グリーンピース創設者パトリック・ムーア、気候変動は虚偽の物語に基づくと発言

グリーンピース創設者のパトリック・ムーアと韓国のパク・ソクスン教授との一連のメール交換では、ムーアが「気候変動は誤った物語に基づいており、環境運動というより政治運動になっている」と発言していることがわかる。


humansbefree.comより

グリーンピースの創設メンバーの一人であるパトリック・ムーア氏は、電子メールの中で、組織を辞めた理由を次のように語っている。

グリーンピースは、環境保護運動に金と権力があることを知った政治的左派に「乗っ取られた」のです。「北米とヨーロッパの政治活動家たちは、グリーンピースを科学に基づく組織から政治的資金調達のための組織に変えてしまったのです」とムーア氏は述べた。

グリーンピースの共同設立から15年後の1986年、ムーアは同団体を脱退した。

「環境運動は、環境運動というより政治運動になってしまった」と彼は言う。「彼らは、大衆に恐怖と罪悪感を植え付け、大衆が彼らにお金を送るようにするための物語、ストーリーを作ることに主眼を置いている。」

彼は、彼らは通常、国連、世界経済フォーラム、その他の類似の組織で他の工作員と密室で政治活動を行うと主張した。

彼は、気候変動に関する政府間パネル[IPCC]は「科学組織ではない」と断言した。世界気象機関と国連環境計画がこの政治的組織を構成している。

IPCCは科学者を雇い、「気候の非常事態」という物語を支持する「情報」を提供してもらっている。

「化石燃料、原子力エネルギー、CO2、プラスチックなどに対する彼らのキャンペーンは見当違いで、文明を崩壊させ、経済を破壊しなければ世界は終わると人々に思わせるように仕向けられている。彼らは今や、環境と人類文明の両方の未来に悪影響を及ぼす存在なのです。」

「今日、左派は技術的に実現不可能なため、文明を大きく破壊するような政策を多く採用しています。プーチンが利用している欧州と英国に迫り来るエネルギー危機を見ればわかる。」

「しかし、自国の天然ガス資源の開発を拒否し、原子力に反対し、化石燃料全般についてあり得ない立場をとっているのは、彼ら自身が作り出したものなのだ」とムーア氏は書いている。

グリーンピースを「乗っ取った」左派勢力

グリーンピースの基本的な価値観は、環境のための「グリーン」と人々のための「平和」だったが、平和はほとんど忘れ去られ、グリーンが優先されるようになったとムーアは言う。

「環境」のリーダーたちの多くが、「人間は地球の敵、自然の敵だ」と言い出すようになっていた。私は、人間だけが悪者だというのは納得がいきません。人間は生まれながらにして悪であるが、他の種はすべて善であり、ゴキブリや蚊や病気でさえも善であるという、あまりにも『原罪』的な考え方だ」とムーアは主張した。

人間は少なくあるべきだという考え方が、現在の支配的な哲学であるという。

「しかし、こう言った人たちは、自分から進んで行っているわけではない。まるで自分が他人より優れているかのように振る舞っている。このような『プライド』や『うぬぼれ』は、『枢機卿の罪』の中でも最悪のものだ」とムーア氏は言う。

塩素に関する誤った説明

「グリーンピースを去ることを決めたとき、私はグリーンピース・インターナショナルの6人の理事の1人だった。私は、科学と林学の理学士号と生態学の博士号という、正式な科学教育を受けている唯一の人間だった。仲間の理事たちは、グリーンピースが『世界中で塩素を禁止する』キャンペーンを始めるべきだと決定したのです」。

ムーアは、塩素は周期表の94の[天然に存在する]元素の一つであり、生物学や人間の健康において多くの重要な役割を果たしているが、元素状の塩素ガスは非常に有毒で、第一次世界大戦で兵器として採用されたことも事実である、と主張した。

例えば、食卓塩として知られる塩化ナトリウムは、すべての動物や多くの植物にとって必要な栄養素です。NaClを「禁止」することはできない。

彼は、コレラのような水を媒介とする伝染病の蔓延を抑える上で、公衆衛生史上最も重要な発展のひとつが、飲料水、プール、スパへの塩素添加であると強調した。

また、医薬品の約25%に塩素が使用されており、医薬品の約85%は塩素に関連する化学物質で作られています。塩素、臭素、ヨウ素などのハロゲンがなければ、医療は成り立たないのです。ハロゲンはすべて強力な抗生物質なのです。

「グリーンピースは塩素を『悪魔の元素』と名付け、PVC、ポリ塩化ビニル、あるいは単にビニールを『毒のプラスチック』と呼んでいる。これらはすべて、国民を怖がらせるための捏造(ねつぞう)である。加えて、この誤った政策は、人間は価値のない種であり、人間はいない方が世の中のためになるという態度を強化するものである。私は、グリーンピースの仲間の理事たちに、この誤った方針を放棄するよう説得することができませんでした。これが私にとってのターニングポイントでした」とムーア氏は語った。

ホッキョクグマをめぐる虚構の物語

ムーア氏は、グリーンピースの多額の寄付金の使い道について問われ、「非常に大きなスタッフ」(おそらく2000人以上)、大規模な広告、資金調達の取り組みに資金が使われていると回答した。

さらに、同団体の資金調達のための広告のほとんどは、彼が著書で徹底的に論破した神話に基づいており、ホッキョクグマはその一例である。

「北極圏の氷が溶けてホッキョクグマが絶滅すると言っているメディアやグリーンピース、政治家は、1973年にすべての極地国が署名したホッキョクグマに関する国際条約にまったく触れない。実際、ホッキョクグマの生息数は1973年の6,000~8,000頭から、現在は3~5万頭まで増えているのです。このことは議論の余地がない」とムーア氏は言う。

「しかし、今、彼らは、まるで未来を予知する魔法の水晶玉を持っているかのように、2100年にホッキョクグマが絶滅すると言っています。実際、北極のこの冬は例年より氷が膨張し、南極はこの冬は過去50年よりも寒かったのです。」

「気候緊急事態」部門の多くの人々と同様、ムーア氏は、専門家のふりをしたり、確実に未来を予見することはないという。

「環境黙示録」説の目指すもの

「人類は常に、嘘の話で破滅を予言する人たちに弱いのだと思う」とムーア氏は言う。

アステカでは処女を火山に投げ込み、ヨーロッパ人とアメリカ人は200年間、女性を魔女として焼き殺し、これで悪人から「世界を救う」と主張した。これは『群集心理』、『集団思考』、『カルト行動』と【呼ばれている】。
「人間は階層を持つ社会的動物であり、恐怖と支配を利用することで高い地位を得ることが最も簡単なのです」 と。

ムーアは、環境黙示録の仮説の正体が「政治的権力と支配」であることを、人々に信じ込ませるほど悲惨な状況ではないことを証明することに尽力していると付け加えている。

「今日、最も豊かな国々では、我々の子孫が代償を払わなければならないような決定をしている。『世界が終焉を迎える』という予測は、何千年も前からなされてきた。一度も実現したことはない。なぜ今、それを信じなければならないのか?」

「未来は未知であり、リスクや難しい決断に満ちているため、人は当然ながら恐れを抱くものです。このアポカリプスの動きには、『自己嫌悪』の要素もあると思います。」

ムーア氏によると、現代の若者は、人間は価値のないもので、地球を破壊していると教えられています。彼らは今、この教化の結果、罪悪感を感じ、自分を恥じているが、これは人生において間違った態度である。

二酸化炭素の悪者扱い

「世界は温暖化していないと信じている人はほとんどいない。化石燃料を使うようになる150年前の1700年頃から世界は温暖化していることは、記録上明らかである。1700年は小氷河期のピークで、非常に寒く、作物の不作や飢餓の原因となりました。その前の西暦1000年頃は中世の温暖期で、ヴァイキングがグリーンランドで農業を営んでいました。「その前の紀元500年頃が暗黒時代で、その前のローマ温暖期は現在より暖かく、海面が現在より1~2メートル高かった」とムーア氏は言う。

「1950年頃までだって、化石燃料の使用量もCO2の排出量も、今と比べたら微々たるものだったんです」。こうした気温の周期的な変動の原因はわからないが、CO2でないことは確かだ。

ムーア氏は、「少数意見」は地球の気温の歴史についてではなく、気温とCO2の関係が争点になっていることを明らかにした。

「この点、CO2が温暖化の主な原因だと考えている人が多いというのは、私も同感です。CO2は目に見えないので、それが何をしているのか、実際には誰も見ることができません。そして、この『多数派』は、主に政治家や官僚からお金をもらっている科学者、見出しを作るメディア、あるいはお金を稼ぐ活動家です。(残りは)CO2が何をしているのか実際には見えないにもかかわらず、この話を信じている一般の人々だ」とムーア氏は述べた。

ムーア氏は、1659年から2009年までの350年間のイギリス中央部の気温を示すグラフを示した。彼は、「もし二酸化炭素が温暖化の主な原因なら、二酸化炭素のカーブに沿って気温が上昇するはずだが、そうなっていない」と述べた。

ムーア氏は、CO2が地球上のすべての生命の基盤であり、大気中の濃度は現在、生命の歴史のかなりの部分において、これまでよりも低くなっていると述べた上で、CO2の悪魔化について、「完全に馬鹿げている」とした。

風力発電と太陽光発電は経済の寄生虫である。

「太陽光発電と風力発電は、どちらも非常に高価で、非常に信頼性の低いものです。多くの人が、これらの技術で国全体が支えられると洗脳されているのは、ほとんど精神疾患のようなものだ」とムーア氏は言う。

「風力発電や太陽光発電は、大きな経済に寄生するものだと思います。言い換えれば、より信頼性が高く、よりコストの低い他の技術を使用した場合よりも、国を貧しくしてしまうのです。」

ムーア氏によると、風力発電や太陽光発電を提供する企業は、政府の義務付け、税金の償却、補助金に大きく依存している。これらの指令により、人々は「環境にやさしい」という名目で、たとえ割高でも風力発電や太陽光発電を買わざるを得なくなる。

「何百万人もの人々が風力発電や太陽光発電に高いお金を払う一方で、少数の人々は何百万ドル、何百万マルク、何百万ポンドなどという大金を手にすることができるのです。これは株式市場のネズミ講のようなものだ」とムーアは言う。

「これらは広大な土地を必要とし、ほとんどの時間利用できません。」「風力や太陽光が利用できないときには、原子力、水力、(石炭、天然)ガスなどの信頼できるエネルギーが必要になります。」

ムーア氏によると、風力発電所や太陽光発電所の採掘、運搬、建設には、かなりの量の化石燃料が必要だそうです。また、多くの場所で、風力発電所の建設や維持に必要なエネルギー量に比べ、風力発電所の寿命はほとんどありません。

「原子力、水力、天然ガスなど、信頼性の高いエネルギーを第一に考えてはどうだろう」。とムーアは疑問を呈し、そうであれば、「風力や太陽光は不要になる」と付け加えた。

プラスチックは有毒物質ではない

「プラスチックは有毒物質ではありません。だから私たちは、食品が汚染されるのを防ぐために、プラスチックで包装したり、包んだりしているのです。プラスチックは海に入ると魔法のように有毒になるわけではありません」とムーア氏は言う。

もちろん、「プラスチックは絶対に分解されないと言いながら、一方ではすぐに分解されて『マイクロプラスチック』になると言っています。なんて賢いんでしょう!」

ムーアの主張によると、私たちの消化器官は「食べ物」とプラスチックや微細な砂の粒を区別することができるそうです。どんなに微細な砂であっても、私たちの体はそれを血流に吸収することはない。

流木のように、海に浮かぶプラスチックは、小さな浮き礁に似ていると主張する。海洋生物に付着面を与え、卵を産み付け、付着したものを食べてくれるのです。

「汚染」は通常、有毒であったり、生命に害を与えるものです。プラスチックは、単に道路脇の「ゴミ」です。何にも害を与えていない。例外は、捨てられた漁網です。プラスチックだからではなく、魚を捕るための形をしているからです。

「環境保護団体は、漁業界と協力して、傷んだ網を海に捨てるのをやめ、波止場に持ち帰って、リサイクルするか、廃棄物発電所で利用するか、安全に廃棄するべきだ」とムーア氏は付け加えた。

https://humansbefree.com/2022/09/greenpeace-founder-patrick-moore-says-climate-change-based-on-false-narratives.html
192 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧