暗号通貨危機が拡大する中、CBDCに大きな動き

2022-12-23

nakedcapitalism.comより

その先頭を走っているのが、世界で最も人口の多い2つの国、中国とインドだ。両国の人口は、地球上の8人のうちおよそ3人を占める。

世界最大級のポンピング・アンド・ダンピングの最終段階が進行する中、暗号市場の「価値」は過去1年間で2兆ドル以上もの資金が消却された。FTXの壮大な崩壊の影響は、今や世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceとCoinbaseに及んでいる。

Coinbaseの株価は今年に入ってから86%も下落し、同社の債券は1ドルあたり50%近くも取引されている。バイナンスについては、ロイターの厳しい特ダネで、その帳簿は「ブラックボックス」と表現されたばかりだ。同社のデジタル・トークンの価値は、過去1カ月で8%、今年に入ってからは50%低下している。この1週間で預金者が取引所から数十億ドル相当の資金を引き上げたと報じられているが、CEOのChangpeng "CZ" Zhaoはその資金の多くが戻ってきたと主張している。

投資家が怯えている理由の一つは、米国司法省がバイナンス、"CZ"、その他の上級管理職を「無免許送金、マネーロンダリングの陰謀、犯罪制裁違反」を含む金融犯罪の数々で追及しようと考えているという最近の報告です。先週、FTXの創設者であるサム・バンクマン=フリードが逮捕されましたが、彼はマネーロンダリングと詐欺などの違反で起訴されています。

馬が逃げ出し、何兆ドルもの投資家の資金が失われた今、ようやく議会から暗号を規制する必要性が叫ばれるようになったのである。これは、「デジタル資産の責任ある開発を促進し、顧客を保護する」ために「セーフガード」を導入することを求める大統領令14069号「デジタル資産の責任ある開発の確保」の施行に伴うものである。3月9日にジョー・バイデンが署名したもので、いわゆる「デジタル・ドル」の創設も推奨している(詳細は後述する)。

クリプトに対する徹底的な規制を呼びかけているのは、米国だけではありません。昨日(12月19日)、欧州中央銀行のルイス・デ・ギンドス副総裁は、世界の金融アーキテクチャに抜け穴ができないよう、暗号資産は世界レベルで規制される必要があると述べた。先週の水曜日(12月14日)には、ドイツの金融市場規制当局BaFinが全く同じ主張を行い、消費者の保護、マネーロンダリングの防止、金融の安定性を維持するために暗号市場のグローバル規制を呼びかけました。

このようにメディアが息を呑むような報道をする一方で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)については、世界中で大きな動きがあります。そして、それらは事実上全く報道されていない。

中国とインドがリードする

中国とインドは、世界で最も人口の多い2つの国であり、地球上の8人のうち3人近くがこの2つの国によって占められている。G20の中で、中国ほど中央銀行によるデジタル通貨の導入が進んでいる国はない。Wired誌は先月、アジアの巨人が「公式なデジタルキャッシュの概念がまだ議論の段階にある米国や他の国々をはるかに凌駕している」と指摘した。

中国人民銀行は2019年にデジタル元の最初の試験運用を開始し、CBDCは現在、上海、北京、深センなど国内の23の大都市で試験運用されている。今年1月には、北京冬季オリンピックの来賓選手や出席者にデジタル通貨を試用するよう呼びかけ、デジタル人民元は宣伝効果を発揮した。9月には、中国人民銀行がiOSとAndroid用の新しい人民元アプリを国内のアプリストアにリリースし、パイロット23都市に住む人は誰でも自由に利用できるようになった。

先週には、中国最大のモバイル決済プラットフォームであるアリペイが、同社のeコマース・プラットフォームでエクスプレス決済のオプションとしてこのアプリを提供することに同意し、もう一つの大きなマイルストーンが達成されました。アリペイを運営するアント・グループは、中国中央銀行の規制に対応するため、事業再編を行っています。アント・グループは最近、電子通貨の開発を監督するデジタル通貨研究所という機関を設立したと、サウスチャイナ・モーニングポストが報じています。

おそらく予測できたことではあるが、この動きは非常に重要である。アリペイは今年で18年目を迎え、中国だけでなく世界最大のモバイル(デジタル)決済プラットフォームで、利用者は13億人を超え、アップルペイより8億人多い。アリペイは、9億人のユーザーを持つライバルの中国ハイテクプラットフォームTencentの決済アプリWeChatとともに、中国人が消費する商品やサービスの支払い方法に革命をもたらしました。

アリペイやWeChatのようなモバイル決済アプリの普及、利便性、人気のおかげで、中国社会から硬貨や紙幣はほとんど姿を消した。数カ月前にChina Dailyの論説で宣言されたように、中国ではキャッシュレス決済システムが「今や現実のものとなった」。"電子決済アプリと10億人を超えるスマートフォン所有者 "が大きな要因である。

中国の政府と中央銀行は今、その一翼を担おうとしている。政府は昨年、金融犯罪の抑制と経済不安の防止のため、暗号通貨をすでに禁止しています。そして今、中央銀行はAlipayとWeChat Payの巨大な決済帝国に目をつけているようだ。中国ブリーフィングが9月に報じたように、WeChatもまた、ユーザーがサービスの支払いにe-CNYを選択できるようにし始めると発表している。

北京は、自分たちはつま先を踏んでいないと主張している。新華社通信傘下の上海証券報によると、「デジタル人民元をWeChat PayやAlipayの競合とみなす向きもあるが、中国の中央銀行はそうした主張に "公式に "反論している」(同)という。

デジタル人民元の全国発売が近づくにつれ、他の世界各国の首都では恐怖が伝わってくる。先週、ジャパンタイムズの論説は、"デジタル人民元は、中央で規制された金融取引の最も広範なデータベースを作成することになるため、世界に大きな影響を与えるだろう "と警告している。

イギリスの情報機関GCHQのトップ、ジェレミー・フレミングは最近の講演で、北京はそのデジタル通貨を国際制裁を逃れるためだけでなく、市民を監視するためにも使うことができると警告した。彼が言及しなかったのは、イングランド銀行も独自のCBDCを開発しようとしており、それを使って英国市民を(管理するだけでなく)監視することができるだろうということだ。インド準備銀行(RBI)を含む、地球上のほぼすべての中央銀行がそうであるように。

世界のひな形

インドはすでに世界最大の生体認証に基づくデジタルIDシステム、いわゆるAadharを誇っている。インド固有識別局(UIDA)は2021年までに13億の固有ID番号(UID)を発行し、人口の約92%をカバーした。UIDAI CEOのSaurabh Garg博士によると、現在、全成人の100%、全子供の80%が登録されているという。2017年には、「ノーベル」賞受賞の経済学者ポール・ローマーが、世界の雛形となる制度と謳った。

UIDAIの首謀者の一人は、インド第2位のIT企業インフォシスの共同創業者で非常勤会長のナンダ・ニレカニ氏だ。ビル・ゲイツ氏が「見えない人を見えるようにした」と賞賛したニレカニ氏は、近年、世界銀行と協力して他国政府のデジタルIDシステム構築を支援している。

IMFが6月に認めたように、アーダルのような国家デジタルIDシステムは、CBDCを展開しようとしている国にとって不可欠な前提条件です。そしてインドは、他のG20経済圏と同様に、CBDCを展開することを決意しています。

そのため、RBIは12月1日、リテール向けCBDC、つまり消費者を直接対象としたものをテストするためのパイロット・プログラムを開始しました。このプログラムには当初、4つの銀行(State Bank of India、ICICI Bank、YES Bank、IDFC First Bank)と4都市(Mumbai、New Delhi、Bengaluru、Bhubaneswar)が参加する予定です。しかし、その後の段階では、さらに4つの銀行(Bank of Baroda、Union Bank of India、HDFC Bank、Kotak Mahindra Bank)と9都市(アーメダバード、ガントク、グワハティ、ハイデラバード、インドール、コチ、ラクナウ、パトナ、シムラ)に拡大する予定である。パイロットプログラムの範囲は、さらに多くの銀行、ユーザー、場所を含むように拡大される可能性があります。

V. 参加金融機関の1つであるIDFC First Bankのマネージングディレクター兼CEO、Vaidyanathan氏は、デジタルルピーがもたらす潜在的なメリットについて、「冗談抜きで、インドの木を救うことができる」と絶賛しています。

今日、インドは現物の現金の印刷に年間5,000兆ルピー近くを費やしています。これらの紙幣を印刷するために、どれだけの木を切り、どれだけの印刷物を消費しているかは、神のみぞ知るところです。デジタル通貨に移行することは、環境にとっても、木にとっても大きな利益となります。

「さらに、現金よりも持ち運びが簡単です。ポケットに入れられるのはその程度の通貨だけで、2,000~2,500枚を超えるとかさばります。CBDCは同じ額面の通貨ですから、より簡単です。そして、より安全です。デジタル通貨と違って、財布を失えば、現金も失います。これは大きなメリットです。RBIは、コンセプト、技術、ブロックチェーン、照合など、これをまとめるのに素晴らしい仕事をしました。一般人にとって、これは現在の、そして従来のデジタル取引よりも匿名性が高く、財布から財布へ、取引のたびに銀行口座に触れることがないためです。


キャッチアップする欧米諸国

世界で最も人口の多い2つの国がCBDCの実験を拡大する中、欧米の国々は必死に追いつこうとしています。この1ヶ月ほどで
  • ニューヨーク連邦準備銀行は、Citi、HSBC、Mastercard、PNC Bank、TD Bank、Trust、U.S. Bank、BNY Mellonなどの銀行機関とともに実施した多段階研究「プロジェクト・シダー」の第1段階を終了しました。このプロジェクトの目的は、「基本的な設計の選択とモジュール式の技術的特徴の探求を通じて、連邦準備制度の文脈における理論的な中央銀行卸売デジタル通貨(wCBDC)のための技術的枠組みを開発すること」です。
  • 英国政府は、「中央銀行デジタル通貨[CBDC]-主権デジタルポンド-のケースを探り、潜在的なデザインについて協議する」ためにCBDC協議を「前倒し」すると発表した。BoEはこれまで何年もデジタル・ポンドの実現可能性について研究を行ってきたが、いまだに公にその開発を確約していない。2021年6月に英国の当時の財務大臣(現首相)であるリシ・スナックが、「英国の議長国の下、...G7は中央銀行デジタル通貨の小売に関する一連の公共政策原則を立ち上げている 」と発表している。
  • 日本銀行は、来春から日本の大手商業銀行とデジタル円の実現可能性のテストを開始する計画を明らかにした。このニュースは、日銀の元政策委員である白井さゆり氏が、支払い手段としての現金の人気が続いているため、中央銀行がCBDCを立ち上げる計画を凍結していると記事で指摘してからわずか数カ月後に発表されたものです。
  • 欧州中央銀行(ECB)は、2023年1月に「デジタルユーロ」の「市場調査」を実施する計画を発表した。通常、市場調査は顧客(この場合はEU市民)に焦点を当てるが、ここではCBDCのサプライヤーからの情報収集がターゲットとなる。Euromoneyが指摘するように、「ほとんどの一般ヨーロッパ人は、デジタルユーロの発行計画について聞いたことすらない」のである。主流の金融セクターでさえ、このアイデアについて、人々はせいぜい生温いです"。しかし、ECBはそれでもデジタル・ユーロのプロジェクトを進めることを決意し、2023年初頭にその採用のための法案を提出する予定です。

中央銀行は最近、国内最大の金融機関のいくつかが参加するパイロット・プログラムを来年実施する計画を発表しました。目標は、2024年までにCBDCを稼働させることです。中央銀行の発表は、ボルソナロ政権による今年初めのQR対応国民IDシステムの立ち上げに続くものです。

ロイターより:
ニュースサイト「Poder 360」主催のイベントで、カンポス・ネト氏は、中央銀行のデジタル通貨の設計は、銀行の資産のトークン化を促し、かなりの効率化をもたらすと述べた。

「デジタル通貨が実際にトークン化された預金であれば、すでに預金に適用されている規制をすべて受け継ぐ」と述べ、金融政策を妨げたり、銀行のバランスシートを悪化させたりすべきではないと付け加えた。

カンポス・ネト氏は、国際通貨基金(IMF)の代表が中央銀行に接触し、このモデルが最も導入しやすそうで、他の中央銀行も検討すべきとのフィードバックを得たと述べた。


IMFの支援

前回、「世界はもうすぐ中央銀行デジタル通貨に対応できるようになる?IMFはCBDCの開発と立ち上げに深く関与しており、特に新興国を中心とした多くの加盟国に技術支援を提供しています。同時に、ブレトンウッズのパートナー機関である世界銀行は、南半球全域でのデジタルIDプログラムの展開に深く関与しています。IMFのクリスタリナ・ゲオルギバン総裁によれば、「IMFの重要な役割は、経験の交換を促進し、CBDCの相互運用性をサポートすることです」。

それはまさにそれを行っている国の一つであるナイジェリアは、中央銀行のデジタル通貨を完全に起動した最初の大規模な経済であった。しかし、CDBCの一般への普及は恥ずかしくなるほど低く、積極的に利用しているのは人口の0.1%程度に過ぎません。そこで、ナイジェリア中央銀行は、ATMからの1日の現金引き出し限度額を80%以上引き下げることで、少しばかり圧力をかけることにしたのだ。CBDCの利用を促進するために、ナイジェリア中央銀行は、すでに崖っぷちに立たされている経済に対して、広範囲に及ぶ経済的苦痛を課すことをいとわない。

デジタルIDとCBDCは、当初は任意で展開されるようですが、国民の十分な「賛同」を得るために、より抑圧的な手段が使われるのは時間の問題であることを思い起こさせるものです。2019年4月、Mckinsey Global Instituteは、「Digital Identification」というデジタルIDに関する詳細なレポートを発表しました。A Key to Inclusive Growth(包括的成長への鍵)」です。その中で、みんな大好きなコンサルタント会社は、デジタルIDが開始された多くの国で、自発的にデジタルIDを採用した人は10%に満たないと指摘しています。

デジタルIDシステムが持つディストピア的な可能性を考えれば、これは驚くには値しない。インドのアーダル・システムやナイジェリアのeナイラのように、ほとんどの国のほとんどの人がデジタルIDやCBDCを自発的に採用することはないだろうというのがその理由です。皮肉なことに、中央銀行によるCBDCの導入は、どちらかといえば、それを正当化する主な理由の1つである安定コインを含む民間暗号通貨の成長が、進行中の暗号の冬のために事実上すべての関連性を失っているにもかかわらず、加速しているのです。


https://www.nakedcapitalism.com/2022/12/all-around-the-world-big-moves-are-afoot-on-cbdcs.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1217 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧