カニエ・ウェスト、パリで開催されたYeezyファッションショーで「White Lives Matter」シャツを披露

2022-10-05

thegatewaypundit.comより

カニエ・ウェスト(Kanye West)は法的にYeと名前を変えたが、月曜日にパリでYZY SZN 9コレクションを披露した際、"White Lives Matter"と書かれた黒いシャツを着ていたことから、再び話題になっている。

グラミー賞受賞ミュージシャンは、有名な保守的なパーソナリティであるキャンディス・オーエンスとともに、"White Lives Matter"を着用しました。

「White Lives Matter」Tシャツは、キャットウォークのモデルも着用していました。





発表会の前、ウウェストはスピーチで「私を管理することはできない」と宣言した。「これは管理できない状況だ」と。

黒人セレブから厳しい批判を受けても、45歳のアーティストは、フランスで開催されたパリコレで物議を醸した「White Lives Matter」の服装から引き下がろうとしない。

カニエは「BLMは詐欺だ」とまで断言した。

ニューヨーク・ポスト紙が報じた。

ジェイデン・スミスの退席など、黒人セレブリティからの激しい反発にもかかわらず、カニエ・"イェ"・ウエストは、フランスで開催されたパリ・ファッションウィークで物議を醸した「White Lives Matter」の服装について謝罪していないようです。

実際、45歳のラッパーは最近、火曜日のインスタグラムのストーリーで、ブラック・ライブズ・マターへの批判を倍加させた。

"ブラック・ライブズ・マターが詐欺だったことは誰もが知っている "と彼は宣言し、一見、このグループの複数の数百万ドルのスキャンダルに言及している。"これで終わりだ、どういたしまして"。

シカゴ出身のこのラッパーは、シーズン9のアパレルラインを披露するYeezyファッションショーをサプライズで演出した際、「White Lives Matter」と書かれたTシャツを着たことから始まった論争に対処していたのである。ローリン・ヒルの23歳の娘セーラ・マーリーも含め、さまざまなモデルがこのスローガンの入ったシャツを着てランウェイを歩いたが、これは「ブラック・ライブズ・マター」運動に対抗して白人至上主義者が作ったものだ。それ以来、このスローガンは名誉毀損防止同盟によって「ヘイトスローガン」のレッテルを貼られている。

言うまでもなく、この扇情的なファッションステートメントは、テンプル大学教授のマーク・ラモント・ヒルや、ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミスの息子のジェイデン・スミスなど、有色人種のセレブリティからの反発を呼び起こしたのである。



https://www.thegatewaypundit.com/2022/10/kanye-west-shows-off-white-lives-matter-shirt-yeezy-fashion-show-paris/
439 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧