ビル・ゲイツ氏、卵不足の10年前から人工卵に投資─素晴らしい先見の明

2023-01-29

thegatewaypundit.comより

消費者物価指数によると、卵の価格は昨年から66%も急騰しています。

鳥インフルエンザで4100万羽以上の卵を産む鶏が死亡したため、世界中の人々が店頭で卵を買うのに高いお金を払うことになったのです。

卵の不足に対応するため、植物性の人工卵に注目する人たちもいます。

2013年、ビル・ゲイツは、植物性の人工卵を主流にしたハンプトン・クリーク社に投資しました。



投資後まもなく、ゲイツはさまざまなブログや講演でハンプトン・クリークの人工卵を賞賛するようになりました。

発売から2年後、鳥インフルエンザが世界的に流行し、一部の消費者は植物性の人工卵に切り替えることになりました。

ハンプトン・クリークはその後、イート・ジャストと社名を変え、現在はビヨンド・ミートというブランド名で植物性の肉類も販売しています。

インポッシブル・フーズ、メンフィス・ミート&ビヨンド・ミートに出資、ビル・ゲイツが牛肉をフェイクミートに置き換えることを提唱。ゲイツは、人々は偽物の肉を好きになることを学ばなければならない、と言った。それでもダメなら、つまり行動が変わらないなら、適切な規制を設けるべき... pic.twitter.com/cneLeDs39f

- アラン・ワトソン (@DietHeartNews) 2022年1月28日


ビル・ゲイツはEat Justを支援し続け、牛が出すメタン(ゲップ)の二酸化炭素排出量を削減するために、植物性の肉をより多くの人に食べてもらうよう提唱しています。

豊かな国は合成牛肉だけを食べるべきとビル・ゲイツ氏 https://t.co/MQOGSbareN

- スカイニュース (@SkyNews) 2021年2月16日


https://www.thegatewaypundit.com/2023/01/bill-gates-invested-artificial-eggs-decade-egg-shortage/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
4755 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧