政府が支援する2万5000ポンドの「グリーン」ヒートポンプに切り替えた男性「7000ポンドのエネルギー請求書に直面」

2022-12-23

notalotofpeopleknowthat.wordpress.comより

インデペンデント紙によれば、


ある男性が、暖房システムを政府が支援する25,000ポンドの「グリーン」ヒートポンプに取り替えた後、7,000ポンドのエネルギー請求に直面していると主張している。

政府は現在、ガスのセントラルヒーティングと温水システムを取り除き、ヒートポンプに取り替えた家の所有者に最高5,000ポンドまでの補助金を出している。

しかし、グリーン・ロビーの多くが支持するこの新システムは、英国の多くの住宅所有者を窮地に陥れたようである。

スティーブ・メイソン(58)は数千ドルを投じて新しいシステムを導入したが、サーモスタットを17度に設定しているにもかかわらず、請求書が跳ね上がったと言うのである。

冷蔵庫と同じ技術に基づくエアポンプは、外気から家の中に熱を取り込み、自然エネルギーで発電した電気で動かすことができるため、カーボンニュートラルとなる。

しかし、ヨーロッパで最も電気代が高く、最も断熱性の低い住宅であるため、早くから導入している企業は、環境に配慮するためのコストを計算しています。

7月にこのシステムを使い始めたリンカンシャー州ハーラクストンの会社役員、スティーブはこう語っています。「機器に17,000ポンドかかり、さらに設置にかかったので、少なくともあと10,000ポンドは追加されました。

「私たちは7月の暖かい時期に家に戻りました。夏場の月々の請求は大体280ポンド、春と秋は500ポンド、冬場は850ポンドくらいになります。
そうなると、年間トータルでは6,000〜7,000ポンドくらいになります。私の電気契約は3月で終わるから、料金表は上がる。
というわけで、私たちが支払うことになるのは......あまり考えたくないですね。
この金額を払えるのは、よっぽどの富裕層だけで、僕と妻の収入では到底無理な話だ」。

空気ポンプに投資したことの利点について尋ねると、スティーブはこう答えた。「環境に優しい無公害のエネルギーを使っている」と言えば、グレタ・トゥンバーグも喜ぶだろう。

「しかし、外はマイナス3度なのに、節約のために室温を17度に設定しています。薪ストーブが森を貪り食い、煙突から煙を出しているのですから皮肉もいいところです。」

今月の電気代だけでも1,000ポンドに達し、年間の電気代は以前の約2倍になるとスティーブは予想している。

彼は政府からポンプ購入の補助金として5,000ポンドを受け取りましたが、それでもこの切り替えが経済的に可能であるとは思えません。

彼によると、同じようにヒートポンプを導入している村の他の2つの家庭も同様の問題に直面しており、そのうちの1つは、寒い日にはポンプと一緒に2つの薪ストーブを使用しなければならないことです。

政府は、空気熱源ヒートポンプを"グリーン"な方法として推奨しているので、これが私たちが進む道だと考えました。

「しかし、妻と私は、システムの設置と運用のコストが経済的および機能的にどのように合理的であるかを理解するのに苦労しています。」

https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/energy-bills-gas-government-green-pump-b2248520.html

私は、より多くの人々が、再生可能エネルギーロビーに騙されていることに気付くだろうと思う。

行間を読むと、かなり大きな一戸建て住宅のようで、おそらくかなり古いのでしょう。「7月に家に戻った」というコメントから、かなり多くの作業が行われたことがわかります。また、断熱性も低いのではないでしょうか。

それにしても、ヒートポンプはガスボイラーとほぼ同じエネルギーを使っていることが数字からわかります。これでもサーモスタットを17℃に設定しなければならないのですから、そろそろ心配になってきました。


https://notalotofpeopleknowthat.wordpress.com/2022/12/20/man-facing-7000-energy-bill-after-switching-to-25000-government-backed-green-heat-pump/
498 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧