ストーンヘンジの建設者たちは、ピタゴラスの定理が「発明」される2,000年前に使用していた。



ancient-code.comより

数学、天文学、工学などの高度な知識があったことを示す証拠は、世界中のさまざまな古代遺跡で発見されています。

最近出版された本によると、ストーンヘンジの三角形の辺の比率は、この有名な公式を参照していることがわかりました。

4,000年以上前に建てられたとされる巨石建造物の建設者たちは、実際に「発見」される数千年も前に、高度な幾何学的概念を使用していたのです。


古代バビロニア、古代中国、インドのヴェーディック文化の中で、この植物が使われていた痕跡が発見されているからです。

イギリスの研究者が新たに出版した本(Megalith)では、巨石記念物ストーンヘンジ(イギリス)の建設者たちは、「斜辺(直角に対向する辺)の2乗は、他の2辺の2乗の合計に等しい」という有名なピタゴラスの定理の基礎をすでに知っていたと主張しています。

「Megalithの寄稿者であり編集者でもあるJohn Matineau氏は、Telegraphに次のように語っています。「私たちの祖先は、荒々しい原始人と思われがちですが、洗練された天文学者でもありました。"彼らはピタゴラスが生まれる2000年以上前からピタゴラス幾何学を応用していたのです。"

「ストーンヘンジの配置には、ピタゴラス幾何学の簡単なバージョンである三角形や二重四角形が使われている」とマルティノー氏は述べています。


ストーンヘンジの鳥瞰図で、長方形とピタゴラスの三角形を示す。画像出典:Will Gethin.

この本では、ストーンヘンジとイギリスにある他の2つの同様に重要な先史時代の遺跡との間に、巨大なピタゴラスの三角形が概念化されることを示唆している。

イギリスの巨石マーベルは、時には紀元前2,000年から3,000年の間に、いくつかの異なる段階を経て建立されたと考えられています。

ストーンヘンジに関する多くの重要な側面が理解されるようになった一方で、この古代のモニュメントは謎に包まれています。

しかし、この本は非常に興味深く、信じられないような情報が詰まっていますが、査読を経た研究論文ではないことをお伝えしておきます。

したがって、このイギリスの考古学的宝石のすべてを理解するためには、このモニュメントの建設者やその技術、理由などについて、もっと情報が必要である。

とはいえ、古代遺跡にこのような数式が埋め込まれていたことは非常に重要なことです。このことは、古代文明が我々の評価よりもはるかに高度なものであったことを物語っています。

https://www.ancient-code.com/stonehenge-builders-used-pythagoras-theorem-2000-years-before-it-was-invented/
367 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧