがとう、キム。

Kim:
ありがとう、サニー。

Sunny:
7月17日月曜日のニュース更新はこれで終わりです。
ぜひ、お友達やご家族にもシェアしてください。
私たちは皆が団結して地球の回復に協力する必要があります。
お住まいの地域でニュースが起こった場合は、それを記録して私たちと共有してください。そうすれば、私たちがそれを世界に共有できるようになります。
覚えておいてください、もしそうなるなら、それは私次第です、ただ晴れるだけではなく、私たち全員次第です。
私はサニー・ガルトです。
月曜日、水曜日、金曜日のリアルニュースにご参加ください。




このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
2030 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧