未知の人類に属するDNAの証拠を発見



ancient-code.comより

専門家は、約44万年前に存在した未知の人類のDNAの証拠を発見するという、またしても驚くべき発見をしました。新しい研究によると、太平洋諸島の人々は未知の人類種のDNAを持っていることがわかりました。研究者によると、私たちの祖先は少なくとも4種、あるいはそれ以上の種のヒト科動物と交配しており、私たちの起源は間違っているかもしれません。

人類の祖先と他のヒト科動物との間には、過去数十万年の間に信じられないほど複雑な関係が存在していたことを裏付ける証拠が、新たな研究によって発見されました。

専門家は、新しい研究手法を用いて、現在生きている人間の中に存在する古代ヒト科動物のDNAの割合を推定することができました。テキサス大学の遺伝学者であるライアン・ボーレンダー博士は、このようにして、アフリカの内外で数多くの交配が行われた証拠を発見しました。

この新しいデータは、バンクーバーで開催されたAmerican Society of Human Geneticsで発表され、私たちの起源や何十万年も前に地球に住んでいた私たちの祖先について、いかに知られていないかを教えてくれました。

ヨーロッパ人、アジア人、そしてアフリカ系以外の人々の遺伝子を分析した結果、専門家は古代人がネアンデルタール人と交配していたことを示す兆候を見つけることができました。その結果、特定のグループは、絶滅した人類のいとこから最大で4%のDNAを受け継いでいることがわかった。

さらにボルレンダーは、現代のメラニシアンの遺伝子混合率を調べた結果、デニソワ人とネアンデルタール人の痕跡を発見したが、それに加えて、説明のつかない別の絶滅した祖先のDNAも多く含まれていた。

専門家は、この謎のDNAは、古代メラネシア人が未知の第三のグループのヒトと交配した可能性を意味すると結論づけた。

研究チームはこう説明する。"我々は、現代人よりもネアンデルタール人やデニソワ人に近い第三の古生物集団が、今回調査したサン族のゲノムに導入されたことを示唆しています。"

研究者たちは、ネアンデルタール人とデニソワ人の間で共有されているDNAの量を分析し、第3のMYSTERY種は、約44万年前に彼らの共通の祖先から分岐した可能性が高いことを発見しました。

これは単なる推測ではなく、デニソワ人や私たちと同じ時代に、東南アジアの一部に別の種が生息していたことを示す明確な遺伝子的証拠があるのです。

不思議なことに、この謎の種が遠い過去に存在していたことは研究者たちが「知っている」のだが、物理的な証拠はまだ見つかっていない。この謎の種が誰であるかは、近い将来に解明されるであろう深遠な謎であった。

しかし、今回初めて、私たちの遺伝子の中に隠されていた古代人類の明確な証拠が発見されたのです。

私たちの起源を完全に理解するには、まだまだ長い道のりがありそうです。それまでは、私たちが教えられてきた歴史が不完全であることを明確に示す数々の謎を楽しんでください。

ボーレンダー博士は、「今回の発見は、人類の家系図が私たちが考えている以上に複雑であることを裏付けています」と語る。

さらに、「デニソワ人のように、遺伝学以外では知られていなかった他の古来の集団が存在していた可能性があります」とも述べています。

https://www.ancient-code.com/researchers-find-evidence-dna-belonging-unknown-human-species/
462 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧