2022年11月16日(水曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさんご提供)

2022-11-18


TimSTさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成してあります


Sunny:
皆さんお帰り~
早速、ガーディアンオフィスの地上司令官、キンバリー・ゴーグェンにチェックインします。
彼女はそろそろ来てくれると思います。
Hi!カモン!

Kim:
Hi!Sunny調子は?

Sunny:
いいよ。今日はどうです?クレイジーな日です。

Kim:
知ってる~でもそれほど悪くないですよ。今日の更新はそれほど多くありません。
少なくともあと数年はオレンジ色の男(北アイルランドの秘密結社党員)を見なければならないことにあなたがとても満足していることは知っていますよね?
疑惑があるんでしょ?

Sunny:
OK。何が起こるか見てみましょう。

Kim:
その通り。

Sunny:
はい。正解。

Kim:
彼はやるかやらないかを考えていた。やらない。お金が来なかったことを知っています。
どうやら発表したようです。彼が実際に選挙に出ることについては、多くの憶測が飛び交っています。実際に彼らが何をするか見ていきます。
ご存知のように、彼らは死んだ人々を何年もパレードすることができます。
既にドナルド・トランプは2021年暮れに死んでいるが、彼を担ぎ上げて大儲けしている輩は、もうできないと思う時までトランプが生きている事にする。勿論バイデンも同様で既に死んでいます
つまり、プーチンの、4、5、6年ですよね?
6年後、彼は私たちと一緒にいませんでした(かなり以前から偽物)が、彼はまだ国家元首になることができました。
プーチンといえば、あなたはミサイルに関する簡単なニュースレポートを作成しました。
ええ、ポーランドがありました。今、少し前のように、彼らはタフで、それはウクライナだったと言っています。
そして、それは防空発射体の一部でした。

Sunny:
いや、今ならその意味さえもわかります。

Kim:
それが何を意味するかというと、彼らはロシアのミサイルを空から発射しようとしていたということです。
ウクライナが実際にそれを行っていたことが判明し、ロシアを非難しようとしていた。この物語はとても悪くなっています。残念。
では、誰がウクライナにそうするように指示したのですか?
ディープステートの将軍に友人がいるのはなぜですか?彼らの全体を知っていましたか?
忘れてはならないのは、ディープステートの将軍といえば、彼らは明らかに私に対して非常に怒っているということです。凄く凄く怒っています。

潜在的なISIS、ブラックウォーター、そしてインターポールがピンクパンサーと呼んでいる興味深いグループのような人々を含め、お金を得ることができませんでした。

Sunny:
それは誰ですか?

Kim:
インターネットで検索できると思いますが、主に元軍人で構成されたグループです。かつてユーゴスラビアとして知られていた地域の。だから、バルト三国というか、宝石泥棒で有名というか、よく知られた国なんですね。
それが彼らがピンクパンサーと名付けた理由だと思います。
この特定のグループは昨日チューリッヒにいて、支払いを待っていましたが、支払いは有りませんでした。もちろん彼らは私を非難しました。(全てのお金をキンバリーさんがコントロールしているので)
2014年にディープステートの将軍たち、これは実はパパ・ブッシュが先頭に立っていたのですが、当時は死ぬ直前で、彼はヤクザやタリバンやブルガリアの暴走族に「給料が支払われないのは私(キンバリー)のせいだ」と伝えようとしたことがありました。

では、なぜジープ・ディープステート(ガンガン進むDSの意味か?)の将軍たちはそのようなことをするのでしょうか?
その理由をお話しします。その契約は誰も拾ってくれません。さて、どうやって無料で暗殺するんだ?
そして彼らはそれを(支払)待っています。だから私は貴方たちを責めているのです。

Sunny:
うん。

Kim:
それで彼ら(支払い側)は彼ら(将軍たち)をとても怒らせたので、それはすべて私のせい(にされて)です。
私は本当の、本当にクリアにしたいです。
第1に、昨日の午後(15日)、(キンバリーさんの)悪口を言うつもりだったんです。あなたから数分以内の現場に既にスタッフがいました。
私はあなたの約束とは何の関係もなく、あなたのでたらめな発表の、あなたの戦争とは何の関係もないことを証明する文書と証拠があります。私は、人にお金を約束することとは無関係だし、この作戦の全体像も知らない。

そして、その(計画の)ほとんどはすでにダウンしています。つまり、私はすでにあなたたちとこのゲームをプレイしました。あなたがこのゲームをプレイすることを知っていました。
なぜか?パパ・ブッシュのそばにいたとき、私はすでにそのゲームをプレイしていたからです。
だから私はその事実をよく知っていましたし、他のメンバー(キンバリーさんのスタッフ)たちもそうでした。

現在、すべての計画に参加しています。私たちがすでに配置されていた理由です。私たちはあなたが愚かなことをすることを期待していました。
なぜ?
なぜなら、この状況を改善するために彼ら(白帽子)が実際に行っていることに関して、あなた(白帽子)からは何も新しい情報は得られないからです。
ちょっとしたハッキングを試みたり、もう残っていないランクの技術を使ってみたり、そして今日もまた別の会議で、(彼らは)どうすればいいか考えているんです。

彼らが何をしようとしているのかという質問への答えは、あなた(白帽子やトランプ、Q)は何もしないということです。
15年間、まったく何もせずに過ごしてきて、それこそ本格的な機材が揃っていたのに、もうその機材がないわけですからね。
何の支援も受けずにやってるくせに、何も知らないのに、自分の常識からかけ離れたゲームに挑戦してるんだから。

それでは、次の小さな更新に進みます。
私たちは100,000人のうち約67,000人に減っています。(つまり既に33,000人消えた)
他から、やる人が出てくるかもしれませんね。
その中には、すでに人生の選択を誤ったとして、すぐに削除される予定の人が1万人いる。
24、48時間以内に行われると思いますので、その後、残りの量をどうするか、頻繁にチェックしています。

私たちがどのような状況にあるのか、どのように進んでいるのかを教えてくれます。それは、私が行う他の多くのことに依存していることも知っているからです。そう、そして、彼らは素晴らしい仕事をしているのです。すぐそばで待機していた。
ピンクパンサーなどに適切な情報を提供するために、すぐそばにいたのと同じグループなのです。
文字通り20分間だったんです。

Sunny:
う~ん。早い展開ですね。

Kim:
まあ、私たちはすでに知っていました。
つまり、彼らが誰に電話しているのか、誰にお金を約束したのか、また、パパ・ブッシュが作り出した別の事態が発生することは、すでに分かっていたのです。
だから、私たちは偽情報を止めなければならなかったのです。

否定、否定、再評価の非難、ゲーム、そういった類いのものばかりです。さて、ここではどうなっているのでしょう?
シークレットサービスが実際にホワイトハウスに戻ったかどうか、最新情報はありません。少しばかりのお金が渡されたのです。
週末には戻ってくる予定だったので、その様子を確認しなければなりません。あまりうまくいっていないような気がするのですが。

私が入手した情報では、この目標を達成するために、彼らは本当に大変な思いをしているようです。そして、誰もがホワイトハウスを支配したいと思っています。
まあ、どうなるかわからないんだけどね。
もし、彼らが計画していたこと、実際に実行するつもりなら、それは、死んだ人々が実際に死んでいることを発表することでした。
これらの100,000は死にます。

正直でなければなりません。コインを裏返したり、私たちが言ったように良い人生の選択をすることを決めたりしました。

Sunny:
キム、それはどのような事ですか?たとえば、反人道的で突然寝返る人々をどのように信頼できるでしょうか。
嫌いです。そのような人々をどうやって判断できるのでしょう?

Kim:
第1に、本質がすべてですよね?それが一番です。私たちはそのようなことを実際に行う能力があるからです。
第2に、それは人生の選択についてですよね?
人生においてある出来事が起こったとき、その出来事をコントロールすることはできないかもしれませんが、それに対する自分の反応はコントロールすることができるのです。
右往左往している人を見て、どうするんだろう?参加するのでしょうか?オーダー通りに進めるのですか?

ある国へのミサイル攻撃を引き起こすために、誰かが、中東の人々をもっと殺害するつもりなのか?そこも熱くて重いですよね。
それが、1万人のグループとされる一部の人たちからオーダーが来ているのです。
誰もが人生で下す決断を下しています。人がXをやって死んでいくのを見たら、おそらくXをやらないだろうということを知っているでしょう。

でも見てみましょう。イベントが発生した後に人々が行う選択がすべてです。
自分たちで続けているのでしょうか?彼らは、次のマスターになるのでしょうか?
それとも、一念発起して、実際に何かをして、給料をもらって、参加することにするのでしょうか?
それは世界が変わったからです。世界は変化し続けています。それを止めるためにできることは何もありません。
彼らはそれを止めることはできません。彼らのコントロールを超えています。この時点で、あなたは実際に神と戦っているのです。それはあまりにもスマートではありません。
まあ、そういうのは人生の選択ミスなんだけどね。
何でもかんでも戦えばいいんだよ。しかし、神の意思には逆らえません。自然と戦うことはできません。
自然は必ず勝つ。

つまり、この2、3日で起こったことは、だいたいこんな感じです。
作戦が順調に進んでいること以外、特に語るべきことはありません。
今週からって言いましたね。昨日、全員が必要なポジションについたところで正式にスタートしました。
私たちはすべてを非常に注意深く監視しています。願わくば、あと数日で世界がきれいになることを願っています。

見てみましょう。
他の面では、教育ケア部門は順調に進んでいるようです。彼らは順調です。また会議があるそうです。
ですから、もしあなたが世界の教育システムを(悪く)変えることに興味があるのなら、それは素晴らしい会議、ミーティングになるでしょうね。
サニー、あなたも私もそのことには同意できると思います。
つまり、酷いんです。

Sunny:
今日、モニカにメッセージを送ったところです。
私もマイクロスクールのことをもっと知りたい一人なんだ、という感じです。助けて!

Kim:
つまり、ええ、私も娘が通っていた学校で、真剣に退学面接を受けました。あなたたちはそうではない、という感じでした。お金を払っていたのです。
彼女(キンバリーさん)の父親は、この私立学校のために年間3万ドル近くを支払うことを選択した。数年前から彼女を入れていたのですが、私はそれが嫌でした。
学校が嫌い、いい加減なのが嫌い。

そのPTAの会合が、親とうまくいかなかったんです。つまり、私の趣味に合わないからです。酷かったという人、いるけど。
それだけのお金を知っていて、彼女が中学生になった時に中学1年生ね。ロゼッタストーンを持たせて、全員を教室に座らせました。

Sunny:
言語を学ぶためのコンピュータのプログラムのようなものですね。

Kim:
ええ、それで私は外国語プログラムに参加しました。これはロゼッタが年間3万ドル、それでもヘッドフォン代が(別途)必要でした。冗談じゃないよ。

Sunny:
うわぁ。

Kim:
ノー。壊れています。もっと、もっと、必要なんです。まあ、先生にも選択肢は必要ですからね。
世の中には、本当に心配してくれる素晴らしい先生方がたくさんいらっしゃるのですが、その方々の手が限られているのです。
このような馬鹿げたプログラムを教えなければならないので、子どもたちの学習意欲は高まりませんし、批判的な考え方をする人間にもなれません。

そして、批判的思考のある人たちは、考え方が違うという理由で、システムから排除されたり、悪い成績を取らされたり、いろいろあります。娘の宿題を手伝っていたのを覚えています。
ご存知のように、子供と大人の両方の教育システムを変えることに集中することが重要です。
大人が職業を学びたいのであれば、学校に通う選択肢を増やす必要があります。これは全部、退職した人たちが教えてくれるんですよ。

引退したからといって、私たちの未来に参加できないわけではありません。私たちの子供たち、あなたの孫たちのために、ちょっと考えてみてください。
多くの人生経験、ガーデニングの経験、さまざまな分野での多くの経験は、私たちの子供たちに本当に何かを教えることができます。
ですから、皆さんのために考えるべきことが色々あります。

Sunny:
ええ、私は大人が教育を続けるという考えが大好きです。それはあなたが成長し、なぜ私たちは12年生までしか学校に行かず、その後大学に行って、それで終わりなのかということの1つです。
ご存知のように、あちこちで仕事のために継続的な教育を行っているかもしれませんが、それは強調されていません。私はいつもそれが奇妙だと思っていました。

学校が嫌いな子供たちの話を聞くと、学ぶのが嫌いだからではなく、賢い子供たちだからです。
彼らは本当に良い成績を取ります。 彼らは型にはまるのが好きではありません。
型にはめたところで彼らを助けていないことを感じることができます。

家に帰ってきて、今日は学校でこんなことを習ったんだ、みたいな感じで。そして、「ああ、それはおかしいな」と。
だから、私は火に油を注いでいるのかもしれません。でもね、やっぱり子どもはこういうのを感じ取れると思うんですよ。

私も学校に通っていたときと同じように感じました。なんでこんなことしてるんだろう、みたいな。
これはオフです。間違っています。だけど誰もがすることですよね?

Kim:
そう。つまり、今でもやっているかどうかわからないが、あなたを牢屋に入れたんです。
覚えてますか?不登校の専門家とか、そいうのはまだ存在しています。

Sunny:
ええ、ええ、ひどい親です。自分を知っている人なら、プログラムに沿うことはないですよね。
それから、ホームスクーリングは、子供も親も、まだちょっと敬遠されているようなところがありますね。
たぶん、それはCOVID以来、変化している。でも、もっと選択肢が必要ですよね。私はビデオを見るのが大好きでした。学生たちが、世界中でやっていたんですよ。出てきていました。
彼らは自分たちの文化を楽しんでいたのです。
そういうことは一切しない、みたいな。少なくとも私の近所の学校はそうしていませんよね?

Kim:
そして、その人たちの存在さえも知ることはない。

Sunny:
ええ、まさに。なんで?なぜ、コンピュータの時代なのか?なぜ、子どもたちはコンピューターに飛びつかず、世界中の子どもたちと出会わないのでしょうか?
本当になぜでしょう?

Kim:
ええ、私たちが共有するかもしれないからではありません。

Sunny:
ええ、お互いから学び、アイデアを共有し、自由で独立した思想家になって、ノートを見比べることができるからです。
彼らがそうしない理由なのですが、私たちはそうすべきなのです。

Kim:
ええ、そうすべきです。つまり、(今の)子供達には色が見えないんです。
その言語を学ぶのであれば、その国の人たちと、どこででも、会話ができるようになるはずです。

Sunny:
そうです。

Kim:
私たちは子供たちを教育する必要があります。というか、なんというか、こう言うのでしょうか。
教育ですらない。それは逆のようなものです、彼らは話す、話す、話す、話す、話す。
書いて、書いて、書いて、書いて、書いて。
私の娘は小学校4年生で、毎晩10枚くらいの宿題を出していました。からかってるんですか?

Sunny:
うん。

Kim:
馬鹿げてる。まあ、子供らしく外で遊ぶべきだし、人生にはバランスというものがありますからね。
スポーツなど、彼らが好きなことはどうでしょう?

Sunny:
うん。

Kim:
そうですね、世界は変わる必要があります。そして、それは私次第ということになるのでしょう?
私個人ではありません。(つまりキンバリーさんチームや皆がやる事)

Sunny:
あなた、私たち一人ひとりが、その変化を起こしていくのです。

Kim:
つまり、これらはすべて、本当にお金のかからない変更なのです。気遣いがあればいいんです。
近所にある高齢者向けの施設に出向いて、子供たちに教えるのを手伝ってくれる人がいないか聞いてみるんです。
自分ができなくて働かなければならない場合でも、両親とも働いていますからね。そこには非常に多くのオプションがあります。

Sunny:
ええ、システムから抜け出して、より小さなグループやマイクロスクールなどを行うことを好む教師もたくさんいると思います。
今はその機会がないだけで、何かを立ち上げるのは大変なことですが、それは私たちの責任でもありますし、どこかで始めなければなりません。

Kim:
その通り。そして、自分たちが生活し、家やアパートを持ち、家族を持つことが必要なんです。
多くの親と多くの子供たちから数ドルのお金をもらうんです。それを捻出するだけです。
毎週、毎日、通勤途中にスターバックスの1カップを飲むとかね。(コーヒー1杯分で出来るという例えです)
それで、あなた自身がマイクロスクールを探せるかもしれないでしょ?とても簡単です。

シンプルで、コストがかからず、誰も犠牲にならない。そして、そんなことはできないと言う人たちがいることも知っています。
つまり、私たちはそれが可能であることの生き証人なのです。私たちは持っています。

私が質問しても、彼らは正確に正確に行うことができるニュースチャンネル(UNNのこと)です。ニュースチャンネルを始めると、「よし!」と思うんです。
何がありました?

Sunny:
神様が与えてくれるってわかってたんだね、正しい人を連れてきてくれるってね。変化をつけて、あとはやるだけ。

Kim:
ただ、それをやることで、いい人が現れると信じています。
何かをするように導かれたら、適切な人が適切な時に適切な場所に現れ、適切な値段で、あるいは何か費用がかかったとしても、必要なものはすべて手に入るのです。
それはとてもシンプルです。

もしあなたが世界を変えたいと思っていて、生命保険やライフフォース、ライフエッセンスなどの普及に貢献したいのなら、私たちがそれを実現するのを手伝ってくれるだけでいいんです。
次のステップに進む準備ができている人が、集合意識にいればいるほど。教育システムを変えるためにね。

あなたがしなければならないのは、それを意識の中に置くことだけです。多くの人が集まって、山を緑からピンクに変えること(奇跡を起こす)に集中するんです。
ピンクの木にはピンクの木があるじゃないですか。山を知っているのだから、できないことはないと思っているのです。

私たちは、あなたがどれだけ力を持っているかを思い出し、オレンジ色の男性(北アイルランドの秘密結社の党員)があれこれと出入りするのを待つのをやめればいいのです。
あるいは、自分自身と家族のためにその力を維持し、彼が毎回届けてくれるという信頼と源を(自分自身が)持つことです。

Sunny:
全ておっしゃる通りです。

Kim:
ええ、上記のすべてに取引も神様もいらない。
以上で今日は終わりです。金曜日にまたお会いしましょう。良いニュースがあることを願っています。

Sunny:
キムさん、更新ありがとうございます

Kim:
ありがとうサニー

Sunny:
以上で、11月16日水曜日のニュース更新を終了します。
956 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧