クリンジマス:トルドー首相とその大臣が、サンタのカナダ上空飛行を「許可する」プロパガンダビデオに出演

2022-12-25

thepostmillennial.comより

ジャスティン・トルドー首相とオマール・アルガブラ運輸相が、サンタクロースをカナダ領空に飛行させるという劇的なミッションのために、二人の自由党政治家がコンビを組むというビデオを公開し、ソーシャルメディアの利用者をやきもきさせました。

ドラマチックな映画撮影とサスペンスフルな音楽で撮影されたこのビデオは、真剣な表情の首相が薄暗い駐車場でアルガブラと会う約束をし、そこで彼が怪しげなブリーフケースを手渡すというものだ。

1999年のSF映画"The Matrix"の"Red pill/blue pill"のくだりなど、サスペンス映画のテイストがいくつか使われた。運輸大臣が明らかにしたブリーフケースの中には、赤と青のクリスマスオーナメントが1つずつ入っていた。赤い玉は "任務受諾"、もう1つは "任務拒否 "と書かれていた。

Alghabraはミッションを受けることを選択し、赤いオーナメントを叩き割って、鍵のかかったゲートに入るためのキーを出した。ゲートの奥にはコンピュータがあり、画面にはミッションの「開始」「中止」の選択肢が表示されていた。その隅にあるランダムなカウントダウン時計が残り0秒になったとき、アルガブラはミッションを開始し、サンタが国民の子どもたちにプレゼントを届けられることを知らせた。

「サンタはカナダ領空を飛行することが許可されました。サンタがやってくる メリークリスマス、ハッピーホリデー、そしてご安全に」とAlghabraはカメラに向かって言い、映像を締めくくった。

コメント欄には、「くだらないビデオを作るより、政府に仕事をさせたいだけだ」と指摘する声が複数寄せられた。

元ポスト・ミレニアルズのライターで、フリー・スピーチ・クラブのディレクターであるアンジェロ・イシドロウは、"お願いです、私たちはただパスポートを更新したいだけなんです "と書いた。

"お願いだから、仕事してください。カナダの運輸部門はボロボロなのに、こんなことに時間や資源を費やすのか?これは絶対的な恥です」と、最近オタワで行われた緊急事態法の照会で、フリーダムコンボイを代表してトルドーに反対尋問を行った弁護士のエヴァ・チピウクは言った。

「私は、政府のこの正確な描写が大好きです。必要ないものを自己中心的な官僚主義に封じ込めるために、ばかげた費用でとられたたくさんの不必要な手順" と、別のコメント者は書いている。

二人はフランス語のバージョンも発表している。



https://thepostmillennial.com/cringemas-trudeau-and-his-lackey-minister-star-in-propaganda-video-authorizing-santa-to-fly-over-canada

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1152 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧