スペイン、世界で初めて週4日労働制を導入へ



thepremierdaily.comより

長い週末のどこがいいのか、私にはわかりません。リラックスできる1日が増えることと、週に4日しかない仕事に臨む気持ちと。週4日労働制を恒久的に導入するためのパイロットプロジェクトはいくつかの国で行われていますが、スペインではこの種のものとしては最大のパイロットプロジェクトが間もなく開始されます。

スペイン、週休4日制を導入

3月にスペイン政府は、今年の秋から週休4日制を導入することを発表しました。この週休4日制は、スペイン国民の生産性とワークライフバランスを向上させることを目的としており、通常の40時間から32時間に短縮されます。

「スペインは、ヨーロッパの平均よりも労働者の労働時間が長い国の一つである。しかし、最も生産性の高い国の一つではない」と、スペインの小さな左翼政党「マス・パイス」のイニーゴ・エレホン氏は言う。「私は、労働時間を増やすことは、より良い仕事をすることを意味しないと主張している」。


プロジェクト

提案されているパイロット版は、3年間で5,000万ユーロのプロジェクトで、企業が自社と従業員のリスクを最小限に抑えながら週休4日制を試行することを支援します。このプロジェクトの試行にかかる費用は、1年目は100%、2年目は50%、3年目は33%を負担します。参加企業は約200社、参加人数は3,000〜6,000人を想定しています。このプロジェクトの目的は、単純に労働時間の短縮であり、給与や雇用の減少はありません。

「Más País』のエクトル・テヘロは、「スペインは、このような大規模な試みを行う最初の国となるでしょう。「このようなパイロット・プロジェクトは世界でも例がない」。


関連記事:40歳以上の人は週3日しか働かないほうがいい」と提案する専門家がいる理由
https://keen-area.net/2021/828/

ゴール

すでに述べたように、その目的は、スペイン人労働者の労働時間を短縮し、精神的な健康状態を改善し、生産性を向上させることにあります。昨年、スペイン南部のソフトウェア会社Delsol社が行った小さな実験の結果を再現したいと考えています。この会社では、週4日勤務を実施し、その結果を見ました。

週4日労働制。世界に響く声

当然、反対意見もありますが、他の国も含めて、おおむね全員が賛成しています。ヨーロッパの国々やイギリスなどは、この国レベルのパイロットがどのような結果になるかを注視しています。これがうまくいけば、他の国も追随する可能性があります。

週休4日制キャンペーン」のジョー・ライル氏は、「私の理解では、これは国家レベルで初めての週休4日制の試験的導入になると思います。「私たちは世界中の政府に、スペインの例に倣って週休4日制への道を開くよう呼びかけています」と述べています。


しかし、反対派は、パンデミックによる経済危機の現状を踏まえ、このプロジェクトを「狂気の沙汰」と呼んでいます。スペインのビジネスリーダーの多くは、この穴から抜け出すためには、仕事を減らすのではなく、増やす必要があると提案しています。しかし、この1年半の間に、多くの労働者がロックダウンや制限を受けて、疲れ果て、精神的にも参っていることを考えると、仕事を増やすという選択肢はないと主張する人もいます。労働者の精神的な負担を考えると、これ以上働くことはできない。

「ライルは、「明らかに私たちの働き方は、人々にストレスや疲労、過労を与え、職場や精神的な健康問題を引き起こしています。「週休4日制は、経済にも労働者にも、そして環境にも良いことです。気に入らないわけがありません」。


Keep Reading: 8時間労働は旧態依然としたもの、5時間がオフィスタイムのスイートスポットという調査結果も

https://thepremierdaily.com/spain-to-become-the-first-country-to-test-a-4-day-workweek/
272 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧