カナダの科学者が、飲料水から「永遠」の化学物質を永久に除去する新しい濾過方式を開発

2023-05-21

naturalnews.comより

カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)の科学者は、飲料水からPFASとして知られるパーフルオロアルキルおよびポリフルオロアルキル物質を永久的に除去することができる新しい水ろ過技術を開発しました。

「永遠の化学物質」とも呼ばれるPFASは、国土の大半を占める2億人以上のアメリカ人が消費する飲料水を汚染していると考えられています。さらに悪いことに、2020年の調査では、潜在的に危険なレベルのPFASが、全米のすべての水源に存在すると主張されています。

PFASは水から濾過するのが難しいため、ほとんどのアメリカ人は毎日、知らず知らずのうちにある程度の量を飲んでいると思われます。このような永遠の化学物質を長期間摂取し続けると、がんを含むあらゆる種類の深刻な健康状態につながる可能性があります。

関連記事:PFASは、プラスチック製の食品容器、調味料入れ、その他食品に使用される材料にも含まれています。
https://keen-area.net/2023/1404/

分解に数百年以上かかることから『永遠の化学物質』と呼ばれるPFAは、日焼け止め、食品包装、化粧品、洗浄剤など多くの消費者製品に含まれており、最終的には環境中に溶出する可能性があります」とナイスニュースは報告しています。

「PFAは、環境保護庁によると、癌のリスク増加、生殖能力の低下、『感染症と戦う体の免疫システムの能力低下』などの健康への悪影響に関連している。」

PFASを捕捉する独自の吸収材は再生・再利用が可能であり、廃棄物の発生が極めて少ない。

生物工学のマジッド・モフセニ教授が率いるUBCの科学者たちは、少なくとも飲料水のPFAS対策に関する研究のために、水道に存在する既知のPFASをすべて捕捉して保持することができる「独自の吸収材料」を利用しました。

UBCはニュースリリースで、このユニークな吸収材料を用いてPFASを水から捕獲した後、「特殊な電気化学的および光化学的技術」を用いて破壊すると発表しています。

活性炭やイオン交換システムなどの既存のろ過技術では、一部のPFASを除去することはできても、すべてを除去することはできません。モフセニと彼のチームの開発は、飲料水からすべてのPFASを除去することができる最初の技術として知られています。

「私たちの吸着メディアは、PFAS粒子を99%まで捕捉し、再生して再利用することも可能です」とMohseniは説明します。「つまり、これらの材料からPFASを除去するとき、我々は別の大きな環境問題となる、より毒性の高い固体廃棄物に行き着かないということです」

この技術は、ブリティッシュコロンビア州の各所ですでに導入されており、特に、地域の水系にこのような技術を導入するのに必要な資金がない地域で導入されています。

「私たちの吸着メディアは、PFASを捕捉することができる最も高度で高価なソリューションを実装するためのリソースが不足している小さなコミュニティに住んでいる人々に特に有益である 」とMohseniは付け加えた。「これらは、分散型や家庭内の水処理という形で使用することも可能です。」

「これらの実地調査から得られた結果は、私たちが技術をさらに最適化し、自治体、産業界、個人が水中のPFASを除去するために使用できる製品として用意することを可能にするでしょう。」

このような開発が具体化すると、いつもわくわくします。2020年のPFASに関する前述の研究発表後、ここアメリカのEPAは4つの飲料水健康勧告を発表し、さらに「特に小規模または恵まれないコミュニティにおける飲料水中のPFASおよびその他の新興汚染物質への対処」に使用する最終的に50億ドルの助成金を発表しました。

3月に、EPAはまた、PFASに関する初めての規制を新たに相次いで提案し、EPAのウェブサイトでそれを見ることができます。

汚染された水や食品による化学的攻撃に関する最新ニュースは、ChemicalViolence.comで見ることができます。


https://www.naturalnews.com/2023-05-19-scientists-filtration-removes-forever-chemicals-water.html#

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
389 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧