サバンナ・ヘルナンデスがレポートします: テキサス州はトランスジェンダに反撃する

2023-04-01

thepostmillennial.comより

テキサス州議会は、子供の性別移行手術、生物学的男性の女子スポーツへの出場、テキサス州内の学校で教えられている「性同一性」教育に反撃するための法案を提出しました。



性的なドラッグショーや子どもの性別移行に対する闘いが続く中、テキサス州議会は、子どもの性別移行手術、生物学的男性が女子スポーツに出場すること、テキサス州内の学校で「性同一性」教育が行われることに対抗するため、いくつかの新法案を提出しました。

トランスジェンダが勝利しているように見えるニュースが絶えない中、テキサス州議会が女性や子どもをターゲットにしたトランスジェンダに反撃している最たる方法をいくつか紹介します。

先週、テキサス州議会議事堂は、上院法案14(SB14)と付随法案HB1686に反発するトランス系若者の大集団によって抗議された。SB14とHB1686は、18歳未満のテキサスの子どもたちに対する思春期阻止剤、ホルモン剤、性別移行手術の禁止を目的としている。SB14はまた、これらの手術や薬を提供する病院への公的資金提供を停止するものです。



テキサス・トリビューン紙によると、"上院議員ドナ・キャンベル(ニューブラウンフェルス選出)は、法案が署名され発効した場合、6月初旬までに思春期阻止剤やホルモン療法を受けている子供たちが、そうした治療を継続できるように修正しました。"

生物学的な男性が女性のスポーツに出場することも、女性アスリートがトランスジェンダー女性の持つ身体的・生物学的な優位性を指摘し、問題視されるようになってきました。

上院法案15(SB15)は、生物学的男性が女子大学スポーツチームに出場することを阻止することを目的としている。SB15によれば、この法案は、"大学対抗のスポーツ競技に出場する学生は、生物学的性別に基づいて競技すること "を求めています。

NCAA理事会は、女性アスリートからの反発を受けながらも、すでにトランス女性の女子スポーツ大会への出場を認めることを支持し、トランス女性の出場を認めない場所では選手権大会を開催しないことを表明しています。

上院法案8は、テキサスの若者に対する公立学校での教化に反発し、全学年を対象とした性自認・性的指向教育の全面禁止を提案しています。この法案はまた、子供の精神的、肉体的、感情的な健康状態の変化について、学校が保護者に通知することを義務付けています。この変化は、全米の学校で保護者に秘密にされていることが明らかにされています。


ドラァグクイーンのお話の時間も全国的に物議を醸しており、この種の子供向けイベントを開催する自治体図書館への公的資金提供を停止するSB1601が提案されています。この法案は、図書館が "女性に扮した男性、または男性に扮した女性が、娯楽のために未成年者に本や物語を読み聞かせるイベント "を行う「ドラッグストーリーアワー」を禁止することを目的としています。

また、性的なドラッグショーに参加する子供も大きな問題となっており、SB12では、「性的なショー」に子供を参加させた事業者には、なんと1万ドルの罰金を科すという法案が提出されており、「商業企業は、18歳未満の個人がいる敷地内で、性的なパフォーマンスを披露させてはならない」とされている。この法案が成立すれば、事業主は最高1万ドルの罰金、出演者はA級軽犯罪に問われる可能性がある。


https://thepostmillennial.com/savanah-hernandez-reports-texas-fights-back-against-the-trans-agenda

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1003 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧