ニューヨーク市、住民が肉を「過剰」に摂取していないか確認するため、食品購入の追跡調査を開始へ

2023-05-21

naturalnews.comより

公約通り、左翼民主党のエリック・アダムス・ニューヨーク市長は、すべての人に「植物ベース」のベジタリアンやビーガンになることを強制して「気候変動」から世界を救うという新しい計画で、人々の肉を狙っているのです。

アダムスは、市長の食糧政策室と市長の気候・環境正義室の代表とともに、2030年までにビッグアップルの「炭素排出量」を33%削減することを目的とした、新しい「カーボンフットプリント」と家庭の食品消費量の追跡スキームの開始を発表しました。

アダムスとその仲間たちは、二酸化炭素を削減するために、新しい「食肉制限」を課そうとしています。その名の通り、ニューヨーカーが公的機関で購入・消費できる肉の量を制限し、最終的には自分の家の中でも消費できるようにするものです。

(関連記事):先月、私たちはアダムスがニューヨーカーに対して恐ろしい新しい食の取り締まり装置を放つつもりだと警告したが、今、彼はそれを実行した)。

エリック・アダムスは、すべてのニューヨーカーに菜食主義者になってもらいたいと考えている。

ニューヨーク市の公的医療機関であるNYC Health + Hospitalsが運営するブルックリンの料理センターで開催されたアースデイ前のイベントで、アダムスはニューヨーク市の温室効果ガスのインベントリーを描いたチャートを公開しました。このインベントリーは、家庭での食品消費によって発生する二酸化炭素の排出量を追跡するものだそうです。

アメリカン・エキスプレス、C40 Cities、EcoDataの協力を得て、アダムスは家庭の食品消費に関する炭素排出データを明らかにし、エネルギー使用、輸送、廃棄物に関する既存の炭素排出データに追加した。

ニューヨーク市環境保護局のRohit Aggarwala(ロヒト・アッガーワラ)委員は、新しい家庭用食品消費データを発表した。ちなみにアッガーワラ氏は、Googleのスマートシティ子会社サイドウォークラボの設立者でもあり、政策を形成する斬新な方法として「都市がやらなければならないことの新しい基準」を作るためにデータを収集しています。

アガーワラが発表したインベントリには、衣料品、航空旅行、ヘルスケアなどの消費財の生産と消費による温室効果ガスの「汚染」も含まれるようになりましたが、アダムスはこのイベントで特にニューヨーカーが消費する食品、主に肉と乳製品に力を入れ、個人的には反対しています。

「食品は、建物や交通機関に次いで、都市の排出量の3番目に大きな原因となっていますが、すべての食品が同じように作られているわけではありません」と、アダムスは実体のないことを述べています。「排出の危機を招いている食品の大部分は、肉と乳製品にある。」

「建物から出る排ガスやそれが環境に与える影響について話すのは簡単ですが、今は牛肉について話さなければなりません。人々がこの会話に応じる準備ができているかどうかはわからない」。

魚以外では、アダムスは「植物性」のビーガン食を守っているとされ、そのおかげで糖尿病を克服できたという。彼は、自分の食生活を広めるためにビーガン料理の本を書きましたが、今は「地球温暖化」を止めるために、すべてのニューヨーカーに従うよう求めています。

「植物性の食事が心身の健康に良いことはすでに知られており、私はその生きた証拠だ」とアダムスは宣言した。「しかし、現実には、この新しい目録のおかげで、それが地球にとってより良いものであることが分かってきています。」

アダムスが肉と乳製品に対する議論を単純化した方法は、ミシガン州立大学の農業経済学者であるメリッサ・マッケンドリー博士を含む、実際にそのようなことに教育を受けている人々によってすでに論破されている。

マッケンドリー氏は、「肉によって温室効果ガスの排出量は異なります」と述べ、牧草地で育てられた動物は、肥育牛のように環境に害を及ぼさないことを明らかにした。「すべての土地は平等に作られているわけではない」

Eric Adamsのような気候変動活動家は、人々の食卓から肉の痕跡がなくなるまで、決して止まりません。詳しくは、GreenTyranny.newsをご覧ください。


https://www.naturalnews.com/2023-05-19-nyc-tracking-food-purchases-no-more-meat.html#

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
844 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧