EUの農家、グリーンアジェンダに反発: 「なぜブリュッセルは我々を憎むのか?」

2023-04-23

naturalnews.comより

欧州連合(EU)のグローバリストたちによる新しい提案は、すべての農場を製鉄所や化学工場と同じように工業工場として扱い、EUの2030年の「グリーン」目標に沿うように強制的に規制することを要求している。

もし農場が工業工場に分類されれば、グローバリストたちはその農場にいわゆる「温室効果ガス」の排出を削減させることができ、地球を温暖化や気候変動から救うことができると言われているのである。

予想通り、多くの農家がこの計画に反発している。テッサリア平原を見下ろす山中で、4人の息子と一緒に230エーカーの牧場に300頭の牛を飼っているギリシャの農家タキス・カザナス(66)もその1人だ。カザナスはすでにクリーンで持続可能な方法で牧場を経営しているが、EUの要求を満たすには十分ではない。

現在、カザナスは家畜が出す牛糞から「バイオガス」を取り出しています。それでもEUは、2030年までに55パーセントの排出削減目標を達成するために、彼の農場を産業経営に再分類して、彼を締め出そうとしているのです。

「EUがそう言っているのだから、私もそうする」とカザナスはメディアに語り、自分の牧場ですでに実践している「地球にやさしい」施策について語った。「今日、誰もがメタン生成や汚染の原因を牛に求めていますが、私は違う考えを持っています」。

ロシアがウクライナに侵攻した直後に展開された欧州委員会の「Farm to Fork」戦略、エネルギー・食糧危機を悪化させる。

2023年の今ほど切迫していない時代であっても、欧州委員会が掲げるいわゆる「Farm to Fork」戦略の要求は高邁で、実現は不可能に近い。

ロシアがウクライナに侵攻した直後に発表された「Farm to Fork」戦略は、2030年までに農薬の使用量を半減し、肥料の使用量を大幅に削減し、有機栽培を倍増し、農地の一部を野生化するというものです。

これらはすべて称賛に値する目標です。ただし、実際に実行可能で、既存の食物連鎖を断ち切り、農家の権利を奪って廃業に追い込まない限りにおいて、です。農家にとって残念なことに、このルールはまさにその通りです。

EUが率いるブリュッセルは、肥料や動物の尿や糞尿に含まれる亜酸化窒素が、EUが解決を目指す排出量の「問題」の主な原因であると主張しています。

もうひとつの問題は、このようなひどいルールのもとで、実際にグローバルな市場で競争することだ。オーガニック生産は、地域取引で成功することができますが、世界的に見ると利幅は非常に小さく、多くの農家はビジネスを継続するために従来の方法で食料を栽培する以外に選択肢はありません。

飼料価格の上昇はごくわずかで、農家にとっては「年間利益を帳消しにしかねない」と、ゼロヘッジが伝えたように、フィナンシャル・タイムズ紙は報じている。

EUのプログラムの全体的な2030年の目標には、以下のようなものがあります:
  • 化学物質や有害な農薬の使用を50%削減する
  • 肥料の使用量を20%削減する。
  • 有機農業に充てられる土地の量を、2020年のわずか9.1%から20%に増やす。
  • 大規模な畜産農家には、重工業と同様の大気や水の清浄化規制を強制的に適用する。

幸い、一部の農家では、団結して政府に対抗することが功を奏しています。例えば、オランダでは、農家の大規模な反発により、政治家は少なくとも当分の間、農業の2030年目標を撤回することになった。

ヨーロッパを中心とした農業のグリーン・テイクオーバーに関する最新ニュースはGreenTyranny.newsで見ることができます。

https://www.naturalnews.com/2023-04-21-eu-farmers-push-back-on-green-agenda.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
796 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧