もし蚊でワクチンを打てたら?日本では実際に行われた

2022-10-06

AFP
indiatimes.comより

ハイライト
  • 11年前、日本の研究者グループが、病気の代わりにワクチンをばらまく蚊を遺伝子操作で作り出したことに端を発する。
  • この研究では、マラリア蚊に、リーシュマニア症(サンドフライが媒介し、皮膚のただれや臓器損傷を引き起こす寄生虫病)に対するSP15ワクチンを付着させた。
  • この蚊は唾液中にSP15を産生し、この蚊に刺されたマウスはこの寄生虫に対する抗体を産生した、と研究チームは『Insect Molecular Biology』誌に発表している。
  • しかし、規制や倫理的な問題があるため、この空飛ぶワクチン接種機が空を飛ぶことはないかもしれない。

刺す蚊、血を吸う獣、夜の安らぎを破壊する者、そして真夜中の眠りを奪うサイレントキラー。この厄介な病気の超拡散者が、空飛ぶワクチンの注射器に変身するなんて、誰が想像できただろう。

殺人犯を救える人にする

この話は、11年前に日本の研究者グループが、病気の代わりにワクチンをばらまく蚊を遺伝子操作で作り出したときにさかのぼります。通常、蚊は刺されると、血液が凝固するのを防ぐために唾液を一滴垂らしてくれます。このグループが行ったのは、唾液中のタンパク質の混合物に抗原(免疫反応を引き起こす化合物)を加えることであった。

研究グループは、皮膚のただれや臓器損傷を引き起こすサンドフライが媒介する寄生虫病であるリーシュマニア症に対するSP15ワクチンをマラリア蚊に付着させました。研究チームは『Insect Molecular Biology』誌に発表した論文で、この蚊が唾液中にSP15を生産し、この蚊に刺されたマウスがこの寄生虫に対する抗体を生産したと報告している。



しかし、研究チームは、この免疫反応が感染から身を守るのに十分な強さなのかどうか、確信が持てずにいた。この実験では、マウスは平均して約1,500回噛まれた。この数は非常に驚異的に思えるかもしれないが、他の研究によれば、マラリアが蔓延している場所では、人は一晩に100回以上噛まれるそうだ。

主席研究員の吉田茂人氏は、「刺された後、従来のワクチン接種のように防御免疫反応が誘導されますが、痛みも費用もかかりません」と述べている。さらに、虫刺されに継続的にさらされることで、自然なブーストにより、生涯にわたって高いレベルの防御免疫を維持することができるのです」と述べている。つまり、「この昆虫は害虫から益虫へと変化するのです」と述べている。


BCCL

蚊を使って、本当に人間にワクチンを打てるのでしょうか?

しかし、規制や倫理的な問題によって、この空飛ぶワクチン製造機が空を飛ぶことはできないかもしれない--少なくとも人間のワクチン製造に関しては。というのも、蚊に刺された回数が他の人と大きく異なるため、ワクチンの投与量も大きく異なるからだ。例えば、ある人は蚊に刺される回数が少ないのに、他の人は何百回も刺されるようなものです。

第二に、蚊を野に放つことで、そもそも予防接種を受けるかどうかという選択肢を奪ってしまうことにもなる。しかし、この『空飛ぶ注射器』は動物へのワクチン接種には可能性があるかもしれない。同意書にサインする必要がなく、投与量のばらつきもあまり気にならないかもしれない。


Unsplash

科学者たちは長い間、昆虫のDNAをいじって病気と闘う方法をいくつか夢見てきた。彼らは、蚊の個体数を減らすか、感染症に耐性を持たせるような遺伝子をばら撒き、蚊が人間に病原菌を移さないようにする遺伝子組み換え蚊の系統を作ろうと考えているのである。今週初めには、研究者が蚊の腸の遺伝子を変えて、抗マラリア遺伝子を次の世代に伝播させることによって、マラリアを抑制しようとしたところである。

コバルト19の毎日の症例が驚くほど増加していることから、結局のところ「空飛ぶワクチン接種者」のようなクレイジーな解決策が必要なのかも知れない。


https://www.indiatimes.com/technology/science-and-future/mosquitoes-vaccination-carriers-japan-study-538324.html
614 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧