スコットランド政府は、社会保障、NHSヘルスサービス、エクスペリアンクレジットに接続する「デジタルID」プラットフォームを展開する。

2022-11-21

truthtalk.uk/より

SNP(スコティッシュ・ナショナル・パーティー)は今週初め、独自のプラットフォームを試験的に導入するため、2023年にディスクロージャー・スコットランドと試験運用を行うと発表した。この試験運用により、ユーザーは1組のログイン情報で複数のディスクロージャー・スコットランドのサービスにアクセスできるようになる。
▼SNP
https://www.gov.scot/policies/digital/digital-identity-scotland/

同社のホームページによると
ディスクロージャー・スコットランドは、雇用主が人を採用する際に、より安全な判断を下すのに役立ちます。また、不適切な人が子供など弱い立場の人と仕事をすることがないようにします。


つまり、これはユーザーを選別し、政府のルールに従わない場合はサービスを拒否するというものです。コビド時代と同じように、ノーワクチン・ノーアクセスです。

イギリスとウェールズも独自のプラットフォームを運営する予定ですが、スコットランドが最初になると思われます。

最終的には、スコットランド社会保障省や医療など、国内の他のサービスにもデジタルIDが展開される予定です。病院や開業医では、デジタルIDを使うことで混乱が生じたり、スタッフの仕事が増えたり、持っていない人は追い返されたりする可能性があります。

SNP政府のデジタルIDサービスには、最大8350万ポンドかかるそうです。

スコットランド政府は5年前からデジタル・アイデンティティ・プラットフォームに取り組んできた。2018年に政府のオンライン・アイデンティティ保証プログラムの短いアルファ・フェーズが開始された。2021年にScott Logicが契約を獲得し、4月から作業を開始した。2023年には最初のパイロットが完成するはずです。

そして、スコット・ロジックによれば
私たちのビジョンは、公共サービスや給付金を受ける資格があることを、安全かつ簡単にオンラインで証明できる、ユーザー向けのデジタルIDサービスを導入することです。


公共サービスを受けるためにデジタルIDを持つことがまもなく義務化されます。

スコットランドのデジタルIDサービスチームと、信用スコアリング会社のエクスペリアンの提携もある。この部分は2年間の契約でサポートされます。このサービスでは、ユーザーが現実の世界に存在するという証拠をチェックします。不正の可能性がある行為を特定し、書類の有効性をチェックし、ユーザーの写真と公的書類を照合します。

現在、運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書が本人確認に使われていますが、政府はEUの生体認証付き住基カードも含める予定です。また、政府のデータのような知識ベースの認証にも広げたいと考えているようです。


https://twitter.com/DeanSmi47962704/status/1593012736992038914?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1593012736992038914%7Ctwgr%5Ea5461b76db3198377b2f62cb4c2875751f90e8c6%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Ftruthtalk.uk%2F2022%2Fscotlands-government-is-rolling-out-a-digital-id-platform-that-will-be-connected-to-social-security-nhs-health-services-experian%2F

また、デジタルIDシステムは、より広範なデジタルウォレットやデジタルロッカーにリンクされる予定です。

これらの属性は保存され、ユーザーは試験運用には含まれないが将来的に利用可能となる他のサービスにも利用できるようになる。

スコットランド政府のデジタルIDのポリシーリードであるGavin Ross氏がこのプロジェクトをリードしており、彼は次のように述べています。
ソーシャル・セキュリティ・スコットランドでは、常に新しい給付や新商品が展開されていますし、保健分野の同僚とも、彼らが提供するサービスをどのようにサポートできるかを話し合っています。

「スコットランド以外の国にも目を向け、海外から来る人たちをどうサポートできるかに関心を持ち、EUの制度に何が起こっているのかもよく見ています」。

「そして、プラットフォーム間で認証されたID情報を共有するオプションを提供する可能性にとても興味を持っています。


また、スコットランド政府は、英国政府の同僚たちと「One Login」で緊密に連携しています。


https://twitter.com/BernieSpofforth/status/1593544805405032449?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1593544805405032449%7Ctwgr%5Ea5461b76db3198377b2f62cb4c2875751f90e8c6%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Ftruthtalk.uk%2F2022%2Fscotlands-government-is-rolling-out-a-digital-id-platform-that-will-be-connected-to-social-security-nhs-health-services-experian%2F

デジタルIDは監視に使用されます。


スコットランドのようなデジタルIDの仕組みは、世界経済フォーラムが後押ししている。Advancing Digital Agenciesと呼ばれる青写真文書が2月に発表されました。2月に発表された「Advancing Digital Agencies: The Power of Data Intermediaries(デジタルエージェンシーの推進:データ仲介者の力)」という青写真。

政府の仲介者についての項目で、 ・・・と書かれている。

公的機関や政府機関は、特に公的機関から送られてくるデータに関連して、仲介者の役割を担うことができる。したがって、そのような情報の集約者またはゲートウェイとして機能することも可能である。このような仲介者は、特に少なくとも公共部門全体で、相互運用可能なシステムの調整を含め、データをより簡単にアクセス、識別、検索、使用できるようにするためにさらに広い役割を果たすことができる。


また、WEFの文書には次のように記されている。

英国政府も最近、データ仲介業者に関する報告書を委託し、データ仲介業者がデータ共有活動において人々と企業の両方に力を与えることができると判断しています。各国政府がデータ共有の規制を模索する中、機敏で革新的かつ前向きなソリューションが必要とされるでしょう。


データの価値を解き放つ」と題された別の独立した報告書では 2021年7月22日に発表された「データ仲介者の役割を探る」。英国政府はこう書いている。

政府の国家データ戦略は、英国における公共および民間保有データの膨大な潜在能力を引き出し、イノベーションの推進、生産性の向上、新規事業や雇用の創出、公共サービスの改善につなげることを目的としています。


個人情報へのゲートウェイを持つデータアグリゲーターとして、これらの政府とその機関は、WEFが定義する仲介者の役割を担っています。

データは次の石油である。われわれは、一種のグローバル・ハンティング・ゲームにおいて、あらゆる属性、あらゆる人間的特徴によって判断されることになるのだ。

私たちは皆、「政府」がもはや国民や国を代表しているのではなく、ハイテク寄生虫に私たちを売り渡していることに気づく必要がある。NHSの患者データとPalantirで見たように、世界的なデータの特売になる可能性があるのです。

https://truthtalk.uk/2022/scotlands-government-is-rolling-out-a-digital-id-platform-that-will-be-connected-to-social-security-nhs-health-services-experian/
456 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧