「一般人は虫を食え!」というダボス会議のランチはサーモンとビーフw

2023-01-29

100percentfedup.comより

ハイポクリテス(偽善者)! ダボス会議のエリートたちは、コオロギを食べるように言っている...しかし、ダボス会議のメニューはこうだ(ヒント:昆虫ではない)。

ゲスト・ポスト:ベッキー・ベアレンツ(医学博士 選挙制度の健全性を求めるミシガン市民の会(MC4EI.com)副会長

ケーキを食べさせてやろうか?もはや、世界の裕福なエリートを除いては、そうではない。



これからのマントラは、「虫を食べさせる!」

先日スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで、シーメンスのジム・ヘーゲマン・スナーベ会長が「10億人が肉を食べるのをやめよう」と呼びかけました。

ドイツの巨大工業メーカーのデンマーク人トップであるスネーブは、肉を藻類や海藻、サボテン、そして昆虫などの「気候に有益な」合成タンパク質に置き換えることを推進しているのだ

これらはすべて、ゼロ炭素の世界を促進し、人為的な気候変動の影響を軽減することにつながる、はずです。

昆虫食とは、昆虫を食べることです。113カ国で戒められ、一般的な行為となっている。

世界経済フォーラムのホームページでは、昆虫を食べることで気候変動を抑えることができるとして、5つの理由を挙げています。

  • 食用昆虫は、動物と比較して、同量の良質なタンパク質を生産することができる。
  • 昆虫は家畜に比べて世話が少なくてすむ。
  • 私たちは今、タンパク質が不足しています。
  • 昆虫は好循環のエコ・サイクルの一部である。
  • 小さなことからコツコツと

彼らはこうも言った。「チョコレートで覆われたサソリを試すまで、それを非難してはいけない」と。


ビル・ゲイツは、セレブリティに虫を食べさせるという新しいトレンドを推進している。
左派がジェンダー流動性、LGBTQライフスタイル、トランスジェンダー、批判的人種理論を主流にしようとしているように、この食の冒険を主流にしようというわけだ。
もしあなたが本当に「イン(セクト)・クラウド」の一員になりたいのであれば、この豪華なリストに名を連ねる必要がある。
「虫を食べる10人のセレブ」などの動画があちこちに出ています。お気に入りのセレブが「その日」の虫を食べる様子を見ることができる。アイデアに対する不安を軽減するのに役立つ、ね。

2017年、アンジェリーナ・ジョリーは、「コオロギ、まずはコオロギから。コオロギとビール、それからタランチュラへとステップアップしていく感じね。」



Klaus Schwabが設立したWorld Economic Forumは、資本主義の「グレート・リセット」というコンセプトを推進している。その中には、西側諸国が「利己的 」に二酸化炭素を排出しているとして、西側諸国を叩くことも含まれている。

スネイブはさらにこう言った。
「10億人が肉食をやめれば、大きなインパクトがある。現在の食糧システムに大きな影響を与えるだけでなく、食糧システムのイノベーションを促すことになる。将来的には、肉から作られないタンパク質が登場し、おそらくより美味しくなると思います。

最近のダボス会議WEF2023のCNBCで報告されたように、エリート参加者は以下を楽しんだことを心に留めておいてください。

ホテル・シャッツァルプでプライベートランチが開かれた。このホテルは主にフニクラ(路面電車)に乗って敷地内を登っていく。出席者によると、集まりはホテルのベルエポックレストランで行われ、サーモンと牛肉料理が参加者に振る舞われたとのことだ。


肉は私のためにあるのであって、汝のためにあるのではない!?

デンマークの気候変動評論家であり、「誤報:気候変動パニックは何兆ドルも費やし、貧困層を傷つけ、地球を修復できないのか?(False Alarm: How Climate Change Panic Costs Us Trillions, Hurts the Poor and Fails to Fix the Planet)」の著者であるビョルン・ロンボルグ(Bjorn Lomborg)氏は、先進国の平均的な人々が食事から肉を除去したとしても、個人の排出量削減効果はわずか4.3%にしかならないと述べています。
また、ベジタリアンの人たちは、肉を食べないことで節約したお金を、炭素排出を増やす他の製品に使ってしまうという「リバウンド効果」が見られるという。

ドイツの「グリーン」な政治文化の多くは、基本的に人口のマイナス成長による生活水準の低下を正当化するための方法であると指摘する人もいる。
「国民的な不安を引き起こす代わりに、それを美徳の感覚に振り向ける方法である。我々は貧しくなっているが、それは地球を救うためなのだ!」。

いいじゃん、やらせれば。ケーキを食べよう。カブトムシよりましだ!



人は何匹のコオロギを食べさせられたら、もう十分だと言うのだろう。

人類を救おうとする衝動は、ほとんどの場合、権力を握って他人を支配しようとする衝動のための偽りの隠れ蓑なのだ。

https://100percentfedup.com/hypocrites-globalist-elite-in-davos-are-telling-you-to-eat-crickets-but-heres-what-was-on-the-davos-wef-menu-hint-its-not-insects/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1684 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧